<   2016年 06月 ( 25 )   > この月の画像一覧

2016年 06月 29日
日本国憲法の秘密-275-
・ケント・ギルバートさんは宗教の関係でお茶も飲まなかったそうよ。

世界には食に関しても宗教的禁忌が沢山ある。
禁忌の無い社会はないのではないか。
より良い社会を作ろう(社会をコントロールしよう)と思うと禁忌も多くなりがちだし、様々な人が入り乱れる大きな社会では禁忌も多く強くしないと統制がとれない。
一方、様々な人がいるのだから禁忌に強い抵抗感を示す人やそれを犯す人も増える。
個々の自由や人権や統制には向かない。
戒め、言い伝え、掟、教え、法律なども禁忌の一種。
宗教的禁酒と「乗るなら飲むな」という法律はかけ離れたものではない。
どんなことにも、例えばそれが他者には理解しがたいものであったり誰かが独断で決めたことであっても、必ず禁忌にした理由があったはずなのだ。

食の禁忌以上に世界各地には様々な食習慣がある。そうした食習慣に馴染みのない人にとっては信じ難く、嫌悪や憎悪を抱くこともあるだろう。
中国や東南アジアのゲテモノ料理は有名だと思う。
日本だっていわゆるゲテモノに入りそうな、蛇や蝉、豚の丸焼き、豚の血(入り)、イナゴ、蜂の幼虫などを食す文化がある。
外国人から見れば焼き魚や踊り食い、イクラ、生卵、クジラ肉やイルカ肉などもゲテモノに入ることがある。
ゲテモノ料理だろうが何だろうがどこか遠くで知らない誰かが食べている分には構わないという人は多いと思う。
でもパートナーがゲテモノ料理好きで開けても暮れてもゲテモノ料理を食べている、冷蔵庫を開けたらゲテモノが入っているという状態だとかなり滅入って逃げ出したくなるかもしれない。
ではそのゲテモノとは何か。

ゲテを英語で表現したら?
"bizarre" "weird" "forbidden" "low-quality" "products" "strange" "odd" "peculiar" "mad" "eccentric"

ゲテモノを漢字で書けば下手物である。日本では以下の意味がある。
1.精巧な物品(高級品)に対しての、粗雑な作りの素朴で大衆的な器物。 これの対義語には上手物(じょうてもの)があり、こちらは高級な作りで鑑賞にたえる器物であるなどの意味を含む。
2.一般的な価値観からみて、風変わりなもの。
3.とくに、食の分野で、一般的に食べることを躊躇するような食材。犬・猫の肉や爬虫類、両棲類など。奇食、悪食(あくじき)、下手食(げてぐ)い、いかもの食いなどとも言う。
4.物流業界の特別積み合わせ輸送(混載便)において、大きなサイズや特殊形状などの通常扱う荷物と比較して異色の荷物を指す隠語。

原義としては1に示したとおりであるが、現代の一般語として2の意味が強い。さらに俗語的用法では3の意味で使われ、一般の価値観から外れた珍奇な、あるいはそれら価値観から受け入れ難いものを指す傾向も見られる。しかしその一方で、そういった一般的価値観から逸脱してそれらを愛好する者もおり、こういった傾向を「ゲテモノ趣味」(娯楽としての趣味と「そのような趣き」の二重の意味を含む)という。 4は業界用語。


総じれば、ゲテモノを好む人は文明の発達していない場所に住む野蛮人ということになりそうだ。上下ならば下をあてはめる。
文明―人間が作り出した高度な文化あるいは社会を包括的に指す
人間が意識的に社会を作り出すと禁忌が増える。
では古代に文明が発達した地域はどこだったか。
現代において文明が発達していると思われている地域はどこか。
両者の根底には禁忌が大河のように流れているはず。
両者の見た目が違っても、禁忌にするものが違っても、社会を作る手法は同じである。

霊長類を食べることは種の相似性からウイルス感染の危険性を増加させる。エイズやエボラ出血熱の感染源は類人猿の肉を食べたことがあげられる。
サハラ砂漠以南のアフリカ諸国や東南アジア、なかでも特にインドネシアのように霊長類の個体数が多い地域では、一般的な食肉として消費される。



サルと人間は同じではない。同じではないが似ている。ひょっとする遠い祖先は同じで、遺伝子の一部分は共通しているのかもしれない。
ある形態や遺伝子が共通の祖先に由来することを相同(homology・ホモロジー)という。
共通祖先を持たないのに似ていることは相似と呼ばれ、相同とは区別される。
また一個体中に同じ対立遺伝子(対立形質を規定する個々の遺伝子)を持つものをホモ、違う対立遺伝子を持つものをヘテロという。
血液型のAAはホモで、AOはヘテロ。
女性のXXはホモで、男性のXYはヘテロ。

上の転載文に「霊長類を食べることは種の相似性からウイルス感染の危険性を増加させる」とあるが、「種の相同性」であろう。
基本的に種が違えば病気も違う。(一部、人獣共通感染症として、種が違っても感染するものがあるとされている)
人間に関係のないものは人間の遺伝子が受け付けない。どんなものでも簡単に受け入れ影響を受けてしまうようならば種の純粋性が保てない。

人間は霊長目(サル目)に含まれる。しかし現代の人間はサルという自覚が薄いために、人間を除いた霊長目(サル目)を「猿・サル」と呼んでいる。
キツネザル類、オナガザル類、類人猿、ヒトなどによって構成され、約220種が現生する。
霊長目(サル目)は熱帯系の動物であり、その分布は熱帯域に集中する。東アジアには温帯域まで分布する種があり、特にニホンザルは最も高緯度に分布するサルとして有名である。

e0126350_12165076.png


人間の起源はアフリカにあるという説(Out of Africa)は霊長目(サル目)の分布が根拠になっていると思う。
同じ起源なのに何故に形質が違う人間がいるのか。それは移動先の環境に合わせて変化(進化)した結果だと言われている。
形質は違うが生物学的(人体の構造など)に明らかな違いがあるという話は聞いたことがない。
「愛は愛」ではないけれども、「人間は人間」ということだろう。

サルと人間は種が違う(異種)。異種だから人間はサルのいろんなことを受け入れることが出来ない。
しかし一方で相同性を持つ。相同性を持つので、何かの拍子にそれを受け入れてしまうことがある。
あるいは相同性がより高い人間が存在するのかもしれない。
相同性を持たない種よりは相同性を持つ種のほうが異種を受け入れる確率が高い。

基本的には種が異なれば同じ病気にはかからない。
しかし上記のようにうっかり受け入れてしまうことがある。
受け入れたはいいが、それに関する免疫を持っていない。
サルに関係する抗原を受け入れても、それに対抗する抗体を持っていない。
さらには人間にないものが排除されずに侵入してきたため人間の体内メカニズムは混乱してしまう。
サルの抗原に人間は太刀打ちできずにやられてしまう。

実は相同性(ホモロジー)が高い抗原ほど強い抗体を作るのが難しいという傾向がある。
このあたりはかなり微妙な関係である。
相同性を持たず完全に異種と判断すれば、強い抗体で徹底抗戦する。
今までに見たことのない敵(抗原)ならば、守る側は警戒心マックスとなり、緊張感を持って対処するだろう。
ところが何となく似ていれば、敵と認識しなかったり、知っている敵かもしれないと思い警戒心も緊張感も緩む。すでに対処法は知っていると油断が出たり、あそこのあいつがやっつけてくれるはずだと思い込む。
そんなこんなで強い抗体が出来ない。
異種が入ってきたのに異種との認識が甘くなるのが相同なのである。
一方、抗体が強すぎることが問題になることがある。
アレルギーや自己免疫疾患などは抗原抗体反応のバランスが崩れた状態と言える。
精子を異物として強い抗原抗体反応が起きれば不妊症にもなる。
抗原抗体反応がなければ困るが、強すぎるのも問題。

同様に、抗原抗体反応がなければ困るが、あっても困るという状態が異種間の抗原抗体反応ではないだろうか。
異種であるが相同性を持つ抗原に対して強い抗体が作れたとしても、今度は相同性を介して同種(自分自身)を必要以上に攻撃してしまう可能性がある。
それまで異種であるサル関連の抗原に抗体をもっていなかった人間が抗体を獲得した場合には、相同性を介して、抗サル抗体が人間を異物として攻撃してしまうことも考えられなくはない。

それを染色体レベルで考えれば、人間の常染色体(n)と性染色体のXは相同性を持つ相方がおり、その間では強い拒絶が起こらないということになる。
拒絶されないので組み換えすることが可能となり、染色体を守るために勝手に自動的に修復機能や補完機能が作動する。
修復や補完というと排除とは違うイメージを抱きがちだと思うが、相同組み換えは外的要因で欠けたものを補っているだけではなく、不良個所や不必要箇所と判断すれば自らで排除し違うものを補填したりもする。
染色体を守るという行為にも排除は存在しているということなのだ。
目、種、人種、性別(男女)、個体(臓器器官・細胞・染色体・・)、それぞれの階層・ステージ・レベルに相同性や異物認識があるのだと思う。
[PR]

by yumimi61 | 2016-06-29 09:50
2016年 06月 28日
日本国憲法の秘密-274-
(性比の追記)
男性のほうが女性より若くして亡くなるリスクが高いので、予め少し男子の出生を多くしておく。
50歳前後で性比は1:1となる。それは受胎(受精)のためである。
このように考えられると書いた。
矛盾しているようだが「男子が多い」のが理想ではないということも書いた。
なぜ男性が多いのが理想ではないのかと言うと、男女ペアを組む時に男性があぶれてしまうから。
それはやはりY染色体に関係がある。
XYの男性のY染色体は孤独。交わっているようで実は交わっていない。曽祖父→祖父→父→子といった連綿なる父系遺伝。 勝手に都合よく組み換えしてゴチャゴチャになっているXに比べるとYはデータベースとしても有能で固有の歴史を眠らせている。
男性の場合、それぞれ固有のY染色体を持っているため(兄弟は同じものを持っているが、後天的な変化は違う)、男性があぶれて子孫を残さない人が増えると、人間社会における男性(Y染色体)の多様性がどんどん減少していくことになる。
種類が減っていくということ。
例えば、ある敵(特定の抗原)に対して免疫が反応しない(免疫不全)という性質(欠陥)を持っている男性ばかりがいる社会に、その敵が大挙して押し寄せれば、男性は軒並み倒れ重篤で深刻な結果を招いてしまうことになる。

