人気ブログランキング |

by and by yumimi61.exblog.jp

カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

器官92

e0126350_138549.jpg




日本国憲法にみるアメリカと日本

第二次世界大戦において日本は敗戦国となった。
一方アメリカは戦勝国である。

先日こちらでリンクしたサイト内の動画の中で路上でインタビューを受けた人が憲法に触れていた。
「兵隊を出せと言っても日本は兵隊を出せない。憲法で決められているわけだから。その憲法を作ったのはアメリカでしょ。だからアメリカも知らないわけないでしょう。それなのに兵隊を出せって言うことはつまり、(兵隊を出せない日本を)困らせて金をふんだくろうというアメリカの汚いやり方でしょう」

現在の日本国憲法は敗戦(1945年)後に作られた。
1946年11月3日に公布され、1947年5月3日から施行された。
今日まで一度も改正されていない。
そのため原本は歴史的仮名遣いであり旧字体を使用したものだということである。
現在一般に目にする憲法は読みやすく直されたものである。


敗戦後に作られたため、上記のようにアメリカが勝手に作った憲法を日本に押し付けたと思っている人が非常に多い。
日本国憲法は誰が作ったのか?
GHQが関わったことは間違いないが、関わり方には幾つかの解釈があるようだ。
注目すべきは日本国憲法の制定には「アメリカの対共産主義戦略」があったという視点である。


それからもうひとつ気になるのが言葉の壁である。
日本とアメリカでは母国語が違う。日本語と英語。
その両国で文章をやり取りする場合には翻訳という作業が間に入る。
つまりそれは両方の文章を理解できる人が限られてしまうということである。
また誤訳や解釈の違いを生じやすい。
文法的な問題だけではなく言葉には意味があり、文章には意図するものがあって、それらは国家及び個人の背景に支えられる。


論点のすり替え

園遊会での直訴状事件では、群がるハイエナのごとく、「天皇の政治利用」 が問題視された。
私はこれが「天皇は政治に関与できない」という考えを人々に強烈に植え付けるためのPRのように見えた。
だからこれを書いた
天皇は政治に関与できなくなんかない。関与できる。
ただ、「国政に関する権能を有しない」だけなのだ。

あの一件でとても嫌らしく思ったのが、「天皇の政治利用」という見出しである。
国会議員が天皇を利用することが良いか悪いかと言ったら悪いであろう。
天皇は国政に関する機能を有しないのだから。
有しているのは直訴した本人である。
だけど一般の人の意見などを読むと、「関与」と「利用」がまぜこぜになっている印象を受けた。
「天皇の政治利用は問題がある」という文に、「天皇は政治に関与できない」という意味を含んでいる人が多くいたのである。
「関与できない」と直接書いている人もいた。


ニュースや政治家は「天皇陛下の政治利用になりかねない」「皇室の政治利用になりかねない」と危惧した。

「政治利用」とは-祭事(天皇など)や大衆イベント(世界的イベント、国民的行事など)を政治に利用すること。

「政治利用してはならぬ」の根拠となる法律は何なのか?
「日本国憲法が禁ずる天皇の政治利用」と言っていた人が多かったけれど、日本国憲法にそのような記述はない。
それが分かっている人は、「日本国憲法の精神に反する」「日本国憲法で禁じられると解釈される」などといった言い回し使用していた。
個人の解釈の問題であるから、今回のケースの山本氏を罰することなど出来ないであろう。
慣例を根拠にできるかといった程度である。

天皇も国会も政治に関与できるのであるから、政治利用がいけないのであるならば、「天皇(皇室)が園遊会を政治に利用する」ことも「国会や内閣(議員や閣僚)が園遊会を政治に利用する」こともいけないのである。
園遊会に国会議員が招待されることも政治利用になりかねない。
天皇(皇室)が支持を得るためのロビー活動と解釈することも可能だから。


また、政府主催の「主権回復・国際社会復帰を記念する式典」に両陛下が臨席し、安倍総理らが天皇陛下万歳と唱和したことや、オリンピック招致に皇室を利用したことと比較して、政府は山本氏を非難する資格はないとの声もあった。
非難する資格はない、そうその通り。
非難する必要がないと言ったほうが正確かもしれない。
上記のとおり、日本国憲法から見ればどちらもOKということ。
オリンピックにはオリンピックのルールもあるだろうけれども、それはこちらに書いたことがある
オリンピックで政治的パフォーマンスをしてはいけないとオリンピック憲章に謳われているそうだ。
でも国家間の合意による憲章ではなくて私的に定められたものに過ぎない。
実際にどんな文章なのか分からないけれど、オリンピックに政治を持ち込んではいけないということではないのだと思う。
招致活動には各国とも政治家が投入されているし、政治的にボイコットされたこともある。
オリンピックは政治ではなくスポーツの祭典だから皇室の方が招致活動したところで何ら問題ということになる。

もしも天皇や皇室の政治利用がいけないのであれば、他国の元首や政治家とは会うべきではないだろう。



英文と日本語文の比較

Article 1.The Emperor shall be the symbol of the State and of the unity of the people, deriving his position from the will of the people with whom resides sovereign power.

