<   2016年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

2016年 01月 31日
日本国憲法の秘密-176-
e0126350_13304132.jpg


 企業が献金できるのは「政党」と「政治資金団体」のみである。
「政党」には政治家が代表となっている各都道府県の政党支部も含む。
「政治資金団体」は政党が有しているもので、政治家が有している「資金管理団体」とは違う。



各都道府県にある政党支部には、政治家が代表となっていて選挙区に合致する支部がある。
昨日の記事に出てきた「自由民主党群馬県参議院選挙区第三支部」というのは、その1つである。

ただし政党支部とはそれだけに止まらない。
選挙区ではなく単なる地域支部、職域支部なども存在する。
一例として、自由民主党吾妻郡支部(代表:南波和憲;吾妻郡出身の県会議員)、自由民主党医療会群馬県支部(月岡関夫;群馬大学医学部出身で2013年に群馬県医師会長に就任)などである。
群馬県所管の政党支部のうち自由民主党政党支部はこんなにもこんなにも、ある。
これらはみな一般の政治団体ではなく、政党支部である。
各団体には代表がいて会員(会費あり)がいる。代表は政治家でなくても構わない。
その他に、政治家個人の資金管理団体や後援会など一般の政治団体が多数ある。(参照

地域の繋がりが強ければ強いほど、また自営業者が沢山いたり中小大企業を抱えている地域、要するに「しっかり」している地域ほど政治団体ができやすい。
地域や職や会社を守らなければならないからだ。
個々にそれぞれ忙しい人達が何の見返りもなく政治活動の応援などそうそう出来るものではない。
その証拠にリターンのない学校のPTA役員は不評で率先してやりたがる人がいない。
議員などを目指す人にとっては顔や名前を売るという点でリターンがあるかもしれないけれども。

そうした「しっかりした」地域ほど保守が強いということになる。
従業員を多く抱える大企業や組合などを作りやすい一次産業などが少ない都会、新進中小企業の割合が多く、フリーターやアルバイトなどの若者を多く抱え、縁故や土地に馴染みのないいわば一見さんのような人が多い都市部ほど浮動票が多く保守が弱い傾向にあったのだ。
ある頃から保守が強いところは古臭くてダサイというようなイメージで語られることが多くなった。群馬はその代表格である。
芸能人などの有名人が候補者にならず、そのため予想外の結果が出ない、大きな変化がない地域である。
ただどうだろうか?
人々はなぜ知名度のある大学や会社に行きたがるのか。それは名前だけで信用信頼を獲得できるからではないだろうか。
銀行が簡単にお金を貸してくれる人を考えてみればわかる。それが信用である。
要するに有名人の知名度と信頼を得る知名度は別物である。

信用があるところにはお金が集まりやすいし、お金があることが多い。
逆を言えば、金権政治の中心になりやすいということでもある。
お金があれば良いことが出来るかもしれないが、悪いことも出来る。利用もされやすい。


看護協会と看護連盟

群馬県所管の政党支部の1つに「自由民主党看護連盟群馬県支部」がある。
群馬県支部とあるように看護連盟は全国展開されている組織である。
看護連盟よりは看護協会のほうが知名度が高いと思うが、看護協会は政策提言活動、看護連盟は政治活動と役割分担して、共同で活動している

看護連盟の本部は看護協会本部ビル内にあり、各都道府県支部においても27府県支部が看護協会と同一所在地である。
要するに看護連盟の母体は看護協会なのである。
看護協会のビル(日本看護協会ビル・日本看護協会原宿会館)は、東京・表参道(渋谷区神宮前5丁目)にあり、協会が所有している。

(看護協会は)1946年に連合国軍最高司令官総司令部の指導により、日本産婆会、日本帝国看護婦協会、日本保健婦会の3つの職能団体を統合する形で「日本産婆看護婦保健婦協会」として設立された。1951年(昭和26年)に現在の日本看護協会に改称。

看護協会は「看護職の地位向上・環境を改善するには政治の力が必要である」とし、「看護協会の目指す施策・制度・法律を実現」するために政治活動できる団体として1959年(昭和34年)の看護協会総会議決を経て看護連盟を創設した。
それ以来、看護協会は看護連盟を通して国会議員を送り出して来た。看護連盟は自由民主党の支持団体として活動してる。
2003年(平成15年)の政治資金収支報告書によると19万5500人の会員から9億7752万5千円を集め、日本医師連盟に次ぐ集金力を持っている。組織内候補として高階恵美子、南野知惠子、阿部俊子がいる。


看護協会は別に入らなくても全然困らないが、病院によっては就業規定として入会を義務付けているところがあったり、義務とまではいかないが看護師長による「入るべし!」という圧力があったりするところもある。
日本看護協会と、その支部の都道府県看護協会は会費が名目上別となっているが、会には同時入会する必要がある。
 ※群馬県の場合
   日本看護協会費5,000円
   群馬県看護協会費5,500円
   入会金10,000円(新規入会時1回のみ)
   看護教育センター施設運営維持管理費30,000円(入会時一括又は3年間の分割)-平成21年度より

2013年(平成25年度)の会員数は約68万人で、看護職の組織率は約5割と言われる。

看護協会に入会しないだけならまだしも、ありとあらゆるところに張り巡らされている政党支部、要するに政党や政権を敵に回したら、もうこの社会では簡単には生きていけないわけですよ。

では群馬県では、どの病院のどんな方々が看護連盟の役員で政治活動に携わっているのか見てみましょう。
e0126350_1605219.jpg



収支報告書から

自由民主党看護連盟群馬支部(政党支部)の平成26年11月26日公表分(平成25年分)政治資金収支報告書からまとめてみた。

【収入】
前年度繰越金 139万6970円
今年度収入  273万5500円
          (内訳)
           寄付 266万4000円
           本部または支部から供与された交付金 4万円(自由民主党群馬県支部連合会)
           その他  3万1500円
---------------------------------------
  合 計    413万2470円
 

※収入の寄付266万4000円は、どこから寄付されたか?(寄付内訳)
 ・群馬県看護連盟 248万8000円(2回で)
 ・日本看護連盟   17万6000円(2回で)
 -----------------------------------------
    計        266万4000円


【支出】
事務所費 21万3561円
組織活動費 151万765円
寄付・交付金 153万6000円
-----------------------------
合 計    326万326円

※寄付・交付金153万6000円は、誰に寄付・交付したか?
 ・自由民主党群馬県支部連合会 153万6000円(2回で)


収入合計-支出合計差額=87万2144円・・・・翌年度繰越金

  

こうした組織は選挙が行われる時には応援に大忙しだろうけれども、そうでない時は寄付組織となっている実態が浮かび上がる。
自由民主党看護連盟群馬支部という政治支部に寄付しているのは、群馬県看護連盟と日本看護連盟のみで、群馬県看護連盟が主となっている。
群馬県看護連盟への入会には、上に書いた看護協会にかかる費用とは別に年会費が必要となる。
年会費は8000円(内訳:日本看護連盟5000円・群馬看護連盟3000円)。
看護連盟という組織の主たる収入源は会費だと思うが、その看護連盟が自民党に寄付(交付)しているのである。


政治団体という認識があるかどうか

政治団体は数多くあれど、やはりこじんまりとした団体では寄付・交付への貢献度は低い。
政治団体すべてが寄付のために存在しているわけではないということ。そうした団体には票集めに頑張ってもらいましょう!
ともかく政治団体の収支報告書の収入の箇所には、個人の負担する党費または会費という項目がある。(青い箇所)
こじんまりした団体などはそこに記入があることが多い。
自由民主党看護連盟群馬支部にはその部分に記入がない。


看護連盟が自民党の政治家を応援しているということはホームページをみたり選挙の投票依頼などされれば分かだろうけれども、看護連盟が自民党の政党支部になっているということに気付いていない人もいるのかもしれない。
会費=党費で自民党への寄付になっているような気がするが、それはあまり大っぴらにしたくないのか、個人が負担する党費または会費には記されていない。
会費全部が寄付金になるわけではないというような理由からだろうか。

収支報告書の支出

下の表が支出の内訳である。
「経常経費」(青色線内)と「政治活動費」(桃色線内)と大きく2つに分けられる。

e0126350_031059.jpg


経常経費には、事務所費、人件費、光熱水費、備品・消耗品費がある。

事務所費―事務所の賃料損料(地代、家賃)、公租公課、火災保険料等の各種保険料、電話使用料、切手購入費、修繕費その他これらに類する経費で事務所の維持に通常必要とされるものをいう(政治資金規正法施行規則)。

※事務所費問題
2006年、複数の国会議員の資金管理団体が、主たる事務所を家賃等がかからない議員会館においているにも関わらず、多額の事務所費を計上していることが報じられた。議員会館以外にも事務所を構えているため支出には問題ないと回答した議員もいたが、経費の上下が激しい事例もあった。
これをきっかけに、本来であれば政治活動費として詳細を報告すべき経費を事務所費として報告している政治家がいるのではないかという疑惑や、国会議員の資金管理団体による、政治資金を原資とした土地等の不動産の取得や自宅を事務所とした新築や増改築が、政治問題として注目されるに至った。

この、いわゆる「事務所費問題」の中で、事務所費をはじめとする経常経費について、政治活動費と異なり支出の明細の報告や領収書等の写しの添付が不要なことから政治家にとって詳細を知られたくない支出を潜り込ませるブラックボックスとして悪用されているという指摘や、法の定義ぶりが曖昧なために具体的に何の支出がどの項目に該当するのか分かりにくいといった批判がなされている。
(松岡利勝 - 2007年5月、農林水産大臣在任中に自殺。事務所費問題などいくつかの疑惑が理由とされる。)



「経常経費」は項目毎の総額を記載するのみで足り、領収書等の写しの添付も不要であったため、上記のような問題が噴出した。
そのため法改正があり、「資金管理団体」においては経常経費(人件費は除く)であっても5万円以上の支出であれば、明細の記載と領収書等の写しの添付を義務付けた。
また「国会議員関係政治団体」に関しては、人件費を除くすべての支出に対し、1件1万円以上であれば明細の記載と領収書等の写しの義務が義務付けられた。
さらに国会議員関係政治団体は、収支報告書を提出する時に予め登録政治資金監査人の監査を受け、その報告書も合わせて提出することになっている。
監査が入っているわけだから、収支報告書に問題があるとすれば監査も問題だったということになってしまう。
甘利氏であれば、国会議員関係政治団体には「甘山会」と「自由民主党神奈川県第十三選挙区支部」が該当する。

表を使わせてもらっている「自由民主党看護連盟群馬支部」は、政党支部であるが、資金管理団体も国会議員関係政治団体でもない(指定されていない)。
そのため事務所費の明細の記載はない。
団体が存在しながら、人件費も光熱水費も消耗品費も一銭もかかっていないというのも、ある意味不気味である。
それが必要ないということは、自由民主党看護連盟群馬支部という政治団体が看護連盟群馬支部と全く同じ組織であり、人件費をはじめとする経常経費は看護連盟群馬支部の会費収入などでまかっなっていると考えられる。
それなら何故事務所費が必要なのかという疑問もあるが。


政治活動の闇

自民党群馬県支部連合会への寄付(交付)と同じくらいの額が組織活動費として支出されている。(151万765円)
政治活動費の場合、1件5万円以上の場合には明細の記載が必要なはずなのだが、政治活動費の組織活動費には明細が1つも記載されていない。
要するにすべて1件5万円以下ということなのだろうか? ということはほとんど交際費だろうか。

組織活動費<はてなキーワードより>
政治資金規正法に基づく政治資金収支報告書の支出項目の一つ。行事費や組織対策費、交際費などとされる。
民主党・小沢一郎幹事長にかかる「政治とカネ」をめぐって、同氏が代表時の06〜08年に党本部から財務委員長の2議員に支出された総額約22億円や新進、自由両党時代に4議員に支出された計75億円余の使途が注目されている。



もうひとつの闇

支出には明細を書いたり領収書の写しを添付しなさいという規定があるわけだが(それでも金額を切っているあるあたり非常に甘い)、収入にも領収書(複写)の写し(領収書を発行した証)を添付させるべきだと思う。
きちんとした領収書を発行すれば、お金を渡す側が証拠を残す必要は無いはずである。
会社が発行する源泉徴収票は支払額や所得税額を証明するものである。
準備が良すぎるというが、会社のような組織であればお金を出す側が幾ら出したかを管理するのは当たり前のことである。
たとえ寄付であっても受け取る側は領収書を出すのが礼儀であろう。

そうでないと100万円寄付してもらったのに50万円と書くことも可能になる。差額50万円を受け取った人が使い込める。
但し勝手に寄付金額を減らして記載した場合には、寄付した人が公表された収支報告書を見れば「違う!」と分かる。
でも贈る側と受け取る側がグルになれば寄付の記載なんかどうにでもなってしまう。
500万円渡し、「収支報告書には50万円と書けばよいから、あとはあなたが車を買いなさい」とか言えちゃう。
それは贈る側が個人ほど融通が利く。(後でばらされたり脅されたら大変だけど)
贈る側が会社のような組織だと帳簿管理されており、そんなに自由に出し入れ出来ないので誤魔化しにくい。
政治家関係で不正を行う時は組織ぐるみとなってしまう。




[PR]

by yumimi61 | 2016-01-31 14:43
2016年 01月 30日
日本国憲法の秘密-175-
大問題

昨日の記事の終わりに甘利氏の問題について書いたが、その補足。
献金(寄付)に関してどうも勘違いしている人が多いように思う。

現在の日本では、政治家個人への献金は原則として禁止されており、政治家に献金する場合は、政治団体(一政治家が一つだけ指定できる資金管理団体や、政治家の後援会など)を通じて献金することになる。
これは、日本国籍を持つ個人献金のみ可能で、一政治団体に対して年間150万円迄の政治献金が可能であり、企業献金は企業の意を受けた政治家によって政府の施策が歪められる原因にもなるため、一切禁止されている(≒賄賂)。


福島県南相馬市が分かりやすい表(寄付の量的制限一覧pdf)を作っていたのでお借りした。(色は私が付けた)
e0126350_1174991.jpg


政治活動に使って下さいと、甘利氏に羊羹と現金を渡したのが「建設会社」だとすると、受け取ったのが甘利氏個人(赤ライン)でも事務所(赤ライン)でも資金管理団体(甘山会)(青ライン)でも違法である。
行為自体が違法なのだから適正な会計処理など出来るわけがない。
羊羹については政治活動利用ではなく手土産の類ならば良いだろう。
ただし菓子類や酒を手土産として貰ったとしても、それを選挙期間中に有権者に振る舞えば違反となってしまうので注意が必要である。
(手土産として馬や牛を引いてきたら?手土産が高級車だったら?手土産が有価証券だったら?手土産がお金だったら?お年玉とかは?手土産が不動産だったら?手土産が宝くじだったら?常識で考えろ!?)
(寄付が宝くじ券で大当たりした場合はどのように処理したらよいでしょうか?いらぬ心配だ?)

渡したのが「建設会社」ではなく「個人」(例えば建設会社社長がポケットマネーから出した)ならば、羊羹は問題ない。
ただ前述のようにそれを有権者に振る舞えば問題がある。
渡す人が個人で受け取るのが政治家個人(候補者個人)の場合、物品の寄付は認められているが金銭の寄付(いわゆる献金)は認められていない。
例外的に選挙運動に関するものに限り金銭を贈ることが出来る。
しかしその受け取ったお金を候補者やその関係者が有権者にばら撒けばそれは違反である。

建設会社が政治団体を有していたり、建設業界の政治団体の代表であるとするならば、政党や資金管理団体に金銭を渡す(寄付・献金する)ことは構わない。認められている。
ただ自称政治団体では困る。手続きを踏んでいる政治団体でなければならない。
それらのやり取りは政治資金収支報告書に嘘偽りなく記載がなければならないし、領収書などが添付されなければならない。
この場合も政治家個人(候補者個人)には金銭を贈ることは出来ない。


誤解と迂回

迂回献金政治資金規正法では、企業および業界団体が、特定の政治家個人へ献金をおこなう行為を禁止しているが、政治家の所属する政党や政治資金団体へ献金することについては認めている。
迂回献金とはこの点を利用して企業や業界団体が政党や政治資金団体へ資金供与をおこない、政治家がそこから資金を受け取ることで間接的に政治家個人への献金がおこなわれている状態を指す。
迂回献金は(間接的であれ)最終的には企業・団体から政治家個人へ資金供与がおこなわれている形になるため違法性を指摘されているが、現行法においても禁止規定が存在しないことや、発覚した場合でも摘発・立件が見送られてきた経緯などから、企業や業界団体が特定の政治家個人へ資金供与をおこなう際の抜け道(脱法行為)として常態化しているとの指摘がなされている。


上記のとおり、企業が献金できるのは「政党」と「政治資金団体」のみである。
「政党」には政治家が代表となっている各都道府県の政党支部も含む。
「政治資金団体」は政党が有しているもので、政治家が有している「資金管理団体」とは違う。
政党で有しているのは自民党と民主党だけらしい。
 ・財団法人国民政治協会(自民党)
 ・国民改革協議会(民主党)
公明党、維新の党、日本共産党、次世代の党、社会民主党、生活の党と山本太郎となかまたち、日本を元気にする会、新党改革は政治資金団体を指定していない。

迂回とは要するに下記のような流れになる。

 企業→政党(政党支部)→政治家個人

上の表の寄付者政党のところをみてほしい。全て「制限なし」である。好きだけあげ放題である。
以前こちらの記事で新聞業界と政治家の癒着について触れた。
そこに山本一太議員が登場する。
間に「自由民主党群馬県参議院選挙区第三支部」を入れて、迂回献金させていた疑惑があるのだ。(またまたこちらに詳しいのリンク先参照)
その第三支部の支部長は他でもない山本一太議員だったのである。(そのことはこちらに書いた
彼は安倍首相や国連にも近い人物である。

小渕優子議員の政治資金収支報告書が取り沙汰されたのが2014年10月中旬だった。
私が新聞業界や山本一太議員のことを書いたのは2014年10月下旬だった。
11月9日、「増税先送りなら解散 首相検討 年内にも総選挙」と読売新聞がスクープした。
皆が驚いた、いわゆる「突然の解散風」である。
行う必要のない選挙を、年末の忙しい時期に、いきなり行うと決めたのだ。
勝てると分かっている時期に選挙を行って「禊を済ませる」つもりなのかと、私は思った。
当時お昼にテレビを見ていたら「総理は解散権限を持っているので使いたかったのでしょう」と解説していた人がいたけれど、衆議院を解散するのは内閣総理大臣ではなく天皇なのだ、とこちらに書いたこともある
選挙は案の定楽勝だった。国民に承認されたというわけだ。