それならば女性が閉経を迎えてゼロになったとしても、男性は生殖能力を失うわけではないのだから、早く死なせないでもっと沢山残しておけばよいという意見もあると思う。軍隊の後備軍みたいな感じで。
ここでふと考えてみる。男性はみな生殖能力を残しているのだろうか?
生殖能力とは受精能力のことである。
見かけ上の生殖能力と真の生殖能力は同じではない。見かけ上の女性と生殖能力上の女性が違うように。
現在は50歳以降に急激に男女比が崩れる。男性が多く亡くなっているということだが、その割合は結局生殖能力を失った男性の割合なのではないだろうか。(生殖能力を失った人が死を迎えているという個体レベルの話ではなく、全体構造としての仮説)
男性の数を確保する後備軍は一見素晴らしい制度のようだが、これも望ましくない。
望ましくない理由は、祖父→父→子であるものが、年齢的に祖父→子になってしまうからである。
父と母というペアと祖父と母というペアでは、受精のしやすさが違うと予想される。祖父のほうが年齢的に劣化しているから。
せっかくペアが出来ても受精受胎しないのであれば、子孫繁栄という意味においては何ら意味はなくなってしまう。
それから高齢になるほどY染色体の中の欠陥が多いと予想できる。
例えば、父(2欠け)→子(2欠け)であるが、祖父(5欠け)→子(5欠け)となる。
祖父は父を授かった時には2欠けだったが、その後に3欠けした。後備軍での受精はその3を足した5欠けで遺伝してしまい、欠けのスピードが早まる。
(個体レベルの話ではなく、全体構造としての話で、祖父・父・子は世代を表しています)

XやYという染色体は性染色体。
人間の染色体数は常染色体22対(44本)、性染色体2本で、計46本あると言われている。
23対の計46本と言い換えることもできる(23番目が性染色体)。
母親由来の22本とX、父親由来の22本とXあるいはY、その22本をnとし、2n+性染色体(X・Y)とも言う。
nは相同染色体なので組み換えが可能。

2nのnとnは相同染色体なので、半減の過程で交差し組換えが起こることが知られている。
父母からの2nが生殖細胞ではnとなるが、もしこれが父と母に真っ二つに分かれてしまえば、nとなった時点でどちらかの遺伝情報はそっくり消えてしまう。
しかしそうではなくて、この時に組換えを行いながら減数分裂するという。
この相同組換えがうまくいかないと生殖細胞(精子・卵子)は作れないそうだ。
ということは、減数分裂時の相同組換えにもリスク回避という意味合いがあるのだろう。
化学物質や放射線により傷ついたDNAを修復するのも相同組換えによってである。
だからその種のゲノムが持ち合わせていない遺伝子(DNA)を導入しても、相同組換えによって修復されて無くなってしまう可能性が大いに考えられる。
またたとえ導入に成功したとしても、そんな余計な遺伝子(DNA)があれば生殖細胞は形成されない可能性がある。
STAP細胞騒動について書いていた時に書いたこと)

これらを踏まえると性染色体も性を決定するためだけに存在するものではないと考えられる。
[PR]

by yumimi61 | 2016-06-28 12:51
2016年 06月 28日
日本国憲法の秘密-274-
(性比の追記)
男性のほうが女性より若くして亡くなるリスクが高いので、予め少し男子の出生を多くしておく。
50歳前後で性比は1:1となる。それは受胎(受精)のためである。
このように考えられると書いた。
矛盾しているようだが「男子が多い」のが理想ではないということも書いた。
なぜ男性が多いのが理想ではないのかと言うと、男女ペアを組む時に男性があぶれてしまうから。
それはやはりY染色体に関係がある。
XYの男性のY染色体は孤独。交わっているようで実は交わっていない。曽祖父→祖父→父→子といった連綿なる父系遺伝。 勝手に都合よく組み換えしてゴチャゴチャになっているXに比べるとYはデータベースとしても有能で固有の歴史を眠らせている。
男性の場合、それぞれ固有のY染色体を持っているため(兄弟は同じものを持っている)、男性があぶれて子孫を残さない人が増えると、人間社会における男性(Y染色体)の多様性がどんどん減少していくことになる。
種類が減っていくということ。
例えば、ある敵(特定の抗原)に対して免疫が反応しない(免疫不全)という性質(欠陥)を持っている男性ばかりがいる社会に、その敵が大挙して押し寄せれば、男性は軒並み倒れ重篤な結果を招いてしまうことになる。
[PR]

by yumimi61 | 2016-06-28 12:51
2016年 06月 27日
日本国憲法の秘密-273-
・今日夕方車を運転していたら、目の前に選挙カーが現れた。(途中どこかで選挙カーの後続車となった)
某〇民〇の某候補の選挙カーで、車両の後ろ側に御立ち台(ステージ?)があるタイプの選挙カーだった。
e0126350_21142641.jpg

こんな感じの車両です。
http://www.kurumakoujyou.jp/senkyocar/rental.html


ステージの真ん中に1名、その両側に2名ずつ搭乗。
候補者の名前は連呼しているけれど、姿形が候補者ではない気がする。
誰なのかなぁと思っていたら、某県議と市議だとアナウンスされた。(以心伝心!)
しかしあれ、なんていうか、後続車の立場としては、目のやり場に困ると言うか・・
そうかといって運転中だから前を見ないわけにもいかないし・・・
でも走っている時はまだよいのです。問題は信号で停車した時。
実際に停まったんですけれども、前を見ると目が合うわけですよ。
県議さんや市議さんは御立ち台の上で手を振っているけれども、後続車の私はさすがに手は振れません。
でもですよ、目が合っているのに無視するというのも人としてどうなのか。
そこでわたくし、軽く微笑み会釈しておきました。

Japan's old-fashioned campaigning  (ふるっ?)(New!?)


・以前NHKの『ドキュメント72時間』という番組について触れたことがある
その時には書かなかったのだが、その番組の2014年9月19日に放送された内容は「大病院の小さなコンビニ」で、撮影の舞台は千葉県鴨川市の亀田総合病院内ローソンだった。
鴨川市と言えばシャチショーを行っている鴨川水族館。
水族館と病院は目と鼻の先、ともに海岸沿いの道沿い(128号線、外房黒潮ライン)にある。
それはともかくとして、「大病院の小さなコンビニ」は、『朝までドキュメント72時間』 という2014年末の同番組リクエストで栄えある1番を獲得した。
「大病院の小さなコンビニ」には産婦人科の女医が何度も登場した。
その人、完全なる素人ではない。(そうよ私は医者よ!?)
何て言うか、ただの通りすがりではない。(仕込み?)
何故か大学生(聖マリアンナ医科大)の時から教育現場で講演会を繰り返し行っていて、メディアにも登場したことがある。

彼女のブログ「えんみちゃんの性教育」より

群馬へ…(゜∇゜) 2010-11-04

講演はほとんどが養護教諭の先生方が口コミで広げてくださっているので、かなり地域性(?)があって、
その代表が、埼玉県越谷市と群馬県太田市です☆
この二つの地域周辺では本当にたくさんの学校に呼んでいただいてます!
(ちなみに太田市は野球の斉藤佑樹くんの出身地で昨年は彼の母校でも講演させていただきました( ̄∀ ̄)♪)

今日明日はあまり勉強できないので昨日は大学にこもって勉強してたのですが。。
勉強しはじめると新しく知ることがほんと多くて(>ε<)
ほんと今まで6年間何を学んできたのか。。という感じです…( ̄ω ̄)

本来6年生になるまでに勉強しておくことを11月になってしているワタシ…

国試以前に卒試がだいぶ不安というか恐怖です。。


県立や市立といった公立の学校が勉強もろくろくしていない(御本人が書いている)私大の一学生に講演を依頼する理由は何だろうか?お姉さん的な?養護教諭群も付いているし!?
[PR]

by yumimi61 | 2016-06-27 21:26
2016年 06月 26日
日本国憲法の秘密-272-
改めましてー

日本は長寿国で今は平均寿命も80歳超えだけど戦前はそうでもなかった。人生50年がいいところで、もっと前はせいぜい30歳や40歳までしか生きられなかったし、古代では20歳くらいだったらしい。
まことしやかにそう伝えられる。

2014年の日本の平均寿命は、男性が80.50歳、女性が86.83歳。

平均寿命は当該年の平均死亡年齢ではなく、0歳児の平均余命だと言われている。
現在のような状態が続いたと仮定すると今年生まれた子は平均何歳まで生きられるだろうかというもの。期待値。(なにそれ?という感じですか?)
現在の各年代の死亡率を今年生まれた子に当てはめて算出。
考え方は平均死亡年齢と同じである。
実際にはまだ0歳であり、ほとんど死んではいないので、すでにある(近時の)各世代ごとの年間死亡率を使用して何歳で死ぬ人が何人いるはずだと推計して、その推計から平均死亡年齢を計算するだけである。

・0歳と100歳が1人ずつ死んだ年の平均死亡年齢は50歳。 
・50歳と100歳が1人ずつ死んだ年の平均死亡年齢は75歳。
・0歳が7人と80歳が3人死んだ年の平均死亡年齢は24歳。
・0歳が3人と80歳が7人死んだ年の平均死亡年齢は56歳。
・0歳が1人と80歳が9人死んだ年の平均死亡年齢は72歳。
・0歳が9人と80歳が1人死んだ年の平均死亡年齢は8歳。
・0歳が5人と80歳が5人死んだ年の平均死亡年齢は40歳。
・0歳が1人と40歳が10人と80歳が9人死んだ年の平均死亡年齢は56歳。
・0歳2人と5歳1人と70歳3人と80歳4人死んだ年の平均死亡年齢は53.5歳。
・70歳3人と80歳4人死んだ年の平均死亡年齢は75.7歳。

当たり前なことではあるが平均死亡年齢を大きく引き下げるのは若年者の死亡である。
若年者のうち死亡リスクが高いのは新生児・乳児。だからこの死亡率を減らせば平均死亡年齢は確実に伸びる。
0歳が2人80歳が20人死んだ年の平均死亡年齢は72.7歳。
0歳が20人80歳が20人死んだ年の平均死亡年齢は40歳。

例えば成人になってからの長生き出来具合が同じでも、成人に達するまで(特に新生児・乳児)の死亡が多ければ、平均死亡年齢(平均寿命)は落ちてしまうのである。
日本の新生児は1000人に1人、乳児は1000人に2人亡くなっている。これが現在世界最低ラインである。

