人気ブログランキング |

by and by yumimi61.exblog.jp

カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

e0126350_3374517.jpg


風は気まぐれ。僕は力尽く。







子供騙し


日本が世界に誇れる数少ない分野、アニメ。
映画でいえば、ジブリ。


子供に安心して見せられて教育的効果もありそうと、保護者からも評判上々。
しかし、この原則を忘れてはいけません。
どんな恰好いいことを言っても、資本主義社会で映画を制作し、それで利益を得ようとするならば、
もれなく皆、産業映画、立っている場所は同じ。
そう、これは、問題の雑誌SIGHT及びその出版社ロッキング・オンを取り上げた時に私が書いた文です。


ロッキング・オン社(社長、渋谷陽一氏)は、ジブリ映画の監督でスタジオジブリの取締役社長である宮崎駿氏を
再三インタビューし、映画も宣伝しています。
去年は20000字インタビュー。今年は45000字だそうです。
雑誌って見出しやら宣伝に「何万字」って書くのが好きなんですよね。
あれは何が言いたいのでしょうか。いつも疑問に思っていました。
本来字数なんて宣伝するものではないはず。
「字数」で宣伝をするということは、出版社の命であるべき「言葉」「内容」を軽く扱っているのだなぁと私は思います。


宮崎氏と渋谷氏、お2人の共通点は何かといえば、左派思想です。
宮崎駿氏は、大学時代に社会主義思想に傾倒し、東映の労働組合書記長に就任、激しい組合活動をされていた方です。
労働組合と言われてもピンとこない方も多いでしょう。
労働組合とは(Wiki)。
従業員側に立つという意味で労働組合は決して悪いことばかりではないのですが、【ネガティブなイメージ】のところも一読する必要はあります。



猫騙し


現在のジブリの社長は星野康二氏。
創価大学出身、バリバリの創価学会員。幹部?
ウォルト・ディズニー・ジャパンの初代社長でもあったお方です。

乗っ取り事件かとネットでも話題になりました。
こちらもどうぞ。

宗教団体には厳しい皆さんも、ジブリ映画は絶賛し、ほいほいと子供に見せたりしますが、
実はそうした思想の元に作られているわけです。
このあたりは情報として知っておいたほうがいいと思います。


以前、私が尾崎豊さんの曲をブログでリンクしたことがありました。
後日YouTubeから削除されていて、第三者通報者にジブリスタジオが入っていたことがありました。詳細はこちらに


ジブリと尾崎豊は繋がらないけれど、創価学会と尾崎豊ならば繋がります。
削除に動いた理由もそれならば分かるのです。
あの時に、「組合」「裏がありそう」と書いたのは、創価学会を意識してのことです。
このあたりももう一度参照してください。




今度は誰を


またまた登場、元過激派(中核派)の糸井重里さん。

西武のキャッチコピーで有名になったお方ですが、ジブリ作品のコピーも数多く手掛けています。
声優としても参加していましたね。
ジブリとは仲良しこよし
上記リンクに出てくる矢野顕子さんは、坂本龍一さんの元妻。
現在のレコード会社はヤマハミュージック。
尾崎豊さんの曲を第三者通報したもう一つの会社は、ヤマハミュージックでした。


今年7月、矢野さんとユニットを組んでいたレイ・ハラカミさんが脳出血でお亡くなりになりました。
40歳という若さ、夏のフェスに出演する直前の訃報でした。




ジブリも空々しい希望を語る


原発事故後にジブリが掲げた横断幕
労働組合の経験が生かされているような横断幕です。

しかし「えっ・・」と思った方も多かったはず。
私も思いました。
原発抜きの電気で映画を作りたいとはどういうことか???
しばし考え込んでしまいました。
「作りたい」だから、あくまで希望であって、意思表明ではないのかとか。
「原発抜きで映画を作ります」なんて宣言したら、当面映画は作れませんものね。
それで保障に「電気」という言葉を入れておこうかと思ったかどうか。


この付け焼刃的な感じは、村上龍氏にも、村上春樹氏にも見られました。
村上春樹、何万字か喋る! 
原発の話よりもむしろキスの話に目を奪われてしまった私です。


ジブリの宮崎駿氏の弟さんは博報堂にお勤めだったようで、映画化及び初期の作品には博報堂が関わっています。
後に電通も関わるようになります。
ジブリと博報堂と電通
こうした大手の広告代理店が関わっている以上、原発抜きの電気で映画を作るということは、かなり難しい話だと思います。




ここでは何を語ったか?


ロッキング・オンがよくインタビューをしている大物といえば、こちらの方もそうです。
ビートたけしさん(北野武さん)。

問題の雑誌SIGHTにも掲載されていました。(但し、原発には反対していない)
本も数多く出版されています。
かつてはフライデー襲撃事件を起こしました。
編集部も命がけで臨まないといけませんね。迂闊なことは書けません。


ちなみに、命がけで脱原発を訴えているらしい坂本龍一さんのお父上は編集者の坂本一亀氏
編集者として作家の三島由紀夫とも関わりがありました。


ビートたけしさんはお若い時に新宿のジャズ喫茶「ヴィレッジ・バンガード」で働いていたそうです。
「ヴィレッジ・バンガード」は、連続射殺犯の永山則夫(事件当時19歳、死刑にて死亡)が働いていました。
大学生だった村上春樹氏はこの店の客だったそうです。(後に自身もジャズ喫茶を経営)
ここに書いた、妙義アジトで逮捕された連合赤軍の永田洋子もこの店の客でした。
同じく連合赤軍メンバーで1972年1月1日に山岳ベースで殺された進藤隆三郎もこの店でよくたむろしていました。


村上春樹氏のジャズ喫茶開店費用には不可解な点が見られます。
何せこんな時代だったわけですから、村上氏は危ない橋を渡ったのではないかと私は思っています。

それから、道に落ちていたお金をネコババすることはシンクロニシティなんかではありません。
遺失物横領罪です。

by yumimi61 | 2011-11-06 04:00