by and by yumimi61.exblog.jp

やがてそこに。


by yumimi61
プロフィールを見る
画像一覧

e0126350_2131518.jpg


記憶の中にはさんだ栞







最近のエントリーをしながら何となく思い出していたことがあります。

ここにいちど少し書きかけた夢のことです。

早朝夢の中で見た2つの言葉を、読みかけて枕元に置いておいた本の帯の裏にメモしたのですが
2つの言葉の1つは「パーチュクリ」というものでした。これは前にも書きました。
ただ今日実際にメモを見てみたら、「パーチュクリー」と最後が伸びていました。

もう1つは漢字四文字だったのですが、人の名前にもとれるのでその時は書くのを控えました。
今回はそれを出してみようかと思います。

見たのは「小林一樹」という漢字。

下の写真が当時私が実際メモしたもの。 

e0126350_22112543.jpg

本の帯の裏側の白紙部分。帯は私が書く前にひっくり返しました。
5時前に雷の音で目を覚まし、覚えていた言葉を忘れないようにと、ベッドに横になったままメモしたのです。
e0126350_22121232.jpg



本はこれでした。
e0126350_22134996.jpg

集英社文庫のナツイチ! (そんな宣伝はいらなかった?)
e0126350_2214511.jpg

栞も可愛いハチさん。
e0126350_22161377.jpg



そして、今日のトップの写真。
これは2007年の8月13日に撮ったものです。
同じ日に撮った写真を2つのエントリーで使っています。 『speaker』(2枚目) 『わく』(1枚目)

偶然だったのか意図的だったのか、もうよく覚えていないけれど、ブックカバーの模様も『わく』も「格子柄」。

[PR]
by yumimi61 | 2010-08-26 22:38