大きな問題にされる人もいれば、されない人もいる。
攻撃される人もいれば、庇われる人もいる。
閣僚にランクを付けて喜んでいる人もいる。
同じ与党の議員であっても。

今までも繰り返し政治資金の問題が取り沙汰されてきた。
さらに迂回献金という手法が確立されているくらいなのだから、甘利氏はあまりにも不用意である。
どうしてそんな人が持ち上げられていたんだろう?
またこの一件が表面化した時に経験ある政治家が問題ないと判断するとも思えないのである。
甘利氏がはめられたとするならば、その力量を知っていた政権内部の策略ではないのだろうか?TPPやアメリカ落とし。考え過ぎだろうか。




[PR]

by yumimi61 | 2016-01-30 11:34
2016年 01月 29日
日本国憲法の秘密-174-
不可解な死

昨日転載したフライデーの記事はX JAPAN に関するものであったが、私は以前 X JAPAN のメンバーの死についても書いている。
X JAPAN は元メンバーが2人亡くなっている。
HIDE(1998年5月2日没、33歳)
TAIJI(2011年7月17日没、45歳)

2人も謎多き死であった。
 (TAIJI)死後に遺族が不審死事件の検証及び再調査に関する署名活動を行っている。
 X JAPAN、TAIJIの死をめぐる謎…内縁の妻がマネージャーの不審行動とサイパン拘置所の不正を告発

私が注目したのは日本経営者同友会と関係があったことである。
2011年12月1日の記事の「TAIJIのブログ」に書いた。

ブータンやホワイトハウスを訪問した日本経営者同友会の会長と理事長のことが書かれています。
理事長は、こちらに書いた国連友好協会の代表も務める徳田瞳さん。


ブータン、そしてホワイトハウス、国連に繋がっていく。


著作権とカラオケ

著作権に関することで言えば、小沢氏がカラオケの使用料徴収に関わったという噂を耳にしたことがある。

世に貨物コンテナを再利用したカラオケボックスが登場したのが1985年。
それまでは主にスナックやバー、ホテルの宴会場、観光バスなどで利用されていた。
1987年にJASRAC(一般社団法人日本音楽著作権協会)がカラオケを使用する店舗からカラオケ使用料(演奏料)の徴収を始める。
1991年に通信カラオケが登場した。それに伴い徴収料金も変わる。
 ・基本使用料―カラオケ事業者が所有する楽曲数に応じて支払う。
 ・利用単位使用料―店舗に置いているコマンダーに貸す情報料や新曲更新料など(ソフト貸与)でカラオケ事業者が支払う。
 ・演奏料―カラオケ店舗が支払う。

カラオケ店舗に客が入り歌を歌うことに関係なく、カラオケ事業者が事業を行っているかぎり、JASRACには収入がある。

1990年代にシングルCDが売れたのは、カラオケブームのおかげであると言われている。
それよりもっと前に、おじ様やおば様方が演歌のシングルレコードやシングルカセットテープを買い求めたのも、カラオケのおかげである。
カラオケ目的のみならず好きな歌手ということであればアルバムを買うのが一般的。
アルバムが発売されるまではラジオやテレビで聞けばよいのだ。今ならインターネット利用も利用可。
シングルはアルバムに比べると割高だから庶民がアルバムを求めるのは自然なことである。
但し音楽を聞くのがカラオケ目的だとするとアルバムは買わない。別に必要ないからだ。
割高感はあるけれど総額を比べればアルバムのほうが高い。配信になってからは比べものにならなくなった。
テレビやラジオを聞いて良かったから、テレビで見かけて素敵だったからとアルバムを買ってみたはよいけれど、好きな曲がアルバムに1つ2つしかなかったらアルバムはもう買わなくなる。もったいないからだ。
ある意味、音楽から離れたのではなく、音楽嗜好が強いということなのだ。
アイドル親衛隊ではなく、音楽を聞く人達だから、その音楽が必要なものでなければ買わない。
昔もレンタル店を利用したり友達との貸し借りで「マイベスト」とか言って好きな曲だけを集めたカセットテープを作ったものである。
何故Wカセットである必要があったのか、何故コンポである必要があったのか考えて見れば分かる。
しかしレンタルショップもインターネットに取って代わった。
これがCDが売れなくなった理由である。

大事なマイベストのカセットテープに間違えて上から録音しないように爪を折っておくのはよいとしても、売る側がコピーガードをかけるなんていうのは愚策だったと思う。
権利や収入を守ろうとすればするほど、それを利用する人達がいる。
結果的に権利や収入に逃げられてしまうということが起きる。

宴会の2次会などでカラオケ店を利用することがあると思うけれど、私はカラオケ店はあまり好きではない。
何故かと言うと会話が出来ないからだ。絶えず爆音が響いている。
カラオケ店は歌の練習に行くぶんにはよいけれども人と話す環境にはない。だから面白くない。
歌を歌う人、画面に見入る人、楽曲選びに真剣な人、カラ元気な人、ぼーっとしている人、カラオケ店の部屋の中は自己中の世界である。
音が鳴っていない余白の時が無い。防音設備が完璧すぎて声の逃げ場がない。


カラオケで聞き飽きた曲はこれだ!?

カラオケ再生回数に応じて著作者には著作権料として還元される。
著作権なので対象となるのは作詞作曲編曲者である。
カラオケの場合、他の誰かが作った楽曲を歌っているだけの歌手は恩恵に与れない。


カラオケで多く歌われた楽曲。
【オリコンカラオケチャート長期1位楽曲】

90週 ヘビーローテーション/AKB48  2010年11月1日 - 2011年9月26日(48週連続)
                         2011年10月24日 - 2012年8月6日(42週連続)
79週 キセキ/GReeeeN  2008年6月23日 - 2009年3月2日(37週連続)
                 2009年3月16日
                 2009年3月30日 - 4月20日(4週連続)
                 2009年5月11日 - 12月14日(32週連続)
                 2010年1月18日
                 2010年3月22日 - 4月12日(4週連続)
53週 女々しくて/ゴールデンボンバー 2012年8月27日
                        2012年9月10日 - 2013年8月26日(51週連続)
                        2013年9月9日
43週 花/ORANGE RANGE  2004年11月29日 - 2005年9月12日(42週連続)
                    2005年10月3日
40週 世界に一つだけの花/SMAP 2003年3月3日 - 6月16日(16週連続)
                       2003年7月7日
                       2003年8月4日 - 9月15日(7週連続)
                       2003年9月29日 - 12月1日(10週連続)
                       2004年1月5日 - 2月2日(6週連続)
                       ※年始2週合算週を含む
40週 涙そうそう/夏川りみ 2004年2月9日 - 3月29日(8週連続)
                 2004年5月3日 - 5月10日(2週連続)
                 2004年5月24日 - 7月5日(7週連続)
                 2004年7月19日 - 8月9日(4週連続)
                 2004年9月13日 - 9月27日(3週連続)
                 2004年10月11日 - 11月22日(7週連続)
                 2005年9月19日
                 2005年10月10日 - 11月28日(8週連続)
39週 レット・イット・ゴー〜ありのままで〜/松たか子  2014年5月12日 - 2015年2月2日(39週連続)
34週 恋するフォーチュンクッキー/AKB48  2013年9月16日 - 2014年5月5日(34週連続)
26週 純恋歌/湘南乃風  2006年6月5日 - 11月20日(25週連続)
                 2007年7月9日
22週 亜麻色の髪の乙女/島谷ひとみ  2002年6月3日 - 9月30日(18週連続)
                         2002年12月23日 - 2003年1月13日(4週連続)
21週 三日月/絢香  2006年11月27日 - 2007年4月9日(20週連続)
              2007年7月2日


著作権者に(十分な?)著作権料が払われていないという主張もある。
・JASRACと訴訟しているというファンキー末吉さんのブログ
JASRACはヤクザのみかじめと同じ仕組みだった!ファンキー末吉が暴露!
一方で
金爆・鬼龍院翔 カラオケ印税で億万長者!?
ゴーストライターの話


やばたん

「総務担当者から菓子折の入った紙袋と封筒を受け取った。これについて大臣室訪問の謝礼と病気を克服して頑張れという政治活動の応援の趣旨だと受け取り秘書に対して封筒に入っていた現金を適正に処理するよう指示した」 甘利氏会見より

公職の候補者の政治活動に関する寄附の制限 
何人も、公職の候補者の政治活動(選挙運動を除く)に関して金銭及び有価証券による寄附をしてはいけません(ただし、政党がする寄附及び政治団体に対する寄附は認められています)。

総務省 政治資金より>

「公職の候補者」とは、公職の候補者及び候補者となろうとする者の他、「公職にある者」を含む。
甘利氏は公職者である。
公職者の政治活動に対して金銭による寄付をすることは禁じられている。
「病気を克服して頑張れ」ということは個人に対するものという認識がある。
甘利事務所(大和事務所)は事務所であって政治団体でもない。
羊羹だけなら物だから良いが、現金を受け取った時点で法律違反、アウトである。
「適正な処理」も何もない。その前の段階でダメである。


法律の理解

皆さんが重要閣僚だとかアベノミクスの司令塔だとか言うので、私もそれを信じて昨日までWikipediaを見たことがなかったが、お金の関していろいろ書いてあった。

献金というのはどこに対するもののことを言っているのだろうか?
甘利氏は「甘山会」という名の資金管理団体を所有している。
今回のように事務所で個人的に献金を受けたということならば論外であるし、資金管理団体が受けた献金ならば収支報告書に記載があり、年間の寄付上限額(量的制限)も決められている。
献金が分かったということはやはり収支報告書からだろうか。

・道路特定財源を資金源とする道路運送経営研究会(道路特定財源の一般財源化に反対している)から献金を受けている。
・パチンコメーカーのSANKYOから多額の献金を受けている。
・労働者派遣法に対して規制緩和を陳情していた日本人材派遣協会に加盟する12社(マンパワー・ジャパン、オリファ、アデコキャリアスタッフ、ピープルスタッフなど)から、労働大臣を務めていた時期に献金を受け取っていた。
・消費者金融など貸金業界の政治団体「全国貸金業政治連盟」(全政連)から政治献金を貰っており、金額は上川陽子に次いで2番目に高かった。

【不祥事】
●補助金企業からの献金
政府より補助金を得ていた企業から2013年7月と2014年1月に計12万円の献金を受けていたことが発覚した。

●東京電力からの献金
東京電力や関連企業がパーティー券購入額の目安として、東京電力が政治家の電力業界での重要度を査定しランク付けしていた上位10議員の内の1人であったことが報じられた。議員秘書等から依頼に応じパーティー券を購入し、一回あたりの購入額を政治資金収支報告書に記載義務のない20万円以下にして東電からの資金の流れが表面化しないようにしていた。

●高額な事務所費
甘利の資金管理団体が計上した事務所費と、実際の事務所家賃との間に、大幅な差額が発生していることが報道された。

●国民年金保険料未納
2004年、政治家の年金未納問題が注目された際に国民年金保険料の未納が発覚した(1986年4月から15年11か月間)。甘利は、議員年金と国民年金の両方に入らなければならないことに気付かなかったとして陳謝しつつも、社会保険庁から督促が来なかったとも述べている。

●労働保険未加入
2009年1月、甘利の資金管理団体「甘山会」が、勤務するスタッフに対する労働保険に未加入のまま長期間放置していたことが発覚した。
労働保険の中でも労働者災害補償保険は、雇用者がいれば加入義務があると労働者災害補償保険法により定められており、未加入でスタッフを雇用するのは違法行為である。甘利の事務所は「アルバイトは加入の必要がないと誤解していた」と説明しており、「甘山会」は2009年1月に労働保険に加入し、2006年度分まで遡及して支払った。なお、2004年12月頃の時点で、自由民主党本部は関係する各団体に対し社会保険や労働保険に適切に加入するよう指導した、と指摘されている。また、甘利は労働大臣経験者でもある。



[PR]

by yumimi61 | 2016-01-29 10:40
2016年 01月 28日
日本国憲法の秘密-173-
プチエンジェル

2003年7月、衝撃的な事件が発生する。
12歳(小学生)の4人の少女がお金欲しさに男に付いて行き、赤坂のマンション一室で脅され監禁されていたという事件である。

※プチエンジェル事件
2003年7月に東京都赤坂にあるウィークリーマンション一室で起きた、小学6年生の少女4人が誘拐・監禁された事件。なお、プチエンジェルとは犯人が経営していた児童買春デートクラブの名称ないし会社名である。

犯人の29歳の男性は無店舗型の非合法の未成年者デートクラブ「プチエンジェル」を経営。女子高生数人をスカウトとして雇い、渋谷や新宿で「カラオケ5,000円、下着提供10,000円、裸体撮影10,000円」などと書かれたチラシを配ってローティーンの少女を勧誘し、男性客に斡旋、その他わいせつビデオの販売も合わせて多額の利益を得ていた。また本人も過去に買春で逮捕歴があり執行猶予中だった。


2003年7月13日-
少女4人は犯人から「部屋を1万円で掃除してほしい」と誘われ、渋谷駅前で待ち合わせて、タクシーで赤坂のマンションに連れて行かれる。マンションで掃除を始めると「ここに来た意味わかるよね」と犯人の態度が豹変。手錠と目隠しをされて監禁された。2人が逃げようとするが失敗、手錠にポリタンクや鉄アレイを付けられて逃げられないようにされスタンガンで脅された。 同日深夜 家族から警察に捜索願いが出される。 (少女らは17日に保護された)

その後の捜査によって、借りていた埼玉県久喜市のアパートから1,000本以上のビデオテープと2,000名に及ぶ顧客リストが押収された。しかし、多くが偽名であることを理由に捜査は打ち切られた。そのため、芋づる式の一斉検挙といった動きはなく、当事件は解決を見せたが、その背後にあるとされたデートクラブ絡みの疑惑は真偽不明のまま終わっている。また赤坂という立地条件などから、政財官が絡む疑獄事件が出典不明のまま流布されているが、2015年12月時点で裏付けは取れていない。

事件が起きたのは赤坂のウィークリーマンションでありながら、当初マスコミは渋谷で起きた事件と一斉に報じた。
容疑者の不自然な自殺、顧客リストの存在が表に出始めた頃に報道が止んだため、政財官界の人間が多数顧客にいたんだろうと専らの噂となる。
2003年9月、この事件を追っていたというフリーライターが殺され東京湾で発見されたことから、噂が噂を呼んだ。


衝撃

金や権力やブランドになびく女は少なくない。政財官界の大物ともなれば、そんな危ないことをしなくても、女に困ることはないと思う(寄ってたかられて困るということはあるかもしれないが)(危ないという認識があればの話だが)。
危険であることを承知で少女を買うのであれば、それはもう少女趣味があるということだろう。ロリータ売春。
大人には困らなくとも少女とは出会いがない。また春を売る少女の絶対数が少ない。
従って斡旋者のお世話にならざるを得ない。処女がよいとか擦れていない素人がよいとか注文があれば尚の事。
あるいは宗教神秘がかっていて、生き血を吸うかのごとく処女と性交するごとに成功する長生きするとかステージがあがるとか、そんな秘儀にのめり込んでいるとか。

プチエンジェル事件の少女4人は東京都稲城市の小学生だった。
事件は7月13日に発生したのだから、夏休みにはまだ1週間ほど早かった。
夏休みに遊ぶためのおこづかいが欲しくて、京王相模原線に乗って明大前で乗り換えて渋谷に向かったのだろうか?
小学生と金銭のための労働(アルバイト)と監禁と稲城市と渋谷と赤坂というイメージが繋がらず、多くの人に衝撃を与えたのだ。


重なる日付、重なるイメージ

昨日書いた「糸山英太郎が16歳の少女を紹介され淫行に及んだという事件」において少女を紹介して逮捕された犯人らは、18歳未満であることを隠して紹介し、後で脅して金を取ろうと思っていたそうだ。
事件は2003年の晩秋から冬にかけて明らかになったが、実際に淫行に及んだ日にちは2003年の夏、それも7月12~13日だったというのだ。
人々にはまだプチエンジェル事件の記憶が新しい。
政財官界の人間が顧客だったという噂。
素行のあまりよろしくない元国会議員。
イメージが繋がる。ぴったりはまる。
糸山英太郎がプチエンジェル事件に関係していたのではないかという憶測が広がる。
プチエンジェル事件(■事件に関連が疑われる政治家という項目があり糸山の事件が書かれている)

4人の少女が暮らしていた稲城市は「よみうりランド」や「東京ヴェルディ」があったりするので読売(よみうり)と関係があるような気がする。
また稲城市の北を流れる多摩川の近くに多摩川競艇場(ボートレース場)がある。所在は府中市である。
それとは別に、稲城市は江戸川競艇場(ボートレース場)の運営に関わっていた。
読売と競艇となれば、笹川の名を思い出さずにはいられない。(笹川良一は1995年に亡くなっている)
思い出さずにはいられないが、それは一般論ではないかもしれない。噂になっていたわけでもない。
個人的にそう思っただけである。

ちなみに群馬県にも桐生競艇場がある。桐生とあるが桐生市ではなく「みどり市」にある。以前は桐生も運営に関与していたが撤退した。
群馬には笹川一族の選挙区もある。
そんなローカルな話題をこちらに書いた
その記事の冒頭に太田市の市長とTBSが出てくる。TBS(東京放送)は赤坂にある。不動産業も得意である。
鬼怒川が決壊する前日に、太田市広報の市長コラムの写真を載せた。
そのコラムの中にもTBSが出てくる。
別の写真では真田丸の真田も登場。


思い出語って赤坂~

※陸山会事件
2006年6月、小沢一郎の資金管理団体「陸山会」について、週刊誌が蓄財疑惑を報じた。それに対して小沢が名誉毀損で損害賠償訴訟を起こし、民事訴訟となった。