平均寿命の世界ランキング(日本が何歳で何位)が報道されたり報告されたりすることもよくあるが、この計算方法は世界統一のものがないので、厳密な比較には向かない。
統計は全て基本的に各国任せで、人口ですら推計という国は幾らでもある。
日本は国勢調査で人口などを把握しているが、それでも全国民を網羅しているとは到底考えにくい。
独居が増えれば増えるほど把握されない人も増える。独居老人とか独居若者とか。
出生数や死亡数は届け出から把握できるので比較的正確に分かる。

10年ほど前にイラクがそれより10年ほど前の数字を発表したことがあった。1997年に1990年の男子の平均寿命を発表したのだが、それによれば、イラク人男子は77.43歳が平均寿命だった。当時日本の男子は77.01歳と発表したので、イラク人の方が長寿になる。ところが、イラクのその前の発表数字が63.00歳だったので、開きが大きく、なぜそんなかい離した数字になるのか理由が分からないという理由で、イラクの数字を除外したことがあった。確かに、イラクの数字は信ぴょう性に欠けるが、どうして前の数字に比較して大きいから今の数字が間違いだと判断したのか。前の数字が間違っていたということだってありうる。この時は、女子ばかりか、男子も世界一の長寿で、男女とも日本は世界一だった。
http://kishida.biz/column/2009/20090707.html

一番じゃなきゃダメですか?
イラクは1980~1988年の間、イラン・イラク戦争を行っていた。
イラクが1997年に発表した日本男子を超える平均寿命の1990年はイラクがクウェートに侵攻した年である。
それに対抗して国際連合が多国籍軍(連合軍)を派遣決定し、1991年1月17日にイラクを空爆して湾岸戦争が始まった。(戦争開始は侵攻から5ヶ月以上も経ってからのことで、1ヶ月強で終了した。)


出生数は女子100人に対して男子は105人。いつでもどこでも男子のほうが多く生まれる。これまで例外がなかった。
このことから考えられるのは、男性のほうが死ぬリスクが高いということだろう。消えてしまうリスクが高いので最初から少し多めに創っておく。
医学的には男性の方が弱いということはよく言われる。
新生児死亡率や乳児死亡率も男子の方が高い傾向にある。
これは性染色体XX(女性)とXY(男性)に由来しているという説がある。
XXとX染色体が2つある女性は2つが互いに補完し合うが、男性はそれが出来ない。免疫が不活性の場合にはすぐに発病してしまうというもの。
この説は男性性の消滅にまで繋がる話となる。
XはXXで補完し合うので修復や多様化が可能。Xは豊かに揃った状態が続いていくが、一方のYは孤独。交わっているようで実は交わっていない。曽祖父→祖父→父→子といった連綿なる父系遺伝。
勝手に都合よく組み換えしてゴチャゴチャになっているXに比べるとYはデータベースとしても有能で固有の歴史を眠らせている。
但し欠けたり不調な部分を補ってくれる相手がいないので、そのままの状態で受け継がれていく。つまり欠けていく一方だというのだ。
本をほとんど消失した図書館は図書館としての存在意義が無く閉館やむなしとなるように、Y染色体もいずれ消滅してしまうのではないかと考えられている。
Y染色体が消滅するということは男性が生まれなくなるということで、それは現状では受精不可能を意味し、人類の終わりを意味する。

しかしながら神がもし人類の終わりを前提にしているならば男子を多くする必要はない。(この時期に終わりにしたいという綿密な計画に基づいて行っていて、その時期がもう少し先ということならばあり得る)
死ぬリスクが高い男子を少し多くしておくということは、矛盾しているようだが「男子が多い」のが理想ではないということになる。
実際に50歳前後で性比は1:1となる。
男性同士女性同士ではどうしても不可能で、男性と女性の両性が必要なこと、それは受精しかない。
そこで50歳前後という年齢は女性の閉経に関係するのではないかと推測できる。
女性が閉経を迎える頃までは性比を1:1にしておきたい、それが神の意向なのではないか。

キリスト教が、離婚・中絶・同性愛(同性婚)を禁止してきた理由もここにあるのではないか。
要するにキリスト教は古い時代からこのことに気付いていた。
神の意向に人間が沿うために採った策と考えれば、これらはそれほど不自然なことではない。
もちろん人間が意識的にそうした策を採る必要があるのかどうかは意見が分かれるところ。
物としての神寄りなのか、心としての神寄りなのかで、たぶん出す答えは違う。


人間は赤ちゃんを産みっぱなしにはできない。未熟児でなくとも未熟な状態で生まれてくるから。
体温調節がまだ上手く出来ず、免疫も弱く、立つことも歩くことも出来ない。脳も小さい。
野生(野性)に生きる生物は生まれてすぐに自力で立ち上がり歩き出す。そうでなければ捕食されてしまう。
生まれた子が皆食べられてしまうようでは種の絶滅に繋がる。
保護される生物は、自力で立てない歩けない、目が見えない、授乳期間が長いという特徴がある。
子供の期間が長いのだ。
これを踏まえると、人間の寿命は、閉経の年齢に子供が成長する期間を足してあげる必要がある。産みっぱなしの種ではないからである。
閉経50歳として成人を20歳とすれば、人間の寿命は70歳ほどになる。
社会的には20歳で成人になるとしているが生物学的にはもう少し早い。受胎(受精)可能の年齢になれば一人前と見ることもできる。そうすると人間の寿命は60~65歳くらいになるだろうか。
受胎(受精)不可能で繁殖しない個体が長生きすることが人間の特徴でもあるのだが、その理由の一つは子供の期間が長いことが挙げられる。
他の動物は一般的に死ぬまで繁殖が可能。逆を言えば繁殖できなくなった時が死ぬ時(寿命)。
これは種の話であって個体(個人)の話ではない。個体差はある。

閉経後も生物学的にはXXで女性である。
但し生殖的にはもやは女性ではなく、女性としてカウントすることは出来ない。
閉経後の生殖的な男女の性比は、そのバランスを大きく崩す。バランスが崩れるというレベルではない。およそ10年位の間に女性はゼロ0になってしまうのだ。
それに比べたら30年位かけてもまだゼロ0にならない男性は幸せですよ。(いやいや、そういうことじゃなくて?)
女性には2つの寿命がある。それはXを2つ持った女性の宿命なのかもしれない。Xの悲劇・・・。Wの悲劇?Dの悲劇?
[PR]

by yumimi61 | 2016-06-26 15:43
2016年 06月 25日
日本国憲法の秘密-271-
★イギリスのEU離脱残留 ・・・・有効投票数 3355万1983票
 離脱 1741万742票(51.9%)
 残留 1614万1241票(48.1%)
 ---------------------------------
差 126万9501票(有効投票数の3.78%)

このパーセンテージを見て思ったのは「男と女だ」ということである。

☆2014年日本の出生数 ・・・・総数100万3539人
  男子 51万5533人(51.4%)
  女子 48万8006 人(48.6%)
---------------------------------
  差  2万7527人(総数の2.74%)


残留を100とすると離脱が108。
女子を100とすると男子は106。

実はいつの時代も、世界どこでも、出生時男女比は平均105(1.05)前後なのである。
女子が100人に対して男子は105人に生まれる。(女子1人に対して男子は1.05人生まれる)

グラフは日本の出生時男女比。
男子と女子の出生数はそれほど大きな差があるわけではない。
正しい答えのない住民投票みたいにおよそ半々に分かれる。
しかし統計を取り始めてから女子が多く生まれたことは1度たりともない。
これは驚くべきことなのだ。
e0126350_2252244.jpg

出生比の年代変動


拮抗しているものはどちらに転んでも不思議はない。
1回限りではなく連続的に物事を見れば、振り幅の大小はあっても、どちらにも転がるからこそ真ん中あたりで推移できるはずである。
それなのに男女出生数は両者半々真ん中あたりを推移しながらも一度も女子が多く生まれたことがない。
この世には例外のないものはない。唯一例外がないと言い切れるのは人間の死である。
ところが女子と男子の出生数も例外なく男子の方が多い。
サイコロの目やコインの裏表など偶然的要素で決まる事柄を連続するのは非常に難しい。
非常に難しいということは、それが出来る確率は非常に低いということである。
サイコロを振って1が100回連続して出ること、コインを投げて表ばかりが100回連続して出ること、これらの確率はとても小さい。
でも男子は100年連続して多く生まれたのだ。100年どころではないかもしれない。
これは偶然なのか必然なのか。


毎年男子のほうが多く生まれているのに、人口は女性の方が多い。
ちょうど逆転している。

☆2013年10月1日の日本の人口 ・・・・総数1億2729万8000人
  男性 6190万9000人(48.6%)
  女性 6538万8000 人(51.4%)
---------------------------------
  差  347万9000人(総数の2.73%)

☆2014年日本の出生数 ・・・・総数100万3539人
  男子 51万5533人(51.4%)
  女子 48万8006 人(48.6%)
---------------------------------
  差  2万7527人(総数の2.74%)



日本の男女比が同じになる年齢は50歳頃。
出生時は女子100に対して105人いた男子が、50歳では100人となる。
50歳以降は男性が急激に減っていく。
e0126350_14472.gif

e0126350_0461529.gif

http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/8900.html



それでも神はサイコロを振らない。
この世界が神の大いなる力によってコントロールされているとするなら、人間が奇跡(偶然)と呼ぶことも必然であると考えることが出来る。
奇跡や偶然なんて何一つないという考えであり、とても科学的な考えであると同時に、神の力を認めるものでもある。
アインシュタインは最終的にこの考えに行き着いたのだ。
見かけ偶然でも実は必然に起こっている。
例外のないことはない世の中だが、その例外は偶然に起こるものではなく神のコントロールによって起こっているものであるという考え。
本当は同じサイコロを同じ条件で振れば必ず同じ目が出る。同じ目を100回続けて出すことももちろん可能。
では現実世界でそれが極めて困難なのは何故か?それは、同じ条件を揃えられないから。
私達のまだ知り得ない条件が存在するということ。私達がまだ知り得ないことがある。知らない物理量・変数がある。
コンピューターは条件を整えたり計算するのに長けていて偶然を必然にだいぶ近づけた。コンピューターはぶれや揺れや感情をかなり排除できる。
そんなもう十分に科学や物が発展した世の中において未だ科学が持て囃されている。
それは、人智の及ばないことがある、人間には出来ないことがある、人間にはまだ知らないことがある、現代科学はまだ万能ではない、そう認めているようなものなのだ。
昨今の科学者の多くはそれを神とは言わないだろう。神ではなく物として認識している。
その物さえ分かれば100回連続で同じ目を出せるのではないか。人間は病や死から逃れられるのではないか。そう思うわけである。
物を形作るのは認識かもしれない、そういう考え方をするのが哲学者や思想家だったりする。
コンピューターはぶれや揺れや感情をかなり排除できる物であるが、コンピューターを作るのは人間で、プログラミングするのも人間で、扱うのも人間で、コンピューターが置いてある場所も人間の知らない物理量がある地球ということで、完全にはなれない。
結局知っていることを積み重ねただけに過ぎない、人間が知らないことは弾き出してくれない、何かの拍子に偶然に弾き出したとしても人間がそれを認識しない。パラドックス。


