人気ブログランキング |

by and by yumimi61.exblog.jp

カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カエル

e0126350_143769.jpg


井の中の蛙、大海を知らず(されど空の深さを知る)





蛙と魚の関係


「井の中の蛙、大海を知らず」という諺の元になっているのはこちら。

出典:荘子 外篇・秋水第十七

原文はこれです。

北海若曰、井蛙不レ可三以語二於海一者、拘二於虚一也。夏虫不レ可三以語二於冰一者、篤二於時一也。曲士不レ可三以語二於道一者、束二於教一也。今爾出二於崖涘一、観二於大海一、及知二爾醜一。爾将可三与語二大理一矣

訳はこちら。

北海若曰く、井蛙には以て海を語るべからざるは、虚に拘ればなり。夏虫には以て氷を語るべからざるは、時に篤ければなり。曲士には以て道を語るべからざるは、教えに束らるればなり。今 爾は崖涘を出でて、大海を観、及ち爾の醜を知れり。爾将に与に大理を語るべし。


意訳はこうなります。

北海の神の若が言った。
「井戸の中の蛙には、海のことを話してもわからない。それは蛙が狭い環境にとらわれているからである。夏の虫には氷のことを話してもわからない。それは彼らは季節というものは夏だけだと思いこんでいるからだ。視野・見識の狭いものには、真理を説いてもわからない。それはその人たちがありきたりの教えに縛られているからだ。今、あなたは狭い川の岸を出て、大きな海を見た。それであなた自身の愚かさを自覚したのだ。だからあなたには、大きな真理について語ることができるようになった。」

トップに書いた(されど空の深さを知る)という言葉は、日本人が(勝手に)後付したもののようです。



英語の諺にはこんなのもあるそうです。

Better a big fish in a little pond than a little fish in a big pond.

意訳は「大きな池の小さな魚でいるより、小さな池の大きな魚であれ」。



こちらはとある日本人が勝手に後付したバージョンです。

Better a big fish in a little pond than a little fish in a big pound.

逆のほうがいいかしら?

Better a big fish in a little pound than a little fish in a big pond.



続きはお昼ごろに更新予定。




ケーキと計器の関係


poundでパウンドケーキを思い出してしまったので、ケーキの話をしたいと思います。

「パウンドケーキ」は、小麦粉、バター、砂糖、卵を それぞれ1ポンドずつ使って作ったことから名づけられました。
フランスの伝統的なお菓子の「カトルカール」も、4つの材料を同量ずつ使って作ることから付けられた名称です。
カトルが4つという意味で、カールは1/4という意味。

同量ずつというのはレシピとしては簡単ですが、反面、ケーキというものは計量がいかに大事かということを示唆しています。


ケーキで一番難しいのはスポンジケーキではないでしょうか。
デコレーションケーキのスポンジ生地です。
家庭で作ったものと市販のものはやはり何か違う。
中学の時の家庭科の先生は思い悩んで、ある日ケーキ屋さんに「レシピを教えてください!」と頼んだそうです。
しかしあえなく断られてしまったということです。
私も試行を重ねた結果、シフォンケーキのように作るとふわふわ感が出ることは分かりました。
(それではシフォンケーキではないか?)(まぁそうですね)

そこでアップルパイです。(繋がりがよく分からない?)
ふわふわがダメならカリカリでどうだろうということです。
私はアップルパイが好きで秋に紅玉という林檎が出るとよく作っていた時期がありました。
パイはお手軽「冷凍パイシート」を使います。
アップルパイは妙に甘すぎたり、香辛料くさいから好きじゃないという人もいるかもしれませんが、私はシナモンが好きなのです。
ホットワインや紅茶に入れるくらい好きです。