2009年11月、小沢の秘書3人に対して陸山会が東京都世田谷の土地を2004年に購入した際に政治収支報告書に虚偽記載したとして、市民団体が政治資金規正法違反容疑で告発。
東京地検特捜部は2010年1月、政治資金規正法違反容疑で石川知裕衆議院議員や小沢の秘書である大久保隆規と小沢の秘書1人を逮捕。また、秘書を告発した別の市民団体が小沢に対しても政治資金規正法違反容疑で告発した。2月に秘書3人が起訴され、起訴状では20億円を超す虚偽記載であり、政治資金規正法の虚偽記載罪では過去最大の金額となった。一方で、小沢は嫌疑不十分で不起訴処分となった。


この事件が起こると、今度はプチエンジェル事件と陸山会が繋がっているという噂されるようになる。
その理由は赤坂である。
政治資金収支報告書から赤坂2丁目17番地は陸山会が所有している土地であることが分かったと伝えられたのだ。
プチエンジェル事件で少女たちの監禁に使われたマンションは、ウィークリーマンション赤坂(東京都都港区赤坂2丁目17-54)であった。
衆議院議員宿舎のすぐ近く(真裏)。
陸山会は赤坂2丁目に不動産を所有していたが、TBSホールディングス(TBSの持株会社)は5丁目の赤坂サカスの土地建物を所有している。
TBSは三井と関係が深い。




政党助成金をはじめとする政治資金で購入した不動産が、個人資産では不味い。
下記は陸山会が所有していたマンション・土地・建物。
(2010年の資産公開で南青山のマンション物件が陸山会から小沢氏個人の資産となっていた)
一時期これだけ所有していた物件を次々と売り払い、2013年には拠点にしていた赤坂2丁目の「チェリス赤坂」も売却したようだ。
今現在残っているのは世田谷の建物くらいらしい。

 ■マンション
 ・港区元赤坂1-7「元赤坂タワーズ902号室」(1億5138万円、1994年11月25日購入)
  秘書との打ち合わせ場所

 ・港区赤坂2‐17「チュリス赤坂701号室」(1億7000万円、1995年1月25日購入)
  小沢一郎東京後援会名義          
  「陸山会」事務所、「小沢一郎東京後援会」

 ・港区赤坂2‐14「ライオンズマンション赤坂志津林305号室」(1650万円、1994年12月22日購入)
  小沢の書庫

 ・港区赤坂2‐17「プライム赤坂204号室」 (1700万円、1994年12月22日購入)
  外国人秘書の居宅
  2001年12月より「株式会社エスエー・コンサルティング」(民間コンサルタント会社)に賃貸。
  2007年10月9日毎日新聞での規正法違反の疑いの報道の後、2007年11月5日大門建設に売却
  大門建設は民主党岩手に献金していた年あり。

 ・港区赤坂6‐13「クレアール赤坂203号室」(不明)     
  小沢のイギリス人秘書の事務所兼居宅

 ・港区赤坂2‐8「デュオ・スカーラ赤坂802号室」(3264万円、2001年1月18日購入)     
  小沢の韓国人秘書・金淑賢(キム・スクヒョン)の事務所兼居宅
     
 ・港区南青山2‐2「ラ・セーナ南青山502号室」(3320万円、2001年1月11日購入)      
  2009年3月まで小沢の中国人秘書の事務所兼居宅、交流事業で来日した中国人関係者の宿泊所。
  
 ・千代田区麹町2-12「グラン・アクス麹町602号室」(1億1000万円、1994年11月25日購入)
  中国人女性(留学生?)の居宅
  2008年7月1日 小沢が会長を務めるジョン万次郎財団に寄付
 「ジョン万次郎ホイットフィールド記念国際草の根交流センター」
  役員理事  小沢一郎 衆議院議員
          田口俊明 トヨタ自動車株式会社 顧問
          野村吉三郎 ANAホールディングス株式会社 名誉顧問
          波多野敬雄 学校法人学習院 名誉院長(元外務省国際連合日本政府代表部特命全権大使)
          槇原稔 三菱商事株式会社 特別顧問


 ■土地
  港区元赤坂1丁目7番地
  港区赤坂2丁目17番地 →2007年10月19日売却
  港区赤坂2丁目8番地  →売却?
  世田谷区深沢8丁目28番地5号 2005年年1月7日購入
  沖縄県宣野座村漢那明記原  2005年年11月28日購入 約5200㎡
  (2005年10月26日、普天間飛行場の辺野古移転が決定 )

 ■建物
  港区元赤坂1丁目7番地
  港区赤坂2丁目17番地  →2007年11月5日売却
  港区赤坂2丁目8番地  →売却?
  世田谷区深沢8丁目28番地5号  2005年9月14日新築 秘書寮
  世田谷区深沢8丁目28番地19号  2007年4月11日新築 秘書寮
  

素敵な仲間達

2012年12月に「日本未来の党」の党名を「生活の党」(英語: People's Life Party、略称は生活)に改称する形で発足した。民主党の小沢グループと鳩山グループ、新党きづな、国民の生活が第一の出身者を中心に結成され、党シンボルマークも国民の生活が第一のものを引き継いでいる。

2012年11月28日に設立された「日本未来の党」は、12月16日の第46回衆議院議員総選挙で議席を61から9に減らす惨敗を喫し、代表の嘉田由紀子と旧「国民の生活が第一」所属議員との対立が激化した。
対立は収まらず、12月27日に亀井静香が離党、12月28日には分党することを決めた共同宣言を発表した。
日本未来の党は党名を「生活の党」に改称し、新代表に旧「国民の生活が第一」所属議員の森裕子が就任し、その旨を12月28日に総務省へ届け出た。その後、幹事長兼国会対策委員長に鈴木克昌が就いた。
嘉田と阿部知子は分党組織として日本未来の党の名称を引き継いた政治団体「日本未来の党」を立ち上げた。
なお、こうした経緯により、政党助成法に基づいて、2013年の政党交付金(8億6500万円)は「生活の党」が受け取ることとなった。

2014年12月に施行された第47回衆議院議員総選挙の結果、政党要件を失い、「その他の政治団体」となった。しかし、12月26日に無所属の参議院議員山本太郎が入党し、政党要件を回復させるとともに、党名を「生活の党と山本太郎となかまたち」に改めた。
2015年1月27日に記者会見を行い、小沢一郎と山本太郎の2名が共同代表に就任すると発表した。副代表には主浜了、谷亮子の2名が選任され、政策審議会長を山本が、選挙対策委員長を小沢が、幹事長と国会対策委員長を玉城デニーが兼任することとなった。


日本未来の党を覚えているだろうか。(日本未だ来ずの党か・・)
選挙直前に当時の滋賀県知事・嘉田由紀子が代表になって結成された党である。
2012年12月頃のことだけれど、ずっと昔のことのような気がする。
あの時話題になったのは「卒論」ならぬ「卒原発」だった。
震災からの原発事故で「脱原発」や「反原発」が叫ばれる中、「私達は野党でも与党でもありません」
「私達は脱原発でも反原発でもありません、卒原発を目指します」と言ったかどうかは定かではないが、「卒原発」を掲げた。
そのことだげがやけに記憶に残っていて、あとのことはほとんど覚えていない。
でもこちらの記事に日本未来の党のことを書いている。

日本未来の党は、「びわこ宣言」として卒原発など6つの基本政策を掲げた。
この「びわこ宣言」には、賛同者として以下の著名人らが名を連ねている。
稲盛和夫(京セラ名誉会長)
坂本龍一(音楽家)
菅原文太(俳優)
鳥越俊太郎(ジャーナリスト)
茂木健一郎(脳科学)


ここにも稲盛氏がいましたね!


現在の日本航空の社長

京セラの稲盛氏は2012年2月に日本航空の会長を退いている。
後任の会長は、稲盛氏が会長だった期間に社長であった大西賢。
そして新たに社長に就任したのは植木義晴。初のパイロット出身社長。
稲盛会長の下で執行役員運航本部長に就任しての代表取締役社長への昇進である。

植木義晴の父親は、昭和時代の時代劇スター・片岡千恵蔵(本名:植木正義)。
群馬県新田郡藪塚本町(現在の太田市)に生まれる。
幼い頃に母親を亡くし、東京市の水道局に勤務していた父の住む麻布区箪笥町に移り住む。やがて麻布小学校に入学するが、芝居好きの父親の影響で芝居に熱中していた。

日活、大映、東横からの東映と渡り歩いた。


尾崎豊の死と小沢一郎

ここで1つ何とも興味深く1度聞いたら忘れられなくなる説を紹介したい。
それはなんと尾崎事件の捜査打ち切りに大物政治家が絡んでいたとする信じられないものだ。
つまり 「 裏の権力者である小沢一郎先生が当時の秘書から頼まれ尾崎の急死に対する捜査を元検察官僚キャリアである亀井静香先生を通して止めさせた」 それが捜査打ち切りの内幕だとする説。

さて因みにこの説を主張した音楽業界関係者は小沢一郎が検察の取り調べを受けていたのは強制起訴された一連の政治資金規正法違反の件ではなく実はこの『急死に対する捜査打ち切りへの関与 』について取り調べを受けていたと言っていた!!

尾崎豊 死の真相 死因 肺水腫の疑惑より>

その音楽業界関係者とは正岡敦史(武敦史)。

実は、尾崎の亡くなる前後のことを詳しく調べたら、小沢一郎の秘書にまでは行き着く。
というのは、尾崎豊の亡くなる前年、尾崎夫妻は離婚調停をしていたのだが、その夫人の親しい友人に当時の小沢一郎秘書がいるのだ。

尾崎が亡くなった時、 世間ではあれだけ大騒ぎになったのに、なぜか「尾崎の死」に関する捜査は、急に打ち切られた。
尾崎が亡くなったのは92年の4月25日。
次の日には、各新聞、スポーツ紙などで大々的に報道され、テレビのワイドショーでも連日大報道が繰り返された。
その次の年から94年かけて尾崎の死因をめぐって大きな論争が起き、この時も連日ワイドショーで報道された。
その後99年にフライデーであの衝撃的な写真が公開された。

尾崎豊の死と小沢一郎より>

武敦史という名前が別の件で写真週刊誌フライデーに載ったことがある。

FRIDAY 1995年10月27日号
X JAPAN TOSHIの作詞は代作だった!? より>

ここに5枚の「著作権契約書」のコピーがある.収入印紙に判も押してあるこれらの中の1枚を見ると,一番上に『RUNNING WILD』と曲名があり,その下に作詞者の名前と「株式会社ディーポイント音楽出版」の名が記してある.わかりやすく言えば,同社がこの曲の楽譜などを出版した際は,表記の作詞者に著作権料を支払うという契約書である。

ファンには説明するまでもないだろうが『RUNNING WILD』といえば,『X JAPAN』のボーカルTOSHIが,自分のソロ用に作詞,作曲した曲だ.ところがである,契約書の作詞者のところには「筆名 TOSHI」はいいとして,「実名 武敦史」とある.ん?ちょっと待てよ.TOSHIの本名は確か「出山利三」だったではないか.

(略)
実は,武敦史氏とは,TOSHIの個人事務所や,『X JAPAN』の事務所,さらに前出のディーポイント音楽出版などの社長を務めていたいわばTOSHIの「右腕的」存在.彼は昨年9月,そのすべてを解任され,それらの問題でTOSHI側と係争中なのだが,本人が弁護士宛に書いた報告書によると,二人が知り合ったのは『X』がメジャーデビューする前の'86年頃.しばらく個人的なつき合いが続いた後,'92年にTOSHIが個人事務所を設立した際,監査役として入った.'93年1月には代表取締役となり,マネージメントやプロモーションなどを一手に取り仕切るようになった.
(後略)

























[PR]

by yumimi61 | 2016-01-28 12:37
2016年 01月 27日
日本国憲法の秘密-172-
秘密

家柄は皇族や華族ではなく、薩長藩家系でも有力な商家でもないが、一代で瞬く間に伸し上って影の実力者として一時代を築いた児玉誉士夫(1911年生まれ)と小佐野賢治(1917年生まれ)。
2人も青年期が15年戦争の最中にあった。

児玉誉士夫は右翼団体を経て有力者の庇護もあり、1938年に海軍の嘱託となり、1941年から上海で児玉機関を運営していた。
私は、児玉は明治天皇と同様に日本出身ではなく元々満洲辺りの出身なのではないかと踏んでいる。
小佐野賢治は1940年に上京して東京トヨタ自動車に入社し、翌1941年に自らの自動車部品会社を設立して軍需省からの受注に成功したという。
すなわち2人も戦時中に軍部に近いところにいた。
自動車と言うと陸軍のような感じがしてしまうが、以前書いたように震洋特攻隊の船のエンジンにはトヨタの四トン積トラックの自動車エンジンを採用していた。
だから小佐野も海軍に近かった可能性がある。
児玉と小佐野は日本の重大秘密を知っていた。何かあったらそれをネタに強請れる。
だからお金に困らずフィクサーとして暗躍できたのではないだろうか。
その秘密とは何だろうか。天皇すり替え(偽物)の一件か、それとも原爆に関することか。
どちらにしても秘密は日本の海軍と親密だったイギリスからもたらされたのではないだろうか。
あるいは最初からイギリスの諜報員として潜入していたとか?


知らな過ぎた男達?

児玉と小佐野の2人は航空事業を通じて望むと望まざるに拘わらずアメリカに近づいていた。
それを快く思わなかった人達がいた。イギリスおよび日本の反米の人々。
また2人が通訳を介さずに英語で交渉できたとも思えない。
間に人が入れば入るほど秘密が漏れる可能性がある。

ロッキード事件はアメリカの上院外交委員会多国籍企業小委員会で明るみになったものだが、これは「公にしろ」という指示があったのだろう。
児玉や小佐野にあまり深入りされても困るとの判断があったのではないか。

小委員会の委員長はフランク・チャーチ、アイダホ出身の民主党上院議員。
1943年にチャーチは陸軍に入隊、情報部員として中国、ビルマ、インド戦線に従軍した。

1956年上院議員に32歳の若さで当選する。1967年マクガバン、フルブライト両上院議員とともにベトナム戦争の解決を要請する声明を発表し、翌1970年5月共和党のジョン・シャーマン・クーパー上院議員とともにアメリカの一切の軍事介入禁止を求めた「クーパー・チャーチ修正案」を提出して、一躍脚光を浴びた。

1973年チリのサルバドール・アジェンデ政権崩壊を契機に、多国籍企業の活動が外交に与える影響が大きいとして上院外交委員会の下に多国籍企業小委員会が設置されると、チャーチは小委員長に選出される。チャーチは、アジェンデ政権崩壊に関与した企業と中央情報局(CIA)の関係を追及した。1974年アメリカの資源外交とメジャーの癒着に関して、石油メジャー15社を対象に公聴会を開催。1975年CIAの内外における非合法活動が明るみに出た際、情報機関の活動を監督する「情報活動調査特別委員会」(こちらも通称は「チャーチ委員会」)が上院に設置されると同委員長を兼務し、同年11月CIAが5件の外国要人暗殺に関与したことを報告し、1978年外国情報評価法の制定に寄与した。

1984年1月膵臓癌のため入院し、同年4月7日メリーランド州ベセスダの自宅で死去。59歳。


フランク・チャーチは1984年4月7日に亡くなった。
児玉誉士夫は1984年1月17日に亡くなった。
小佐野賢治は1986年10月27日に亡くなった。

※児玉
すでにこの事件の中心人物と目されていた65歳の児玉は衆議院での証人喚問がおこなわれる直前に「発作」を起こし、床についた。
しかし、間もなく児玉は脱税と外為法違反で起訴され、裁判に臨むことになった。1977年(昭和52年)6月に一度公判に出廷した後は病気と称して自宅を離れなかった。元総理の田中角栄は収賄容疑で逮捕され、1983年(昭和58年)10月に有罪判決が出された。児玉は死期が近づいた時、「自分はCIAの対日工作員であった」と告白している。72歳の児玉は判決が出る直前の1984年(昭和59年)1月に再び発作を起こして没した。


※小佐野
1986年(昭和61年)10月27日、入院先の虎の門病院で死去。小佐野は膵臓癌の手術を受けていたが、直接の死因はストレス性潰瘍だったという。また当時、「昭和の再建王」坪内寿夫に、自らが保有する造船会社(三重造船)の再建を依頼し、具体的なことまで決まり、あとは契約だけのところまできていたが、咄嗟の判断で坪内が手を引いた。そのときのストレスが原因で死去したといわれる。
控訴中だったロッキード裁判もこれにより公訴棄却となった。



フランク・チャーチの学歴。
1942年にスタンフォード大学に進学。
1943年に陸軍に入隊、情報部員として中国、ビルマ、インド戦線に従軍した。
1946年に軍を退役、再び大学に戻り1947年に学士号を取得した。
この経歴からすれば、大学で学べたのは、1942年から1943年の1年間、1946年から1947年の1年間。
実質計2年で学士号を取得したことになる。
1947年にハーバード・ロー・スクールに入学。1年後スタンフォード・ロー・スクールに転学した。
1950年にスタンフォード・ロー・スクールを卒業、弁護士を開業した。

鳩山元首相はスタンフォード大学で学位を取得している。きっと英語がペラペラなんでしょうね。
1969年に東京大学工学部計数工学科を卒業後、スタンフォード大学の博士課程でオペレーションズ・リサーチを専攻しPh.D.を取得(1976年 博士論文はシステムの信頼性解析に関するもの)。

(まとめ)膵臓癌には気を付けろ!?


落日がよく見える?

児玉や小佐野が亡くなった後、日本航空の株主として浮上してきたのは糸山英太郎(1942年生まれ)。
この方も「世界は一家、人類みな兄弟」の笹川良一に近い人物。
笹川と言えば日本船舶振興会でお馴染み。早い話、ギャンブルの競艇(モーターボート)だが、その収益をもとに海洋船舶関連事業の支援や公益・福祉事業、国際協力事業を主に行なっている日本最大の資産規模を持つ公益財団法人。
東京都港区赤坂1丁目2-2
船の科学館を運営しているのもこの財団である。(現在は休館中?)

