人気ブログランキング |

by and by yumimi61.exblog.jp

カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

甍(いらか)百十一

e0126350_043392.jpg




STAP細胞の続きです。

後述(1)~(3)まではこちらを参照
後述(4)はこちらを。
後述(5)はこちら
後述(6)はこちら
・決定的な捏造証拠として、マウスの種類と緑色蛍光、キメラマウスに関わる3種類のマウス
・墓穴を掘り、捏造をさらに裏付けることになった第三者機関による遺伝子解析と若山会見
言い訳にならなかったNHKスペシャルと戻し交雑の深い意味合い
論文共著者(理研CDB副センター長)の自殺という展開
毛の色にみるキメラマウスの怪しさ
GFP導入マウスとトランスジェニックマウス安定供給への疑義及び不可解さ
遺伝子導入の難しさとGFPのホモヘテロ・優性劣性問題
マウスの杜撰管理と遺伝子組換え生物の拡散防止措置について。
導入遺伝子の怪しい定義と4匹のマウス(無視された3匹のマウス)。
鍵は胎盤~評価法自体が在り得ないという事態~
iPS細胞・STAP細胞と体細胞クローンの深い関係
iPS細胞とSTAP細胞はライバルに非ず

下記「STAP実験・STAP騒動で私が受けた主なる衝撃主なる衝撃」部分は重複しています。

STAP実験・STAP騒動で私が受けた主なる衝撃

●STAP細胞が幹細胞ではなかったこと。 
自己複製能が無く細胞分裂しないということであるから、STAP細胞には多分化能はない。胎児にも胎盤にもなれないのは明確。にも拘わらず「生殖細胞を含む全ての細胞に分化する能力を持っていると明確に示された」と報告されていた。


●幹細胞ではないSTAP細胞からキメラマウスを作製。STAP由来の胎仔と胎盤をできたこと。 
上記の理由でありえない。だからなのか、「単一細胞(トリプシンでバラバラにする)」から「小分けブロック」にすることで可能になった、その技術は若山氏ならではのものと語られた。この方法や文言には非常に強く作為的なものを感じる。


●全身グリーンマウスを喜んでいること。
Oct4-GFPマウス(分化した細胞は蛍光しない)とCAG-GFPマウス(最初から全ての細胞で蛍光するように操作されている)のどちらのマウスが使用されたとしても、全身が蛍光したことを喜ぶのはおかしい。喜ぶ意味がない。


●グリーンな胎仔と胎盤の画像撮影。拍動している画像もあった。
どうやって撮影したのか?またマウスは多胎妊娠があたりまえな生物なので、通常は着床成功率を上げるためにも複数の胚を移植すると思う。画像で指し示された胎仔・胎盤は1つだけであった。


●小保方氏が幹細胞樹立は苦手で全く関与していないと述べたこと。
培養が出来ないと言っているようなもので、世紀の科学者のごとく持ち上げられた報道も然ることながら筆頭著者であることへの疑問あり。前段階の実験に携わっており本当に実験が成功していたとしても彼女の貢献度は極めて低い。・・・※後述(1)


●Oct4-GFPマウスを使って実験を行ったと述べられていたのに、その後(検証実験やマウス解析報告など)にCAG-GFPマウスだったと語られていたこと。
実験が成立しない。


●STAP細胞から幹細胞樹立(増殖性獲得)に副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)が使用された。 
副腎皮質ホルモンはリンパ球の活性を抑制する。培養中のT細胞に添加すれば死滅に至る。STAP細胞の基になったのはT細胞である。T細胞の特性を残しているならば増殖ではなくて死滅するのではないだろうか。・・・※後述(2)


●TCR(T細胞受容体)の遺伝子再構成を調べることの意味。
初期化した細胞から元の細胞を断定することが可能だろうか。断定できるならば初期化したとは言わないのでは?元の細胞を断定するにはTCR再構成を利用する以外になかった、ゆえに元の細胞はT細胞にしたという恣意的なものを感じる。(しかしそれが命取りだった気も・・)・・・※後述(3)


●初期化(一度分化した細胞が多能性細胞・未分化細胞に戻ること)の意味が曖昧。
詳細は解明されていないが相同組換えなどの遺伝子組替えでは一旦一部分のDNAがほぐれると考えられている。強固な連鎖に新たなものは入りにくいということ。ほぐれた箇所に似たものが入り込むという考えが相同組換え。そうであるならば分化した細胞が初期化するということはすべてのDNAがほぐれるということを意味する。ほぐれた全てのDNAを人為的に再構成して臓器なり生物を作製することができるだろうか?今の知識や技術ではとてもじゃないが無理だろう。(組換えの発生は人間の我儘な期待に応えるレベルにない。そこでほぐしや耐性など人為的に働きかけるわけだが現段階では相同組換えでさえ、その成功は難しい状況である。)


●異なる種の細胞がいとも簡単に細胞接着したこと。
ありえない。(理研の著名な研究者が同意してくれるはず)・・・※後述(4)


●2つ目の論文の力尽きた観。
整合性のない実験を利用して証明していたりする。・・・※後述(5)


