人気ブログランキング |

by and by yumimi61.exblog.jp

カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

弱者

e0126350_0521837.jpg




氷山は怖い


原発事故後、福島産の米、野菜、肉などを産地偽装し販売した会社が幾つか摘発されていますが、氷山の一角だと思います。
発覚した会社は要領が悪かったのでしょう。
そして握りつぶしてくれる権力者が付いていなかったのでしょう。
生贄になったのかもしれません。


以下は考えられる偽装のノウハウ。
帳簿の改ざん。生産地ではなく中間業者の所在地を産地とする。汚染家畜を移転させ移転先産にする。産地を国内産と暈す。商品をブレンドする。店頭表示と陳列商品を(うっかり、しっかり)間違う。


食品の偽装は原発事故後に始められたものではなく、だいぶ以前から様々な食品で繰り返し行われてきました。
過去にはこんな事件もありましたね。
事故米不正転売事件
事故米穀が複数の業者によって国内産やアメリカ産、熊本産などに産地偽装されて流通した事件。
元は外国産米を政府が買い上げた政府米だったのです。
事故米穀は様々な商品に化けて学校や保育園、病院の給食にも使用されていました。



給食に牛乳は必要か


給食はやはり心配の種です。
選択の余地がありません。出される物をいただくしかないのです。
育ち盛りだからハンガーストライキも出来ない。
1人だけお弁当持参ではいじめられるかもしれない。
食品を心配したっていじめで死なれたら元も子もないですからね。

次男は原発事故直前まで家でも牛乳をよく飲む子でしたが、事故後は牛乳を買うのをやめました。
でも給食には毎日牛乳が出ます。

昨年の中頃、飲み物に含まれる放射性物質を調べてみました。
インターネットのあった情報なので精度の確かさは不明ですが、自分で計るわけにいかないので参考にしました。
その中に次男が給食で飲んでいる牛乳の会社もありました。
東毛酪農という会社の牛乳です。

元々私はこの会社の低温殺菌牛乳が大好きだったのです。すごく美味しい。
給食の牛乳がここの牛乳であることを幸せに思っていたくらい。
けれど残念ながら私が見た調査では放射性物質が検出されていました。
他の牛乳に比べると比較的高い値でした。
それを見せて次男にも話しました。
その後しばらくして訊いて見た時には「牛乳は残している」と話していましたが、それから1年近く経ったので現在は分かりません。
こちらにはその東毛酪農牛乳の取り扱いについて書かれた記事が載っています。



米の管理方法


これは先日載せた佐渡産のコシヒカリの表示。
e0126350_0202840.jpg

e0126350_0204782.jpg


こうした米袋には生産者名は書いてありません。産地のみ。
詳しく記載されているのは販売者です。
これが定められた記載方法のようです。
上記の米の場合、産地が新潟県佐渡市で、販売者は新潟県魚沼市十日町の会社です。
この米は産地と販売者がともに新潟県ですが、私がこの近辺のス―パー等で見る米はほとんど同一県ではありません。
産地はそれぞれでも販売者は群馬県内の会社、もしくは埼玉県など近県の会社ということが多いのです。
東北産の米も九州産の米も販売者は同じなのです。
米専門店などではこうした袋には入ってないものもあり、木箱に玄米が保存してあって量り売りしていたりもします。
販売者というのは精米した業者や5キロや10キロという小袋に袋詰めをした業者です。
いろいろなお米を扱うと(うっかり、しっかり)間違いやすいから注意しないといけません。
医療ミスなら大事(おおごと)になります。
もしも汚染米を一緒に保存していたら、、、うーんどうなのかなぁ。
精米機もやはり同じものを使うのよね?







2012年2月27日より目次を作りました。2012年2月~7月分の目次、 8月からの目次


-----------------------------------------------------------------------------------------------------------
諸事情により広告が入るようになりましたが、広告内容については一切関知しておりません。ご了承下さい。 

by yumimi61 | 2012-09-10 01:01