人気ブログランキング |

by and by yumimi61.exblog.jp

カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

現実

e0126350_23535711.jpg
そこに眠るもの そこから目覚めるもの




昨晩、5月14日に撮った写真のことを書きましたが、1つ落としてしまったものがありました。

これも、2006年5月14日に撮った写真でした。

・「雨音」の2枚目の写真


そして、今日は、コンデジで撮っていた写真を使っていた旧ブログのほうの過去ログを見てみました。
そのブログは2005年9月にHPのコンテンツの1つとして始め、2006年7月まではほぼ毎日エントリーしていたのですが、
2006年5月14日のエントリーはありませんでした。

でも、その日にコンデジで撮った写真はありました。


■以下、2006年5月14日にコンデジで撮った写真を使ったエントリーです。


-----------------------------------------------------------------

*願わくは*   2006年5月15日

e0126350_23221575.jpg


-------------------------------------------------------------------------------

*視線の先のあなたへ*  2006年5月15日

e0126350_23241966.jpg
ちょっとは気付いて欲しかったので書きました。なあんて。



--------------------------------------------------------------------------------

*嵐の後は*  2006年5月21日  

e0126350_2326526.jpg
昨日、嵐のような雨風が吹き荒れた
きっと今日は晴れると思った
絶対今日は晴れると思った
ささやかな確信

そういつも、胸に
ささやかな確信

これが束の間の晴れ間だとしても
忘れずに
ささやかな確信


-----------------------------------------------------------------------


下は、エントリーはしなかったけれど、撮ってあった写真。(トップの写真もそうです)

e0126350_23363065.jpg


e0126350_2336514.jpg


------------------------------------------------------------------------



昨日書いた「何故だかどうしてもダメなもの」の一例で、私があまり好きじゃない言葉(記号?)のことを書こうと思ったのだけれど、
今日のところはやめておくことにしました。

やめた理由は、昨日(5/13)の長男との会話を思い出したから。

「今さぁ、美術で、ちょー現実的な絵を描いてるんだ」  
「ちょー現実的な絵かぁ」  (超現実の超を、若者語のちょーと勘違いしている私)
「ちょー現実たって、そのまま描くんじゃないんだよ、わかる?」
「ちょー現実的なものを、あえて写実的じゃなく描くってことでしょ」 (私の中にはまだ‘超現実’という言葉は出てなくて、絵はデザイン画をイメージしている)
「そうそう」 (長男も私の勘違いには全く気付いていない)
「で、どんなの描いたの?」
「どんなの描いていいのか行き詰ってさぁ」
「だって現実描けばいいんでしょ。たとえば~四角い地球とか」 (ちょーと言っても、もともとが超のせいか、意味もそんなに外れてない)
「どういう意味?」
「地球は丸いっていうけど、現実では丸の全体を見ることないじゃない。地平線はまっすぐだし。だから」
「そっかぁ」
「で、なに描いたの?」
「クジラが空を飛んでいる絵」
「えっ?クジラが空・・・。全然現実的じゃないじゃない」  (ここでは、言葉のトリックに自分でひっかかり混乱している)
「えっ?」
「あっ。そっかぁ、ちょー現実じゃなくて超現実のほうか。マグリットとかの」  (といっても、やっぱり意味は同じ感じ)
「そうそう、それ」
「で、クジラはどんな意味?」
「意味は別にない」
「ないってことないでしょ」
「苦し紛れだもん。ホントはドアの絵を描こうと思ったの。ドアの向こうに道が続いているような絵。でも俺の画力じゃ無理だったから」
「なんで。無理ってことないでしょ」
「いや、ほら、骨折して入院したり通院したりしてるから、俺、かなり進みが遅れてるから」
「まぁ、それはそうだろうけど、、、」


「超現実」を「ちょー現実」と思うあたり、もしかして私、今時の中学生よりいけてる?と一瞬思ったのですが
でも、今それを言うなら「めっちゃ現実」のほうがいいのかしら?とか思ったりして。(冗談です)

でも、クジラの絵がどんなものかはちょっと楽しみです。
というのも、私もクジラの夢を見たことがあるから。

そうそう、それからこの間「リンゴ」と書いたのだけれど、今年のお正月にリンゴが出てくる夢もみているのです。
どういう意味なのかなぁ、、、



<2019年6月9日追記>
2009年1月1日→2日の1つの夢

おいてある(うっている?)
りんごがふかふか
〇〇さん 送り返したらいいと言っているが、そこまでしなくても値ふだをとればいいんじゃないと言っている(思っている)

〇〇のヒントは郵便局!!

この日はその他にも夢を見ていて・・・

これは前にも書いたことがあるような気もするけれど

層になっているケーキをもっている
脂肪の分離した(?)と言ったか思っているような
だれかのうち(?)
「これからはアイスクリームが多くなる」と誰かが言っている

サッカーの大会会場
自転車で行く。少し通り過ぎ、戻って左折。
自転車おこうとすると、〇〇さんちのイスあり
道の反対側におく

何かへんなもの(生き物)においかけ(?)られ、さくの上にのってひなん

「四」 ←みたコトバ  すうじ



by yumimi61 | 2009-05-15 00:44 | photo