人気ブログランキング |

by and by yumimi61.exblog.jp

カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

e0126350_23155416.jpg
あなたはここに写ってはいないけれど

あなたの後ろを歩いていたことをはっきりと思い出すことができます


e0126350_2316143.jpg




e0126350_2318891.jpg


2、3日前からそろそろ実を収穫しようと思っていた庭のラズベリー。
今日(6/14)お昼を過ぎた頃から空が暗くなり始め、夏の夕立前のような空気が流れていたので
雨が降る前にと思い、ラズベリーを収穫した。

ラズベリーは熟すと面白いようにぽろっと茎から実が離れ、簡単に収穫できる。
それより若い実は採ろうと思っても手ではなかなか採れない。
けれども逆に熟した実は、激しい雨にあたると自然と落ちてしまったり、腐ってしまったりする。

ラズベリーは生命力も繁殖力も強い植物で多くの実が期待できるのだが、出来る実は繊細さを併せ持つ。
おそらくそんな理由で、生果は市場にはなかなか流通しないのであろう。

e0126350_23185663.jpg


ラズベリーを収穫していて、はっとしたことがあった。
トイレのカレンダーだ。
ラズベリーにトイレはないだろうと思うかもしれないが、思い出してしまったものは仕方ない。
今年の2月、トイレのカレンダーにはラズベリーが描かれていた。

e0126350_044898.jpg


ラズベリーは初夏の果実なので、2月に描かれていたことに私は少し違和感を感じた。
もちろん季節など関係ない挿絵だってあるだろうし、一般的に冷凍で流通するラズベリーなら何月にあったって不思議はない。
けれど、庭でラズベリーを見ていた私にとっては、葉も実もない2月にラズベリーというのは何だか腑に落ちなかったのだ。

そんなことをぼーっと考えてたら、またはっとした。
リビングにあるもうひとつのカレンダーだ。
そこにもラズベリーらしきものが描かれていた月があった。

e0126350_052133.jpg


見かえしてみると、そう、あの月だった。
そのことは今日まで書かずにきたが、4月のカレンダーには1年前から私がずっとこだわっていた<44>という数字が描かれていた。

e0126350_055047.jpg


やはりこの数字には何かあるのかもしれない。
そう思って、ラズベリーの描かれていた4月、私がエントリーした記事を探した。
けれど、0時をまたいでしまっていて、4月4日付けのエントリーはなかった。
ならばと思い、<16>をあたってみた。
ラズベリーの描かれていた2月と4月の16日。

2月16日 「message」
2月16日 「メッセージ」
4月16日 「伝書鳩」

偶然だろうか、どちらもメッセージに関わっている。
私にとって意味のある日だった。
いや、偶然ではないかもしれない。私は書いたのだ。 6月7日 「しし」

この「しし」というエントリーは1年前のこのエントリーを視野に入れていた。
2008年5月6日 「見取り」

そして、昨年もラズベリーの写真を使っている。
2008年6月27日 「木苺」

ラズベリー、、、キイチゴ、、、


カレンダーに添えられてた文字の意味が解った気がした。


それから、もうひとつ。
ここのエントリー。
下側に書いた文は夢をもとにしているのだけれど
「ポピンズ」と書いたのは、ポピンズの夢を見たからではなくて、傘の出てくる夢を見たからだった。
その傘の色は緑色だった。


---トップ2枚の写真は、2008年6月30日撮影。両親と子供たちと一緒に出掛けた先で撮った写真。
1枚目の写真の上のほうの青色は紫陽花で、下はブルーベリーの木に実がなっています。---





by yumimi61 | 2009-06-15 00:33 | photo