人気ブログランキング |

by and by yumimi61.exblog.jp

カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

継承

e0126350_12105812.jpg




昨日はオバマ大統領の名前を取り上げたので、今日は大統領の奥様の名前に注目してみます。


3世であった父

ミシェル・ラヴォーン・オバマ(Michelle LaVaughn Obama)、これはフルネームだそうです。
結婚前(旧姓)は、ミシェル・ラヴォーン・ロビンソン(Michelle LaVaughn Robinson)。

彼女はアメリカのシカゴのサウス・サイド地区で生まれ育ち、オバマ大統領はこの地に吸収されていったわけです。

彼女の父の名は、フレーザー・ロビンソン3世。(1935年生まれ)
シカゴ市水道局職員であったということですが、実質的には清掃員だったという記述も多く見られます。
民主党の選挙区幹事でもあったそうです。
オバマ大統領の所属政党民主党との繋がりはミシェル父譲りとも言えます。
その他、難病の多発性硬化症を患っていましたが、仕事を休むことはなかったとも語られています。
この病気については、「ミシェルの生まれた翌年に発症した」「多発硬化症と診断された」「多発硬化症を病んでいた」「正式な診断こそなかったが多発性硬化症と疑われる重度の膠原病で苦しんいた」と表記の仕方は様々です。
膠原病は非常に診断しにくい病気であることは事実です。

現在オバマ大統領と大統領選を戦っている共和党のロムニー氏の奥様も1998年に多発性硬化症と診断され闘病を続けてきたそうです。

ミシェルの父であるフレーザー・ロビンソン3世は、オバマ夫妻が結婚する前年の1991年に逝去。

e0126350_1052554.jpg

1964 Family Portrait
(赤ちゃんがオバマ夫人)




3世のルーツ ~オバマ大統領夫人の祖先~


分かりやすいように並べて見ます。

-------------------------------------------------------------------------------

●ジム・ロビンソン(Jim Robinson)  ←ミシェルの父方曾曾祖父(高祖父)

 
  この人が黒人奴隷だったと言われている。
  ジムにはガブリエルとフレイザーという2人の息子がいた。
  娘も生まれたが亡くなっている模様。
  再婚している。 

●フレイザー・ロビンソン・シニア(Fraser Robinson, Sr.)(1884–1936) ←ミシェルの父方曾祖父
e0126350_1144457.jpg

  ローザ・エレン・コーエン(Rose Ella COHEN)(1895-1952)というユダヤ系の姓を持つ女性と結婚。

  

●フレイザー・ロビンソン・ジュニア(Fraser C. ROBINSON , Jr.) (1912-1996) ←ミシェルの父方祖父
e0126350_116594.jpg

Military service 26 MAR 1941 U.S. Army
(1941年は第二次世界大戦中、真珠湾攻撃はこの年の12月)


  彼は1934年にラヴォーン・ジョンソン(LaVaughn D. JOHNSON)というシカゴ生まれの女性とシカゴで結婚している。
  ラヴォーン・ジョンソンの父は、James Preston JOHNSONという名前。(James!)


●フレイザー・ロビンソン3世(Fraser C. Robinson III)(1935–1991) ←ミシェルの父

●ミシェル・ラヴォーン・ロビンソン(Michelle LaVaughn Robinson)(1964- ) ←オバマ大統領夫人ミシェル


---------------------------------------------------------------------------------------------------

オバマ大統領夫人の父は、フレイザー・ロビンソン3世なのです。
3世代に亘って氏名をそっくり引き継いだわけです。
昨日も書きましたが、一般的に考えるのは良家です。
一部には黒人奴隷の親子が引き離されても互いがわかるようにと子供に同じ名前をつけたという説もあるのですが、そうであるならばこの場合、ジム・ロビンソンという名が引き継がれているはずです。
ちなみに黒人差別撤廃のための公民権運動を指導したキング牧師も父親と同じ名前です。(父親も牧師)

フレイザー・ロビンソンの始まりは、オバマ夫人の曾祖父。
ユダヤ系の女性と結婚した方です。
引き継いだ名前のルーツが奴隷にあるわけではなさそうです。

祖父の情報としては日本のサイトには以下のような記述も見られます。

祖父は建築作業員で、解放された南部の黒人奴隷約700万人が北部に職を求めて大移動した際、サウスカロライナ州からシカゴに移住した一人だ。父親と祖父は、努力を惜しまない人間だったが、黒人であるが故に、それ以上の職業に就けなかった。

しかし写真などを見るとこの記述が正しいとも思えません。

昨日も書きましたが、オバマ夫人が重役をしていたこともあるシカゴ大学病院を舞台とした『ER』というドラマにはジョン・カーター3世という名前を持つドクターがいました。(最初は学生)
財閥の御曹司であり、祖母は「カーター財団」の総帥。大財閥創業者の孫にあたるわけです。
カーター財団の寄付で病院を建設したほどのお金持ち。
3世といえば、やはりそうした背景があると考えるのが一般的です。




オバマ大統領夫人のミドルネーム

ミドルネームはLaVaughn(ラヴォーン)。
あまり聞いたことがない名前だなぁと思ったので調べてみました。

男性に使うのが一般的みたいです

LとVと2つの大文字が使われているので、Laに何か特別な意味があるのかしらと思ったりしましたが、この名前を使っている人を見つけました。
上記に記載しましたが、オバマ夫人の祖父の結婚相手のファーストネームです。
オバマ夫人にとっては父方の祖母ということになります。
シカゴ生まれの女性で結婚後もシカゴに在住。シカゴルーツということでしょうか。
オバマ夫人はラヴォーンの孫。

ケニア流にいえばLaVaughn(ラヴォーン)という名前を相続したわけです。
強引に言い換えれば、LaVaughn III(ラヴォーン三世)。
大財閥の孫!?







*2月27日分の「抗議*1」より目次を作りました。


-----------------------------------------------------------------------------------------------------------
諸事情により広告が入るようになりましたが、広告内容については一切関知しておりません。ご了承下さい。 

by yumimi61 | 2012-07-21 12:12