●最後は従来から可逆性があると言われている線維芽細胞の増殖因子を用いたこと。
辻褄合わせっぽい。STAP細胞初期化はありえないという間接的な証明をしているようにすら感じる。・・・※後述(6)



遺伝子もタンパク質も化学物質である

2009年4月、アメリカ・スクリプス研究所(シェン・ディン准教授)とドイツ・マックスプランク研究所(ハンス・シェラー教授)の研究チームが遺伝子やウイルスを使わずタンパク質だけでiPS細胞を作ることに成功。Cell Stem Cellに論文掲載。「piPS細胞」と名付けた。

緑字は昨日も書いたものである。
「遺伝子やウイルスを使わずタンパク質だけで」と謳うが、遺伝子もタンパク質も本を正せば化学物質である。
化学物質は生きているとは言わない。生きているのは細胞である。細胞は高次構造をとっているという話をこちらに書いた
多くの細胞が基礎となる人間の身体の臓器や器官、組織は多種多様の相互相関関係にある。

「piPS細胞」のpはprotein(タンパク質)由来だそうだ。
小保方さんは当初STAP細胞ではなくて「P細胞」と名付けたかったそうだが、こちらはprincessからのPだそうだ。
ちなみに私は以前 「p*little by little」というブログを持っていたが、そのpはphoto由来である。

同じpでもいろいろあるから、pだけではなかなか分からない。
中を読めばproteinやphotoは想像できるかもしれないが、あの論文と実験からprincessを導き出すのは難易度が高い。
背景を知っていれば(例えばMuse細胞という細胞があったなど)、想像の範囲は多少広がるかもしれない。
しかし例えばそれが秘密情報由来だったりすれば、一般的には辿り着くのは困難であろう。

人は何かに肖るのが好きである。
その背景には無から有を生むことの難しさがある。
人は個であること、つまり孤独に弱く、何かに依存していたい、依存したほうが楽という精神を持つからかもしれない。
また意味づけしたほうが記憶に残りやすい。誕生日由来の暗証番号は忘れないが、ランダムに決めたものは忘れてしまいがち。

遺伝情報(俗に言う遺伝子)というのは実際にはAやB、毛のまだらMや緑色蛍光Gなどと書かれているわけではない。
4種類の化学物質の結合組み合わせでしかない。
見ただけでは並び方はもとよりどこにどんな情報が載っているのかなんて分かるはずもない。



個性の尊重や差別撤廃を謳う世界は差別意識に満ちた個では生きられない社会

人々は「世界」「海外」という言葉にやたら弱い。
英語と相まって日本人は余計にそうかもしれない。
ブランドへの弱さも併せ持つ。

STAP細胞フィーバーは「ハーバード大」「Nature」「世界的」「ノーベル賞候補」といった言葉が輪を掛けた。
女性が活躍していないと思い込まされている日本人にとっては「女性」であることも熱狂要素だった。
しかしそのSTAP細胞も論文への疑義が高まり、日本での評価もガタ落ちになる。
そんな時に小保方付き弁護士が出した一手は「世界中からオファーがたくさんきている」というものだった

「だから言わんこっちゃない。天才的科学者の小保方さんを海外に取られてしまう」
「論文叩いている日本なんかさっさと離れて、海外で研究を続けたほうがいい」
今回はもうそれほど効果的な一手にはならなかったが、上記のように一定数効果はあった。

この「世界」や「海外」という言葉が曲者。
この言葉に人々が抱く国々は英語圏中心の欧米なのである。
英語圏の欧米に進出できるなんて凄い!と感じるのだと思うが、ここには無意識な差別意識が潜んでいる。
実際に日本で「世界進出」「海外進出」と言う場合には、進出先がアジア圏であることが少なくない。
アジアだって世界や海外には違いないので、使用した言葉が間違っているということにはならない。
しかし進出先がアジアだと知った場合には、結構多くの人が「なんだ、アジアか」と思うのである。ここにも差別意識が潜んでいる。
日本人をアジア人と捉えているからなのか、アジアでは役不足だと思うのか、兎にも角にも二重三重の差別が潜む。
それを知ってか知らずか、使う側が意図的に「アジア」ではなく「世界」を選んでいる場合もある。

「アメリカ」や「ハーバード大」という言葉にも同じ構図を見る。
日本人が想像する再生医療研究に携わるハーバード大研究者はバリバリの白人なんだろうと思う。
しかし昨日書いたとおり、現実にはアジア人中心であったりする。
またおそらくSTAP細胞再現実験に臨んだ研究者や小保方氏へのオファーするのが関係者だと想像する人もそれほど多くないのではないだろうか。
しかしコネが幅を利かせる狭い研究や大学の世界(社会という意味、ムラ)で声がかかるとすれば、赤の他人であることは珍しい。
いわゆる上層だと思われている場所に行けば行くほどそうであろう。
例えば、小保方氏以外にも日本以外の国にもバカンティ教授に師事した人物がいるはず。
このように人々が勝手に抱くイメージと実情がかけ離れていることは多い。






by yumimi61 | 2014-09-05 15:13