2007年 08月 03日
徒然
e0126350_15332852.jpg


昔、中国ではその焼き物を神品と呼んでいたらしい

昔、この土地の人はこの川を神の川と呼んでいたらしい

神秘の色、秘色


青緑の釉薬を塗って。
[PR]

# by yumimi61 | 2007-08-03 15:57
2007年 07月 31日
同時対比
e0126350_2122496.jpg


肖像 残像 生還 逝去 絶縁 因縁 血涙 熱涙 偽り 慈しみ

逃亡 傍観 飛翔 悲傷 病室 描写 諦観 抵抗 絶望 希望

再会 会葬 窮地 乳呑児 覚醒 格外 障害 傷痕 悲し 愛し 

終止 終着 裂く 咲く 白百合 白装束 想像 創造  ・・・・・・

[PR]

# by yumimi61 | 2007-07-31 21:42
2007年 07月 30日
向背
e0126350_2041618.jpg


誰かが掲げる くれない色の偉大な太陽に 背を向けて 

私の中に 赤い 黒い 小さな太陽を

昨日のアウトサイダーは 今日のインサイダー
[PR]

# by yumimi61 | 2007-07-30 20:53
2007年 07月 27日
有漏
e0126350_21182735.jpg


あの日言えなかった一言を胸に抱き 今日も意味のない言葉を並べてる

言葉なんて知らなかったらよかったのに 知らなかったらよかったのに

[PR]

# by yumimi61 | 2007-07-27 21:38
2007年 07月 26日
1±0=2.0
e0126350_20173951.jpg


どこかの国の掛け声で 自由と平等という名のディスプレイの前 今日も集うアルファベット

情報が体に言葉が心に痛みが命に 落ちることないオブジェクトコード

割り切れぬモノを捨てた Web2.0が描く明るい未来図

中傷 誹謗 美辞麗句 嘘八百と綺麗事 コピーし続ける壊れた複写機

あなたも愚かなら私も愚か 傷つかぬよう卑下してみせて
[PR]

# by yumimi61 | 2007-07-26 20:42
2007年 07月 25日
幻日
e0126350_16543557.jpg


現実は幻日の分身なのかもしれない


この写真は・・
[PR]

# by yumimi61 | 2007-07-25 15:31
2007年 07月 24日
哀歓
e0126350_17185126.jpg


朝を待ち焦がれていたのはいつだったのか

あぁまた朝が来てしまったと思っていたのはいつだったのか

どちらももう思い出せないけれど
[PR]

# by yumimi61 | 2007-07-24 20:28
2007年 07月 23日
照り起くり(てりむくり)
e0126350_20211041.jpg


明日雨が降ると分かっているのに

車を洗う人が好きだったりする


または。
[PR]

# by yumimi61 | 2007-07-23 21:15
2007年 07月 22日
空念仏
e0126350_11145147.jpg


情報収集にテレビは必需品

お腹が空いたらイライラするから 冷蔵庫と電子レンジも置いておかないと

僕は暑いのが苦手だからこっちの部屋で 君は寒いのが苦手だからそっちの部屋で

それでどうやって話し合うんだって?

大丈夫、君が考えたことはパソコンで送ってくれれば

他人事だなんて言っちゃいけないよ

まぁでも 僕ならそんなところに住まないけどね

あぁそれはそうと 

さぁ議論しよう 僕らの明日を このシェルターの中で 

送信
[PR]

# by yumimi61 | 2007-07-22 12:17
2007年 07月 19日
風葬
e0126350_1172688.jpg


一粒二粒 雨が雨音を残し 波紋を広げた

それに心奪われては いけないよね


雨に打たれる 多くの花弁は 音もなく散って消える

それを寂しいと思っては いけないよね

[PR]

# by yumimi61 | 2007-07-19 12:38
2007年 07月 17日
隙間
e0126350_1239541.jpg


「臆病な私に壁を打ち破る勇気なんてないよ」

「打ち破る必要はないさ。その壁に隙間を見つけたらいいんだ」

「それはズルイことなんじゃないの?」

「君はハーマン・メルヴィルという作家を知らないかな?」

「狂気の書を書いたといわれるあの?」
[PR]

# by yumimi61 | 2007-07-17 14:33
2007年 07月 13日
e0126350_822319.jpg


コンビニエンスな世界で 賞味期限を打たれた品が 消えることないライトに照らされている

無菌室な世界で 姿のない細胞が 永遠の命を夢みてる

苦悩も荒(さ)ぶも検品された場所で 愛が育つはずもないのに

汚れも死も消し去った場所で 生が充ちるはずもないのに

あるいはそんなもの元々 どこにもないのだとしても

穢れを抱え 痛みを宿し 私は堕ちていく 微笑みながら 朽ちていく


パンドラの箱にたったひとつ残されたものは・・・
[PR]

# by yumimi61 | 2007-07-13 13:01
2007年 07月 11日
淵(ふち)
e0126350_1991043.jpg


昔誰かが言った

「石油の一滴は血の一滴」

そしてたくさんの血が流れた


街は奇跡の復興発展をとげた

「石油の一滴は血の一滴」

相も変わらずそのままに


雨の一滴は血の一滴

君が泣いているように見えた

[PR]

