2013年 01月 04日
海底
e0126350_2372470.jpg


誰にも触れられないように 全ての記憶を眠らせて 

ただあなたを独り占めしたかった そう言えば許されるだろうか







海底に沈んでいたカメラ(キャノン!)をダイバーが拾い上げ、持ち主だった人を探し出したという話をご存知でしょうか?

海底に1年も沈んでいたというのにSDカードを読み取れたそうなのです。凄いですね。
そして、そこに収められていた写真から持ち主を探すべくSNS挙げての大捜索が始まり、あっという間に持ち主が判明したというから恐ろしい素晴らしい・・・。
持ち主を特定する決め手は、" Regional Firefit Champion " のロゴだったとか。

リンクした記事の最後には、「むしろ特定して欲しくないものをうっかり落としても逃げられない時代になったともいえます。」とありますが、まさしく。

皆様もカメラや携帯電話にはくれぐれもお気を付けくださいませ。

[PR]

by yumimi61 | 2013-01-04 23:56


<< Unbalance      マウス >>