ギャンブルや株などはどうしても裏社会と繋がりやすい。
奇跡や確立で常勝することは出来ないということだ。
確実に勝つためには、確実に儲けるためには、また奇跡を手にし確立に勝利するためには、裏社会のお世話になる必要があるということなのだろう。
また逆に、確実に勝てる、確実に儲けることが出来そうなところには、裏社会が擦り寄ってくる。
笹川良一は政治家や財団理事長でもあったわけで、児玉や小佐野と違って表社会にも生きた人でもあった。(自らCM出演していたくらいだから)
日本船舶振興会の2代目理事長は、なんと作家の曽根綾子。
(曽根氏は)カトリック教徒で洗礼名はマリア・エリザベト。聖心女子大学文学部英文科卒業。2009年10月より日本郵政社外取締役。
日本船舶振興会の曽根氏の後任は笹川一族に戻ったわけだが、財団名を「日本会議」を彷彿する「日本財団」という極めてシンプルな名称に変更している。


糸山英太郎の父は佐々木真太郎。新日本観光の社長。母は本妻ではないため佐々木家の庶子である。
婚姻によって笹川一族と繋がりを持つ。
1969年(昭和44年) 新日本観光株式会社代表取締役に就任。
1970年(昭和45年) 父・佐々木真太郎と笹川良一が友人だった関係から、笹川の姪と結婚。
1971年(昭和46年) 翌1972年まで「中山仕手戦」を展開し、勝利をおさめる。
1973年(昭和48年) 通信教育で日本大学経済学部を卒業。近畿大学大学院に進む。自民党に入党。
1974年(昭和49年) 第10回参議院議員通常選挙で全国区から自民党公認で立候補し初当選。


1973年にベストセラーズから出版された『怪物商法』という著書がベストセラーになり、翌年最年少(32歳)で参議院議員に当選した。
父である佐々木真太郎は1973年に亡くなったものの庶子であるため財産を僅かしか相続できなかったが、選挙では(多数の逮捕者を出すほど)金をばら撒いていたということなのでお金には困っていなかったのだろう。
父の会社の株を買い集めることでついにオーナーになる。現在もグループ持株会社の代表取締役会長兼社長。
笹川氏同様、裏社会と関係は深いが表社会に生きる人でもあるのだ。

1996年に任期途中で辞職し政界を引退している。
東京都港区にある自社ビルのザ・イトヤマタワーには、自らも居住する。糸山政経塾を主宰し湘南工科大学の名誉総長及び名誉教授も務める。

この糸山氏が日本航空の株式を多数所有していた。
同じころ糸山氏は三菱重工の個人筆頭株主でもあり、新日鐵や野村證券などの大株主でもあった。
日本航空の株を所有し、1998年には筆頭株主になったこともあり、上場廃止まで個人筆頭株主だった。
2002年に(日本航空の)エグゼクティブアドバイザーに就任したが、経営危機が表面化した2009年にエグゼクティブアドバイザーを辞任した。

日本航空が日本エアシステムと経営統合して株式移転したことによって東急電鉄が筆頭株主になった。
糸山氏は上場廃止まで個人筆頭株主だったということだが、経営統合によって糸山氏の株式保有比率が下がったのではないだろうか。
そのうえでエグゼクティブアドバイザーとして迎え入れた。日本航空乗っ取り軍団のほうが一枚上手だったということか。

甘利大臣の問題で告発者の準備が良すぎるという見解もあるようだが、糸山氏は過去にこう語っている。
「私はね、渡した金額と日付を書いた政治家のリストを持っているんだ。命の保障としてね。さらに、それらの情報を持った元検察官も私が世話をしている」
忘れそうだったらメモということですね!

ヤクザ・リセッション(さらに失われる10年) すべてを知る「ゴッド・ファーザー」の告白


佐々木(糸山)―井口-岸田

新日本観光興業社長・佐々木真太郎の長女(糸山英太郎の異母妹)は、井口良二の三男と結婚した。

※井口良二
三菱商事スラバヤ(インドネシア)支店長、のちに旭交易を設立し社長となり、合併の結果、東京交易常務、さらに三菱商事常務、日東製粉社長、三昭社長などを歴任した。

井口良二の次女は、岸田文武と結婚。
岸田文武とは岸田文雄外務大臣の父である。


はめられた?

2003年、糸山英太郎は16歳の少女を紹介された。

元国会議員に16歳の女子高生を紹介し、自宅でみだらな行為をさせたとして、警視庁少年育成課が先月上旬から今月中旬にかけて、東京都内の女性飲食店従業員ら3人を、児童福祉法違反=淫行させる行為=の疑いで逮捕していたことがわかった。

糸山は「18歳未満だったとは知らなかった」ということで立件が見送られた。
東京都内の女性飲食店従業員は銀座ホステスで、3人は暴力団関係者らしい。
糸山政経塾にも18歳未満が混入しているということはないですか?大丈夫ですか?何もしていない?


羊羹ではなくて森伊蔵だった

甘利大臣に渡したのは羊羹の桐箱だったらしいけれど、糸山英太郎が石原慎太郎に渡したのは森伊蔵の箱だった。
2005年、場所は料亭吉兆。(STAP小保方さんに付いていた弁護士は船場吉兆不祥事の時の弁護士だった)
糸山が1000万、他2名で1000万、計2000万円がその箱に入っていたらしいのだが、石原によれば「入っていなかった」、糸山によれば「ただ焼酎を渡しただけ」。

1枚の写真がマスコミを騒がせたのは、一昨年暮れのことだ。豪華な和室に並ぶ7人の人物。東京・銀座の高級料亭「吉兆」の一室である。
宴席がもうけられたのは05年の衆院選後の9月14日。石原の三男・宏高議員を中心に、石原知事、水谷建設元会長の水谷功(巨額脱税で公判中)、元衆院議員の糸山英太郎氏らが一堂に会した。このほか、水谷の知人女性、埼玉の石材会社役員、女性司会者が出席している。
目的は宏高議員の「当選祝い」だったが、後に水谷と糸山氏側から石原親子に、焼酎「森伊蔵」の箱に詰められた2000万円が渡された疑惑が浮上した。

『政界のタニマチ』『政商』として知られた水谷と、その知人女性の証言が主なカギでした。彼らが金を渡したと証言し、宴席の証拠写真も出てきたが、捜査関係者や大マスコミは、『リークの目的がわからない』『スジが悪い』とあまり相手にしなかった。都知事選前でヘタに捜査できなかったこともある。
2008年4月14日 日刊ゲンダイ


※森伊蔵
鹿児島産の有機栽培のサツマイモを原料とし、手間の掛かる伝統的なかめつぼ仕込みにより生産している。イモ臭さを除去したまろやかな味を特徴としている。「幻の焼酎」として知られる。「魔王」「村尾」と合わせて「3M」と呼ばれる。
フランスの元大統領・ジャック・シラクは森伊蔵が大好物であるとされている。当時のトヨタ自動車社長・張富士夫がレジオンドヌール勲章を受けた返礼として12本を持参したところ、叙勲式で「これ以上うれしいことはない。よくぞこれだけの本数をそろえていただいた。私のことをアルコール中毒と思わないでくださいね」と語って周囲を笑わせたという。
日本航空では、国内線および国際線ファーストクラスで通年提供しており、当該クラスの乗客は無料で味わうことが出来る。なお同様のサービスを提供しているのは世界の航空会社では日本航空のみである。




[PR]

by yumimi61 | 2016-01-27 11:52
2016年 01月 26日
日本国憲法の秘密-171-
凄い経歴

かつて東急グループに日本エアシステム(JAS)という航空会社があった。
日本エアシステムの大株主が東急電鉄だったのである。

2002年、日本航空と日本エアシステムが経営統合した。
この背景には金融ビッグバンがある。
戦後財閥化を防ぐ目的で持株会社が禁じられたが、金融ビッグバンの一環で1997年に持株会社が再び解禁された。
この時の首相は橋本龍太郎。
橋本首相は渋谷生まれの渋谷育ち、麻布中学高校から慶應義塾大学へ進んだ都会っ子であったが、祖父は20歳まで岡山で暮らしていた人だった。
麻布中学での友人には後に作家になる安部譲二がいた。同じクラスで親しかったそうだ。
安部氏の父は日本郵船(三菱商事とともに三菱財閥の源流企業)に勤務していた。

安部氏は日本航空のキャビンアテンダントだったことがあるとのこと。
その経歴がなかなか凄いので長くなるが紹介しておこう。

中学在学中から安藤組大幹部の阿部錦吾の舎弟となり、安藤組事務所に出入りしていたため麻布高校への進学が認められず、1952年には夏祭りの場で複数のテキ屋と争い、出刃包丁による傷害事件を起こしたことから国外に逃亡した。
イギリスウィンブルドンの寄宿制学校リッジウェイス・スクールに進む。同校在学中、南ロンドン地区の少年ボクシング大会のライトウェルター級選手として優勝している。入寮から4ヶ月経った時、イタリアから留学中の女子生徒と全裸で戯れていたのを舎監に発見され退寮処分を受ける。16歳のときカメラマンのアシスタントとしてオランダに渡り、ロバート・ミッチャムと売春婦を巡り殴り合いをおこなったことがある。

日本に戻り、慶應義塾高校に入学。同校では体育会拳闘部の主将となったが、16歳のとき本格的に暴力団構成員となった上、早稲田大学の学生たち16人に喧嘩を挑まれて3人で叩きのめしたことが問題となり、「はなはだしく塾の名誉を汚した」との理由で1955年春に除籍処分を受けた。慶應義塾高等学校除籍後は神戸市立須磨高等学校や逗子開成高等学校など6つの高等学校を転々とし、安藤組組員だった時期に保善高校定時制課程に入学した。
(保善高校の創立者は安田財閥の創始者でオノヨーコの曽祖父でもある安田善次郎)

1959年に22歳で保善高校定時制を卒業。この後、神田のYMCAのホテル学校に入学。1961年1月に23歳で日本航空に入社。客室乗務員として国内線や国際線に乗務する。スチュワードからパーサーまで出世するが、理不尽な要求をする乗客とトラブルになり殴ってしまったことをきっかけに、前科3犯(当時)で執行猶予中であることや暴力団組員であることが露見し、1965年1月に退社に追い込まれた。

1981年にヤクザから足を洗うが、それまでの安部の前科は暴行傷害、賭博、麻薬、青少年保護条例違反など日本国内だけで合計14犯、また国外でも複数回の服役を経験し、国外での前科は3犯、国内と国外での刑務所生活は通算8年間に及んだ。

1983年から小説を書き始めたが、過去の犯罪歴ゆえに著書を出してくれる出版社が見つからず、不遇をかこつ。1984年、山本夏彦に文才を見出され、雑誌『室内』に『府中木工場の面々』と題した文章の連載を開始。1987年、刑務所服役中の体験を書いた この連載がまとめられ、『塀の中の懲りない面々』として文藝春秋より出版される。『塀の中の懲りない面々』はベストセラーとなり映画化され、以後人気作家としての地位を築く(日本で刑務所のことを「塀の中」と表現するようになったのは、この著作の影響である)。


安部氏が日本航空の乗務員だった時代は、60年代安保闘争の後で新左翼が台頭した頃。
そののち赤軍、連合赤軍や日本赤軍のテロや事件が頻発する。70年代は航空業界も受難の時代だった。
安部氏は刑務所の中で日本赤軍メンバーと知り合いになったそうだ。塀の外と連絡を取り合っていたとか。
そういえば、府中刑務所近くで起きた「3億円事件」も1968年だったなぁ。

三島由紀夫が1966年に書いて同年映画化もされた『複雑な彼』の主人公が安部譲二(本名は安部直也)をモデルしたものなのだそう。小説映画では宮城譲二という名前だった。(宮中行事?)
映画の主役は田宮二郎。大映の看板俳優。彼しかいないと三島からは太鼓判を押されたとか。元祖『白い巨塔』。『白い巨塔』の原作は『沈まぬ太陽』の山崎豊子。
1968年に映画界から追放され、NETテレビで「クイズタイムショック」の司会をするようになる。
私もタイムショックと白い巨塔(テレビドラマのほう)はよく見てた。
1978年、猟銃自殺でこの世を去る。
この時期の田宮に関しての奇行記事が女性週刊誌などに都市伝説として複数掲載されていた。一つはいわゆるM資金詐欺に騙され、巨額の借金を負ったことがその後の自殺の一つの要因であるという説。


中島飛行機と大映

中島飛行機の創業者・中島知久平。群馬県出身。
知久平は生涯正妻を娶らなかったが、身の回りの世話をした女性との間に生まれた庶子2人を長女と長男として自分の籍に入れた。元自由民主党代議士で元文部大臣の中島源太郎は長男として入籍した庶子であり、元日本放送協会職員で元自由民主党代議士の中島洋次郎は孫である。

中島源太郎は国会議員になる前、大映の社員であり、映画の企画制作に携わっていた。1950~1970年頃のこと。
父の後を継いで政治家になったのがNHKの職員だった中島洋次郎。
1998年10月29日、東京地検特捜部に政党助成法違反容疑で逮捕され、同年11月19日には公職選挙法違反で再逮捕。12月15日には海上自衛隊の救難飛行艇開発問題に絡む受託収賄容疑で3回目の逮捕。同年12月28日受託収賄罪などで起訴された。1999年1月12日に罪状を認めた後、議員辞職(小島敏男が繰上げ当選)。7月には東京地裁で懲役2年6ヶ月、追徴金1000万円の実刑判決を受けた。
2000年9月には東京高裁でも実刑判決を受け、10月には最高裁に上告したが、最終結審前の2001年1月6日東京都内の自宅で首吊り自殺した。



田布施システム?

橋本首相の祖父は平民だそうだ。(別に殊更平民なんて言うことないのにね?)
それではその平民の人物像を探ってみましょう。

<『明治大正人物史』による記述>
「明治二年三月生る。岡山県人橋本源三郎の長男なり。同三十一年養兄富平方より分れて一家を創立す。幼より沈着誠実、悠々として迫らざる態度は大人の風ありて、その大成を嘱望せらる。長じて東京高等工業学校に学び、二十七年同校機械科を卒業するや、直ちに大日本麦酒株式会社に入る。温厚円満の人格と、機宜に当る手腕とは君をして工務部長に累進、更に常務取締役に挙げしめ、現にその任にありて活躍しつつあり。書画骨董に趣味を有し、閑日月を活動の間に求むるところ奥床しとも云ふ可し。」

<橋本明著『戦後50年・年譜の裏面史 昭和抱擁 -天皇あっての平安-』112頁による記述>
「現橋本龍太郎首相の祖父卯太郎は農民だった。岡山県吉備郡秦村(現・総社市)が高梁川の氾濫で水没すると上京、新聞配達をしながら苦学して高等工業学校を卒業。馬越恭平日本ビール社長に見込まれ入社した。当時専務をしていた石光真澄が卯太郎の人柄を見抜いて「妹・真都を嫁に…」と望み、二人は馬越の媒酌で結婚する。酵母を扱う技師から常務に出世した卯太郎は8人の子宝に恵まれた。男六人には「宇宙乾坤龍虎」に数字をつけて命名した。」


馬越恭平に見込まれ日本麦酒株式会社(現:サッポロビール)に入社し、欧州各国に派遣され、後に常務取締役に出世したんだそうだ。
馬越も岡山の医家に生まれ、大阪の豪商(鴻池財閥)経由で上京し、井上馨(長州5傑の1人)の会社に就職。
その会社は解散するも事業は三井組に引き継がれ、三井物産となる。
三井グループは井上が創立した会社を三井物産の前身としている。ただ三井組はその前からあった。
馬越はその三井物産に入社し、三井物産横浜支店長となり、帝国商業銀行頭取にも就任した。
経営困難に陥っていた日本麦酒へ三井物産から派遣され重役に就任し、そこへ橋本首相の祖父を入社させてやったということらしい。
つまり伊藤博文の立憲政友会のスポンサーでもあり、政界と深い関係のあった三井に入り込んだいうことだ。
そうすれば息子は東京帝国大学法学部を卒業して大蔵省に入れ、首相の側近となって政界への道が開ける。
次代にはもう首相である。

・マツ(熊本県、軍人石光真清 陸軍中将石光真臣の妹、陸軍主計総監男爵野田豁通の姪)
石光家は旧藩時代、熊本藩主細川家に仕えた武家だった。石光家の身分は軽かったが、細川家が肥後入国の時からお供をした家柄であり、代々殿のお側に奉仕していたから特別の取り扱いを受けていた


マツというのは橋本首相の祖母の説明なのだが、実は橋本首相の祖母は山口県の田布施出身であり、天皇と関係があるという噂もある。
また兄とされている石光真清は軍人とあるが、明治から大正にかけて満州での諜報活動に従事していたという。
ちなみに名前の真清を反対にならべれば清真になるが、中国ではイスラム教のことを清真教と言う。


企業乗っ取りと破壊

そんな御親戚をお持ちの橋本首相が1997年に法改正して持株会社を解禁した。
2002年の日本航空と日本エアシステムの経営統合を言い換えれば、2社共同で持株会社を設立したということになる。
株式を握って会社を支配することを専業とするのが持株会社(ホールディングカンパニー)で、純粋な持株会社は事業を行わない。
実際に事業を行う会社は子会社になる。
「株式会社日本航空システム」という持株会社が出来て、これまで航空事業を行っていた「日本航空」と「日本エアシステム」が「日本航空システム」の子会社になったということである。
法改正後、上場企業で最初に持株会社が作られたのが1999年ということなので、2002年の経営統合は比較的早いほうだったのではないだろうか。
2006年には事業会社である日本航空がもう一つの事業会社である日本エアシステムを吸収合併した。

国内の航空会社では、日本航空、全日空、日本エアシステムが三大航空会社であった。
日本エアシステムは業界3位の企業であり、その企業を実質的に所有していたのは東急電鉄(東急グループ)である。
東急グループの航空会社が日本航空に吸収合併されたということになる。
ただ東急グループは日本航空との経営統合や吸収合併の際に株式移転を行っているため、日本航空の筆頭株主となっていた。

日本航空は東急グループの日本エアシステムを吸収合併した頃から徐々に経営難に陥っていく。
その日本航空に融資をしたのが日本政策投資銀行。日本政府の政策金融機関である。
民営化した日本航空に再び政府が積極的に関与してきたのだ。
これに三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行が同調して融資する。
はっきりと言えば、狙いは日本航空の株式であり乗っ取りである。