# by yumimi61 | 2007-07-11 19:43
2007年 07月 10日
着地点
e0126350_1225083.jpg


科学は なにひとつ創造できず
宗教は なにひとつ実証できない

男は どんなに力を持っても
こども一人生むことができず
女は どんなに優しさを気取っても
その哀しみを決して体感できない

それはいつでも
「すべて」ではない

[PR]

# by yumimi61 | 2007-07-10 12:20
2007年 07月 06日
棚機女(たなばたつめ)
e0126350_1542955.jpg


星になるまえに


羽衣を纏って
[PR]

# by yumimi61 | 2007-07-06 20:17
2007年 07月 05日
欠落
e0126350_11333318.jpg


優しい君は
流れる映像に涙し 声を上げる

優しい君は
隣で流れる涙に気づくことなく 押し黙る


守られたこの国はどこまでも優しく

私が暮らすこの社会はどこまでも理不尽


「世界の端で悲劇を見つめる」
[PR]

# by yumimi61 | 2007-07-05 12:45
2007年 07月 03日
覚醒
e0126350_1557496.jpg


そこに生命が 溶けていた


くちなわの話
[PR]

# by yumimi61 | 2007-07-03 17:06
2007年 07月 02日
嗅覚
e0126350_12435393.jpg


下等だと さげすむ僕らは

皿の上の死の匂いにさえ 気づかない

[PR]

# by yumimi61 | 2007-07-02 12:54
2007年 06月 30日
白熱
e0126350_1441354.jpg


白妙の光 弓で射る


「赤と青と緑を混ぜたら、さて何色になるでしょう?」
[PR]

# by yumimi61 | 2007-06-30 16:33
2007年 06月 29日
有象無象
e0126350_1623486.jpg


どんなに優秀なコンピュータでも

私がこのバラ「ジュリア」に乗せた意味を説明してはくれない

取るに足らない人々のどうでもいい経験だけが

それを知っている

[PR]

# by yumimi61 | 2007-06-29 16:47
2007年 06月 26日
生命線
e0126350_104015100.jpg


いのちは とても脆く

e0126350_10411697.jpg


いのちは とても強い


手相占いで彼との別れを決めた昔の同僚は、今幸せなのかなぁ・・
[PR]

# by yumimi61 | 2007-06-26 13:00
2007年 06月 24日
夏至
e0126350_12281161.jpg


夏はこれから。

まだまだこれから。


あなたと私と、時々、線香花火(ベストセラーのパクリ?)
[PR]

# by yumimi61 | 2007-06-24 13:45
2007年 06月 23日
潦(にわたずみ)
e0126350_11354351.jpg


でこぼこの道 寄り道だらけで

黄色い帽子は いつだってこの中に宇宙を見てた

どこにだって 流れていけるよね

どこにだって 飛んでいけるよね

僕らはもともと 水なんだもの

[PR]

# by yumimi61 | 2007-06-23 16:07
2007年 06月 21日
水の色
e0126350_14241223.jpg


水色のクレヨンを握り締めたあの日

私達は考えることを

やめてしまったのかもしれない


色揚げ
[PR]

# by yumimi61 | 2007-06-21 16:17
2007年 06月 19日
来し方行く末
e0126350_12162374.jpg


明日のお天気より今日の青空

ふたりで抱く優しい静寂

言葉が至る場所より深いところで





--犬になりたいと思った。--

然は然りながら・・
[PR]

# by yumimi61 | 2007-06-19 12:58
2007年 06月 17日
麦秋
e0126350_1653163.jpg


その土地に根ざす美しい風景も

その土地に伝わる美しい言葉も

その土地に続く美しい循環も

ぜんぶ手放して得る「美しさ」って

どれほどのものなのかなぁ


麦秋って?
[PR]

# by yumimi61 | 2007-06-17 16:46
2007年 06月 15日
迷走
e0126350_15101917.jpg


人を刺す君が悪いのか

森を削った人が悪いのか


写真はスズメバチ ↑
[PR]

# by yumimi61 | 2007-06-15 16:13
2007年 06月 13日
精気
e0126350_15471135.jpg


トマトの中にある太陽

あなたにはその太陽が見えますか?


蛇足
[PR]

# by yumimi61 | 2007-06-13 15:49
2007年 06月 12日
めぐりあい
e0126350_12183132.jpg


役割を終えたバラの花びらがシンクの中で舞った

小さなお皿がそれをキャッチして私を和ませた

平凡な毎日は そんな奇跡の連続

ピンクのハートはほら

あんなところにも こんなところにも

[PR]

# by yumimi61 | 2007-06-12 12:20
2007年 06月 10日
認識
e0126350_9332145.jpg


同じ場所にある同じ花で全く違う写真が撮れるように

その存在に色づけしているのは

他の誰でもなく自分自身なのかもしれない

e0126350_9544431.jpg


あなたの見ている世界と

私の見ている世界が

同じとはかぎらない

[PR]

# by yumimi61 | 2007-06-10 10:26