アップルパイが美味しく感じられないという人は、触感とクリームがないことに起因しているのではないでしょうか?
現代人の多くはふわふわ&生クリームが大好きなのです。

現にそういうものがたっぷりある中で育った今の子供達はバターケーキやカステラなどをあまり好みません。
デコレーションケーキのスポンジ部分を残す子供さえいるくらいです。
かつてのご馳走は飽食の現代の中ではそれほど美味しいものではなくなっているのです。


洒落たお店で食べるケーキを思い出してください。
シフォンケーキにはよく生クリームが添えられます。
アップルパイにも生クリームやアイスクリームが添えられることが多いですね。
要はクリームなのです。
レシピにクリームを必要としないケーキにあえてクリームを添えるということは、お店側もケーキそのもので勝負できないことを認めているようなものです。


ケーキやパイを食べているのではない。クリームを食べているのである。



もう少し続きますが、一旦昼食にします。



途上に出現し、跡形もなく消えた蛙の怪


昨年10月14日の出来事。
夕方友達と出掛け、暗くなってから帰宅した次男が帰ってくるなり言いました。
「蛙がいっぱい道で死んでたんだけど、何かあったのかな?」

何かあったのかと言われても心当たるのは、奇跡vs秘術の災いくらい。

それでも、前日が雨で翌日からっと晴れた日などにミミズが道で干からびて死んでいることがあることを思い出して、その事例を話してみました。

次男は納得いかぬよう。
「そんなこと言ったって半端ない数だったよ。それがずーっと続いてて。自転車で通る隙間もないくらい」


オタマジャクシならともかく、蛙が真夏でもない時期にそんなに沢山一斉に干からびてしまうものかしら。ふーむ。

次男からその場所を聞くと、田んぼの中にある道だという。畦道。
私も犬の散歩に時々使っていましたが、夏には雑草、雨の後は水たまり、犬が少々汚れることは覚悟しなければならない道でした。
しかし1年位前に畦道は舗装されておりました。


夕食後、私はその蛙を見に行くことにしました。
次男を誘いましたが断られたので、車で一人で見に行きました。
街灯もない道で、夜となれば真っ暗。車のライトだけが頼りです。

それらしきものを発見しました!
蛙はとても小さな蛙でした。
次男が半端ない数だと言ったので、道を覆い尽くすほど死んでいるのかと思いましたが、それほどではありませんでした。
しかしながら確かにかなりの数の蛙が道の上で死んでいます。
距離にすれば50メートルくらい。
少々分かりにくい写真ですが、白っぽい点々が蛙の死骸です。手前より奥のほうに沢山います。
e0126350_146121.jpg

e0126350_1463825.jpg


写真右手の田が稲刈りをした後のようなので、そちらにいた蛙が左側に移動したのかとも思ったのですが、この幅の道を渡れなかったというのは何故?
蛙たちに何があったの?
蛙が小さいから?
道が舗装されたから?
もしかして田んぼは関係なくて空から降ってきた?
オタマジャクシが降ってきたという事例は何度も報告されていますよね(オタマジャクシ騒動)。その成長版?


そうだとすると犯人は鳥ということですよね?
確かに稲刈後の田にはカラスなどの鳥が大挙しています。餌が豊富ですから。
しかしここで食べたとすると、すぐに吐き出したということになります。
蛙が余程不味かったか? はたまた鳥の生体拒絶反応? ただ単に食べ過ぎ?
ちなみに蛙は原型を留めておりました。

この動画に出てくる方は右手は何だと言っているのでしょうか?聞き取れません(涙)。


もやもやして夜も眠れなかったので(嘘)、翌日また見に行きました。
するとなんと、蛙は跡形もなくいなくなっていました!
車や自転車が通ることもありますが、一晩で綺麗さっぱりいなくなってしまうなんて。
お腹を空かせた鳥がまた食べに来たとか?


大名行列、蛙の行列。






-----------------------------------------------------------------------------------------------------------
諸事情により広告が入るようになりましたが、広告内容については一切関知しておりません。ご了承下さい。 

by yumimi61 | 2012-01-17 08:35