2017年 03月 02日
映像
金正恩(キム・ジョンウン)氏がクアラルンプール空港で殺害されたとして防犯カメラ映像が流されている。

若い人は知らないかもしれないが、クアラルンプールと言えば、1975年8月4日に日本赤軍が起したテロが思い出される。
拘束されているメンバー及び、仲間に引き入れようと目をつけた新左翼活動家の釈放を目的に、マレーシアの首都クアラルンプールにある、アメリカとスウェーデンの大使館を占拠し、アメリカの総領事らを人質に取った。日本政府(首相:三木武夫)は要求に応じ、超法規的措置として日本赤軍への参加を拒否した2人を除く5人釈放した。

それはともかく、防犯カメラの映像が気になるのだった。
私が気になるのは空港のクリニックの場面である。

左手から歩いてきて、クリニック内に入っていく様子が公開されている。
分かりやすいためか安心感を与えるためか、クリニックと通路を仕切っているのはガラス。
そのため待合室の様子は外から見える。(一部曇りガラス)
クリニックに行く前に空港係員と警備員に顔に何かされたと訴えている映像があり、クリニックまで警備員らしき人と連れ立って歩いている。
しかしクリニックに入った後も警備員は一歩引いていて、率先してクリニック担当者に何かを伝えるような様子は見られない。
この時点において警備員に緊急性や重大性は全く感じられない。
金正恩(キム・ジョンウン)氏とおぼしき人物は受付のようなところに立って何か言っているようだ。
その後の映像が続かない。
次の瞬間は担架に乗せられて搬出されようとしている場面。

下の画像が途切れる前後。
(画像はこちらから
e0126350_16225817.jpg

e0126350_16223854.jpg


後にこんな画像が公表された。
e0126350_16394071.jpg

彼は黄色〇の椅子に座っていたことが分かる。
クリニックに来たのに診察室に入ることなく(?)、横に寝かされることもなく、そこでぐったりしている。
e0126350_16402188.jpg


途切れて公表されていない部分の映像が非常に大事である。
歩いていた彼がどのように崩れていったのか。
クリニックの誰かが彼の所にきて問診をしている様子があるのか。
何か計測した様子や処置をした様子があるのか。
診察室には入らなかったのか。

防犯カメラならば経過時間も分かるだろう。
彼がその椅子に座ってから担架に乗せられるまでに、どれくらいの時間が経ったのか。
数分か、数十分か、数時間か。
担架に乗せられてから空港を出るまでにどれくらいの時間を要したのか。
病院に搬送途中に亡くなったというけれども、それは病院を出てから何分後なのか。たらいまわしにされたということはないのか。
VXで死ぬまでの時間を云々言っているが、ここにどれほどいたのか分からないと何とも言えないのでは?

どれくらい後に行ったのか分からないが完全防備でクリニック内などを消毒をしている画像もある。
では、クリニックで彼に直接接触した人間はいないのか。
その人は素手ではなかったのか、手袋をしていたのか。
途切れた間の防犯カメラ映像があれば、それも分かるだろうに、何故かその重要な場面の映像が公開されていない。

近づいたり抱きついたりしている映像だけでは殺害した証拠にはならない。
彼女たちが何か薬品のようなものを持たされていたとしても、それがVXであったという証拠はどこにもない。
たとえ彼女たちがVXで殺害しましたと自白しても、先進国では通常それだけで公判を維持することは出来ない、それだけで犯人にしてはいけないはずである。
可能性を言うならば、クリニックで何か薬品を投与され、それが死に至らしめたということも考えられなくはないのだ。
そういう意味においても、途切れた時間の映像が重要である。







[PR]

by yumimi61 | 2017-03-02 16:59


<< 父の病⑮      とおせんぼう >>