人気ブログランキング |

by and by yumimi61.exblog.jp

カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

機宜*35

e0126350_15102337.jpg




喪中葉書とOld FriendとMの死

陸上部の慰労会の翌日だったか翌々日だったか、慰労会で撮った部員の集合写真を保護者会会長がわざわざ自宅まで届けてくれた。
昨年8月のことである。

喧騒の夏が終わり、師走に向けて街が走り始めた11月の下旬、近隣のあるお店でばったりと会長と出くわした。
8月に自宅で会って以来だった。

私はその日、アートとクラフト専門店JOYFUL-2に喪中葉書のサンプルを見に行ったのだった。
5月に夫の父親が亡くなっており喪中であったからだ。
店員さんに納期などの説明を聞いてパンフレットを貰った。
その後に、同じ店内にある「Old Friend」というBritish Antiques を扱っているお店に立ち寄った。
そのお店の店頭で偶然に行き会った。私は出るところで彼女は入るところだった。
そこでそのまま子供の受験の話など立ち話をしていた。
すると「Old Friend」の店員さんが私のそばに来て話しかけてきた。
「これ落としませんでしたか?」
店員さんの手にあったのは喪中葉書のパンフレット。
私が落としたものだった。


次男の同級生のMが事故で亡くなったのは、この日の夜のことである。
もっとも、私がそれを知ったのは翌日になってからだったけれども。



真夜中の接触事故

Mが亡くなったと知った日の夜、夫がなかなか帰って来なかった。
なかなか帰って来ないと言っても、普段から帰りは遅いが、その日はいつもよりかなり遅かった。
Mのことがあったので少し胸騒ぎがした。

夫はその夜、会社からの帰り道に事故に遇っていた。
対向車がセンターラインを越えて反対車線に走ってきたため接触したのだという。
幸い怪我はなく、車の損傷も運転席側のサイドミラーがそっくり落ちただけだった。


相手は20代の男性で、ひと月前に心の病にて会社を解雇されたという人だったそう。
当日も風邪薬だか安定剤を飲んで運転しており、事故後も本人は朦朧としていて話にならなかったので、親を呼び出して事故処理するに至ったという。
隣市に住んでおり、親にはコンビニに行くと言って家を出たらしい。

ひとつ間違えば大変な事故になる状況であった。



階段から落下

Mの死を知った2日後の朝の出来事。
家の階段から物凄い音がしたので慌てて見に行くと、次男が階段から落下していた。
上から下に降りるときに足を踏み外したのかと思ったら逆だと言う。
上に駆け上がっていたそうだ。
上の方で踏み外し落下したが、途中で手すりにしがみ付き一番下までの落下は逃れたらしかった。

彼は15年ここに住んでいるが、階段から落下したのは初めてだと思う。



Mの写真

Mが「FCおおたジュニアユース」のメンバーだったことはこちらに書いた。
「FCおおたジュニアユース」のホームページの選手紹介というところにはメンバーの名前と顔写真が掲載されている。
U-15、U-14、U-13は学年で、U-15は中学3年生、U-14は中学2年生、U-13は中学1年生である。
事故の報道があった日にはU-15にも選手の名前及び写真が掲載されていた。

報道後に名前を検索した人もいるらしくネット内ではサッカー少年であるという情報も流れており、掲示板サイトには「FCおおたジュニアユース」のホームページのアドレスも貼られていたそうだ。
そのせいだろうか、報道の翌日にU-15だけは削除されていた。
下の学年も削除したのだろうと思い確認してみると、下の学年はそのままになっていた。
掲載していたものを削除するなら全学年分を削除したほうが良かったのでは?
それとも引退や卒業に紛れようということだろうか。

by yumimi61 | 2013-02-21 15:11