人気ブログランキング |

by and by yumimi61.exblog.jp

カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

甍(いらか)百五十八

e0126350_12595371.jpg




朝日新聞の誤報

2012年の成人式の日に朝日新聞社説が尾崎豊を取り上げた。
これだけでも非難必至なのに、「尾崎豊を知っているか」(社説タイトル)などと語りかけたから殊更悪かった。

問題の社説はこちらでご覧ください。

この社説には有名無名に関わらず多くの反応があったようだ。
何故人々はそれほどまでに”尾崎豊”という記号に反応せずにはいられないのだろうか。
亡くなって神格化した人は多いが、神格化した人物というのは悪く語られることはまずなくなる。
しかし尾崎は違う。称讃以上のものがいつも付いてまわる。神格化など絶対に許さないといった有様だ。
亡くなった人物が世間にこれほどまでに嫌われることはかつてなかったであろう。
いい加減放っておいてやればいいのにと思う。

彼は反抗や反体制の象徴のように取り上げられることも多々あるが、彼を嫌いなのは体制派ばかりではなく、反体制派もすんなり彼を受け入れられないのである。
取り上げても評価はしたくないのだ。
朝日新聞の社説はそんな戸惑いを秘めているような気がする。
その朝日新聞は2007年にも同じような人の証言をもとに社説と似たような記事を書いている
戸惑いでなければ野心であろう。

尾崎豊は反体制のアイコンとして祀り上げられるものの、自衛隊駐屯地近くで暮らした自衛官の息子でもある。
息子は家庭内で暴れていたわけでもなかったし、父親は息子の理解者でもあった。
人々はそこに何を見るのだろうか。
自衛隊を右翼側で、反体制を左翼側とするならば、彼の立場は?
そのどっちつかずさが彼を嫌う理由なんだろうか。
それこそが彼が利用される理由だろうか。


嘘と友達

尾崎豊を毛嫌いするのと同じくらい人々が嫌いなのが「上から目線」というやつである。
朝日新聞の社説についても「上から目線」と書いている人が複数いたけれど、大人が若者に話しかけているんだから「上から目線」は当たり前のことだ。
そうでなくとも新聞の社説なんだから多くの人にとって「上」で当然だろう。
社説が敬語とおべっか使いまくりだったら、そっちのほうが気持ち悪いし、「社説」の体をなさない。

別に社説に限らない。人々は上から目線が大嫌いである。
何故そんなにも上から目線が嫌いなのか―私が今日まで生きてきた中で不思議に思うことの1つです。
上から目線というのは言葉遣いが関係しているのか、それとも文章の内容のことを言っているのか、態度なのか、批判や非難中傷が入るとすべからく上から目線なのか。
ただ単に相手が好きか嫌いかによる判断だろうか。
それにしても上から目線の「上」とは何なのだ?
年齢なのか、家柄や階級か、職種なのか、年収なのか(保有資産も忘れずに!)、学歴なのか、容姿なのか、身長なのか、標高か。
上から目線が嫌いな人達はそこにどんな関係を見ているのだろう。
「みな同じ」と思っているのか、それとも「おまえのほうが下だろう」と思っているのか。
どうして芸能人はお弁当を用意してもらうのが当たり前だと思っているのか。
基準は人それぞれ?
(かくいう私も次男の横柄な態度にカチッとして怒ることはよくあります。)
(保育士や小児科医は子供の目線に立つことが大事ですね!)


上から氷水

まるで何かから逃げるように足早に去った今年の夏。
それともそれはもう思い残すことはないという往生際の良さだったのか。
ひんやりとした風が頬を撫でる秋にあの騒動を思い返せば。
一発屋、ひと夏の恋、季節限定品、狂った果実、若気の至り、The Cure、アイシング、懺悔、なんちゃって修行、根性試し、チェーンメール、ワイヤードサマー、輪廻、、、
安楽死とはつまるところ自殺であり、場合によっては殺人であるがゆえ。
どことなく脱法ハーブの匂い漂う。
不治の病が死を選ぶ動機になることもあれば、そうでないこともある。
辛いのは、痛いのは、身体のみならず心も同じ。
辛さや痛さを感じる場所を身体に区分すべきか、それとも心に区分すべきか。
脳、神経、精神、そう言いかえれば説得力が増すだろうか。
診断を下すのは誰だ。投薬をするのは誰だ。決めるのは誰だ。
「しばい」はないか、自分の「いし」はあるか。
痛みや苦しみの原因除去や根絶を心底願うならば、あなたも私も殺されるに値する人間になるかもしれない。
嘆願で命や罪の重さが変わるならば司法は揺らぎ、あなたや私を殺すことが嘆願によって容認される日がくるかもしれない。



愛は地球を救う24時間チャレンジ!?

