2013年 01月 01日
ふたたび
e0126350_21135929.jpg


同じような傷を抱え辿りついた町で、

祝福の雪を待つかのように君は天を仰いだ。

「北へ行こう」

君の瞳から涙が零れないうちに、僕は君の手を取る。

背徳の愛だと後ろ指を指されても構わない。

僕が正面から君を抱きしめるから。








「得意技は永遠遠泳だよ」

[PR]

by yumimi61 | 2013-01-01 21:55


<< 参拝      Hail >>