仏教の教え。極道六道(地獄界・餓鬼界・畜生界・修羅界・人間界| 天上界)。
「|」の左側は様々な欲にまみれた欲界。
神々が住まわれるのが天上界。

天人は長寿で、空を飛ぶなどの神通力が使える。また、快楽に満ち、苦しみはない。
ただし、天道はあくまで輪廻の舞台である六道の1つであり、天人も衆生にすぎない。天人は不死ではなく(天人が死ぬ前には天人五衰という兆しが現れる)、死ねば他の衆生同様、生前の行いから閻魔が決めた六道のいずれかに転生する。
天人は悟りを開いてはおらず、煩悩から解放されていない。悟りを開いたものは仏陀であり、輪廻から解放され六道に属さない涅槃(浄土、極楽)へと行く。


仏教では天の神々も人間と同じく限りある命なのだという。

「人間50年、下天のうちをくらぶれば、夢幻のごとくなり。一度生を受け、滅せぬもののあるべきか。」
[PR]

by yumimi61 | 2016-06-25 22:56
2016年 06月 25日
日本国憲法の秘密-270-
今回のイギリスの国民投票用紙に書かれていたこと
----------------------------------------------------------------------------------------------
Referendum on United Kingdom's membership of the European Union

Vote only once by putting cross☒ in the box next to your choice

Should the United Kingdom remain a member of the European Union or leave the European Union?

Remain a member of the European Union ☐

Leave the European Union☐
-------------------------------------------------------------------------------------------------

どう思いますか?
日本では〇は良いこと、×は悪いことという意味合いがある。
だけどcross(クロス)というマークの信奉者は多い。でもそれは✝であったり✚であり、×ではない。
また×には打ち消す意味合いがある。
例えば日本の最高裁判所裁判官国民審査。
これは辞めさせたいと思う裁判官に×を書き入れることになっている。
有効投票の過半数が×だった裁判官は辞めさせられる。
何も書き入れないのは「棄権」や「判断材料が少なすぎてよく分からない~」という意思とは受け取られず、「辞めさせなくてよい」という意思表示と見做される。
△や〇を書き入れた場合は無効。
では積極的に棄権したい場合にはどうしたら良いか?投票用紙の受け取りを拒否するか、一旦受け取っても投票箱に投じず「棄権します」と返却すればよい。
後は選挙投票事務の担当者次第。(意味ないじゃん?まあそうねぇ)
日本の審査や×への感覚で言うと、「こっちは駄目!」というほうに×を付けてしまいそうなのだ。
同じ国民でも質問の理解度には大いに差があると思う。
Remain a member of the European Union に×が多かったとするならば、「離脱は絶対ダメ!」「こっちはやめて!」と思って×を付けてもおかしくないということ。

もうひとつ「Remain」「Leave」問題がある。
実はどちらにも「残」「そのままの状態」という意味がある。
直訳が「EUのメンバーに残る」と「EUのメンバーを去る」とならないことは意図的なんだろうか?
英語のニュアンスがよく分からないが、memberという単語を片方は使用し、片方は使用していないのだが、この使い方は当たり前なことなんだろうか。二項対立として成り立つのだろうか?
「イギリスはEUを去るけれどもEUという組織は残っても構わないですよ」ということならば両方×を付けてしまいそうだし、その上×を勘違いしていれば両方なにも書き入れないということになる。
「イギリスはEUを去らずに、EUという組織を解体することに尽力すべきだ」という意見の人だっているだろうと思う。
ややこしいですね。

最近プラカードが流行っていますよね?(昔からだったかしら?)
プラカードというのは「CHANGE」や「VOTE」、「Je suis Charlie(私はシャルリーを支援します)」、「I AM KENJI(私はけんじ)」(←けんじで無い方は嘘になりますから注意してください!)みたいなやつのこと。
今回「Remain」「Leave」問題を抱えていたせいか、「Remain」「Leave」カードの他に「IN」「OUT」カードも多数見られた。
確かに「Remain」「Leave」よりは、出ていくか、そのまま中にいるか、ということが分かりやすいと思う。
でも投票用紙には「IN」も「OUT」も書いてない。投票所で若干パニくって「ねえこれどっちがどっち?」みたいなことにもなりかねない。

イギリスの報道がどんな感じだったのかは分かりようもないんだけど、日本ではイギリスがEUを離脱したい大きな理由として「移民難民を制限あるいは拒否したいから」と伝えられていた。
そういう状況だと、この国民投票は移民難民が争点なのかと考える人が少なからずいる。
するとこうなる。
移民難民「IN」・・・どんどん来てもいいよ。今いる人はそのまま居てもいいよ。
移民難民「OUT」・・・もう来るな!今居る人は出ていけ!
でも投票用紙には「IN」も「OUT」も書いてない。投票所で若干パニくる。
移民難民「Remain」・・・・残る。そのままでいいよ。
移民難民「Leave」・・・・去る!?残せ!?
理解としては移民難民が「外人」や「白人以外の有色人種」に置き換わってしまうこともあるでしょう。
ほらだんだん訳が分からなくなってきましたね?

「残留派のキャメロン首相はEUを離脱すればイギリスの経済に大打撃を与えると訴えている」、これも日本でよく報道されていた。
そして有識者はその経済大打撃を貿易と捉え解説していた。
現に離脱が決定すると株価や為替が「乱暴な動き」をした。
拮抗したパーセンテージと、最初に残留が若干リードしていたことがそれを煽った。
でもキャメロン首相の経済大打撃は貿易とは限らない。
「移民や難民がいなくなったらいったい誰が働いてくれるのだ。あなた達は働かないじゃないか!」「移民や難民がいなくなったとして、いったいどんな成果が挙げられるというのか、上げられないだろう!」、キャメロン首相の経済大打撃はそういう苛立ちだったかもしれないわけで。
そんなことはありませんか?はい。



前々から凄く気になって書こう書こうと思っていたことがある。それは「有効求人倍率」のことである。
政府や首相、ニュースなどは有効求人倍率が好きである。
景気動向を見るために作成される景気動向指数の一致系列(景気動向の前や後に反応があるのではなく一緒に動くとされる指数)に採用されてもいる。
だけど実際この数字はほとんど意味がない(実態を反映していない)。

●新規求人倍率 厚生労働省(職業安定業務統計) 新規学卒(新卒)者は含まない
公共職業安定所にて当該月に新たに受け付けた求人数を当該月に新たに受け付けた求職者数で割ったもの。
職安の新規受け付け数オンリー。

●有効求人倍率 厚生労働省(職業安定業務統計) 新規学卒(新卒)者は含まない
公共職業安定所で扱った月間有効求人数を月間有効求職者で割ったもの。
新規と違うのは新たに発生した求人数や求職数のみならず先月からの繰り越し数も含むこと。
職安で扱っている数のみ。

●中学・高校新卒の求人倍率  厚生労働省(中学・高校の新規学卒者の職業紹介状況) 中学・高校新卒者のみを対象
公共職業安定所及び学校で取り扱った求職や求人。
学校で取り扱ったものに関しては全ての学校を調査しているのか(報告義務を課しているのか)、それとも抽出なのか、抽出の場合は無作為なのかそれとも作為的なのか、それによって結果は変わってしまう。
計算間違い(勘違い)なども怖い。
職安と学校の双方に同じ求職・求人がある可能性もある。(学校で求人情報が公開されているが採用は職安を介在するという形式を採っている場合など)

●大卒の求人倍率  リクルートワークス研究所(ワークス大卒求人倍率調査) 大学新卒者のみを対象
これもよく報道されているが、民間企業「リクルート」の研究所が調査発表している数値で他とは毛色が違う。
リクルートワークス研究所は1999年に大久保幸夫が設立した研究所。現在も同所長。
大久保幸夫
1983年一橋大学経済学部卒業。同年株式会社リクルート(現 株式会社リクルートホールディングス)入社。人材総合サービス事業部企画室長、地域活性事業部長などを経て1999年にリクルートワークス研究所を立ち上げ、所長に就任。2010年〜2012年内閣府参与を兼任(菅内閣、野田内閣)。2011年専門役員就任。2012年人材サービス産業協議会理事就任。

大学在学中は官僚を目指す。だが出会った、大学OBのある通産省官僚が「つまんない人間」だと思ったことから、コピーライター志望に転じ専門学校、広告学校に通いはじめる。その際の試験は蕎麦のコピーを考えることで、一度解散して誰の助けを借りてもよいという自由なものであった。大久保は蕎麦屋で蕎麦を食べつつ独力でコピーを考えた。広告学校ではコピーライター糸井重里の指導を受ける。その際、糸井重里に、「君はコピーライターとして飯を食えるが、一流にはなれないよ」、「誰でも思いつくようなコピーを書いていては駄目。誰も思いつかないコピーを考え出さなければ」と言われ、自分の才能の限界に気づきコピーライターを断念し、志望を変える。

趣味は切手収集。学生時代に切手雑誌を作ったことがあり、社会人になってから再び切手収集を再開し、切手事典の出版まで行った。新規事業のために、八重洲ブックセンターの関連書籍を棚買いし、会社に持ち込むほどの勉強家である。 

研究所の入っているビルは丸の内で東京駅近くだけど、KITTEとは反対側ー(涙)。

1999年、リクルートワークス研究所を設立し同所長に就任。2003年から2005年まで法政大学大学院政策科学研究科客員教授。一橋大学、日本大学(文理学部)、青山学院大学大学院非常勤講師なども歴任する。2011年4月1日リクルート専門役員に就任、2012年リクルートホールディングス専門役員に就任 。
2010年から菅内閣、野田内閣で内閣府参与を務める。日本におけるキャリア段位制度導入のため、主に英国で1986年に創設された職業能力評価制度(NVQ:National Vocational Qualification)等を先行事例としながら、検討・導入を進めた。
厚生労働省労働政策審議会職業能力開発分科会委員、東京都雇用就業対策審議会委員、経済産業省・文部科学省産学人材育成パートナーシップ経営・管理人材分科会委員、内閣府M&A研究会委員、内閣府ジョブカード推進協議会委員なども務める。2012年人材サービス産業協議会理事。



