2017年 02月 21日
父の病⑩
介護度落ちた日本死ね

とでも書けば良かったんだろうか?

がんと診断され状態が悪くなる中、「末期の悪性腫瘍や進行性疾患(神経難病等)により、急速に状態の不可逆的な悪化が見込まれる」にも関わらず、父の介護認定は上がるどころか要支援2から要支援1に下がった。

父が要支援2で受けていた介護サービス
 ・介護予防訪問介護(ホームヘルプサービス)
 ・歩行車レンタル

介護サービスの何をどう使うかは、個々の問題を解消し課題を克服できるように、ケアマネージャーが本人や実際にサービスを提供する事業所と相談の上、ケアプランを作成して決定する。
介護保険には支給限度額が決められているので保険内で行えることは自ずと決まってくるが、目いっぱい使わなければならないということでもない。

要介護状態  支給限度額(単位) 自己負担限度額(円)
要支援1      4万9,700        約4,970
要支援2     10万4,000        約1万400
要介護1     16万5,800        約1万6,580
要介護2     19万4,800        約1万9,480
要介護3     26万7,500        約2万6,750
要介護4     30万6,000        約3万600
要介護5     35万8,300        約3万5,830
※1単位=1円
※1ヶ月あたりの限度額

要支援2だった父は月額自己負担1万400円までは介護保険でサービスが受けられた。
介護保険でのサービスは本人1割負担である。
どんなにお金を出すと言っても介護保険における(1割負担による)介護サービスはこれ以上は受け付けないが、全額(10割)自己負担すれば可能なサービスもある。

介護予防訪問介護(ホームヘルプサービス)が要支援者対象のもの。
ホームヘルパーが自宅を訪問してくれて、身体介護や生活援助(家事援助)などを行ってくれる。
要介護者対象のものは身体介護と生活援助を分けているが、要支援者対象のものは区別がない。(要支援者の場合は身体介護は少ない)

訪問介護の料金は下記の通り。
e0126350_1343978.jpg

e0126350_12382958.jpg

出典:厚生労働省 訪問介護(ホームヘルプ)

※基本料金は上記の通りだが、介護職員処遇改善加算や地域加算などもあるので、自己負担額ももう少し上乗せされる場合もある。東京23区などは地域区分によって若干高くなる

明確に回数が決められているわけではないが、要支援1だと週2日まで、要支援2だと週3日までと言われる。1日(1回)の訪問時間は45分。
要支援2の父は介護予防訪問介護に3日入ってもらっていた。
その他、屋外用(庭用)の歩行車をレンタルしていた。座れるようになっているタイプなので歩いて行って苦しくなったら座ることが出来る。
訪問と歩行者レンタルで自己負担額は1ヶ月5000円弱程度だったと思う。
要支援2の上限(月額自己負担)1万400円までなので全額を使っているわけではない。
残りはデイサービスやショートステイに充てることが出来るが、父は使ったことはない。

ちなみに母もクモ膜下出血後に介護認定を受けて要支援2となった。今も変わらず要支援2である。
母も介護予防訪問介護に3日入ってもらっていたので、父3日と母3日で実家には週6日ほどヘルパーさんが来てくれていた。
母はそれにプラスして、ベッドサイドに手すりをレンタルしている。またデイサービス(通所介護)やデイケア(通所リハビリ)に通所していたこともある。父が検査入院した時にはショートステイのお世話にもなった。
介護予防訪問介護やデイサービス・デイケアとショートステイが同じ月にあると、介護保険内では収まらなくなるし、ショートステイも食事代などは全額自己負担である。


昨年夏に要支援2から要支援1になった父は、介護保険で入れる訪問が週3日から週2日になった。
介護度が下がったことは不思議だったが、だからといって暴れるわけにもいかない。
減った分は自費サービスを利用した。
介護度が上がるべき状態で上がらないことが一番問題になるのが、要支援か要介護かの違い(要支援2と要介護1の違い)である。
(父の場合は要支援2で現状維持でも問題であったが、それどころか下がった)

要支援と要介護の何がそんなに違うのか。
それは施設入所である。

介護保険を利用する施設
●介護療養病床(介護療養型医療施設) 6.1万床 ・・・廃止が決定してから5~6万床減少した。
●特別養護老人ホーム 54.1万床
●介護老人保健施設 36.2万床


これらの施設は原則要介護1以上、あるいは要介護3以上と決められている。
要支援では入所の条件を満たさない。
仮に満たしたとしても、「要介護度」「介護の必要性」「介護者の状況」「待機期間」「資産や収入額」などから総合的に判断し入所が決定するのだから、優先順位はかなり低くなってしまうだろう。
常時何十人何百人待ちしている施設に、要支援の人、介護度が低い人がすんなり入れるわけがない。






[PR]

by yumimi61 | 2017-02-21 13:01


<< 父の病⑪      父の病⑨ >>