2017年 08月 08日
日本国憲法の秘密-532- (防衛省問題について)
文科省の加計学園問題と防衛省の日報問題がセットのような時期もあったので、私もここでちょっと防衛省管轄のハガキ名刺問題を挟んでおこうと思います。
次男の病院騒ぎ記事でこちら↓の記事も思い出したものですから。

あ、これリッチリンクと言います。画像をクリックすると当該記事が開きます。
下記緑字はその記事から。

数日前から家の階段の下から5段目に小銭とともに名刺のようなものが置いてあった。
次男はポケットから出した小銭をしょっちゅう階段に置いておく。
名刺もそこに一緒にあったので、学校前か街中で学習塾の勧誘にでもあったんだろうと思った。

それでもどこから貰ったんだろうと思って名刺を見てみると、自衛官募集と書いてあった。
名刺に書かれている氏名は女性名。これが俗にいう美人局作戦か(*˘︶˘*)♡

昨年長男宛てに自衛隊から葉書が来たことを思い出した。
また自衛隊への勧誘かぁと思った。
(略)

なんだかだんだん胡散臭さが漂ってきた。
そこで次男に名刺をどこで貰ったのか尋ねてみた。
すると「スーパー」という答えが返ってきた。
スーパーというのは他でもないスーパーマーケットである。
高校生男子がスーパーに行く機会はそれほど多くない。
「競技場近くの?」と訊くと、「そう」と言った。
学校の部活練習で陸上競技場を利用することがあるが、その競技場近くにスーパーマーケットがある。
競技場練習の際にたまに立ち寄ることがあるらしかった。

「勧誘されたの?」
「そう」

自衛隊が欲しいのは若く健康な(願わくば体育会系な)男子だろう。
スーパーマーケットという場所は一般的に、そんな若い男子に遭遇することが極めて低い場所である。
言うなれば勧誘キャンペーンを張るには相応しくない場所だ。
何故そんなところで勧誘していたのか・・・?
最初は不思議に思ったのだが、自衛隊募集相談員がボランティアみたいなものだとすれば、ただ単に買い物中に若い男子を発見して自衛隊募集相談員の血が騒いだのかもしれない。
自衛隊募集相談員を調べていて見つけた。オバマ大統領、呼び捨てですよ!

それはともかく。今度は住所をチェックしてみた。
住所とTELのあとに何やら「串政」という怪しげな言葉が添えられている。
住所と名前から辿ると「飲み屋」だった。
ここを読むと、どうやら飲み屋のおばちゃんが自衛隊募集相談員のようだ。
自衛隊のTシャツを着て接客もしているらしい。
そんじょそこらの募集相談員とは気合が違うな。(と言っても他の自衛隊募集相談員を知らないが)
そうか!スーパーに鶏肉を買い出しに行っての遭遇だったのか。
ということは、あのスーパーは鶏肉が安いんだろうか。




[PR]

by yumimi61 | 2017-08-08 01:15


<< 日本国憲法の秘密-533- (...      日本国憲法の秘密-531- (... >>