求人倍率にはいろいろ言いたいことがあるのだけれど、Wikipediaで結構言われていたのでまずはそれをそっくり掲載。

求人倍率の信頼性
マスコミなどにおいては、求人倍率のみを見て、売り手市場(求職者側に取って、求人が豊富な状態)・買い手市場(求人側に対して、求職者が豊富な状態)、景気や雇用の回復・悪化が判断されがちである。
しかし、求人倍率には以下のごとき問題があり、倍率だけ見て、売り手・買い手市場、景気不景気、雇用の良し悪しを判断できるものではない。

狭義すぎる分母
求人倍率の分母をなすのは、職安に登録した求職者数だけである。
職安に登録せずに、求人広告、求人雑誌、求人サイト、企業の求人申込ページを活用する求職者は含まれていない。
これでは、求人数が求職者数を下回っていても(本当は求人倍率1倍以下であっても)、職安発表では“求人倍率1倍以上”という数値が出てしまう。
(大学新卒の求人倍率の場合、就活の意志ありと就職課に報告した学生の数のみが分母に入っている為、氷河期ですら新卒の求人倍率は1倍以上になってしまう)

実質倍率に非ず
受験倍率の場合、競争率は、“見掛け倍率(志願者数÷定員)”と“実質倍率(実際の受験者数÷実際の合格者数)”の二種類によって表されるが、
求人倍率の場合、競争率は、“定員(求人全体)÷求職者数”でのみ表される。
これは“見掛け倍率”だけを算出しているに等しく(受験倍率における“見掛け倍率”が信用に当たらない事と同じく)、信頼できる数値とは言い難い。

雇用のミスマッチ
求人倍率が1倍の場合、1人の求職者に対して1件の求人があることになる。
しかし、これはあくまで計算上の話に過ぎず、以下のごとき求人側と求職者側のミスマッチにより、必ずしも1人に対して1件の求人があるとは言い難い。

1.スキルのミスマッチ
例えば、求人の多くがIT技術者を求めているのに対し、求職者側の多くがIT技術を持っていないのであれば、求人倍率1倍であっても、採用にあり付けるのは一部の求職者だけである。

2.キャリアのミスマッチ
失業後、自身のキャリア(実務経験)が通用しない別職種へ転職した場合、就労後、一から仕事を覚えなおさねばならず、また経験者加算も得られない為に、低い賃金待遇を受ける事となる。その為、求職者は自然と、自身のキャリアが評価される同職種への就職を希望する事が多い。
また求人側も、即戦力を得る為に“要経験者”“経験者優遇”の条件を付けて募集するケースが多々見られる。
仮に、求人側の多くが営業職を募集しているのに対し、求職者側の多くが営業職のキャリア持たないのであれば、求人倍率が1倍であっても、求人へのスムースな応募は生じず、また求職者へのスムースな採用は行われない。

3.年齢のミスマッチ
求人側の多くが若い人材を求めているのに対し、求職者側の多くが中高年であれば、求人倍率1倍であっても、採用にあり付けるのは一部の若者だけである。
平成19年10月より、求人に年齢制限を設ける事が禁じられたが、依然と履歴書には年齢欄があり、職安の求人には「年齢不問」と明記していても自社のHPの採用ページには「○○歳以下」と明記している企業は少なくない。

4.勤務地のミスマッチ
例えば、求人の多くが工業地帯に集中しているのに対し、求職者の多くが工業地帯から遠く離れた地域に在住し、かつ地元での就労を希望している場合、これも求人倍率が1倍であっても、求職者の多くは求人にありつく事ができない。


質は分からない
例え、分母に全ての求職者が含まれ、実質倍率で計算され、雇用のミスマッチも起きないようになったとしても、求人倍率の高さは、必ずしも雇用回復の判断には繋がらない。
なぜならば、前述3つの問題を克服した求人倍率が1倍以上であっても、その求人(採用時)の平均年収が200万以下(ワーキングプア)であれば、到底、雇用が回復しているとは言い難いからである。

離職率が高い場合
求人倍率が高いのに対し、その求人の過半数を”離職率の高い業種“が占めている場合。
これは、簡単に就職できるが、同時に直ぐに離職せざるを得ない状況が発生しているという事であり、この場合、求人倍率が高ければ高いほど、雇用はむしろ不安定である。





・求人倍率で言う雇用形態は、正社員、パートタイマー、アルバイト、契約社員、期間工、労働者派遣事業(登録型派遣、常用型派遣)、請負、嘱託等が全て含まれている。
「正社員」という形をあるべき姿(豊かにあるいは人並みに人間らしい生活が送れる)とすれば、あるべき姿ではない雇用形態での求人求職も含まれていること。
軽い気持ちで働けるアルバイトなどはすぐに辞めてしまうということも多々あり、そうした場合は年がら年中求人していなければならない。
ブラック企業などで定着率が悪い場合も同じ。

・求職や求人に利用しているのは職安のみではないといこと。
新聞広告(チラシ)、掲示、市販の求人誌、フリーペーパー、インターネット求人サイト、口頭(直接依頼)など、職安以外にも多数存在する。(職安にも出している企業があり一部は重なる)

・どんなに求人数が多くても、採用しなければ雇用状況は改善されない。
求人倍率を良くしたいと思えば(強い改善要求や圧力があれば)、求人数の水増し、執拗な求人依頼などにも手を染めかねない。
結果、求人倍率は高くても採用率が極端に悪いということもあるのだが、そのあたりの数値が報告されていない。

・求人広告のこんな謳い文句には気を付けて。
「女性が多い職場です!」「女性が活躍している職場です!」 ・・・・男性は採用しません。
「若い人が多い職場です!」 ・・・・若くない人は採用しません。
「パート・主婦が活躍しています。勤務時間相談に応じます」 ・・・・長時間勤務希望の人は採用しません。
「正社員登用制度あり」 ・・・・制度はあっても登用するとは限りません。
暗黙の訴えが垣間見れる。
希望の職種や会社に採用されることは非常に難しい。これは中途のみならず新卒者でも同じだと思う。
圧力があって求人せざるを得なかったり、差別だなんだと言われるので表向きは良い顔をせざるを得ないが、そんなに人はいらない、縁故者ですでに全部埋まっている、本当の求人条件は非常に差別的で厳しい、そういうことは当たり前に存在する。
企業は利益を追求しているのだから安く使える労働者(人件費安)のほうが良いに決まっている。
言い換えると能力なんか期待している企業は少ないのが実態。
男性の、とくに中高年者は、やはりなかなか難しいと思う。






̻
[PR]

by yumimi61 | 2016-06-25 10:01
2016年 06月 24日
日本国憲法の秘密-269-
★イギリスのEU離脱残留 ・・・・有効投票数 3355万1983票
 離脱 1741万742票(51.9%)
 残留 1614万1241票(48.1%)
 ---------------------------------
差 126万9501票(有効投票数の3.78%)


★大阪都構想 ・・・・有効投票数140万429票
 反対 70万5585票(50.4%)
 賛成 69万4844票(49.6%)
 ------------------------------------
 差  1万741票(有効投票数の0.77%)


イギリス世論はEU離脱派と残留派が拮抗している。投票前に散々そう伝えられてきた。
それは当然なのではないかと思った。そもそも拮抗していると考えるからこそ住民投票を行うのではないのか?
いとも簡単に9対1とか8対2とか想像できそうなことを住民投票に問うても仕方がない。
盛り上がりにも欠けるし、そんなことも分からないのか、そんなことも決められないのかと呆れられるに違いない。
離脱という結果が出て世界が衝撃を受けているという反応に衝撃を受けている。
拮抗している世論があって二者択一ならばどちらに転んでもおかしくないはず。
なんでみんな残留だと思っていたの?その根拠を示せ。
スコットランド独立住民投票の結果? それとも議員殺害事件?
シナリオがあるのが当たり前だから? シナリオ通りに演じているだけ?


0.77%や3.78%の差が本当に民意を反映しているのかというのは愚問。
選挙や住民投票は例え1票差であっても勝敗が付くものである。
民意を反映しているんだろうか?とか、差が少なすぎるのでは?とか、そんな感傷は受け付けない。
多数決や民主主義とはそういうことであるし、選挙はそういう制度であるのだ。
意味のある差かどうかということを考えること自体、意味がない。
選挙や住民投票は投票数に差があれば問題ないのだ。
幼稚園生でも小学生でも分かる、誰にも分かりやすい比較方法である。
だからむしろ住民投票をしていて白黒付けず結果は参考にするだけというのはいただけない。住民投票の結果と反対の結論を取るのは制度を揺るがしかねない。
正しい答えのない二者択一の場合、ほぼ半々、ハーフハーフ、フィフティフィフティな結果が出るということは珍しくない。
それでもその半分を切り捨てるのが多数決であり民主主義であり、選挙であり国民投票なのだ。


統計においても「標本調査」ではなく「全数調査」は強い威力を持つ。
でもそれは選挙や住民投票と違って、何かを切り捨てるために、何かを選ぶために行うものではない。また確率や推計でもない。
全数調査は統計の正確さを担保するものである(調査方法や回答の正確さに問題がある可能性はある)。
見方を変えると全数調査はそれだけでは意味がないもの。だから何?っていう状態になりかねない。
誰かが何かしらの意味を与えてやる必要がある。
研究成果を発表する時、新薬の開発や治験、こうした時には有意差が非常に大事になる。
この場合の有意差とは起こったことが偶然か必然かどうかを判断する指標として用いられる。
ある事象が偶然に起こったとは考えにくい(有意である)と判断する基準となる確率を有意水準と呼んでいて、5%(0.05)や1%(0.01)が多く用いられる。
P<0.05 ・・・偶然に起こる確率が5%未満、95%以上の確率で必然に起こるということ。
検定によって弾き出された数字が設定した有意水準よりも低ければ「有意差あり」とする。
有意水準を0に設定することはない。それはすなわち判断が間違っている可能性を完全には否定できないということでもあって、有意であると判断する確率は間違いを犯す危険率でもあるのだ。
調査研究や有意差検定を行う人は有意差ありという結果を出したい人が多い。
仮説の立て方、母集団や標本の選び方や切り取り方、検定方法の選択、有意水準の設定、考察結論、やり方ひとつでどのような結果も作れる。
[PR]

by yumimi61 | 2016-06-24 20:49
2016年 06月 23日
日本国憲法の秘密-268-
日本放送協会(NHK)本部の移動歴
●東京府東京市芝区愛宕山(現・東京都港区愛宕2-1-1) 自社屋(1925年~現在)(現:NHK放送博物館)
●東京府東京市麹町区有楽町1-1(現・東京都千代田区丸の内3-3-1) 三菱21号館(現:新東京ビル)
●東京府東京市麹町区内山下町1-1(現・東京都千代田区内幸町1-1) 東洋拓殖ビル(現:みずほ銀行)
●東京府東京市麹町区内山下町2-1(現・東京都千代田区日比谷公園1-3) 市政会館
●東京府東京市麹町区内幸町2-2-2(現・東京都千代田区内幸町2-2-1) 自社屋(1938年12月~1973年)(現:日比谷シティ)

