2011年 10月 23日
Number
e0126350_2257218.jpg




Numberに隠されているもの

先月末より、Michael Jacksonの専属医だったConrad Murrayの裁判が行われているらしい。

未解決のまま時効となってしまった事件を含め、様々な事件やその裁判を知るたびに、真実が解明されることはあるのだろうかと暗澹たる気持ちになってしまう。
実際のところ誰もそんなことは望んでいないのではないかとさえ思う。



裁判では、Michael Jackson の検死時の写真が陪審員に提示され、早速メディアにも流れたようです。
私もその写真を見てみました。
気になることがありました。数字です。
左腕の前に置かれた「number」。
e0126350_15465026.jpg


上段は死亡日だと思いますが、下段はなんでしょうか。検死番号とか整理番号みたいなものでしょうか。
気になるのはその「4415」です。

*「4415」と「8815」  

昨日書いた話を思い出してください。
トゥーリアで照明落下事故が発生した日。 1988.1.5  →「8815」  「4415」と似ている。

しかも「815」は、日本の終戦の日(第二次世界大戦)。
天皇が日本の降伏を国民に伝えたラジオ放送(玉音放送)は、8月15日の12時(正午)に行われた。
「815」は私の誕生日でもある。

「4415」にも「15」という数字が入っている。
「44」は以前から私が拘っていた数字。
ブログにも何度か書いています。
マイケルが亡くなった2009年6月にも書きました。(確認してみたら、2009年6月15日だった!)

マイケル死亡の第一報は、14時44分(現地時間)。TMZが報じました。 ここにも「44」

ちなみに、オバマ大統領は、アメリカ第44代大統領。


*「4月15日」と「5月14日」

「4月15日」は、以前私が「5月14日」とともに夢で聞いた日付なのです。「415」

マイケルのアルバム"Blood on the Dance Floor" のリリースが5月14日。「514」

4月15日にはタイタニック号が沈没した日。東京ディズニーランドの開園日でもある(あの写真も!)。
5月14日は沖縄返還の前日。


*反対読み

夢で聞いた日付 4月15日と5月14日   「415」⇔「514」

アルバム"Blood On The Dance Floor"収録時間  75分57秒 「75」⇔「57」

1983年の国体は第38回  「83」⇔「38」   (3月8日は母の誕生日でもある)



Michael Jackson 最後の日


  ロサンゼルス、2009年6月25日。

  12時21分(pm0:21)、911番に緊急通報。

  UCLA病院に搬送。

  14時26分(pm2:26)、死亡確認。


これを日本時間で書き換えてみます。


  日本、2009年(平成21年)6月26日

  4時21分(am4:21)、911番に緊急通報。

  UCLA病院に搬送。

  6時26分(am6:26)、死亡確認。



日付と時間がともに「626」となる。


私はこれで思い出すことがあります。

第二次世界大戦中の広島への原爆投下時間と終戦日です。

  1945年(昭和20年)8月6日 8時15分 アメリカ軍が広島市へ原爆投下

  1945年(昭和20年)8月15日 終戦 12時に玉音放送


死と写真


遺体の写真が世に出回るということはそう多くはありません。
しかし全くないわけでもない。
戦争や事故、自殺など、屋外で亡くなったものについては、誰でも撮影できる状況とあって、世に出ているものは結構あるかもしれない。

一方、特定の人しか撮れなかったであろうという死後の写真が発表される場合もあります。
三島由紀夫の死亡時の写真や尾崎豊の写真もそうでしょう。

救急車で搬送中らしいマイケルの写真も公表されました。
e0126350_1791196.jpg

こちらはその写真を撮っている人を撮った写真だとか。
e0126350_17302934.jpg

しかし、そんなに簡単に救急車内が撮れてしまうものなのでしょうか?
撮影を狙っているのが1人というのも逆に不自然。
なんだか出来過ぎている気がする。

救急車の71という数字がやけに目立つので、当時なんだかすごく気になって7月1日のブログを見てみました。
あまりに悲しい偶然(涙)。


遺体の写真といえば、もうひとり、John Lennonも。
ジョン・レノン死亡後、12月11日のニューヨーク・ポスト紙に、
オノ・ヨーコさんが出した声明とともに、遺体安置所で撮ったジョン・レノンの写真が掲載されたそうです。
こちらのブログで見ることができます。


「Lennon Legend」というDVDでもジョン・レノンの遺体写真が使われたそうです

遺体の写真まで商売に使われるなんて(涙)。



John Lennon 最後の日


  ニューヨーク、1980年12月8日。

  22時50分(pm10:50)、銃弾に倒れる。

  パトカーの後部に乗せられて、ルーズベルト病院へ搬送。

  23時7分(pm11:07)、死亡確認。


これを日本時間で書き換えてみます。


  日本、1980年(昭和55年)12月9日。

  12時50分(pm0:50)、銃弾に倒れる。

  パトカーの後部に乗せられて、ルーズベルト病院へ搬送。

  13時7分(pm1:07)、死亡確認。


ジョン・レノンの死亡時間は2通り伝わっていて、1つが上記時間。
もう1つは、現地時間23時15分(pm11:15)というものです。


日本が行った真珠湾攻撃も12月8日ですが、この日付は日本時間。
現地時間だと12月7日ということになります。
すべて日にちにずれがあります。
これは時差の大きい日本ならではの感覚です。


[PR]

by yumimi61 | 2011-10-23 23:00


<< 祭典      3 >>