企業が共同で持株会社を設立し、事業会社を子会社にする。
子会社になった時点で親会社(持株会社)に株式を握られているわけであり、親会社主導により子会社を合併などして都合のよいように再編する。
また持株会社が事業を行っている子会社を吸収合併して、純粋持株会社から事業会社に戻すという場合もある。
持株会社によって株式が動きやすくなるのだ。
当たり前と言えば当たり前だが企業体力が弱った時に狙われやすい。
企業体力は、情報操作や市場操作、金融政策などに大きく影響されるので、実際はかなり体力があったとしても集中的に狙われたら(嫌われたら)最後という実態もあると思う。


倒産

昨日書いた兼子勲社長の時に日本エアシステムと経営統合したわけである。
2006年6月~2010年2月まで代表取締役社長だったのは西松遥。
財務部門出身の社長誕生。
経営不振に陥っていたとはいえ、止めというか次を見越しての人事ではないだろうか。

2010年1月19日、親会社(持株会社)である日本航空、子会社(事業会社)である日本航空(当時は日本航空インターナショナルという社名だった)、同じく子会社(金融事業会社)のジャルキャピタルが、東京地方裁判所に会社更生法の適用を申請した。
西松遥社長以下取締役は即日辞任した。新経営陣は2月1日付けで就任し新たな会社としてスタートすることになった。

2009年に発足した鳩山内閣の意向により、債務超過状態にある日本航空と日本航空インターナショナル、ジャルキャピタルは2010年1月19日に会社更生法を申請。西松は代表権のある役職から同日退任した。

日本航空は民事再生法ではなく会社更生法を選択した。
会社更生法のほうが旧経営陣や株主を一掃できて、担保権(債権)が再建手続きに取り込まれるため無駄に散財しないで済む。

新たに代表取締役会長兼グループCEOに就任したのは、京セラの代表取締役名誉会長である稲盛和夫。
稲盛氏は1985年4月の電電公社の民営化と通信自由化にも関係している。
当時京セラの社長だった稲盛氏が1984年に第二電電(DDI)を設立した。
第二電電はKDDIの前身企業である。
KDDIは2013年の『風立ちぬ』(飛行機の話)以降、ジブリ映画のスポンサーにもなっている。
KDDIの筆頭株主は京セラで、次がトヨタ自動車。

再建の途中で、日本航空インターナショナル(子会社である事業会社、元は日本航空)が、親会社(持株会社)とジャルキャピタルを吸収合併。
すなわち存続会社が元々の日本航空になったということ。1985年に墜落した時の会社である。
墜落から25年後に倒産し、そして新たな経営陣のもと蘇ったということになる。


震災の陰で

それは東日本大震災発生の4日後であった。
日本航空新経営陣は第三者割当増資(未公開株割当)を行ったのだ。
第三者割当は縁故採用ならぬ縁故割当。特定の第三者、要するに縁故者に株を割り当てる(引き受けてもらう)ことである。今までその会社の株主であったかどうかは関係ない。

2011年3月15日 - 京セラ(250万株)、大和証券グループ(250万株)、東京海上日動火災保険(75万株)、損害保険ジャパン(25万株)、ジェイティービー(15万株)、阪急交通社(10万株)、あいおいニッセイ同和損害保険(5万株)、三井住友海上火災保険(5万株)を引受人とする127億円(635万株、1株あたり2000円)の第三者割当増資(未公開株割当)を行う。

2011年3月28日 - 会社更生終了。民間企業に復帰する。

2011年4月1日 - 日本航空株式会社に商号変更、日本エアシステムとの経営統合前の商号に復活する。

2011年8月16日 - カンタス航空グループ、三菱商事との合同出資でジェットスター・ジャパンを設立し、LCC事業に参入することを発表。


2012年9月19日、日本航空は再上場した。
初値は売り出し価格(3790円)を20円上回る3810円だった。時価総額は約6900億円と世界の航空大手の中でも屈指の規模。世界の株式市場では米フェイスブックに次ぐ今年2番目の大型上場となった。(当日の日本経済新聞より)

未公開株はインサイダー取引(未公開情報を利用した不公正取引)に抵触しない。
未公開時の販売価格よりも市場価格が大幅に上回れば大儲けできる。
大儲けできると分かっている予想できる未公開株を普通は赤の他人になんか渡したくないはず。
だから特に縁故でもないのに未公開株をやたら勧められたら疑ったほうがよい。大損するかも。
(U2のボノさんはフェイスブックの未公開株で大儲けしたんじゃなかったっけ?)

第三者割当(縁故割当)の場合、一般販売価格よりも安く取得している。
日本航空の場合、売り出し価格の半分だったと言われている。
だから上記日経の記事の20円アップには当てはまらない。それはあくまでも一般価格。
縁故者はもっとずっと大儲けしているはず。
縁故者間の「未公開」なのだから半分にさえ届かず、あってないような価格だったりして。

※リクルート事件
1988年(昭和63年)に発覚した日本の贈収賄事件である。
リクルートの関連会社であり、未上場の不動産会社、リクルートコスモス社の未公開株が賄賂として譲渡された。贈賄側のリクルート社関係者と、収賄側の政治家や官僚らが逮捕され、政界・官界・マスコミを揺るがす、大スキャンダルとなった。
当時、戦後最大の企業犯罪であり、また贈収賄事件とされた。



世界連邦政府実現に向けて

鳩山元首相と京セラ稲盛会長は世界連邦コンビである。(前もリンクしたこちらに稲盛氏、鳩山元首相は会長だったことがある)
明治天皇の娘の結婚相手・東久邇宮稔彦王が名誉会長だった。
昭和天皇の結婚相手の父「久邇宮邦彦王」(現在の天皇陛下の母方祖父)と、明治天皇の娘の結婚相手「東久邇宮稔彦王」は異母兄弟。

世界連邦日本国会委員会より
こちらにはAAAS(安倍・麻生・甘利・菅)の名はない。防衛大臣もいない。地方創生担当大臣もいない。
赤線で囲ったのは日本会議の国会議員懇談会の役員の人。
仲間割れ?それともこっちは名前を隠すほどヤバイとか?(今更?)
あ、もしかしてデータが古いとか?
そういえば、安倍首相と仲良しのはずのいっちゃん山本一太議員はどちらにも名がない。
同じく群馬選挙区のゆうこりん小渕優子議員もどちらにもいない。
e0126350_0514589.jpg




[PR]

by yumimi61 | 2016-01-26 13:55
2016年 01月 25日
日本国憲法の秘密-170-
ハワイ

半官半民の会社が国家権力のしがらみから逃れようと思ったら民営化するしかない。
しかし半官半民の会社である以上、政権有力者の力添えがなければ民営化自体難しいだろう。
でもまあともかく民営化したとする。
国家権力のしがらみから逃れたと思ったら荒くれ世界が手ぐすね引いて待っていた。

新左翼-天皇・政権-新右翼

このような関係性で繋がっていれば、結局のところ官営でも民営でも同じであり、そうそう思う通りにはならないということだ。
有り余るお金を持ち、お金を作れ、お金を回す人に勝てないのと同じで、暴力と権力と金の三拍子揃った人に勝てる気なんかしないだろう。

日本航空は1987年に根拠法が廃止され民営化された。
児玉誉士夫は123便が墜落する前年1984年に、小佐野賢治は翌年1986年に亡くなった。
ともにロッキード事件で実刑判決を受けた。
小佐野は日本航空と全日空の株を買収して航空業界へ進出することを狙っていた。(その後ろにはロックフェラーがいたとされる)

※小佐野賢治
山梨県出身。
1940年に東京トヨタ自動車に入社。時は戦時中。
その翌年1941年には自らの自動車部品会社「第一商会」を設立し、軍需省からの受注に成功した。
戦争が終わった1945年に「国際商事」と名を変え、ホテル観光事業に乗り出す。
東京急行電鉄から東京観光自動車・東都乗合自動車を買収してバス事業を始める。
駐留米軍を相手に仕事をして儲けたと言われている。
1947年に「国際興業」に改称。この会社は今に続く。
箱根の名門ホテル「富士屋ホテル」も1966年に買収して国際興業のものとなった。

ハワイでは1963年(昭和38年)にロイヤル・ハワイアン、モアナ・サーフライダー、シェラトン・プリンセス・カイウラニといった複数の名門ホテルを取得したほか、1973年(昭和48年)には大型ホテル、シェラトン・ワイキキを買収したが、小佐野自身の資産を売却せず、さらに外為法により国外への円の持ち出しが制限されていた時期にどう買収を行ったのかは今もって不明である。

特筆すべきはハワイではないだろうか。アメリカと日本を繋いだのがハワイだとして、ではアメリカと日本を繋いだ人物は誰なのだ?

1960年当時のハワイ州知事であったウィリアム・クイン氏(William Quinn)は、衰退しつつあったサトウキビ栽培に変わる新しい産業としてリゾート開発を政策として打ち出し、ローレンス・ロックフェラー氏をハワイ島に招待、リゾート開発の検討を依頼しました。
ロックフェラー氏はカウナオア湾の白い三日月形のビーチを上空から見下ろし、『ぜひあそこで泳ぎたい』と言いました。ロックフェラー氏はマウナケア山頂の斜面から湧き水が流れる景観に感銘を受け、ハワイアンスピリットを感じることのできるこの特別な場所に『最高のホテルを建てる』と決心しました。環境保護に熱心なアウトドア愛好家であったロックフェラー氏は『景観を損ねないこと』を基本とし、自然に溶け込む建築を意識し、自らの信念である『プロの仕事』を成し遂げるために、建築設計にスキッドモア・オーイングス・メリル社(Skidmore Owings Merrill Inc.)、インテリアデザイナーにデビス・アレン氏(Davis Allen)、ゴルフコース設計士にロバート・トレント・ジョーンズ Sr. 氏(Robert Trent Jones Sr.)等々、最高の専門家たちを採用しました。そして1965年7月、総額1,500万ドルという当時としては莫大な金額をかけ、マウナケアリゾートがオープンしました。
マウナケアビーチホテル(ハワイ島)- プリンスホテル&リゾート リリースPDFより>

ローレンス・ロックフェラーはオバマ大統領の支援者だったということだ。
オバマ大統領は1961年8月4日にハワイにて誕生。
ローレンス・ロックフェラーがハワイ開発に乗り出した頃である。

オバマがロックフェラーに長い間育てられたという具体的証拠が出てきた

オバマ大統領の実父(イスラム教徒)はアフリカ人であるが、ハワイ大学とハーバード大学を卒業している。
白人である母はイスラム教徒と結婚し離婚。その後はハワイに留学していたインドネシア人と再婚しインドネシアに渡る。インドネシアはイスラム教徒が多い。
日本は1960年からはインドネシアとの戦争賠償協定に基づき「インドネシア賠償留学生」を多数受け入れている。(こちらの記事の「インドネシアと留学、時々オバマ大統領」に書いた)
オバマ大統領は子供の頃に日本にも来たことがあると語っている。

ハワイとロックフェラーとハーバードと山梨と言えば、STAP細胞も思い出すだろう。
世界初の体細胞クローンマウスの作成に成功したとされる若山教授。STAP細胞の騒動の陰で妻と共に宇宙マウスの誕生にも成功したと言うから呆れる凄いですね!

ともかく大方の予想通りロックフェラーが関係していることは間違いなさそうだ。
ロックフェラーは大富豪で世界的に超有名一族であるが歴史は浅い。〇世という数を見れば一目瞭然。
シカゴ大学とロックフェラー大学やロックフェラー財団を創立した1世。ロックフェラー・センターを設立し、国連にニューヨーク国連本部の建設敷地を寄贈したのはロックフェラー2世。
3世は日本の国際基督教大学(ICU)に資金提供して設立に関与した。そこに秋篠宮家の娘さんは入学した。

4世は国際基督教大学に留学していたことがある。
時期はフローレンス・ロックフェラーがハワイ開発に乗り出した頃である。
ゴールドマン・サックスのオーナー。
1954年にフィリップス・エクセター・アカデミーを卒業し、ハーバード大学で東洋の歴史および言語を学び1961年に卒業、東京の国際基督教大学で日本語を三年間学んだ。
大学卒業後、ロックフェラーはワシントンD.C.で平和部隊に働き、最大の海外事業であるフィリピンでの計画の監督を務めた。


以前こちらにロックフェラー一族のことを書いた。FRBも関係している。
ロックフェラー家は後継者争いで揉めていた。
2世の長男(3世)が自宅敷地内で交通事故死(不気味?)。
4世を誰が継ぐか。2世の2男であるネルソン・ロックフェラーvs3世の長男であるジェイ・ロックフェラー。
嫡男継承を取らず、ネルソンが継承するも、翌年に愛人宅で腹上死(不気味?)。
さてどうする?2世の5男であるデイヴィッド・ロックフェラーvs3世の長男であるジェイ・ロックフェラー。
ここが長らく揉めていたが、デイヴィッドがお歳を召し(先日亡くなったとか?)、今現在はジェイ・ロックフェラーさんがジョン・ロックフェラー4世ということで落ち着いたようだ。
3世はロックフェラー家やアメリカにとっても不評で隠しておきたい存在なのか、日本語版Wikipediaには存在しない。
ただこの3世とその息子の4世は日本にとても関係が深い。
まさに日本の時代がやってきたのだ。
今以上~それ以上~?

そういえば2014年6月、デイヴィッド・ロックフェラーの次男であり医師であったリチャード・ロックフェラーが自家用機を操縦していて墜落し亡くなった(不気味?)。


東急フループ

小佐野賢治はホテル事業に進出した時に東急グループのオーナー・五島慶太との面識を得る。
東急グループの母体は(銀行家であり理研の創設者でもある)渋沢栄一が創設した田園都市株式会社である。
創始者は五島ではなく渋沢なのだ。
東急グループの中核企業は東急電鉄。現在の売上高は、JR東日本、JR東海、に次いで第3位。
1947年から1972年まで、プロ野球チームの「東急(急映・東映)フライヤーズ」(北海道日本ハムファイターズの前身)を所有していた。1964年まで、映画製作・配給を手掛ける東映(旧・東横映画)は東急グループの傘下であった。

小佐野賢治は東急電鉄のバス事業を買収した。
東急電鉄の株式を多く保有していたのはオーナーの五島ではなく小佐野だったのだ。
しかしその小佐野も1986年に没する。


ジブリ

■トップクラフト(ジブリの前身・東映出身の原徹が設立)
1984年 『風の谷のナウシカ』  徳間書店/博報堂 東映
1985年 - トップクラフトを改組して株式会社スタジオジブリ設立(スポンサーは徳間書店)

■ジブリスタジオ
1986年 『天空の城ラピュタ』  徳間書店 東映
1988年 『となりのトトロ』   徳間書店 東宝
       『火垂るの墓』   新潮社 東宝
1989年 『魔女の宅急便』   徳間書店/ヤマト運輸/日本テレビ 東映 
1991年 『おもひでぽろぽろ』  徳間書店/日本テレビ/博報堂 東宝

1991年 - 宮崎駿の新スタジオ建設案で経営方針の対立が勃発。原徹が常務を辞任し退社。

1992年 『紅の豚』  徳間書店/日本航空/日本テレビ 東宝
1994年 『平成狸合戦ぽんぽこ』  徳間書店/日本テレビ/博報堂 東宝
1995年 『耳をすませば』  徳間書店/日本テレビ/博報堂 東宝
1997年 『もののけ姫』  徳間書店/日本テレビ/電通 東宝

1997年6月 -経営悪化した徳間書店の収益確保の一環で徳間書店に吸収合併。株式会社スタジオジブリを解散。徳間書店の社内カンパニー「株式会社徳間書店 スタジオジブリ・カンパニー」となる。同年『もののけ姫』完成後、宮崎駿が退社。

1999年 『ホーホケキョとなりの山田君』  徳間書店/ディズニー/博報堂  松竹

1999年 - 徳間書店が事業部制を導入。「株式会社徳間書店 スタジオジブリ事業本部」となる。同年に宮崎駿がスタジオジブリ所長として復帰

2001年 『千と千尋の神隠し』  徳間書店/ディズニー/日本テレビ/電通/東北新社/三菱商事 東宝
2002年 『猫の恩返し』  徳間書店/ディズニー/日本テレビ/博報堂/三菱商事 東宝
2004年 『ハウルの動く城』  徳間書店/ディズニー/日本テレビ/博報堂/三菱商事 東宝

2005年4月 - 株式会社スタジオジブリ(2代)がスタジオジブリ事業本部の業務すべてを継承。鈴木敏夫が代表取締役社長に、宮崎駿とスティーブン・アルパートがそれぞれ取締役に就任。

2006年 『ゲド戦記』  日本テレビ/電通/博報堂DYMP/ディズニー/ディーライツ(三菱の子会社) 東宝

2008年2月 - 鈴木敏夫が代表取締役社長を退任し、後任に星野康二(元ウォルト・ディズニー・ジャパン会長)が就任。

2008年 『崖の上のポニョ』  日本テレビ/電通/博報堂DYMP/ディズニー/ディーライツ(三菱の子会社) 東宝

2009年4月 - トヨタ自動車本社内に新スタジオとして「西ジブリ」を開設

2009年 『借りぐらしのアリエッティ』  ディズニー/日本テレビ/電通/博報堂DYMP/三菱商事/ワイルドバンチ(夢番地?) 東宝

2010年8月 - 西ジブリを閉鎖。

2011年 『コクリコ坂から』  ディズニー/日本テレビ/電通/博報堂DYMP/三菱商事  東宝
2013年 『風立ちぬ』  ディズニー/日本テレビ/電通/博報堂DYMP/三菱商事/KDDI  東宝
2013年 『かぐやひめの物語』  ディズニー/日本テレビ/電通/博報堂DYMP/三菱商事/KDDI  東宝
2014年 『想い出のマーニー』  ディズニー/日本テレビ/電通/博報堂DYMP/三菱商事/KDDI  東宝

2014年8月 - 制作部門の休止が発表。社内では年内をもって制作部門の社員全員の退職が発表される。


テレビで再三放映するせいか、今ではそんなイメージが全くないと思うが、公開当時は『となりのトトロ』『火垂るの墓』(2本立て)は興行的に成功とは言えなかったそうだ。
成功と言われた『風の谷のナウシカ』を大きく下回った。

その後が『魔女の宅急便』。
徳間書店の作品の配給を担当してきた東映は東宝に配給させた前作の『となりのトトロ』『火垂るの墓』との興行的失敗を理由に本作を持ってジブリ作品の配給の打ち切りを決定し、本作は東映が配給した最後のジブリ作品になった。
公開時のキャッチコピーは、「おちこんだりもしたけれど、私はげんきです。」(糸井重里)。
どこかで聞いたことがあるセリフかもしれないが、コピーライター糸井重里さんの作品。

2008年にジブリの代表取締役社長に就任した星野康二氏は創価大学出身の創価学会員で幹部であるらしい。ディズニー・ジャパンの社長だった。
スポンサーが増えて大きくなるにつれて、映画も派手に宣伝されるようになった。
2005年以降は創立当初から支えてきた徳間書店が消えて三菱商事がスポンサーに加わっている。
広告代理店も博報堂と電通という2枚看板が付くようになった。
2013年以降はKDDIが参画。
日本テレビとは長いお付き合い。

なぜ急にジブリ映画の話をし出したかというと、日本航空と関係があるからだ。
1992年の『紅の豚』のスポンサーの1社が日本航空である。
元々は、日本航空での機内上映用として製作が開始されたが、長編化したため、劇場作品へと変更された。このため、劇場公開より先に日本航空国際便機内で先行上映され、劇場公開後も機内上映は続けられた。
ということは、伊丹作品も元々観光バスのために製作された映画だったりして?


