人気ブログランキング |

by and by yumimi61.exblog.jp

カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

時事

e0126350_201018.jpg




世の中の流行りに置いて行かれないように、今日は時事問題を語ります。
吉本興業芸人、河本準一さんの母親の生活保護受給問題についてです。


テレビは高級で、インターネットは下劣か?(テレビvsインターネット)

自民党の片山さつきさんがブログに書いたことにより、河本さんを擁護する方にインターネットが悪いという主張が見られる。
インターネットで個人名を出したり、噂話をしたり、何かを糾弾したり流布することが悪いのであるならば、テレビはどうなのか?ラジオは?本は?雑誌は?
正義を振りかざし世論を誘導するという点は、そのままテレビにも当てはまる。
CMに出ることも然り、情報番組に出演しコメントすることも然り、討論番組で意見することも然り。
著名人であれば、自分の考えや生き様を本にして出版し、尊敬されることも同情を買うことも出来る。
普段はそれで食っている人達なのである。
都合の悪い時だけ世論を断罪するというのは如何なものだろうか。
それともネットとテレビは別物だと思っているのだろうか?
もしも、誰でも参加できるインターネットと違ってテレビに出る人や本を出す人は「特別」という意識があるならば、今回の生活保護の案件にも問題があったと思わざるを得ない。



使われると嫌なものを何故に好き好んで使うのか?(ニューウェーブ+地震雷火事親父)


ブログに書かれTwitterなどで広められるのが嫌で、そうしたものを悪と決めつける人達が、自らもそれらを使い何かを書いているという点が解せない。
これは前々から思っていたこと。
「Wikipediaに書かれていることなんかほとんど嘘」「Twitterで何でもかんでも流すな」と言う著名人もいるようだけれど、その本人がインターネットで発信していたりする。
言葉は軽い。
嘘を否定するために利用しているのかもしれないけれど、それでは「目には目、歯には歯、武器には武器を、戦争にはテロを」と変わらないのでは?
一番の抵抗は同じ土俵に乗らないことなのだから、嘘ばかりだと思うインターネットは使用しないに限ると思うのだけれど。
それじゃあ流行に乗り遅れちゃうし?

「インターネットの情報はほとんどが嘘」と言って憚らない著名人が、震災時には有ること無いこと、真偽を確かめようもないことを垂れ流した。
「フォロワー数が多いのでお願いしました。力を貸して下さい。どうかこれを拡散して下さい」という悲痛な(?)依頼に、「よっしゃ~任せておけ!」と使命感に燃えた人も多かったではないか。
それを正義と言わずして何を正義と言う?



権力濫用はNOで特権乱用はOK? (政治家vs芸能人)


途中からは十分な所得がありながらも親を養わなかったという点は認識が甘くモラルが足りなかったかもしれない。
BUT!!!
国会議員のくせに個人名を挙げて攻撃するとは何事だ。

テレビの論調はこれが主流のよう。(一括りでごめんなさい)

芸能人でも政治家でもない者から言わせてもらえば、「モラルって何かね?」といった感じ。
ちなみにこれはテレビドラマ『北の国から』の「誠意って何かね?」を模倣しました。
息子の不貞に対して父親が自分で育てた南瓜を沢山持って謝罪に行った場面で、謝罪に南瓜を差し出された菅原文太さんが言った言葉です。
この場面は涙なしには見られない。
この言葉は胸に突き刺さるものがある。
そしてこの問いへの自分自身の回答は正直今でもよく分からない。
このことを考えるときに同時に思い出す詩がある。
中学生の時に習った(教科書に掲載されていた)詩である。


『夕焼け』 吉野弘


いつものことだが
電車は満員だった。
そして
いつものことだが
若者と娘が腰をおろし
としよりが立っていた。
うつむいていた娘が立って
としよりに席をゆずった。
そそくさととしよりが坐った。
礼も言わずにとしよりは次の駅で降りた。
娘は坐った。
別のとしよりが娘の前に
横あいから押されてきた。
娘はうつむいた。
しかし
又立って
席を
そのとしよりにゆずった。
としよりは次の駅で礼を言って降りた。
娘は坐った。
二度あることは と言う通り
別のとしよりが娘の前に
押し出された。
可哀想に
娘はうつむいて
そして今度は席を立たなかった。
次の駅も
次の駅も
下唇をキュッと噛んで
身体をこわばらせて――。
僕は電車を降りた。
固くなってうつむいて
娘はどこまで行ったろう。
やさしい心の持主は
いつでもどこでも
われにもあらず受難者となる。
何故って
やさしい心の持主は
他人のつらさを自分のつらさのように
感じるから。
やさしい心に責められながら
娘はどこまでゆけるだろう。
下唇を噛んで
つらい気持ちで
美しい夕焼けも見ないで。



相談の上で受給していたのだから、許可していた行政が悪い、担当者が悪い。
そう言う人も少なくないようだ。
言うのは簡単。
ならばサラ金業者の取り立て屋のようになればよかったというのか?
「お命頂戴します」とばかりに非情に切ってしまえばよかったのか?
刃はどちらにも向かう。