・1924年11月29日に前身となる東京放送局が設立された。初代総裁は南満州鉄道と同じく後藤新平。
(ちなみに1942年11月29日は東京地下鉄道の早川徳次(61歳)が死去した日。1987年11月29日は大韓航空爆破事件のあった日)
・1926年8月6日に「社団法人日本放送協会」の設立。
本部は、三菱21号館(現:新東京ビル)→東洋拓殖ビル(現:みずほ銀行)→日比谷公園内の市政会館と移転。
(市政会館の建設したのは当時東京市長だった後藤新平によって設立された財団法人東京市政調査会。同法人の本拠。オノ・ヨーコの曽祖父である安田善次郎の寄付を受けており、現在は公益財団法人後藤・安田記念東京都市研究所と改称されている。)
(東武鉄道や富国徴兵保険の根津嘉一郎が築いた根津財閥の傘下企業は、戦後安田財閥を継承した芙蓉グループに合流した)

1940年に開催を予定していた東京オリンピックに合わせ、テレビジョン放送を開始する計画を立てることとなり、そのために本格的な施設が必要となったため、当時の東京市麹町区日比谷内幸町に大規模な局舎の建設が計画された。これが後で三菱地所が買って日比谷シティとした場所である。
NHKはそこに自社屋を建設した。
当時はまだ特殊法人ではなく社団法人なので放送法に基づいてテレビのある家庭から受信料を強制徴収するなんてことはしていなかったはず。そもそもテレビがまだ普及していない。ラジオがあればいいところ。
そんな状況なのだから事業費のみならず建設費まで捻出するのは困難と言わざるを得ない。
余程の借金を抱えたか、余程の寄付があったか、何か裏があるということである。
IOC総会によるオリンピック開催都市の決定は1935年を予定していたが紛糾して決まらず翌年1936年に決定持越しとなった。
しかしNHKは1935年10月に建設を着工し、1938年12月に竣工した。
竣工した時にはオリンピック開催は中止となっていた。日本政府は支那事変(1937年7月の盧溝橋事件を発端)を理由に1940年の東京オリンピックは開催出来ないと1938年7月に中止決定したのである。
NHKは日比谷のそこを自社屋として使い続けた。 

社団法人日本放送協会は戦後の1950年に放送法に基づく特殊法人日本放送協会となった。
日比谷から現在の渋谷に移転するきっかけもこれまたオリンピックだった。

1964年東京オリンピック
開催の決定した日本では「東京オリンピック組織委員会」が組織され、国家予算として国立競技場をはじめとした施設整備に約164億円、大会運営費94億円、選手強化費用23億円を計上した国家プロジェクトとなった。開催にあたり、組織委員会は巨大な東京オリンピック公式ポスターを都市部に設置、デザインは亀倉雄策が手掛けた。
都市開催なんてどこふく風のオリンピックはそれに相応しく日の丸ポスターとなり、今もって好評を得ている。

東京オリンピック開催を契機に競技施設や日本国内の交通網の整備に多額の建設投資が行なわれ、競技や施設を見る旅行需要が喚起され、カラー放送を見るためのテレビ購入の飛躍的増加などの消費も増えたため、日本経済に「オリンピック景気」といわれる好景気をもたらした。
オリンピックが終わったら地球が滅亡するわけではないのだから後の評価もきっちりとやってほしい。
好景気の後には深刻な不況が襲った。
日本はこのオリンピック後に国債が大量発行され、世界に類を見ない借金大国への道を歩むことになった。


1964年東京開催は1959年に決定した。この時もまだ5年前の決定である。

NHK放送センターのある場所は戦後1946年からワシントンハイツ(米軍の兵舎・家族用居住宿舎などからなる軍用地)として使用されていた。
それより前は大日本帝国の代々木練兵場であり、代々木の原と呼ばれていた。(やぶ蚊?)
陸軍刑務所が練兵場の南、現在の渋谷区役所付近に置かれていて、二・二六事件の主謀者15名の死刑(銃殺)がここで執行されたそうである。
陸軍大尉・徳川好敏が日本で初の飛行機飛行に成功したのもこの地である。
土壌は関東ロームとして知られているローム。ロームの元となっているのは火山灰など。
自然堆積したロームは、粘性土の細かい粒子間に特有の結合が生じているので比較的大きな強度が期待できる。
しかし土が雨などで溶けたり流れ出したりして別の場所で堆積した場合、土砂崩れが起こった場所、掘削などをした箇所、ロームを別の場所に運んだ場合などは特有な結合が壊れ、それまでの強度は保てなくなる。
気の遠くなるような長い年月が作った強度ということですね。
ロームは酸化した鉄分を含むために赤い。菌がいないと言われている。
一方、有機物を含んだ土は黒い。草木が生えて葉が落ちたり生き物が朽ちたりした土。園芸家の中には「黒いフカフカの土だ~」と涎を垂らす人もいるかもしれないが、黒土の強度は弱い。
市販の土にも「赤土」と「黒土」がある。赤土は赤玉土として販売されていることが多い。乾燥していて結合も壊れているのでサラサラ。水捌けをよくする効果がある。

東京23区の地形は大きく台地と低地の2種類に分けられます。台地は都心から西側、荒川から多摩川の間に広がる武蔵野台地で、標高は20m以上。10万年以上前にできた古い土地です。一方、荒川の周辺から東側に広がるのが東京低地。ここは1万年以上前と、地球の歴史からすると非常に新しい土地で、地盤が緩く、関東大震災では大きな被害を受けました。 
東京都心10区の地形を読む>←参考になりますよ。

都心から西側部分の武蔵野台地は典型的な関東ローム層が形成されている。渋谷もそこに含まれる。
それまでの畑地が練兵場となったことから、渋谷・幡ヶ谷地区などでは舞い上がる赤土による風塵被害が甚大であり、1927年(昭和2年)10月には練兵場の移転を求める住民大会が開催されている。


戦争に負けた日本には戦後も連合国の進駐軍が駐留し続けたが、1952年に主権が回復し連合国軍も撤退することになった。
但しアメリカ軍はそのまま残ることになった。

サンフランシスコ条約(日本国との平和条約) 第6条
(a) 連合国のすべての占領軍は、この条約の効力発生の後なるべくすみやかに、且つ、いかなる場合にもその後九十日以内に、日本国から撤退しなければならない。但し、この規定は、一又は二以上の連合国を一方とし、日本国を他方として双方の間に締結された若しくは締結される二国間若しくは多数国間の協定に基く、又はその結果としての外国軍隊の日本国の領域における駐とん{前2文字強調}又は駐留を妨げるものではない。

(b) 日本国軍隊の各自の家庭への復帰に関する千九百四十五年七月二十六日のポツダム宣言の第九項の規定は、まだその実施が完了されていない限り、実行されるものとする。

(c) まだ代価が支払われていないすべての日本財産で、占領軍の使用に供され、且つ、この条約の効力発生の時に占領軍が占有しているものは、相互の合意によつて別段の取極が行われない限り、前期の九十日以内に日本国政府に返還しなければならない。


日本とアメリカは平和条約と同時に「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」(1951年旧日米安保条約)を締結した。
これは上記6条の「一又は二以上の連合国を一方とし、日本国を他方として双方の間に締結された若しくは締結される二国間若しくは多数国間の協定」に該当するものであり、結果として引き続きアメリカ軍の駐屯や駐留が可能となったわけである。
ワシントンハイツも引き続きアメリカ軍が使用できることになった。

1951年に締結した「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」を見直すことに意欲的だったのは、1957年に首相の座に就いた岸信介首相(安倍首相の祖父)。
これが左翼を勢いづかせる安保闘争に繋がった。
しかし結局1960年に「日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約」(新日米安保条約)が締結された。
改定ではなく前条約失効で新条約を締結批准した形となる。

過去記事より
新条約では国際連合の存在が大きくなっている。
日米安全保障条約を締結するに至った経緯はどうであれ、旧条約の前文は条約を結ぶ日本とアメリカが主体となった文章であった。
自分の意思または意志が述べられている。
平和条約や国際連合憲章という言葉は、条約や自衛権の根拠となるものとして使用されていた。

新条約になると、それぞれ別の主権国であるはずの日本とアメリカにそれぞれの意思が無くなる。
常に一緒、両国ということで2国が1つに括られて語られている。
中心にあるのは国際連合憲章、つまり国際連合である。
もうひとつ全面に出てきたのが経済協力である。

「日本国及びアメリカ合衆国」「Japan and the United States of America」「両国」「They」「them」「their countries」
これは前文の中で「日本とアメリカ」を表す用語である。
WeではなくTheyが用いられており、主体性や自発性が抜けて第三者的な視点で書かれた文章となっている。


日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約(新日米安保条約)
第6条 日本国の安全に寄与し、並びに極東における国際の平和及び安全の維持に寄与するため、アメリカ合衆国は、その陸軍、空軍及び海軍が日本国において施設及び区域を使用することを許される。
前記の施設及び区域の使用並びに日本国における合衆国軍隊の地位は、千九百五十二年二月二十八日に東京で署名された日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約第三条に基く行政協定(改正を含む。)に代わる別個の協定及び合意される他の取極により規律される。

第7条 この条約は、国際連合憲章に基づく締約国の権利及び義務又は国際の平和及び安全を維持する国際連合の責任に対しては、どのような影響も及ぼすものではなく、また、及ぼすものと解釈してはならない。


国際的な安全保障に寄与するため見直された「平和安全法制」をまるで日米安保を見直す「安保法制」などと呼ぶことは間違えている。そこまで法律を理解していないとも思えないので誤魔化すためにわざとそう呼んでいるのだろう。日米安保は日本とアメリカ2国間の取り決めでしかなく全世界に効力のあるものではない。それは新日米安保条約の第7条にもはっきりと明記されている。

新日米安保条約の第6条に基づいて「日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約第六条に基づく施設及び区域並びに日本国における合衆国軍隊の地位に関する協定」(通称:地位協定)も結ばれた。
旧日米安保の時は「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約第三条に基く行政協定」が結ばれていたが、条約に協定を結ぶことが書いてあるため日本政府(吉田茂首相)は別個の承認を国会に求めなかった。(臨機応変さや改定しやすいというメリットがある)
1960年の地位協定は国会承認を経て条約扱いとなった。(改定しにくいデメリットがある)

沖縄などで度々問題になるのは犯罪に関するものである。
米軍や基地論議の多くは、軍や基地の根拠や必要性という根本的なものではなく、「軍や基地があるから事故や犯罪が多発している」という結果から発するものである。
もし事故や犯罪がなければ軍や基地があってもよいのだろうか?(日本人の事故や犯罪と外国人の事故や犯罪、アメリカ軍の事故や犯罪、違いは何か?)
事故や犯罪があっても日本の警察が逮捕して日本の裁判にかけ、憎き外国人を世論で煽ってこってり絞り上げれば軍や基地があってもよいのだろうか?
海兵隊駐留基地ではなくワシントンハイツが沖縄にあったなら良かったのか?

