人気ブログランキング |

by and by yumimi61.exblog.jp

カレンダー

器官29

e0126350_0552253.jpg


e0126350_0563278.jpg


下の「ドロップ・サウンド ファクトリー・ショールーム」は上のようなお店になっていた・・。
前にも書いたが、震災前日の2010年3月10日に載せた写真も「ドロップ・サウンド ファクトリー・ショールーム」だったのである。

トイズファクトリーやカリントファクトリーも「ファクトリー」。
発祥はアンディ・ウォーホルが使った「FACTORY」だろうか。







幻想と物質

こちらの記事で、『幻の少年』(集英社)という本の最後にある注釈を紹介した。
今日はその注釈にある伏せ字が使われている話を転載する。

[FRAGMENT12] FILE 001-01-22

いったい僕は何処に行こうとしているのだろう。
とにかく僕は行かなくちゃ。行って確かめるんだ。
まさかここまで来てそれはなかったなんてことにはなりはしないだろう。
君の浮気現場を見た時より興奮する。
それでもあの時はさすがに参ったよ。
二人連れの男達と裸で抱き合っている様は犬以下だったね。
君が盛んに口を酸っぱくして言っていた僕に対する気持ちやらは全部嘘。
それが言いたくていがみ合っていたのだろうね多分。

通りを歩くと雨が僕に向かって突き刺さった。
黒いズボンの裾はもう濡れてしまった。
折り畳まれた女物の傘が上手く開かない。
欲求の捌け口に僕の正義を犠牲にする人為的な未来を撥ね退けるかのごとく勢いを衝けて傘を開いた。
ふざけるな。
そう言いたいのはこっちの方だ。
おまえらを絶対に許すわけにはいかない。
ナイフは持った。
ポケットにそれを確かめてからもう一度足を踏み出した。
財布の中の小銭がじゃらじゃらいって重く耳障りだ。
雨が確かに囁いている。
ハヤクニンゲンニモドレ。
時折それに風があいのてを入れるが何のことなのか聞こえはしない。

バス通りに出てからしばらくタクシーを待った。
雨の中に通り過ぎていく車の群は飼いならされた羊に似ている。
獄死前に明日を思う奴なんて居るものか。
羊はもくもく恨んでいる。
二台のタクシーに乗車拒否をされ、今度来たタクシーが止まらなかったら石を投げてやろうと思った。
人生ハッピーに生きなくちゃ。
だったら善意を無にするやつらの犠牲になる前にやり返してやる。
協調性なんて真面目な面の皮かぶったやつらの嘘だ。
嘘ついて人を傷つけられないといけないのなら、とことん真っ直ぐ生きてやる。
それぐらいやって何処が悪い。
おいそこ歩く少年おまえは切られるで。女なんか信じるなよ。
分かってんのか。ならいいんだけどよ。
露出気××のクソ女臭いから歩くな。
信号で止まった車の中から睨んでいるのは気のせいなんかじゃない。
僕には確かに聞こえる。
クスリヤッテンジャナイノカ。



伏せ字の前に「気」が入っているおかげで、××に入る文字はだいたい想像できる。
それはそうと、どうでしょうか、この文章を読んでの感想は?


「[FRAGMENT12] FILE 001-01-22」を読んで  

私は、尾崎さんは実際に浮気現場を見たことがあるんだと思いました。
彼が垣間見せた愛は必ずしも嘘というわけではなく、「普通の生活の中にある、ごくあたりまえの幸せ」のために彼女を必死に愛そうと努力していたんだと思います。
でも上手くいかなかった。おそらく。
積み上げようとした愛は打ち砕かれていった。
彼にとって最も酷い形で、屈辱的に。
普通の愛を守るべき人は彼の想いが不通な場所にいたのでしょう。
愛ってなんだろうと時々考えます。
犠牲の数や量の大きさが愛を決めるのでしょうか。
諦めの境地に至った心境を寂しさ紛れに愛と呼ぶのでしょうか。
波のない海は平和や愛の象徴ですか。
人と人の気持ちがまるで一致することは可能でしょうか。
違うことを違うということはいけないことですか。
我儘と愛の違いは何でしょう。

愛なんて幻想 欲しかったのは物質 たとえそれが真実だとしても
欲しかったのは幻想 愛は物質 たとえそれが真実だとしても

愛なんて幻想 そういう君もまた
欲しかったのは物質 そういう君はもう




端と端

露出好きな人は多々いる中で彼女だけを思い出してしまうのは大変申し訳ないと思うが、Mr.Childrenの桜井さんの奥様となった吉野美佳さんを思い出す。
深夜の放映とはいえテレビ番組のカメラの前で自ら股を開いてパンツを見せてしまうこの映像は女からすると引いてしまう。(今は年齢制限かかっているけど、以前はなかったの)
相手の男性が白衣を着て医者風なのが尚のことイメージを悪くしている。
あ、そうだ、ガガ様のこれもあったね
彼女を思い出してしまうもう1つの理由は、尾崎豊さんの『Scrambling Rock’n’Roll』という歌の詞に「ぎりぎり」という言葉が使われているから。

寂しがりやの君の名前すら 誰も知りはしない
Scramble交差点では 心を閉ざし解りあうことがない
どんなふうに生きてゆくべきか わかってないねBaby
君の恐がってる ぎりぎりの暮しなら
なんとか見つかるはずさ

奪いあいの街角で 夢を消しちゃいけないよ
見栄と偏見のふきだまり
気をつけて まっすぐ歩いてほしいよ


君の恐がってる「ぎりぎりの暮らし」というのは、2つの意味がある。
食べていくのが精一杯な感じのぎりぎりと、てっぺん(頂上)のぎりぎりのこと。
「ぎりぎり」にも端と端がある。縦にすれば上と下ということになる。
それが交差するスクランブル交差点。

吉野美佳さんは1992年頃に「ギリギリガールズ」というセクシーグループでデビューしたというから、この曲が作られた時には「ギリギリガールズ」は存在していなかった。
だけど桜井さんが尾崎さんの歌を歌ったりしたものだから、「ぎりぎり」が吉野さんや桜井さんを彷彿とさせるようになった。
「ギリギリガールズ」のデビュー曲が『ホノルル・ルビー』だったとは今日の今日まで知らなかったけれど。



ぎりぎりなお仕事!?

こちらの方も「ギリギリガールズ」のメンバーだった方と書いてある。
私は「ギリギリガールズ」を全然知らなかったので、この方が本当にメンバーだったのかどうかも分からないけれど、合っているのかしら?
お相手は男性ではなくて森口博子さんらしいけれども、なぜかマイケル・ジャクソンに扮しているそう。
いったいどういう設定なのかしら?

森口博子さんは第一プロダクションに所属していたようで、群馬県(共愛学園)出身の松本典子さんも同じだった。
ビートたけし(北野武)さんのマネージメントをしていた方が育成に関わったと記されている

私の夢ノートに「ビートたけしの」と書いてあっただけに気になるところ。

第一プロダクションは、松本典子さんのファンだった方に電話で「ドラマのお仕事しませんか?」と声をかけたらしい。
で、そのファンの方によれば、松本典子という芸名を本人は泣くほど嫌がっていたとか。
本人はサミーが良かったらしいけれど、まあそれはそれで微妙かもしれない。
でもなぜ「松本典子」なんだろうとは思った。あまり芸名っぽくない。
当時私は典子といえば、『典子は、今』の典子さん(現在:白井のり子さん)を思い出した。
典子さんはサリドマイド被害者だった。
私はこの映画を確か文化会館大ホールで観た。









by yumimi61 | 2013-08-20 15:11