人気ブログランキング |

by and by yumimi61.exblog.jp

カレンダー

弓張岳

e0126350_23473330.jpg




8時15分が意味するもの

広島への原爆投下は8月6日の8時15分。
これが一般的に広く伝わっている日時である。
広島の平和の時計塔は8時15分にチャイムが鳴る。原爆投下時間である。
8時15分で止まった時計は、原爆の威力と悲劇を伝えるために、よく原爆の資料にも使用されている。
e0126350_21123766.jpg

息子が学校から持ち帰った資料


しかし実のところ、この時間にも諸説ある
止まった時計と原爆投下時間の整合性に疑問を持っている人もいる。


上記リンク先に提示及びリンクされていた写真。
e0126350_2155475.jpg

↑ 秒針の位置が違う ↓
e0126350_2161623.jpg

別サイトより。(こちらのサイト。「8時15分で止まった時計」との表題が付いているが正確には15分ではない)

e0126350_2110151.jpg



こちらのサイトでは旅行記として広島平和記念公園を取り上げている。
半分あたりのところに、広島平和記念館に展示してある「8時15分で止まった腕時計」の写真が掲載されている。
長針は確かに「3」のところにありジャスト15分を示している。
しかし私はこの時計には少々疑問を感じた。
短針の位置である。
15分にしては短針が進みすぎている。
時計が正常に動いていたとすれば、2本の針は連動しているはず。
15分の時の短針は「9」寄りではなくて「8」寄りにあって然るべき。
しかし現物は15分にもかかわらず、「9」よりにある。


何か意図があって故意にやったのか。
最初に誤りがあり、それが広まってしまったために後に引けなくなったのか。
ただ単に時計の経年変化なのか。
同じ時計が複数あるのか。
事実は定かではないが、止まった時計が原爆の投下時間を表しているというのは、やはり少々無理があるような気がする。

なにより大事なのは、広島への原爆投下時間が8時15分とされ、8月15日に玉音放送があり、終戦記念日に8月15日が採択されたことなのである。
時の為政者や権力者が暦(日付)や数字に拘ったという点は史実でも明らかなところ。
これが人の意思に寄らず全て偶然の重なりならそれはそれで凄いこと。
原爆投下が8時15分であったにせよ、なかったにせよ、重要なことには変わりない。




なぜ広島と長崎だったのか?


候補地は幾つかあり、そこから絞られて、最終的に広島、小倉、長崎が残った。
8月6日に広島投下。
8月9日は小倉に向かったが気象や爆撃などの影響で長崎に変更されたというのが伝わる説である。

広島は軍事施設が多かったそうだ。
一応説得力のある理由である。(参考・軍郷
候補地は原爆の効果や影響を知るために、空襲の被害をあまり受けていない土地が選ばれたというのもよく言われるところなのだが、軍事施設が多いのにそれまでに被害が少なかったのだろうか?

しかし広島以上に疑問なのは長崎である。
長崎はキリスト教徒の多い町であった。
原爆は東洋最大の聖マリア教会である浦上教会(浦上天主堂)を直撃した。
教会内にいた神父と信徒は全員即死したという。
こちらには教会が目標であったことが記されている。


原爆投下も一つだけの理由ではなく様々な思惑が絡んでいるとは思うが、一番の目的は長崎を叩く、もっと言うと日本のキリスト教を叩くことにあったのではないだろうか?
第一目標は小倉ではなかった。
こう言ってはなんだが、広島さえ伏線に過ぎなかったというのはどうだろう?交換条件みたいなものとか?




原子爆弾とユダヤ


原子爆弾の開発にユダヤ人の存在は欠かせない。
こちらのサイトにかなり詳細に書かれている。
サイト管理人が最初に「原爆の責任は全てユダヤ人にあると主張するつもりはない。」と断り書きを入れているが、これは私も同調するところ。
しかし書いてある内容にすべてに私が同調しているわけでもない。


そもそも民族や国という大きな単位を「全て同じもの」「全て同じ考え」と一括りにすることには無理がある。
文章などを書くときには便宜上「日本は」「日本人は」「アメリカは」「ユダヤ人は」といった書き方をすることが多いのは確かなのだが、すべてが同じかと言ったらそんなことは決してない。


それを踏まえた上で、ユダヤ人が原爆開発及び投下に果たした役割は大きいと思われる。
名声を利用されたのがアインシュタインだった。
アインシュタインはルーズベルト大統領宛に原爆開発を促す手紙を送った。
この手紙が原爆開発のきっかけとなった。
彼もユダヤ人である。日本を訪れたこともあり、親日であったと言われている。


しかしながら当然そういう人ばかりではない。
黄色人種(日本人)への差別は戦前からあったという。

下記は上記リンク先に記述がある文である。

●当時、トマス・ブレーミー将軍も、こう演説していた。

「諸君らが闘っているのは奇妙な人種である。人間と猿の中間にあると言っていい。文明存続のために我々は最後まで戦いぬかねばならない。日本人を根絶しなければならない!」


その文の下、日本国旗とアメリカ国旗が表示されているところあたりからの記述は、アメリカにあった日本人及び日系人の強制収容所の話。
砂漠の中のバラック小屋の列が収容所だという。(写真あり)

日系人の強制収容というWikiにも日本人だけが敵対視されていたとの記述あり。
そのWikiに著名な収容者の名前が書かれているが、ジャニーズ事務所社長のジャニー喜多川氏の名前もある。
そしてミノル・ヤマサキという見覚えのある名前も見られる。(もう忘れた?)
9.11テロで崩れ落ちアメリカのワールドトレードセンターの設計者である。こちらに書いたことがあった。゙

収容所に入れられていた人が後にワールドトレードセンターを設計するとは。
アメリカという国は、、、
時代の移り変わりとは、、、
そしてその建物があんな形で崩れ落ちるとは、、、
ああなんと言っていいのやら。



---弓張岳は長崎県佐世保市にある、標高364mの山。展望台からは米軍基地も望むことが出来ます。
   トップの写真はそれとは関係ありません。---








*2月27日分の「抗議*1」より目次を作りました。


-----------------------------------------------------------------------------------------------------------
諸事情により広告が入るようになりましたが、広告内容については一切関知しておりません。ご了承下さい。 

by yumimi61 | 2012-06-03 23:56