在日米軍基地および公務中の構成員・軍属は協定により日本の裁判権の管轄外とされている(刑事特別法)。在日米軍の構成員及び軍属が基地内部で起こした犯罪、および「公務中に基地の外で起こした犯罪」に対しては日本の法律が適用されない。客観的にはそうでなくても軍当局が公務中であると主張した場合、日本は受け容れざるを得ない。あるいは犯罪を起こしても米軍施設敷地内に逃げ込めば、施設内では憲兵隊及び軍犯罪捜査局が第一管轄権を持ち、日本の警察が関与することは出来なくなり、不当に軽い処分、いわゆる“アドミラルズ・マスト”で済まされる可能性があり、条約上では日本政府側からの請求権は明示されていない(合意文書など個別取決めによる)。


渋谷の代々木にあった米軍ワシントンハイツ(旧:大日本帝国代々木練兵場)。この地が1964年開催の東京オリンピックに使用されることとなった。
1959年5月、1964年のオリンピック開催地が東京に決定。
1960年6月、「日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約」(新日米安保条約・現行日米安保条約)締結。
1961年11月、東京オリンピックのための選手村・競技場用地としてワシントンハイツの利用が決定。同地が日本国に全面返還されることになった。
(オリンピック立候補・招致の際には選手村・競技場用地は決定していなくて良いものなんですか?)

移転費用は日本が全額負担、代替施設として調布飛行場に「関東村住宅地区」が提供された。
飛行場に移転したことからも分かるようにワシントンハイツは空軍用地として使用されていた所である。。
ワシントンハイツの正式な返還日は1964年8月12日。(1964年はオリンピック開催年で、8月12日は日本航空123便が墜落した日と同じ)

かつては埼玉県和光市、同県朝霞市、同県新座市、東京都練馬区にまたがってキャンプ・ドレイクという軍用地(基地)が広がっていた。
この一部をオリンピックの選手村にする計画もあった。(開催決定の2年前1957年に日本がアメリカに一時使用案を提示している)
また現在の練馬区光が岡にはグラントハイツというアメリカ軍の家族宿舎があった。当初は陸軍で1958年からは空軍関係者が使用していた。






















[PR]

by yumimi61 | 2016-06-23 11:26
2016年 06月 22日
日本国憲法の秘密-267-

日比谷シティには当初三井物産所有の物産館(旧:日産館)も入ることが検討されたが、三井物産は混ざらず、日比谷セントラルビルを単独で建設した。

「物産館」は三井物産が本社として使用としていたビルであるが、三井物産の前の建物所有者は日産コンツェルン(久原財閥を引き継いだ鮎川財閥)だった。(久原と鮎川は義理の兄弟、ともに山口県出身)
日産館は1934年11月に着工、1937年7月に竣工した日産コンツェルンの自社ビルであった。
日産コンツェルンというのは財閥名(企業グループ名)であり、その中核企業(持株会社・親会社)は「日本産業株式会社」だった。
「日本産業株式会社」は、経営不振に陥っていた「久原鉱業」の再建を託され社長となった鮎川が持株会社にして社名変更したものである。
現在の日産グループというと日産自動車を頂点にした企業グループ群になるが、日産コンツェルン(鮎川財閥)時代には日産自動車は傘下企業の1つだったのである。日立製作所(久原財閥は茨城の日立鉱山で大きくなった)も傘下企業の1つだった。
♪この~木何の木気になる木~~

日本産業(日産コンツェルン)は、日産館が竣工した1937年に政府(天皇?皇族?軍部?どこの?)の要請により、満州国内の鉱工業を一元的に統制することを目的として、「日本産業株式会社」を「満州重工業開発株式会社」にして満洲の首都に移転してしまった。
1937年、「満州重工業開発株式会社法」の施行により、「日本産業株式会社」を母体として特殊会社「満州重工業開発株式会社」(初代総裁:鮎川義介)を設立。
1938年、「東辺道開発株式会社」と「満州飛行機製造株式会社」も設立。
満洲飛行機製造には中島飛行機も関わっている。

「満州重工業開発株式会社」への改編改組は、同じく日本の特殊会社であった「南満州鉄道」(初代総裁:後藤新平)が満洲にて影響力を持つことを嫌った関東軍の求めに応じたものであるという話だが、結局鮎川は関東軍や満州国政府の経営干渉に嫌気がさし、資本面でも外国資本を入れたい鮎川と独占権益を守りたい満洲国&大日本帝国(南満洲鉄道?)と意見が合わず、1942年に鮎川は「満州重工業開発株式会社」総裁から退き、満洲から撤退した。

日産コンツェルンの親会社「日本産業株式会社」が満洲に出てしまった後の日産館には、子会社として新たに「日産株式会社」が設立され残っていた。
ただ後述の通り、戦争末期から1950年までは政府に接収されている。
財閥解体によって「日産株式会社」は「合同ビルディング」と名称変更し、不動産賃貸業に業種変更。
1950年に厚生省から日産館を買い戻す。
1952年、「合同ビルディング」は「日産ビルディング」に社名変更。
「合同ビルディング」や「日産ビルディング」というのは単なるビル名ではなく会社名である。

「日産ビルディング」に経営参加したのが三井物産だった。
1956年、「三井物産」が「日産ビルディング」の90%の株式取得。これに合わせて日産館は物産館と名称変更し、三井物産の本社ビルとなった。
1963年、三井物産が「日産ビルディング」の全株式を取得し100%子会社とした。子会社となった「日産ビルディング」は「物産ビルディング」に社名変更。
1969年、「物産ビルディング」を「物産不動産」に社名変更。


日産館の歴史
(1937年)「日本産業」→(1944年)大日本帝国海軍に接収され艦政本部となる→(1945年))東京大空襲で庁舎を焼失した外務省が入居し終戦連絡中央事務局を設置→財閥解体の過程で厚生省に所有権が移る→(1950年)「日産株式会社」(後の「合同ビルディング」「日産ビルディング」)が買い戻す→(1956年)三井物産の資本参加で「物産館」となり三井物産本社が入る。


日産コンツェルン(日本産業)が日産館という自社ビルを建設するまではどこにいたかというと、丸の内の「三菱仲15号館」である。
丸の内と言えば前述したとおり、やぶ蚊の多い練兵所だった場所。三菱は鉄道が敷かれ東京駅が建設されることを知っていた。三井のほうが首相や鉄道局に近い存在だったのに三菱に渡ってしまった土地である。
そんな丸の内の三菱所有物件の1つ「三菱仲15号館」(1919年竣工)。
西に皇居、東に東京駅。 ♪ここが~ここが二重橋~記念の写真を撮りりましょうね。
(「三菱電機ビルヂング」を経て、現在は「丸の内仲通りビル」。西隣には「丸の内三井ビル」がある)
「三菱仲15号館」を賃借し本社としていたのは久原鉱業だった。
鮎川が久原鉱業の経営を任され日本産業としたのが1926年だが、そのまま1937年まで引き続き「三菱仲15号館」を本社としていた。
ひょっとして鮎川は誰かから「自社ビルを建ててやるから満洲に行ってくれないか」とくどかれたのでは?
「三菱仲15号館」を本社としたのは久原で鮎川ではないにしても義兄であるから赤の他人というわけでもないし、そうとなれば日産はどちらかと言うと三菱派ということになるわけだが、日産館は三井の手に渡った。
これも何かの因縁でしょうか。


そして―。
1974年10月14日、物産館3階にあった三井物産電算機室に仕掛けられた爆弾が爆発し、16人が負傷した。(三井物産爆破事件)
この事件は東アジア反日武装戦線による一連の連続企業爆破事件のひとつに数えられる。

連続企業爆破事件
1974年8月から1975年5月にかけて、東アジア反日武装戦線は日本国家をアジア侵略の元凶とみなし、アジア侵略に加担しているとされた企業に対し断続的に爆破事件を起こした。

・1974年8月30日 - 「狼」班による三菱重工ビル爆破(三菱重工爆破事件)。8名が死亡、385人が重軽傷。
・同年10月14日 - 「大地の牙」班による物産館(三井物産本社屋)爆破(三井物産爆破事件)。17人が重軽傷。
・同年11月25日 - 「狼」班による帝人中央研究所爆発(帝人中央研究所爆破事件)。
・同年12月10日 - 「大地の牙」班による大成建設本社爆破(大成建設爆破事件)。9人が重軽傷。
・同年12月23日 - 「さそり」班による鹿島建設資材置場爆破(鹿島建設爆破事件)。
・1975年2月28日 - 三班合同による間組本社ビルと同社大宮工場爆破(間組爆破事件)。5人が負傷。
・同年4月19日 - 「大地の牙」班によるオリエンタルメタル社・韓国産業経済研究所爆破(オリエンタルメタル社・韓産研爆破事件)。
・同年4月28日 - 「さそり」班による間組京成江戸川作業所爆破(間組爆破事件)。1人が重傷。
・同年5月4日 - 「さそり」班による間組京成江戸川橋鉄橋工事現場爆破(間組爆破事件)。