利光松男

1990~1995年、日本航空の代表取締役社長だったのは利光松男。
『紅の豚』の製作に関与したということになる。
小田急電鉄創業者の息子であった。カトリック信徒で上智大学卒業。日本航空生え抜きで社長になった。

1999年、自宅に銃弾が打ち込まれる。以降、総会屋・暴力団などの反社会的勢力とJALの決別の推進への報復を警戒し、2004年10月まで利光家は24時間体制で警察の警備を受けた。
2004年、警察の警備が解除されて約1か月後、利光は首をつった状態で発見された。


警察は自殺と断定したようだ。年齢は80歳であった。

1999年、囲碁が好きだったこともあり、日本棋院理事長に就任。累積赤字で悩む棋院の財政を立て直すため、コスト削減などを断行し「囲碁界のカルロス・ゴーン」と呼ばれた。棋院創立80周年事業として囲碁殿堂資料館の設立も主導したが、運営方針をめぐる激しい対立から2004年4月に任期途中で辞任した。


首を吊ったのも同年。

遺書はなく、自殺のはっきりとした理由は不明だが、ある日本棋院関係者は「心当たる原因とすれば、あの紛争しかない」と明かす。紛争とは、日本棋院が対局ソフトを開発する際の提供企業の選定をめぐって生じた理事会内の対立のことである(日本棋院が「パンダネット」から韓国の「世界サイバー棋院」に切り替えた問題)。 辞任前から持病の不整脈に加え、不眠などを訴えており、棋士と財界人の間で板ばさみになり、心身ともに疲れ切っていた。その心労が癒えず、自殺につながったとの声もあり波紋が広がっている。

一方でこんな話もある。

どれほど洞察力や分析力の鋭いアナリスト、あるいは公認会計士であろうと、JALの粉飾決算を解説出来る者は居ない。
なぜならば、直接の関連会社であるグループ企業が約350社、その子会社・下請けを含むと約1万社に及ぶJALをファンダメンタルな解析で説明できるはずがないからだ。
ここで重要な存在が、JALの与党総会屋である後藤民夫。
約25年前からJAL周辺に巣食う、野党総会屋として賛助金目当てに食い込んだ結果、ようやく万歳屋(与党総会屋)に出世できた。
今や年俸数億円という、稀有な存在の “ 特殊株主 ” であろう。
この男こそ、JALの “ 粉飾決算の生き証人 ” に他ならない。
 
JALの元社長、利光松男を首吊り自殺に追い込んだ元山口組ヤクザの岩城幸次郎。
後藤民夫は岩城幸次郎を、自ら経営する金券ショップのスポンサーと仰いだ反社会的勢力。
******************************  

JALの元社長、利光松男は元山口組系ヤクザの岩城幸次郎氏から牛の生首を自宅に送られた。
憔悴の果てに80歳を過ぎた爺さんが、首吊り自殺したという。
岩城幸次郎氏はJALの御巣鷹山墜落事件で愛人を亡くし、慰謝料名目で多額の無料切符を受け取った。
そして無料切符の授受と換金を、仲介した詐欺師が後藤民夫である。
後藤民夫は反社会的勢力を親分と仰ぎ、身を粉にして働く作業が、無上の喜びらしい。
著書で、ヤクザの使いっ走りを自慢する場面は、本当に力がこもっている。
http://www.otowa-shuppan.com/view.php?no=29



兼子勲

1998~2004年、代表取締役社長。
2004~2006年、代表取締役会長。

1960年に東京大学法学部卒業と同時に日本航空に入社。1983年6月にローマ支店長兼ローマ空港支店長を務めた後、1985年6月日航ジャンボ機墜落事故を受け勤労部長に就任。1991年6月に日本航空取締役に就任。1992年公開のスタジオジブリ制作のアニメ映画「紅の豚」ではエグゼクティブプロデューサーとして社長の­利光松男を補佐。

1999年には日本バスケットボール協会副会長、2003年より会長も務めた。

※日本バスケットボール協会歴代会長
金尾實
辻兵吉 (5代目)(1994-1999)
尾崎正敏(1999-2003)
兼子勲(2003-2005)
鬼塚喜八郎(2005-2007)
麻生太郎(2008-2014)
深津泰彦(2014)
川淵三郎(2015-) ←元サッカー協会会長(2012年より最高顧問)、日本将棋連盟非常勤理事(2011年~)、首都大学東京理事長(2013年~)


東映とテレビ朝日

東映は1964年に東急グループから離脱した。
五島慶太から東映を任された大川博と五島の後を継いだ長男との間に確執があったらしい。

1965年NETテレビの経営を巡り赤尾好夫旺文社社長と対立。赤尾が日本経済新聞社の円城寺次郎と結託すると、大川も朝日新聞社の広岡知男と手を握り、同社に東映所有のNETテレビ持株の半分を譲渡。
この一件以降NETテレビの事実上の親会社は東映から朝日新聞社に代わり、これが現在の総合局・テレビ朝日およびテレビ朝日ネットワークの形成に繋がる。


テレビ朝日とNETテレビの関係は昨夏にも書いた

東映は正社員の採用において学歴や縁故を大変重視しており、中島貞夫の著書によると日芸、早大、東大、慶大、京都撮影所枠で京大、同志社以外の学生は採用に至ることは縁故以外ではなかったという。しかしながら、近年、この傾向は弱くなりつつあり、上記の大学卒以外や専門学校卒からの採用も多くなってきている。また、一時期エース監督として屋台骨を支えた鈴木則文、関本郁夫はそれぞれ立命館大学中退、工業高校卒であり、このように他の大手で戦後に大卒でない採用社員を監督として活躍させた例はほとんどない。

東映は不良路線(時々、東映まんがまつり)、東宝はヤクザ映画やお色気映画や政治臭のする映画は配給しない健全優等生路線。
昨今は品行方正風潮が強いので、興行収入は東宝の一人勝ちだとか。
「東映まんがまつり」は映画館のみならず、市民会館のホールなどでも上映されていたような気がする。
飛行機にバスに出張サービス。映画も映画館の収入だけではなかなか厳しいものがあるのかもしれない。
昔でも厳しかったものが現代の世で厳しくないというのは俄かには信じられない。

現在でも東映がテレビ朝日 ホールディングスの大株主で、テレビ朝日ホールディングスが東映の筆頭株主になっている。
また東急電鉄とも縁が切れたわけではなく、東急電鉄も依然東映の株主である。





[PR]

by yumimi61 | 2016-01-25 15:06
2016年 01月 24日
日本国憲法の秘密-169-
イライラカンカン!?

1980年9月22日未明、イラク軍が全面攻撃を仕掛け、
イランの10の空軍基地を爆撃、イラン軍がそれを迎撃するという形で戦争は始まった。
なかなか終わらない戦争に対し、日本では両国の名前をもじって「イライラ戦争」と呼ばれた。


それは日本航空123便が上野村に墜落する5ヶ月程前のことだった。

両国の都市爆撃の応酬が続く最中の1985年3月17日、48時間の猶予期限以降にイラン上空を飛ぶ航空機は、無差別に攻撃するとサッダーム・フセイン大統領が突如宣言した。

この宣言後、イランに住む日本人以外の外国人はおのおの自らの国の航空会社や軍の輸送機によって順次イランから脱出していった。ところが、日本においてはそうではなかった。ただちに日本航空にチャーター便の派遣を依頼したのだが、日本航空のパイロットと客室乗務員が組織する労働組合は、組合員の安全が保障されないことを理由にいずれもこの要請を拒絶した。

その間、在イラン日本大使館では手を尽くして救援機を派遣した各国と交渉したものの、いずれの国も自国民救出に手一杯であり、希望者全てを乗せてもらうことは到底かなわず、いまだ200名を超えるイラン在留邦人が全く脱出方法が見つからずに生命の危機に瀕する状況にあった。
(同年8月12日の日本航空123便墜落事故で亡くなった海上自衛隊出身の高濱雅巳機長は、真っ先に救援便の運行乗務員に志願していたと言われている。)

外務省の依頼を受け、日本航空の経営陣は救援機を飛ばす覚悟を固めていたとされるが、そもそも外務省の判断が遅れたため、時間的な余裕が殆ど無く、反会社側組合等が脱出の安全が保証されなければ飛べないと強い抵抗を示した為、チャーター機の派遣は実現しなかった。結局、邦人の救出はイラクの隣国であるトルコ政府によりチャーター機が飛ばされた事により事なきを得ている。 


なお当時の自衛隊法は、自衛隊の外国における活動を人道目的を含めて想定しておらず、また、イランまでノンストップで飛行できる航空機が配備されていなかったため、自衛隊を派遣するのは事実上不可能だった。 今日、同様の事案が発生した場合には航空自衛隊の日本国政府専用機を、機内の首相執務室や会議室などを撤去して、座席を設置して運用する。


当時はイラン・イラク戦争の真っ只中にいたわけだが、200人を超える日本人がイランに滞在していたという。
彼らは戦地で何をしていたのだろうか。
ビジネス?報道関係者?フリーのジャーナリスト?留学?観光?移民?

サッダーム・フセインはイラクの大統領である。
絶大な力を持つ大統領が「イラク国内にいる外国人は一人残らず殺害する。殺されたくなかったら48時間以内のイラクから出ていけ」と宣言したというならば分かる。
それはかなりヤバイ状況だから一刻も早く退散しなければならない。
でも「イラクから出ろ」と言うことならば、直ちに日本まで飛ぶ必要はない。
安全な近隣諸国に取り敢えず避難させてもらえばよいのではないだろうか。

サッダーム・フセイン大統領は「48時間以降にイラン上空を飛ぶ航空機は、無差別に攻撃する」と宣言したと言う。
全然覚えていないけれど48時間のスタート時間をちゃんと言ってくれたのかしら?
ほら、イスラム国人質騒動の時は時差があるというのにスタート時間も分からなかったから。
ともかく上空を飛ぶ飛行機を攻撃するというならば、飛ばなければよいのでは?
イランに滞在し続けるか、陸路や海路でイラン国外に出ることも出来る。
どうして皆が皆焦って、48時間以内に「イラン」から脱出する必要があったのだろう。すごく疑問である。


美談

トルコ政府がトルコまでチャーター機を飛ばしてくれたおかげで事なきを得たということなのだが、その時まだ日本人(200人)より多いトルコ人(500~600人)がイランに残っていたそう。
自国民より優先して日本人を救ってくれたことが美談になっている。

残されたトルコ人たちはトルコ大使館が用意した車に分乗し、陸路でイランを脱出し、トルコへ向かいました。このことでトルコ政府に文句を言ったトルコ人は一人もいなかったといいます。

 この頃、なぜトルコが自国民より日本人を優先して救出したのか、日本政府も日本のマスコミもわからなかったといいます。駐日トルコ大使はその理由を短いコメントで表しました。
「エルトゥールル号の借りを返しただけです」

 明治23年(1890年)9月16日、トルコの軍艦エルトゥールル号が和歌山県大島樫野先付近で台風のため座礁し、機関が爆発して約500名の乗組員が死亡する事件があり、日本は生存者を治療、看護し、イスタンブールまで送り届けたことがありましたが、トルコでは教科書にも載っている話で誰もが知っている歴史的事件だったのです。

日本人を救出せよ!トルコ航空機決死のフライトより>

日本海軍のコルベット艦、「比叡」と「金剛」が、遭難事故の20日後の10月5日に、東京の品川湾から出航、神戸で生存乗員を分乗させ、翌年の1891年1月2日にオスマン帝国の首都・イスタンブルに送り届けた。なお2隻には、秋山真之ら海兵17期生が少尉候補生として乗り組んだ。

トルコの行為には、かつて日本人が優しくしてくれたからという理由があったという。
さて美談の主役はトルコでしょうか日本でしょうか?両方?
「ギブ&テイク。与えよ、さらば与えられん」という教え?

現在のトルコ共和国は1890年のオスマン帝国とは違う。
トルコはオスマン帝国を革命によって倒して建国されたのだから、オスマン帝国を良いものとは思っていないはずだ。
トルコ共和国は第一次世界大戦後のトルコ革命によってオスマン帝国を倒し1924年に誕生した国である。
トルコ共和国としての歴史は浅いわけだが、トルコ共和国(トルコ語正式名:Türkiye Cumhuriyeti)は自国のルーツは突厥(Türük)にあるとしている。
要するにトルコの建国は552年ということなのだ。
突厥(Türük)はウイグル帝国よりも早い時代に出来た遊牧国家。
過去記事:日本国憲法の秘密-130-より>
こちらの記事の「オスマン帝国の崩壊とカリフの消滅」ではトルコとロシアの関係性に触れた)

しかも船の遭難は天災のみならず人災的側面もあったそうだ。
そうとなれば、「あんな馬鹿な国の人でさえ助けて下さってありがとうございます」という感じになるのだろうか?
エルトゥールル号遭難事件はオスマン帝国末期の外交政策と海軍の弱体化がもたらした悲劇であったが、この事件で被害者に対して示された日本人の友誼は、その後も長く日土友好関係の起点として両国の関係者に記憶されることになった。トルコ人が公的な場で日本人に対して日土友好の歴史について語るとき、必ずといっていいほど第一に持ち出されるのがエルトゥールル号遭難事件の顛末である。一方、こうしたトルコ人の言説に対して、エルトゥールル号遭難事件の顛末は、日本において事件の近くの串本町以外では、あまり記憶されておらず、長らく公的な場で語られることすらもまれであった。
近年では、小学4年生の道徳の教科書に記載されて一部の小学校では教えられている。また、中学生のある歴史の教科書にも掲載されている。



21世紀に入ってからはエルトゥールル号事件の顛末が、1985年(昭和60年)のイラン・イラク戦争における逸話と絡めて、インターネット上の電子掲示板やメールマガジンで紹介される機会が増えた。

この逸話は、特に2002年(平成14年)のサッカー、2002 FIFAワールドカップでのサッカートルコ代表チームの活躍を機として、盛んにテレビ番組や雑誌でも取り上げられ、日本の一般の人々の間にも徐々に広められるようになった。2004年(平成16年)には、これらのことを紹介した児童書が小学生高学年向けの読書感想文コンクール課題図書になり、現在では日本でも、「親日国トルコ」のイメージを語るエピソードとしてなくてはならないものとなった。

2006年(平成18年)、日本政府は、イランで救出に当たったトルコ人の客室乗務員など13人に勲章を授与し、感謝の気持ちを送った。
2007年(平成19年)10月28日、同時期に開催されたエルトゥールル号回顧展に併せて、東京都三鷹市の中近東文化センターでこの事件に関するシンポジウムが、当該トルコ航空機の元機長、元客室乗務員、野村元駐イラン日本国特命全権大使、森永元伊藤忠商事イスタンブル支店長、毛利悟元東京銀行テヘラン駐在員ら当時の関係者出席の上で開催されている。



武田家の恨み!?