政治家や芸能人は個人攻撃されることもあるが、今回のように会見をしたり弁明するチャンスも持っている。
けれど行政側、福祉担当者に、その機会はない。
いつも真ん中がぽっかりと抜け落ちてしまうように思う。


年金や生活保護制度に問題があるのは確かだ。
もっと言えば、世間の風潮、人々の意識、社会構造などなど、社会そのものに問題が山積している。
老齢者を支えていくことは容易ではない。それはお金だけの問題ではない。
お金で解決できるなら楽なのにと思う人も少なくないはずだ。
今回の案件は不正受給だったのかどうかよりも、実はもっと大きな問題を孕んでいると思う。


政治家vs芸能人という観点から言えば、河本さんへの個人攻撃も、片山さんへの個人攻撃も、結局のところ同じように見える。
政治家だってテレビや雑誌でプライバシーを暴かれ、個人攻撃されることはよくあるだろう。
(政治家への個人攻撃はよくて、芸能人への個人攻撃はよくないと法律で決まっているわけ~?)
だから片山さんは「あなたたちだっていつもしていることでしょ!」と反論すればいい。
(それでは武器には武器になっちゃうじゃないか?そうですね~)
しかし一番恐れるべきは、この両者(政治家&芸能人・著名人)が妙に迎合することではないだろうか?
権力+特権、圧力+世論、質+量、、、(質は疑問だ?)
これは強大な力となるので弱者など簡単に捻じ伏せられる。独裁へまっしぐら。
そういう意味では政治家と芸能人が喧嘩しているくらいが丁度いいかもしれない。(もっとやれやれ~)



太陽の似合う人でありたい (芸人+グラビア)

税金に関わることなので河本さんの会見を私も見てみた。
会見で一番気になったのは、敬語の使い方だった・・・・。
ああいう会見というのはきっとすごく緊張するんだろうなぁ。
うん、そうに違いない。
あまり上手に話してもそれはそれで胡散臭いしなぁ。
「劇場じゃないんだっちゅーの!」とか言われそうだしね。
「馬鹿の大足、間抜けの小足 、丁度いいのがろくでなし」とも言うしなぁ。
何につけ言われるうちが花だと思うしかないわ。


払えるのに給食費を払わない親がいるというのがマスコミに取り上げられたことがあった。
いわゆるモンスターペアレントである。
生活費を払える子供がいるのに生活保護を受給するというのもこれに似ている。
モンスターペアレントは個人名こそ出ないけれども、そのかわり特権もないと思われるから、同じようなケースだと考える。
だから今回のような受給ケースをモンスターチャイルド、もしくはモンスターチルドレンと呼んだらどうだろうか。(いいでしょ?)




悩める政治家への提言(与党+野党)


子供とはいえ親を養う義務はないのではないかという意見を目にした。(これもネットで流されていた意見である)
端的に言えば、子供に収入があろうがなかろうが、子は子、親は親、扶養義務はないというのだ。
最初は「じゃあいったい誰が扶養したり面倒見たりするわけ?姥捨て山に捨てに行けとでも?」と思ったのだが、グッドアイディアを思いついた。
この際、この意見に便乗して、「子は子」「親は親」という考え方を広めたらどうだろうか?
もちろん法律も変える。
収入があろうがなかろうが扶養義務はない。
年寄りの面倒をみるのは社会の責任である。
成人になれば、独立すれば、晴れて自由の身。親と子は関係ありませ~ん。オーワンダフル!

そのかわり、子供が持つ相続権利も無くす。オーイエーイ!
亡くなった人が遺産を持っている場合は政府が没収するのである。
没収した遺産は社会福祉に役立てる。
死んでなお、社会に貢献できる。人としてこんな素晴らしいことがあるだろうか。
これで遺産争いや遺産目当ての殺人なども無くなる。一石二鳥。
子供も遺産を目当てに出来ないから一生懸命勉学や仕事に励む。一石三鳥。
健全で明るい社会。オービューティフル!
(え?政府予算がピンチになったら金持ちは暗殺されるんじゃないかって?)
それを恐れて、金持ちはお金を残さず使うようになるので、社会にお金が回るようになる。オークルクル。
(え?企業家などは個人ではなくて会社に貯め込むんじゃないかって?)
それを狙って多くの人が起業する。新しいアイディアもどんどん生まれる。企業が増えれば雇用も増える。
だから景気もよくなる。オートブトリオトスイキオイ!

「税金券」に勝るとも劣らない提案だと思うのですが、どうでしょうか?



---トップの写真は金環日食の日に撮ったもの。私が金環日食の日に見たものは、金環ではなくて金蛇でしたとさ。---








*2月27日分の「抗議*1」より目次を作りました。


-----------------------------------------------------------------------------------------------------------
諸事情により広告が入るようになりましたが、広告内容については一切関知しておりません。ご了承下さい。 

by yumimi61 | 2012-05-27 20:05