2007年 08月 08日
手探り
e0126350_121847.jpg


掴んだと思ったものが 掴んだそばから零れて落ちる

そんなことはよくあることで 感傷に浸るほどのことではないのだろう

だけどその感じは 人が存在することの根源的な哀しみに通じている気がして

居たたまれない気持ちになる

言葉に失望しながら言葉を綴っていることも どこかそれに似ている

[PR]

by yumimi61 | 2007-08-08 12:24


<< 標本      点睛(てんせい) >>