1985年8月12日の墜落事故当時、日本航空の代表取締役社長だったのは高木養根。

広島県福山市生まれ、岐阜県高山市育ち。
1933年京都帝国大学文学部に入学。同年の文部省による滝川幸辰法学部教授の処分(滝川事件)に反対、古谷綱正・花田清輝(のちの文芸評論家)らとともに大学自治を擁護する文学部の運動の中心として活動したが、学内で配ったビラの文面が治安維持法違反に問われ2ヵ月で大学中退を余儀なくされた。1年間の拘置生活の後1935年、東京帝国大学法学部に再入学した。

1940年に大学を卒業し大日本航空に入社したが終戦により解散。1951年、航空活動の再開を見越して設立された日本航空に入社した。営業部次長、香港支店長、総務部長等を歴任、1961年取締役、1963年常務、1969年専務、1971年副社長を経て1981年、日航生え抜きとして初の社長に就任した。

しかし在任中に日本航空350便墜落事故(1982年2月9日・羽田沖)、日本航空123便墜落事故(1985年8月12日・御巣鷹)などの重大航空事故が続き、その責任を負って1985年退任した。

その後も個人の資格で遺族への慰問行脚をしたほか、毎夏、群馬県上野村の御巣鷹の尾根に慰問登山を続けた。

山崎豊子の小説「沈まぬ太陽」に登場する国民航空社長・堂本信介のモデルとされるが、人物像は大きく異なる。



※滝川事件
1933年(昭和8年)に京都帝国大学で発生した思想弾圧事件。
事件は、京都帝国大学法学部の滝川幸辰教授が、1932年10月中央大学法学部で行った講演「『復活』を通して見たるトルストイの刑法観」の内容が無政府主義的として文部省および司法省内で問題化したことに端を発するが、この時点では宮本英雄法学部長が文部省に釈明し問題にはならなかった。ところが1933年3月になり共産党員およびその同調者とされた裁判官・裁判所職員が検挙される「司法官赤化事件」が起こり状況は一変することになった。

1933年4月、内務省は滝川の著書『刑法講義』及び『刑法読本』に対し、その中の内乱罪や姦通罪に関する見解などを理由として発売禁止処分を下した。翌5月には斎藤内閣の鳩山一郎文相が小西重直京大総長に滝川の罷免を要求した。京大法学部教授会および小西総長は文相の要求を拒絶したが、同月26日、文部省は文官分限令により滝川の休職処分を強行した。
滝川の休職処分と同時に、京大法学部は教授31名から副手に至る全教官が辞表を提出して抗議の意思を示したが、大学当局および他学部は法学部教授会の立場を支持しなかった。


※滝川幸辰教授
旧岡山藩士の子として生まれる。鳥取の瀧川家によれば、戦国期の武将・滝川一益の三男辰政は岡山池田家に御預けになっており、これが幸辰の先祖とされている。
滝川事件で大学を追われるが、第二次世界大戦後、大学に復帰、京都大学総長を務め、学生運動との対立事件を繰り返した。特に「第2次滝川事件」と呼ばれる学生による瀧川への「暴行」事件は有名である。なお総長が理系学部から選ばれる傾向の強い京都大学(および前身の京都帝国大学)では、現在のところ、瀧川が文系学部から選出された最後の総長となっている。


先日書いたように、織田信長の家臣であった滝川一益は武田征伐に活躍し、上野国(群馬県)を与えられた。
沼田城は滝川一益の一族である滝川益重にものになったが、本能寺の変が起こり織田信長が暗殺される。
その後、滝川一益は「神流川の戦い」に臨んだ。
神流川は日本航空123便が墜落した上野村を流れているのだ。


滝川教授の「『復活』を通して見たるトルストイの刑法観」という講演内容が問題にされたとあるが、沼田の薬種商に嫁いだ歌人・生方たつゑの伯父にあたる生方敏郎はトルストイに傾倒した人だった。
群馬県沼田生まれ。明治学院を経て早稲田大学英文科卒。在学中からトルストイに傾倒、「東京朝日新聞」記者となり、随筆、評論、小説を書き、大杉栄と交わりがあった。1935年より個人雑誌『古人今人』を10年以上に渡り刊行、軍部への風刺から二度発禁処分を受けた。



※『沈まぬ太陽』
山崎豊子氏の「沈まぬ太陽」がミリオンセラーとなり、大変な反響を呼んでいる。 各新聞、雑誌の書評は「政官民の癒着構造を暴いた力作」といったものが多く、絶賛の嵐である。 長年運輸業界、とりわけ航空業界を担当してきた記者がこの本を読んだ第一印象は「こうして史実が曲げられていくのか。誠に恐ろしい」ということであった。
この小説には筋書きを面白くするため、あまりにも事実とはかけ離れた“再構築”がなされており、ペンの暴力の典型と言っても過言ではない。 以下、どこの部分が事実を曲げているかを検証したい。

小説「沈まぬ太陽」余話(Ⅲ)より>


銀座の恋の物語~

昨日の記事のロッキード事件の説明に出てきた児玉誉士夫。
2014年5月のオバマ大統領来日の折、非公式夕食会が催された鮨店「すきやばし次郎」が入っているビルは塚本素山ビルで、そのビルにはかつて児玉誉士夫の事務所も入居していた。
アメリカと日本の首脳がこのビルで非公式の会食を持つということは、かなり意味のあることだったのだ。 という話をこちらに書いた
日航機墜落の理由の噂に出てきた不二家もありで、何かと意味深。
確かその時、TPPのことが話し合われていた。
よく覚えているのは句を作ったからである。
どうですか、これは?

2014年4月24日
好きやばし いくら秘めても あかみ差す さよりと僕は 人肌を抱く
シダ類の アジアンタムで 語呂合わせ 憂鬱になれば ブルーとつけよ

(なぜアジアンタムかと言うと、記者会見の場に飾られていたからです)

2014年4月25日
フロマンと SOAPについて 語り合う 誰かお願い 一肌脱いで
ロジックの ツリーを立てれば 予測つく そんな冷たい ことは言わずに


日本の右翼運動家。CIAエージェントであったという。暴力団・錦政会顧問。「政財界の黒幕」、「フィクサー」と呼ばれた。1960年、生前葬を行う。河野一郎や大野伴睦といった大物政治家が児玉のための葬儀に集まり、焼香した。三男はTBSサービス社長の児玉守弘。

家系は後に児玉誉士夫自身によって作られた「設定」のようである。実際のところ、児玉誉士夫の出自は全く不明である。幼少時は酷い貧乏暮らしで、父親と二人で掘っ立て小屋に住んでいたとされる。7歳で母親を亡くし、8歳で朝鮮に住む親戚の家に預けられ、京城商業専門学校を卒業した後、来日して向島 (墨田区)の鉄工所に住み込んだ。それからは様々な右翼団体を転々とすることになる。


片桐機長日航機殺人事件から28年 「機長、何するんです!やめてください!」


辻説法の数寄屋橋

児玉誉士夫という人は朝鮮出身なのではないだろうか。
天皇直訴事件で華々しくデビューした。直訴文は建国会の赤尾敏が書いたものだったらしい。

最初社会主義に傾倒したが、その後超国家主義に転じ、玄洋社の頭山満に私淑した。1929年には赤尾敏と津久井龍雄ら高畠素之門下によって創設された急進的な右翼団体「建国会」(会長は上杉慎吉、顧問に頭山)に加わった。すぐに昭和天皇に直訴しようとして捕まる。この天皇直訴事件で半年投獄された。

赤尾敏は銀座数寄屋橋(すきやばし)での辻説法が有名。
当時の様子の写真あり。→有楽町~銀座
当初は社会主義者であったが、社会主義者として活動した後、1926年(昭和元年)に「天皇制社会主義」を理想として民族主義者に転向。1942年(昭和17年)には衆議院議員に当選した。1945年(昭和20年)の敗戦後、政治活動と講演活動を行い、1951年(昭和26年)大日本愛国党を創党した。特に銀座数寄屋橋などでの辻説法による過激な街頭演説で有名であった。

現代の政治家が行っている街頭演説と同じ感じである。
辻説法はもともとは宗教の布教のための演説であった。
赤尾は街頭宣伝車を導入した右翼の走りなんだそうだが、政治家の選挙運動(選挙カーや演説)の走りと言ってもよいのかもしれない。

赤尾が設立した建国会の顧問は頭山満と平沼騏一郎。
この平沼騏一郎は第35代総理大臣(1939年)となった人物であるが、平沼赳夫は養子である。
1941年に家族そろって平沼騏一郎の養子になったそうだ。
平沼赳夫氏の母が平沼騏一郎の兄の孫にあたる。
その平沼騏一郎の兄(平沼淑郎)は、早稲田大学の第3代総長であった。
岡山出身。

先日書いた宗教てんこ盛りの日本会議の国会議員懇談会会長が平沼赳夫氏。
【国会議員懇談会の役員】
e0126350_050437.jpg

首相に官房長官、財務大臣に防衛大臣、国家公安委員長・・・。
会員の国会議員は多すぎるため掲載しないが、今話題の甘利大臣ももちろん会員である。


日本を牛耳るもの

児玉誉士夫は、「世界は一家、人類はみな兄弟」の笹川良一にだいぶ世話になったようである。
しかしそれにしてもどうしたらそんな大物になれるのでしょう?

児玉は児玉機関が管理してきた旧海軍の在留資産をもって上海から引き上げていた。児玉は、巣鴨拘置所に共にいた辻嘉六に勧められて、1946年初頭、逮捕される直前に、この資金の一部を鳩山ブランドの日本民主党(鳩山民主党)の結党資金として提供した。

鳩山一郎は鳩山由紀夫の祖父。御二人とも首相になった。
日本民主党設立当時の総裁は総裁は鳩山一郎で、幹事長は岸信介(安倍首相の祖父)。
鳩山一郎は滝川事件にて滝川幸辰の罷免を要求した。

児玉誉士夫はさらに河野一郎や岸信介を総理大臣にするために力を貸したという。
河野一郎は河野洋平の父にあたり、河野太郎の祖父にあたる。
河野太郎氏は現在、国家公安委員長である。
河野一家のことを前に書いたことがある。駅伝と肝移植の件である。
肝移植といえば暴力団山口組後藤組の後藤組長を忘れてはいけない
後藤組長はアメリカで生体肝移植の手術を受けたそうなのである。
後藤組長は信州大学医学部付属病院での手術を勧められなかったのかしら?



[PR]

by yumimi61 | 2016-01-24 11:21
2016年 01月 23日
日本国憲法の秘密-168-
日本航空のシンボルマーク

鶴丸家紋にそっくりの日本航空シンボルマークは誰が作成したのか?

宮桐四郎氏(日宣美会員のフリーランスデザイナー、との記録あり)が原案を作り、アジア方面に強かったアメリカの広告代理店Botsford, Constantine & Gardner(吸収され現Ketchum)のヒサシ・タニ氏が製図。
日本航空の新ロゴより ロゴの変遷が見られます>

第二次世界大戦が1945年9月に日本の降伏で終結した後、日本の占領に当たった連合国軍最高司令官総司令部 (GHQ) によって、直ちに官民を問わず全ての日本国籍の航空機の運航が停止された。やがて、1950年6月にGHQにより日本の航空会社による運航禁止期間が解除されることとなり、1951年1月に日本航空創立準備事務所が開設された。
1951年8月に「日本航空株式会社」として設立された。

日本政府主導による半官半民の体制で、設立当初の本社は現在の銀座日航ホテルがある場所に置かれた。社員はわずか39名であった。社員は徐々に増えていくが、大半が復員軍人や学徒出陣兵。さらに英語堪能な日系2世を多数採用して「外人部隊」とする奇妙な集団であった。


終戦から7年目となる1952年4月28日、「日本国との平和条約」「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」が発効され、日本は主権を回復した。目に見える形での占領体制に終わりを告げたのだ。
これからは賠償金や積み重なっている借金のために日本にはバンバン働いてもらわなければならない。
そうした中、日本独自の法律を根拠にした特殊会社・日本航空株式会社が誕生する。
それは自衛隊法の施行よりも早かった。
航空技術を持っていたのは民間であり、そこに軍人パイロットが登用され、自衛隊よりも早く空を飛ぶ環境が整った。
国家の附属物である自衛隊と半官半民の飛行機会社、ともに日本の法律に支えられている組織ではあるが、その立場は微妙に違う。
病院で例えれば、(国立大学が国立大学法人になる前の)国立大学医学部附属病院と赤十字病院の違いといった感じになるだろう。

「日本航空株式会社法」の公布に基づき、1953年10月1日には特殊会社である新しい「日本航空株式会社」が誕生し、それまでの日本航空株式会社は同日付で新会社に一切の権利義務を承継して解散した。現在の日本航空株式会社はこのときの新会社である日本航空株式会社の法人格を引き継いでいるため、同日が設立年月日となっている。

このように日本航空は戦後に設立された会社である。
戦前はこうした特殊会社のことを国策会社と言っていた。
法律に基づいて設立された半官半民の会社であり、国家の保護と支配のもと特権を与えられた。
満州事変(1931年)から第二次世界大戦終結(1945年)の間に設立された会社の多くは国策会社であった。
大日本帝国の名に恥じない帝国主義的発展を遂行する目的を有していた。
明治から第二次世界大戦終結までは名実ともに絶対君主の時代であった。
半官半民であっても、国の息がかかった会社である以上、君主の命令は絶対、それに従わなければならなかっただろう。

法律がどう変わっても、誰が何と言おうと、戦争を牽引して敗戦した国の君主がその地位を維持したまま存続したという事実は揺るがない。
それはどんな手を使っても誤魔化すことができないものだ、そのことが敗戦処理の最大の失敗だろう。
日本の天皇は宗教指導者や資本家という肩書で存在していた人ではない。表に立って国家を動かすリーダーだったはずだ。逃げ隠れ出来ない立場にいた。
戦犯として罰せられたり処刑されたり人が日本に一人もいないというならばまだ分かる。でもそうではない。
最優先で潰すべきものを戦勝国・連合国・世界は潰さなかった。歴史的にも特筆すべきことである。
それがあの戦争の答えであるし、戦後の世界を形成してきだものだ。
本質は何も変わっていない。ただ戦後の天皇は逃げ隠れ出来る立場になったということである。
そして世界は野心をオブラートで包むようになった。
誤魔化すことが容易に出来るようになった反面、強大な力を発揮しにくい。

戦後もし再び帝国を目指そうとするならば、半官半民の日本航空という会社はそれに貢献しうる会社だったのだろうか。
帝国主義的発展と借金返済は両立するものなのだろうか。
民営化が進んだものの特殊会社(特殊法人)は今日においても存在する。

日本航空は当初は赤字だったものの、1955年に国内線も国際線も黒字に転じる。
この頃から、皇族や首相、閣僚の移動に日本航空の特別機が頻繁に利用されるようになった。
文字通りフラッグ・キャリアの道を歩み始めた。


同質か異質か

現代から後ろを振り返った時、1960年代と1980年代は何か独特の雰囲気を感じる。
共通するのは学生が元気だったということかもしれない。
1960年代は安保闘争や学生運動の時代。
1980年代は校内暴力や不良、路上パフォーマーの時代。
なんだ、そういう元気かと呆れる人もいるかもしれないが、野心をオブラートに包むと強大な力を発揮しにくくなるのと反対に、野心や主張を剥き出しにした人達が良くも悪くも人々の心を掴んでしまうということは確かにあるのだ。
共感も反感も崇拝も嫌悪も心理学的に言えば投影に過ぎないという側面がある。
共感や反感や崇拝や嫌悪が大きくなった状態というのは、個の潜在意識が掘り起こされている状態と考えることが出来る。

その1960年代に台頭したのが新左翼。
ここで質問です。新左翼のような活動家に投影されたものは何でしょうか?
活動家や運動に共感し、その後、幻滅した人々は、自分のどんな思いを投影していたのでしょうか?
新左翼は日本のみならず欧米にも出現したが、国の状況はそれぞれ違った。
今まさに戦争(ベトナム戦争)を行っている国と、戦争を行うことも戦争に参加することも出来ない国。
月とスッポン、天と地の差。両者の「反政権」の意味は全く違うものとなるはずだ。
そしてもし政府の方針が自らの意ではないとするならば、政府と反政権とは意気投合することになる。
但し意気投合することと、戦力として使えるかということは、別問題である。
また同じ国に住んでいたとしても、今まさに戦争に行っている人と、戦争に行く必要のない人とでは、雲泥の差があるだろう。
その時代のことをこちらに書いた


受難の季節

1970年代は航空業界にとって悪夢の時代であった。
日本航空は事故続き。
1972年の5月15日から11月29日の半年間に、日本航空羽田空港暴走事故、日本航空ニューデリー墜落事故、日本航空金浦空港暴走事故、日本航空ボンベイ空港誤認着陸事故、日本航空シェレメーチエヴォ墜落事故という死亡事故を含む連続事故が発生した。6月14日に発生した日本航空ニューデリー墜落事故により、「安全日航」が誇りとしていた乗客死亡ゼロ170万時間という記録が途絶え、運輸省による立入調査が行われ、規定類の遵守、国際線乗務員の技能の保持、国際線運航乗務員の語学力の向上等の「業務改善命令」が発せられた。しかし、この対応もなす間もないまま、日本航空シェレメーチエヴォ墜落事故が発生し、((略)

さらに日本赤軍のテロのターゲットにもなった。
日本赤軍が実行した主だったテロが6つあるが、1つは空港を狙ったもの、2つは日本航空機のハイジャック、3つは大使館を狙ったものであった。
外国と飛行機に執着があったと推測される。

全日空はロッキード事件に巻き込まれた。(発覚は1976年)
1970年代前半、ロッキード社は全日空をはじめとする世界各国の航空会社や政府関係者に巨額の賄賂をばら撒いていた。
前内閣総理大臣の田中角栄が、1976年(昭和51年)7月27日に受託収賄と外国為替・外国貿易管理法違反の疑いで逮捕され、その前後に田中以外にも運輸政務次官佐藤孝行や元運輸大臣橋本登美三郎2名の政治家が逮捕された。
さらに、収賄、贈賄双方の立場となった全日空社長の若狭得治以下数名の役員及び社員、ロッキードの販売代理店の丸紅の役員と社員、行動派右翼の大物と呼ばれ暴力団やCIAと深い関係にあった児玉誉士夫や、児玉の友人で「政商」と呼ばれた国際興業社主の小佐野賢治と相次いで逮捕者を出した。また、関係者の中から多数の不審死者が出るなど、第二次世界大戦後の日本の疑獄を代表する大事件となった。



1960年代と1970年代に活発化した政治運動に対しては、新右翼でもって新左翼を制すという手法が積極的に用いられた。
政権が新右翼と組んだわけである。
この方法を確立したのは安倍首相の祖父にあたる岸首相である。闇社会や裏社会との連携を鮮明にした。
もしも上記のように政権の本音が新左翼と同じであれば、新左翼と組んで新右翼を制すということになる。
全部同質のものならば政権も新左翼も新右翼もみな仲間で問題なし。残る問題は個人的恨みか金の恨み。
戦後の日本に大河のように横たわっている反米という思想に一番近い人物は天皇であるはずなので、新右翼のバックにも新左翼のバックにも天皇という存在があったと考えることもできる。
田中角栄というこれまでとは違うタイプの首相が登場したのが1972年だった。

田中角栄首相は金脈政治だと言われた。
その後の日本では金権(金券?)政治が定着していくようになる。
金脈と金権は意味が違う。
金脈は金に化けるもの、大儲けできる脈のあるもののことである。言い換えればハイリターンが期待できて投資する価値があるもの。
金権は金という権力である。金で得る権力と言い換えることも出来るかもしれない。
上は少ないお金で可能だが、下は十分なお金がないと出来ない。

お金も権力も大事かもしれないが、なんだかんだいって世界で一番力を持っているものは暴力である。
だから戦争だってなくならない。
暴力の前には金も権力も通用しない。
世界を支配できるのは恐怖なのだ。
それへの対抗処置として有効なのは可能な限り暴力を小さくすること。要するに暴力組織を縮小すること。
あとは生身の人間はシェルターにでも閉じこもって、無人戦闘機やサイボーク兵士を送り込んで暴力を撃退することくらいですかね?


急降下!?

