人気ブログランキング |

by and by yumimi61.exblog.jp

カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

e0126350_21125489.jpg


大きな虹の橋が架かったのは ここじゃないどこか

痛かったのは 心だったのか体だったのか わからなかった


e0126350_2113910.jpg







今まで2つのカレンダーの写真を何度か載せていたのですが、実は、家にはもう1つカレンダーがあるのです。

e0126350_222546100.jpg


毎年カレンダーを購入しているのですが、私が好んで選ぶようなカレンダーには、暦注の六曜は大抵書かれていません。
私自身はそれらが特別気になるわけではないし、そもそも今はもうそんな時代ではないのかもしれないけれど
それでもお付き合いの中では、特に年配の方だったりすると、そういうものを気にされる方もいるので、たまにちょっと確認したい時があるのです。
それで選んだのがこの第三のカレンダー。
絵や全体の雰囲気が好きで、且つ、六曜の記載されているものを選びました。

そのカレンダーの7月には、雲と虹が、2つの文章とともに描かれていました。

e0126350_2151198.jpg


e0126350_2153485.jpg


描かれていた虹橋の根元になっていた日にちは、7月5日または6日、そして、7月18日もしくは19日。

私は何を見つけたのだろうか、、、


*ブログエントリーより*

7月5日  『hanger』 (←これも別のカレンダーの写真を使っています)

7月6日  『満身』  『世界』

7月18日 『ねずみいろ』

7月19日 『燃実』


*その日に撮った写真*

7月5日 写真は一枚も撮っていない

7月6日 『ねずみいろ』に使った写真(一番下の写真は除く)、『14月』の月の写真

7月18日 写真は一枚も撮っていない

7月19日 『燃実』に使った空の写真、『狭間』の2,3枚目の空の写真




7月19日には東京地方などに、本当にくっきりと大きな(しかも二重の)虹橋が架かったようです。

私も、2006年の11月20日に、大きな二重の虹を見て、写真を撮ったことがあります。(コンデジです)
下は、その時書いた詩の一部。

虹の根元には
宝物が埋まっているんだって
それはそう幼き日信じたウワサ
今でも変わらず信じてる



偶然なのですが、虹の根元のことを、私もここで書いていたのです。

e0126350_22394621.jpg




大きな虹の橋が架かったのは ここじゃないどこか

だけどそれで よかったのかもしれない


大きな虹の橋が架かったのは ここじゃないどこか

痛かったのは 心だったのか体だったのか わからなかった

それでも 昨日と同じ 昨日と違う 今日がやってきた
by yumimi61 | 2009-08-07 23:24