人気ブログランキング |

by and by yumimi61.exblog.jp

カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

機宜*33

e0126350_16485930.jpg




スパイクの事例

この時の陸上部保護者会でスパイクの件に触れた。
仲が良すぎるということに関しての一例として。
「皆に同調して新しいスパイクを欲しがった。しかも一点のスパイクを指定しての欲しがりかただった。息子は当時スパイクの種類に詳しくはなかったので詳しい子の影響だと思う。すごく欲しがって駄目だと言ってもなかなか聞いてくれなかった」と簡単に話した。

これに答えたのが保護者会会長であった。
「うちでは父親と一緒に陸上のカタログを見たりして決めている」
「欲しがったら、'じゃあ次の大会で良い記録が出せたらね~'と言う」

私はさらに気になった。
そういう家庭があってもいいけれども、それを標準と考えることには問題があると思った。
全ての親が皆、陸上競技や部活に熱心であるとは限らないし、「一緒」にという環境にない子だっているはずである。
大会で良い記録が出せたらという条件もどうだろうか。
「良い記録が出せる子はそれでいいかもしれないけれど、良い記録を出せる子ばかりではないと思う」と私は言った。

それがうちの息子のことだと思ったのか、「でも〇〇君(次男)だって速くなってきたでしょう。高校になっても続けるようなことも言っていたし」と慰めて(?)くれた。

「確かに陸上が好きで一所懸命やっている。でもうちの子はスパイクを友達に借りている」
私のこの一言に教室内の空気が凍てついた。
ざわざわこそしなかったが、多くの人がそれに驚いているようだった。その気配に包まれた。



空気が凍てついたのは何故?

問題発言はおそらくこれだ。
「うちの子はスパイクを友達に借りている」
他の人はこれをどのような意味に取ったのだろうか?
こんな感じではないだろうか。

 ・えええ~あの人の家ってスパイクも買えないほど貧乏だったの・・・。

 ・あの人ってスパイクを買うことも無駄使いだと思っているんだろうか。

 ・必要なスパイクも買ってやらない鬼親だったとは。子供が可哀想。

 ・友達の大事なスパイクを借りるなんて無神経すぎる。

 ・スパイクを借りることが偉いことだ思っているのか。いやはや。

 ・何もかも非常識。

 ・それをここで言うか。


3年のある保護者が私に言った。
「スパイクは自分の足に合ったものを履く。それは足を守るために必要なことだと思います」
これは、スパイクを買うことは無駄遣いや格好つけではなくて、子供が競技をする上で最小限必要な事であるという趣旨であろう。

私は「その時にスポーツ店でも今は買う必要がないと言われた。スパイクにも競技場用・土用、トッラク用・フィールド用などいろいろ種類がある」と反論したが意図は伝わらなかったかもしれない。
スパイクへの解釈などいろいろと誤解があると感じた。


しかしこの場は、私の講演会でもなければ、事例検討会でもない。
「どうしたらいいのかなぁ」と会長は言ってくれたけれども、私は息子がスパイクを欲しがった際の対処法を広く皆さんに求めていたわけでもない。



中体連を終えて

中体連夏季大会が終わると3年生は部活動を引退する。
その時期に慰労会が催された。
陸上部の慰労会は例年、保護者の参加は役員のみだと聞いていた。
呼ばないのか来ないのかは分からないが、息子に訊くと顧問も来ていないということだった。
3年生への慰労ということだろうか。

この慰労会の前に2012年度3回目の保護者会が持たれた。(4月、7月、8月)
前年までは、1年生部員が入る新年度の春と、3年生引退により部長(及び会長)が交代した後の夏か秋、年2回の開催だった。
サッカー部もそうだった。
交代後の保護者会は引退した3年の保護者は集めていなかった。
しかし陸上部の昨年8月の保護者会は何故か3年保護者も対象だった。
今後の活動については3年保護者は直接関係はないはずである。(1,2年生部員に兄弟がいる人以外は)
関係のあったことと言えば、慰労会のことだけ。
しかし慰労会の通知は保護者会前に連絡網で回っていた。(役員だけでなく保護者からも参加を募っていた)


3度目の保護者会では、慰労会において3年生に配布する記念品の集金があった。
慰労会の集金は当日集金で、子供のみ参加の場合は子供に持たせることになっていた。
我が家は子供のみの参加だった。

また保護者会にて、慰労会の後に会長宅で二次会をするので参加してくださいとの呼びかけがあった。
子供だけでも行くとなれば送迎しなければならない。
私は会長宅をよく知らなかったが地図などはどこにも明記されていなかった。



記念品

3年生への記念品についてはここにも書いた。
サッカー部は卒業記念として卒業時に渡していたが、陸上部は引退時に渡していた。
3度目の保護者会で記念品であるタオルが紹介され、保護者会資料には領収書が添えられていた。


正直、私はとても驚いた。
タオル一枚が6000円近かったのである。(下手すればスパイクが買える・・)
明細にはさらに驚かされた。
タオル自体は600円程度だったのである。
ブランドスポーツタオルは600円では買えない。
見本が提示され分かった。
子供達が好むようなスポーツブランドではなく無地のカラータオルだったのだ。
それが6000円近くにもなる理由は刺繍代。
しかしその記念品には学校名も部活名も入っていない。
私は言葉を失った。


e0126350_16322669.jpg

e0126350_16325033.jpg

by yumimi61 | 2013-02-20 16:58