人は忘れる生き物であり、所詮みな他人事である。
1960年代の反米運動も1970年代の諸問題も、1982年に発生し逆噴射という言葉が有名になった羽田沖墜落事故もなんのその、日本航空は沢山の人や物を乗せて広い空をひたすら飛び続けた。
そしてとうとう、1984年にIATAが発表した1983年度の世界の民間航空会社の輸送実績統計では、旅客と貨物を含めた国際線定期輸送実績で、長年ライバル関係にあったパンアメリカン航空などを上回り世界第1位になった。

日本のフラッグ・キャリアが、あの鶴丸が、国際線の部で世界1位になったのだ。

日本航空123便ボーイング747の墜落はその翌年1985年8月12日に発生した。
(先日蒲田の環状八号線で中央分離帯に衝突したバスのナンバーは746であった。7月4日はアメリカ独立記念日で、聖書的には、7は完全数、6は不完全数である。)
その飛行機は筑波技術万博のオフィシャル・エアラインであった。
夏休みということもあり万博やディズニーランド帰りの客を多数乗せていた。
また全米ビルボード1位に輝いたことのある坂本九や「ナショナル」をブランドにしていた松下電器社員も数多く搭乗していた。
人は忘れない生き物で、所詮みな個人的恨みしかないもの?


誕生秘話

日本航空が最初に用いていたマークは一般公募から選ばれたものだった。
赤い鶴丸マークが採用されのは1959年のことである。

公式「私どもは家紋など見たこともなく、鶴丸は存じておりませんでした」
非公式「そもそも家紋の鶴丸とは有名なものなのでしょうか?」
日本航空はこんなことは言わない。
何故かと言えば、日航は鶴のマークが完成する前から日本の家紋や市松模様を好んで「旅のしおり」等に多用していたのである。
鶴の家紋以外にも鶴が描かれ、とにかく鶴の人気が高かったらしい。

新しいマークを導入することが決まった1958年、日本人は迷っていた。鶴という素材や家紋からの発想は新しさやスピードには適さないのではないかと。
アメリカの広告代理店BCGは「美しさでも新しさでもなく、儲けにつながるマークを」と助言した。
かくしてまんまパクリか?とも言えるような非常に均整のとれた美しい日本航空の鶴丸マークが誕生したのである。
そしてそのマークは1959年に商標登録された。
登録日が8月15日だという説もあるのだが不確かな情報である。ただ8月であることは間違いない。


民営化

朝鮮戦争の最中、そして日本が主権を回復する数か月前の1951年4月3日 アメリカでは財務省と連邦準備制度が協定を結んだ。(アコード;実質的にFRBの独立)
きっかけは、そう、戦争である。戦争を行うには資金が必要。
しかし税金で国家運営がなされている以上、余分なお金がそうあるはずがない。
予算が決まっている以上、想定外のお金を無暗に出すことも出来ない。
すでに借金があればなお都合が悪い。
しかし戦争を行うには戦費を調達する必要がある。

一番手っ取り早いのは新たにお金を作ってしまうことだ。
現代では一般的にお金を作れるのは中央銀行である。
政府は中央銀行にお金を作るようにと圧力をかける(金融緩和圧力)。
中央銀行は専門風を吹かせ「いやいやそんなことをしたらインフレを招きます」とかなんとか言って渋い顔をする。
政府と中央銀行のにらみ合い。そんなことしているうちに戦争に負けてしまいますよ?
中央銀行と政府が対立することは良くないということで、「FRBの金融政策の独立性を尊重することを誓います」という協定が結ばれた。
FRBはもう政府に縛られることはない、自由にお金を作って、自由な金融政策をとることが出来る。
政府は限りなく重要な特権を民間企業に与えてしまったのだ。
世界の中央銀行の多くも1980年代後半から1990年代にかけて独立性を獲得した。
余分なお金を持たず、お金を作れず、お金を回せない国家が、余分なお金を持ち、お金を作れ、お金を回せる人達に勝てるわけがない。
だったら一味になってしまえばいいじゃないか?
中央銀行と政府は一味の時もあれば、そうでない時もある。

再三書いてきたが紙幣とは債券である。金融緩和する(お金を市場に出す)ということは国の中に借金が増えるということに他ならない。
借金が下界でぐるぐる回っているのが、「金は天下の回り物」ということだと思う。
同じ借金ならば日本銀行券(紙幣・債券)より国債のほうがランクが上。
何故かと言えば、たぶん発行数が紙幣よりも少ないから。
だから日本の中央銀行である日銀は日銀券をばら撒いてせっせと国債を買い取っている。プライドというものがないのだろうか?
まあともかくなんかいや~な感じ。
私達の経済は全て借金で成り立っていて、そのシステムを変えない限り永久に借金から逃れらない。


123便が墜落した翌月、1985年9月22日、ドル高是正のためのプラザ合意が発表された。
同じ月に日本航空民営化の方針が打ち出された。
1985年9月には、当時の中曽根康弘首相が進める国営企業や特殊法人の民営化推進政策を受けて完全民営化の方針を打ち出し、その後準備期間をへて1987年11月に完全民営化された。

墜落の衝撃から、『沈まぬ太陽』という小説や映画の影響から、墜落後ただちに経営難に陥って経済支援を受け、そのあげく倒産したような印象があるがそうではないのだ。
直ちに行ったことは民営化であった。



狙われた鶴丸の垂直尾翼?

日本航空のシンボルマークから鶴丸が外れたことがあった。

4代目 2003年~2011年 ランドーアソシエイツ 日本エアシステムとの統合によりロゴをリニューアル。

これが一部でかなり不評だった。それくらい鶴丸はインパクトが強い優れたシンボルマークである。

この刀傷ロゴマークを初めて見た時に何か違和感がありました。
JALのAの右上からノの字で、JALが刀で切り落とされるような印象がありました。
JALが赤ペンチェックされているようにも見えましたし、垂直尾翼の赤い無個性な
塗りつぶしは世界の一流航空会社からニ流への塗り替えに見えました。
これなら、前の鶴丸の方がずっとマシやんという感じでした。
垂直尾翼の赤い塗りつぶしが日の丸の一部分とは日本人なら思いません。
赤い垂直尾翼はノースウエストの方がはるかに認知されています。

不吉なロゴをデザインしたのはランドーアソシエイツというアメリカの大手デザイン会社で、
JALはかなりのデザイン料を払ったようです。
日本航空のライバルは国内が全日空(ANA)海外はアメリカン航空(AA)で、
そのライバルのAを叩き切るのだとランドーアソシエイツ側の説明があったとか。
曼荼羅絵図じゃないですし、ましてロゴに怨念など込めてはいけません。
結局ライバルはますます元気で自分が経営破綻とは...。

デザウマ JALの鶴丸が復活しています。(2011.05.01)より>


JALが刀で切り落とされるような印象というより、私はJALのAが切り落とされるような印象を受けた。
日本航空はJALとして有名だが、航空会社コードという観点でみると、IATA航空会社コード(2レターコード)は「JL」である。
「JAL」はICAO航空会社コード(3レターコード)である。

IATA航空会社コード(IATA Airline Designators)の2レターコードは国際航空運送協会 (IATA) により定められており、世界各地の航空会社に割り当てられている。主に航空券(特に国際線)や旅行代理店でのデータ処理など、旅行業関連の商用ベースで使用されている。

ICAO航空会社コード(3レターコード)は国際連合の付属機関である国際民間航空機関 (ICAO) により定められているコード。主に航空管制やフライトプラン等、航空機の運航に関連する公的機関のレベルで使用されている。

1984年に日本航空が国際線定期輸送実績で1位になったのはIATAの統計であった。だからJLのほうである。
Aを切り落とすと、垂直尾翼が赤く染まった・・・。



[PR]

by yumimi61 | 2016-01-23 09:43
2016年 01月 22日
日本国憲法の秘密-168-
ドキュメント72時間に出てきたメリークリスマスの人、軽井沢の小説家先生のお友達だった人!


●織田信長の一番の敵は石山本願寺だった

※石山本願寺
戦国時代初期から安土桃山時代にかけて、摂津国東成郡生玉荘大坂にあった浄土真宗の寺院である。正しくは「大坂本願寺」という。他の本願寺と比較した際の特徴は、本山・石山本願寺を中心に防御的な濠や土居で囲まれた「寺内町」を有する点である。

浄土真宗は、鎌倉時代初期の僧である親鸞が、師である法然によって明らかにされた浄土往生を説く「真の教え」を継承し展開させようという派閥のようなもので、独立した宗派ではなかった。
法然が開祖の宗教は浄土宗である。
親鸞は法然に教えに触れることに喜びを感じ人々にも分け伝えたいと考えていただけで、独立して開宗する意思は全くなかった。
従って浄土真宗の開祖を親鸞とするのは間違いである。
浄土真宗は、親鸞亡き後(死没1263年)に門弟らが親鸞を開祖に据えて「浄土真宗」を名乗り、教団を形成していった。
浄土宗や親鸞を利用したのである。どこかユダヤ教とキリスト教の関係にも似ている。
浄土真宗は「一向宗」や「門徒宗」と呼ばれることもある。

(一向宗は)浄土真宗、ことに本願寺教団を指す呼称。教団自身はこの名を自称しなかったので注意が必要である。
「一向」とは「ひたすら」「一筋」という意味であり、「一つに専念すること」を意味している。『仏説無量寿経』に「一向専念無量寿仏」と記されていることから、とくに阿弥陀仏の名号を称えることと解釈され、親鸞を宗祖とする教団(本項では「真宗教団」とする)を他の宗派から指す呼称となった。とくに浄土宗は、親鸞の教団が「浄土真宗」と自称することを嫌い、「一向宗」の称を用いた。
したがって「一向宗」は真宗教団の門徒から見て正しい呼称ではなく、また一向俊聖の「一向宗」と混同される事から望ましい呼び方でもなかった。

江戸幕府は、真宗教団を指す名称として「一向宗」を公式に用い続けた。この経緯としては、徳川家康が三河一向一揆により家中統制で苦しめられたこと、徳川将軍家が(真宗教団が「浄土真宗」を称することを望まない)浄土宗を信仰していることが挙げられる。


石山本願寺は1533年に本願寺教団の本山となって以後発展した。
寺のみならず寺内町を形成し、宗教に留まらず戦国の世の一大勢力になったのが、石山本願寺だったのだ。
寺内町とは仏教寺院や道場を中心に形成された自治集落のこと。

寺内町は自治特権を主張または獲得し経済的に有利な立場を得た。これらの特権は、1530年代に大坂の石山本願寺が管領細川晴元から「諸公事免除(守護代などがかけてくる経済的あるいは人的負担の免除)」「徳政不可」などの権限を得たことが始まりとされ、各地の寺内町が一揆を起こす理由ともなった。

オウム真理教が山梨県上九一色村に形成した教団施設もこれに似ているかもしれない。浄土真宗と同じ「真」も付いているし。
オウム真理教が教団施設を建設した土地は元国有地だそうだ。
1989年から村に進出したオウム真理教は、開拓民が手放した元国有地の富士ヶ嶺地区の各所にサティアンと呼ばれる多数の信者を収容する施設を建設し、サリン製造などオウム真理教事件を起こした犯罪の拠点となった。

上九一色村には中世には「九一色衆」と呼ばれる在郷の武士団が住み、戦功により武田氏から諸役免除の朱印状を受けた。この特権は、徳川家康の朱印状でも認められ、江戸時代を通して商業上の利益を得た。
つまり武士が戦功によって特権を与えられたように、細川氏は宗教団体にも特権を与えたということで、これは今日の政治家(公務員)の特権及び宗教法人や公共法人が非課税となっていることに通じる。


下記緑字は以前こちらに書いたもの
越中は戦国大名による強い支配政権が成立していなかったため権力闘争など内戦がたびたび勃発した。
この内戦は隣接国の戦国大名である上杉謙信と武田信玄(一向一揆)の代理戦争のようでもあった。
(一向一揆は浄土真宗本願寺教団の信徒が起こした数々の一揆)
武田信玄が亡くなると、双方ともに越中に興味が無くなり争いは自然と収束していった。
その頃、越前の一向門徒に戦いを挑んだのが織田信長である。
これを脅威に思った越中の旧武田派や浄土真宗の僧・本願寺顕如が上杉謙信頼みとなり、越中は上杉の手に落ちた。
今度は越中を巡って上杉謙信と織田信長が戦うようになる。


織田信長は戦国武将に戦いを挑んだというよりも、浄土真宗の石山本願寺並びにそれと手を組んだ武将と戦っていたのだ。
石山本願寺を脅威と思っていたのは織田信長だけではない。
キリスト教イエズス会も注目していた。

(石山本願寺は)西日本、北陸地域の一向宗徒の勢力と、富の蓄積も拡大していった。イエズス会所属ガスパル・ヴィレラの永禄4年(1561年)8月の手紙に、

“ 日本の富の大部分は、この坊主の所有である。毎年、はなはだ盛んな祭りを行い、参集する者ははなはだ多く、寺に入ろうとして門の前で待つ者が、開くと同時にきそって入ろうとするので、常に多くの死者をだす。(中略)夜になって坊主が彼らに対して説教をすれば、庶民の多くは涙を流す。朝になって鐘を鳴らして朝のお勤めの合図があると、皆、御堂に入る。 ”  —ガスパル・ヴィレラの手紙

と報告されるほど本願寺は多数の門徒とその門徒がもたらす財力を有していたことがわかる。
証如期には中央権門や戦国大名家への外交も展開されており、中央権門では天皇・公家衆へ接近を強め、東国の戦国大名家では甲斐国の武田氏、相模の北条氏康・北条氏政親子と親交を結ぶ。そして法敵ともなっていた六角定頼の息子六角義賢、細川晴元の養女を正室に迎い入れ、戦国大名と同盟を結んでいき基盤の安定を整えて、石山本願寺の絶頂期をむかえていた。



●点と線

石山本願寺が建てられた場所も重要である。
同寺建立以前は、古墳であったとも言われ、生国魂神社の境内であったともいわれている。同神社は太古からの神社であるため、この地が太古の磐座であったとの説もある。なお、同神社は後の大坂築城の際に上町台地西麓の現在地へ遷座されている。

磐座とは岩や石への信仰のこと。
日本に古くからある自然崇拝(精霊崇拝・アニミズム)であり、基層信仰の一種である。神事において神を神体である磐座から降臨させ、その依り代(神籬という)と神威をもって祭りの中心とした。時代とともに、常に神がいるとされる神殿が常設されるに従って信仰の対象は神体から遠のき、神社そのものに移っていったが、元々は古神道からの信仰の場所に、社(やしろ)を建立している場合がほとんどなので、境内に依り代として注連縄が飾られた神木や霊石が、そのまま存在する場合が多い。
磐座←(奈良県桜井市・與喜天満神社)(奈良県桜井市・大神神社)の写真あり。

また浄土真宗の開祖として担ぎ上げられた親鸞の母は河内源氏と関係がある。
皇太后宮大進日野有範の長男として誕生する。母は、清和源氏の八幡太郎義家の孫娘の「吉光女」とされる。

河内源氏の3代目棟梁・源義家(八幡太郎義家)→源義国(四男)→源義重(長男・新田氏の祖)、源義康(次男・足利氏の祖)

美智子皇后の父方・正田家の祖先は新田義重の家臣だった生田隼人と言われている。
上野国碓氷郡(現在の群馬県高崎市八幡町・安中市板鼻付近)にあった荘園・八幡荘は頼義-義家-義国と河内源氏の拠点であったが、それを源義重が相続して新田荘とともに新田氏の本拠地となった。


実は河内源氏支流の森氏の家紋が鶴丸である。
河内源氏の3代目棟梁・源義家(八幡太郎義家)→源義隆(七男、六男とも)→源頼隆(若槻荘を領してからは若槻頼隆と号した)→森頼定(次男、毛利荘を領して森姓を称し森氏の始祖となった)

若槻荘は信濃国水内郡にあった荘園。
毛利荘は相模国にあった荘園。
森姓の起こりは1200年頃(鎌倉時代)のことである。
織田信長の近侍として有名な森蘭丸(森成利)も森氏の子孫である。
森頼定の次男の子孫は美濃に住んで代々土岐氏に仕えていた。

日野家の家紋も鶴丸である。日野家は藤原北家系の公家。
藤原資業が1051年に法界寺薬師堂を建立した。
その場所が山城国宇治郡日野(現:京都市伏見区日野)であったため、「日野薬師」と呼ばれるようになった。
そしてこれが藤原資業を始祖とする門流の氏寺となり、藤原姓改め日野と名乗るようになった。
1173年に生まれた親鸞は、この一族の有範の子であるとされている。そのせいか本願寺の紋にも鶴丸をみることができる。

法界寺は「日野薬師」とともに「乳薬師」とも呼ばれる。
法界寺の建築物(伽藍)として以下の説明がある。
薬師堂(本堂、重文)-1904年(明治37年)、奈良県斑鳩町竜田にあった伝燈寺の本堂を移築したもの。室町時代、康正2年(1456年)の建築。上述の伝燈寺は龍田神社の神宮寺であったが現在は廃絶している。本尊薬師如来立像(重文)は平安時代後期の作で、この像に祈願すると女性の乳の出がよくなるとされ、「乳薬師」として信仰を集めている。

鶴丸の家紋を使い始めたのは、森家と日野家、果たしてどちらが先だったのか。
鎌倉幕府が神社へと奉納する太刀には鶴丸の紋を入れることが恒例になっていたそうだ。
鶴(タンチョウヅル)自体は古くから使われていた柄であった。
8世紀の皇族・長屋王の邸宅跡地からはタンチョウらしき鶴の描かれた土器が出土しており、これが現在知られている中で最古のタンチョウを描いた文物である。平安時代から室町時代にかけては鏡の装飾に鶴文(つるもん)が多く使われた。
鶴ほど広範囲にさまざまな意匠に用いられているモチーフは他に例がなく、鎌倉時代の太刀や笈(おい)、紀貫之の用いた和歌料紙、厳島神社の蒔絵小唐櫃、日光東照宮陽明門の丸柱、仁阿弥の陶器、海の長者の大漁祝い着、沖縄の紅型染め、久留米の絵絣、修学院離宮の茶室に見られる羽子板形の七宝引手、光琳の群鶴文蒔絵硯箱、江戸の釜師・名越善正の鋳た鶴に亀甲菊文蓋の茶釜など、その実例を挙げるにおよんでは枚挙にいとまがないという。

長屋王は藤原氏の陰謀と考えられている「長屋王の変」で亡くなった皇族。
古代の皇室(皇族)は鶴の模様を好んで使用していたのかもしれない。
e0126350_14511138.jpg



[PR]

by yumimi61 | 2016-01-22 12:34