by and by yumimi61.exblog.jp

やがてそこに。


by yumimi61
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー

恋ふ

外待雨 心恋ふいれば 身にしみる

(ほまちあめ うらこいいれば みにしみる)






あなたと暮らした僅かな時間~♪

(もうそれはいいから?)

小中学生の時に親しくしていた友人は今時珍しい7人姉妹でした。(構成はよく覚えていません。お兄さんもいたような)
友人はその末っ子。
そのお姉さん達が松山千春さんのファンだったため、私も古い歌にはちょっと詳しいです。
友人の家で『起承転結』をよく聴きました。




さっきお風呂に入りながら『銀の雨』を歌っていたら、構成がますます怪しくなりました。
友人は末っ子ではなかったかもしれません。
もしかするとかなり年の離れた弟がいたもしれません。

(どうでもいい?)


それからこれも思い出しました。
小学5年生の時に、その友人が作文か詩で賞を受賞したのです。(誰だったか忘れたけれど文学者を記念する賞だった)
その授賞式に先生と友人が行くことになったので、「私も行きたい~」と言って一緒に連れて行ってもらいました。
母はあまりいい顔をしませんでした。

[PR]
by yumimi61 | 2011-08-25 23:49