第 一条 天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であつて、この地位は主権の存する日本国民の総意に基く。


Article 2.The Imperial Throne shall be dynastic and succeeded to in accordance with the Imperial House Law passed by the Diet.

二条 皇位は、世襲のものであつて、国会の議決した皇室典範の定めるところにより、これを継承する。


Article 3.The advice and approval of the Cabinet shall be required for all acts of the Emperor in matters of state, and the Cabinet shall be responsible therefor.

三条 天皇の国事に関するすべての行為には、内閣の助言と承認を必要とし、内閣が、その責任を負ふ。


Article 4.The Emperor shall perform only such acts in matters of state as are provided for in this Constitution and he shall not have powers related to government.
The Emperor may delegate the performance of his acts in matters of state as may be provided by law.

四条 天皇は、この憲決の定める国事に関する行為のみを行ひ、国政に関する権能を有しない。
天皇は、法律の定めるところにより、その国事に関する行為を委任することができる。


Article 5.When, in accordance with the Imperial House Law, a Regency is established, the Regent shall perform his acts in matters of state in the Emperor’s name. In this case, paragraph one of the preceding article will be applicable.

五条 皇室典範の定めるところにより摂政を置くときは、摂政は、天皇の名でその国事に関する行為を行ふ。この場合には、前条第一項の規定を準用する。


Article 6.The Emperor shall appoint the Prime Minister as designated by the Diet.
The Emperor shall appoint the Chief Judge of the Supreme Court as designated by the Cabinet.

六条 天皇は、国会の指名に基いて、内閣総理大臣を任命する。
天皇は、内閣の指名に基いて、最高裁判所の長たる裁判官を任命する。


Article 7.The Emperor, with the advice and approval of the Cabinet, shall perform the following acts in matters of state on behalf of the people:

七条 天皇は、内閣の助言と承認により、国民のために、左の国事に関する行為を行ふ。



日本国憲法の原文だという英語はこちらのサイトからコピーした。


合ってる?(訊くな?)(分からない?)

いまいちよく分からないのが「国事」。(日本語か!) 国事って何?
「matters of state」が「国事」と訳されているけれど、アメリカ人の考える国事って何?


天皇が行う国事には内閣の助言と承認が必要と謳われているが、「内閣総理大臣の任命」と「最高裁判所の長たる裁判官の任命」は国事に含まれていない。(6条に単独記載)
天皇が行う国事は7条に列記されている。(上記コピーでは省略した)
それから、天皇の国事に助言と承認をし責任を負うのは「内閣」(行政)であって、「国会」(立法)ではない。(3条、7条)


憲法の口語化を担当したのは作家で国会議員でもあった山本有三であったという。
こちら毎日新聞によれば、憲法はGHQ主導で作られ、内閣が草案を片仮名・文語体で発表したそうである。
その後に山本有三により口語化された。(但し、前文から戦争放棄の9条までらしい)
三島由紀夫はこの口語訳が気に入らなかったのか?



Do the right thing!

4条の「国政に関する権能を有しない」の「権能」という言葉は英文では「powers」となっている。

憲法では「権能」という言葉が2カ所で使われている。
上記4条と、94条である。

第九十四条 地方公共団体は、その財産を管理し、事務を処理し、及び行政を執行する権能を有し、法律の範囲内で条例を制定することができる。

94条の「権能」は英文では「the right」である。

「権能」とは― ①法律上、ある事柄について権利を主張し、行使できる能力。公の機関の権限についていうことが多い。②ある物事をすることのできる資格。

「power」という言葉は4条以外に4カ所使用されている。
77条と78条の最高裁判所に関する記述中で「権限」と訳されている。
83条の国の財政処理に関する記述でやはり「権限」と訳されている。
「powers」ではなく「power」と「the power」。

そのほかにも「competency」と「function」という単語が「権限」と訳されている箇所がある。


余談だがオバマ大統領夫妻が結婚する前(初デート)で観た映画は『Do the right thing/ドゥ・ザ・ライト・シング』だそうだ。(本当?)
「the right thing」というのは「右派」か「左派」か。
「正しいこと」か「相応しいこと」か。
それとも「権利」?
タイトルだけで選びました。みたいな?



by yumimi61 | 2013-11-18 13:13