東アジア反日武装戦線とは反日アナキズム思想(政府は要らない思想)を持つ「極左暴力集団」(左翼テロリスト)。
北海道釧路出身で当時法政大学の学生だった大道寺将司(大学は中退)が1970年春に結成した「Lクラス闘争委員会」が源流。(中核派)

大道寺将司
北海道釧路湖陵高等学校入学後はさまざまなデモに参加するようになる。同高を卒業後、大阪外国語大学を受験。不合格となるが、そのまま大阪に残り、釜ヶ崎近辺での約一年間の生活を経て、早稲田大学受験を口実に上京。実際には試験は受けず、そのまま浪人生活を送りながら、高校の同級生らとさまざまなデモに参加。そのなかで高校の先輩たちが中心の社会主義研究会に参加するようになる。この研究会の意向で法政大学に同会の運動の足場を固めるべく、同大文学部史学科に入学。

1970年夏に大学のメンバーらと研究会を発足。
同年11月には大道寺将司の北海道釧路湖陵高等学校の同級生で、大道寺が高校卒業後に参加していた同高卒業生らからなる社会主義研究会のメンバーであり、当時星薬科大生の駒沢あや子が加わった。 1971年1月には、初の自家製爆弾の実験を行うようになる。

駒沢あや子(結婚後は大道寺あや子)
大学在学中に高校時代の同級生だった大道寺将司に同窓会で「研究会」にオルグ (勧誘) される。高校在校中には殆ど接点の無かった二人だったが、この会をきっかけに交際、同棲するに至る。卒業後は新宿区内の病院で薬剤師として勤務。その後、大道寺と結婚。都内の試薬会社に転職する。爆弾に使う薬品を入手するためだったが、勤務態度は非常に良好であり、周囲からの評価は高かった。


連続企業爆破事件は数の多さが目に引くが、一番被害の大きかったのは一番最初に実施された三菱重工業である。
しかしそれも当の犯人グループにとって想定外の出来事だったようだ。
東アジア反日武装戦線「狼」グループは、1974年8月30日に三菱重工爆破事件を起こしたが、想定外の死傷者を出してしまったことで意気消沈していた。
三菱重工爆破事件の教訓から、三井物産爆破事件では20分前に犯行予告の電話をし、爆弾の火薬の量を減らしたこと、また同建物も重厚な建築であったため、三菱ほどの被害は出なかった。


ということは、犯人グループは脅す目的や物を多少破壊する目的はあったにせよ、死者を出すことは本意ではなかったということになる。

三菱重工業爆破事件
1974年8月30日、「狼」の4人は、午後0時25分ごろ三菱重工業東京本社ビル(現:丸の内二丁目ビル)1階出入り口のフラワーポット脇に時限爆弾を仕掛けた。これは三菱重工業東京本社ビルと道を隔てて反対側にある三菱電機ビル(現:丸の内仲通りビル)の両方を破壊する意図からであった。現場から立ち去ったあと午後0時45分に時限爆弾が炸裂した。この爆発の衝撃で1階部分が破壊され玄関ロビーは大破、建物内にいた社員が殺傷されたほか、表通りにも破片が降り注ぎ多数の通行人が巻き込まれ死傷した。三菱重工業東京本社ビルの窓は9階まで全て割れ、道を隔てて反対側にある三菱電機ビルや、丸ビルなど周囲のビルも窓ガラスが割れた。また、表の道路に停車していた車両も破壊され、街路樹の葉も吹き飛ばされた。

三菱重工業爆破事件が起こった日―。
事件当日は折りしも郵政省(現在の日本郵便)が特殊切手の自然保護シリーズ「アマミノクロウサギ」切手の発行初日だった。そのため至近の東京中央郵便局に多くの切手収集家が初日カバー作成のために詰めていたが、爆発の瞬間振動が建物を襲い4階食堂の窓が割れたという。また、当時切手ブームであったため、三菱社員の中には昼休憩を利用し切手を買いに来ていた者もいたという。

2014年郵便料金が値上げされ、新たに2円切手が登場した。(定型普通郵便80円が82円、はがき50円が52円となったため)
その2円切手はなんと「エゾユキウサギ」の描かれた切手だった。
2013年3月21日、東京駅に隣接する超高層ビルJPタワーが開業。
郵便局株式会社(現・日本郵便)と東日本旅客鉄道(JR東日本)、三菱地所の共同事業により、旧東京中央郵便局敷地に建設された超高層ビルである。JR東日本東京駅丸の内駅舎の南西側に隣接する。
建築物としては、旧東京中央郵便局舎を一部保存した低層棟と最高軒高200.0mの高層棟から構成され、旧東京中央郵便局の保存部分は免震構造で構造躯体を保存している。

このタワーのB1~6階は日本郵便が手掛ける商業施設KITTE(I部分が全て赤色IIIII)になっている。


連続企業爆破事件の犯人である佐々木規夫と大道寺あや子は日本赤軍によるクアラルンプール事件とダッカ日航機ハイジャック事件によって超法規的措置で釈放・逃亡するも、リーダー格の男2人(大道寺将司、益永利明)の裁判は続行となった。
裁判で被告人らは「爆弾の破壊力が予想できなかった。また予告電話をかけており、殺意は無かった」と殺人罪の無罪を主張した。
しかし1987年3月24日に最高裁において、リーダー格の男2人(大道寺将司、益永利明)の死刑判決が確定した。
大道寺も益永も確定死刑囚として東京拘置所に収監されている。
判決確定後20年経過しても大道寺と益永の死刑が執行されないのは、「事実誤認」を主張し、再審請求という司法手段を講じていることもあるが、法務省関係者によれば、佐々木ら共犯が国外逃亡しているのも理由の一つだという。


日本政府は1977年10月1日に福田赳夫首相が「一人の生命は地球より重い」と述べて、要求された身代金600万ドル(当時のレートで16億円)の支払い並びに日本で服役および勾留中の9名の引き渡しを決断。
「生命は地球より重い」と「超法規的措置」という言葉が有名になった。
指名された9名のうち拒否した者が3名おり、実際に釈放したのは6名。
3名は未だに行方分からず。そのうちの1人が大道寺あや子である。

・奥平純三(釈放同意) 日本赤軍 東京拘置所 ハーグ事件・クアラルンプール事件 国外逃亡(国際手配)中

・城崎勉(釈放同意) 赤軍派 府中刑務所(懲役10年) 横浜銀行M作戦  1996年9月にネパールで拘束されアメリカで懲役30年、2015年2月日本に強制送還され成田国際空港で逮捕

・大道寺あや子(釈放同意) 東アジア反日武装戦線 東京拘置所 連続企業爆破事件 国外逃亡(国際手配)中

・浴田由紀子(釈放同意) 東アジア反日武装戦線 東京拘置所 連続企業爆破事件 1995年3月にルーマニアで拘束され日本に身柄送致、2004年8月に懲役20年確定

・泉水博(釈放同意) 獄中者組合 旭川刑務所(無期懲役) 強盗殺人事件 1986年6月にフィリピンで拘束され日本に身柄送致、1995年3月に懲役2年追加確定

・仁平映(釈放同意) 獄中者組合 東京拘置所(一審懲役10年) 殺人事件 国外逃亡(国際手配)中

・植垣康博(釈放拒否) 連合赤軍(赤軍派) 東京拘置所 M作戦 1993年2月に懲役20年確定、1998年10月に出所

・知念功(釈放拒否) 沖縄解放同盟 沖縄刑務所 ひめゆりの塔事件

・大村寿雄(釈放拒否) 京都刑務所 京都地方公安局爆破事件


大道寺あや子の他にもう一人東アジア反日武装戦線のメンバーがいる。
浴田由紀子(えきだゆきこ)
「大地の牙」班のリーダーだった齋藤和の内縁の妻。山口県出身。
現在の長門市に生まれる。生家は地主だったが、農地改革で没落していた。
1969年、県立大津高校卒業後、北里大学衛生学部に一般入試で入学。北里大学への進学にあたって、推薦入試で不合格となった際に親族の計らいで地元選出国会議員の安倍晋太郎の東京の家で書生・行儀見習いをしながら北里の夜学に通うすべも用意されていたというエピソードがある。
1971年、学生運動とは無縁だったが、高校の同級生の逮捕をきっかけにその救援活動に入り、伊達政保らと知り合う。同年初夏に渋谷駅前でハンスト中の平岡正明らのテック闘争に遭遇し、斎藤和と出会う。程なくしてその年の秋、斎藤らと出かけた韓国への「学習旅行」が大きな契機となり、反日思想を醸成させていく。
1973年、大学卒業、新宿の三越診療所で臨床検査技師として勤務。



上記は1977年9月28日に日本赤軍が起したダッカ日航機ハイジャック事件で要求された釈放メンバーである。
「生命は地球よりも重い」のインパクトでこちらのほうが有名だが、日本政府はその前にも釈放しているのだ。
1975年8月4日(8月4日に生まれて!?)に日本赤軍が起したクアラルンプール事件である。この時は三木武夫首相だった。
三木首相と言えば、1975年に何故か急に「私的参拝」と言って靖国神社を参拝し、翌年「株式会社日本プレスセンター」の竣工パーティーにも出席した第66代の首相。

・西川純(釈放同意) 日本赤軍 東京拘置所 ハーグ事件 1997年10月にボリビアで拘束、1997年11月に日本送致、2011年9月に無期懲役確定

・戸平和夫(釈放同意) 日本赤軍 東京拘置所 偽造旅券 1997年2月にレバノンで拘束、2000年に日本送致、2002年9月懲役2年6か月確定、2003年5月出所

・坂東國男(釈放同意) 連合赤軍(赤軍派) 東京拘置所 M作戦・あさま山荘事件 国外逃亡(国際手配)中

・坂口弘(釈放拒否) 連合赤軍(京浜安保共闘) 東京拘置所 羽田空港火炎瓶事件・あさま山荘事件 1993年2月に死刑確定

・松浦順一(釈放拒否) 赤軍派 公判中で釈放中 松江相互銀行M作戦 1978年6月に有罪判決確定

・松田久(釈放同意) 赤軍派 宮城刑務所(懲役8年10か月) 横浜銀行M作戦 国外逃亡(国際手配)中

・佐々木規夫(釈放同意) 東アジア反日武装戦線 東京拘置所 連続企業爆破事件 国外逃亡(国際手配)





[PR]

by yumimi61 | 2016-06-22 13:35