24時間以内に、氷水を被るか、100ドル(1万円)をALS支援団体に寄付する。
そして次の挑戦者を3名指名する。(下記には4名指名した方もいる)
アイスバケツチャレンジの流行とALS(筋萎縮性側索硬化症)については夏の終わりに書きました
社長はスケジュールびっしりで分単位で動いていたことなんか遥か昔のことということでしょうかね。

8月15日に焦点を合わせたアメリカの著名人のアイスバケツチャレンジ

日本のトップバッターはこの方だろうか。

生命科学ブレイク・スルー賞の創設者
 ↓
・山中伸弥教授(京都大学iPS細胞研究所所長)・・・8月17日動画公開  ⇒井上治久教授(京都大学iPS細胞研究所)



・ドリコム・内藤裕紀代表取締役(ドリコムには楽天が出資している)
 ↓
・堀江貴文・・・8月18日実施  ⇒藤田晋(サイバーエージェント社長)、 田村淳(お笑いコンビ・ロンドンブーツ1号2号)
 ↓
・GMOインターネットグループ・熊谷正寿代表(熊谷興業一族とこちらの記事に書いた)・・・8月19日実施
 ↓
・ソフトバンクグループ・孫正義社長(孫さんはFoxconnのTerry Gou氏に指名されたと言って実施)・・・8月20日実施
・楽天・三木谷浩史社長(乙武さんからも指名され、ALS理解促進チャリティーキャンペーン記者会見に参加)・・・8月21日実施
・ネクシィーズ・近藤太香己社長(ネクシィーズには光通信が出資している。またソフトバンクと関係性が強い。光通信の御曹司がタイ代理出産事件の父親

・幻冬舎・見城徹社長(幻冬舎特別企画:話題の"氷水"に幻冬舎社長・見城徹が挑戦!)・・・8月20日実施
 ↓
・熊本県出身の放送作家で東北芸術工科大学教授*小山薫堂 ⇒くまモン
・歌手・郷ひろみ ⇒北尾吉孝(SBIホールディングス)、高田明(ジャパネットたかた)、高須克弥(高須クリニック)
・エイベックス・グループ・ホールディングス・松浦勝人社長 ⇒所属アーティスト?

・秋元康プロデューサー(2005年に京都造形芸術大学の教授に就任し2007年より2013年3月まで副学長を務めた)with AKB ・・・8月20日実施
 ↓
・フジテレビ・亀山千広社長・・・8月21日実施 ⇒本広克行(『踊る大捜査線』監督)、堀義貴(ホリプロ社長)、宮迫博之(お笑いコンビ・雨上がり決死隊)
・トヨタ自動車・豊田章男社長・・・8月21日実施 ⇒志賀俊之(日産副会長)、久恒兼孝(トヨタ販売店協会理事長)、阿部修平(スパークス・グループ社長)
・落語家・笑福亭鶴瓶師匠・・・ハワイで8月20日実施
・画家・千住博(2007年より2013年3月まで京都造形芸術大学の学長でもあった)

* 東北芸術工科大学(山形県)は京都造形芸術大学と同様に細川元総理が学園長を務めていた大学。
小山氏は映画『おくりびと』(山形県舞台)の脚本家であり、熊本県のゆるキャラ・くまモンの仕掛け人でもある。


死刑執行人もまた死す

日本には死刑が存在する。
同時に冤罪も存在する。

死刑執行人のストレスは尋常でないということを何かで読んだことがある。
誰が実際に手を下しているか分からないように複数で行うそうだが、それでもその役目に選ばれた人の心労はかなりのものらしい。
人を殺そうと思って(故意に)殺せば刑法の殺人罪が適用される。
死刑執行は過失ではなく明らかに故意だろう。
死刑囚が殺されることに納得していたと考えれば、自殺関与・同意殺人罪の適用になるだろうか。
死刑執行人については殺人罪適用の除外となる旨、法律で定めているのだろうか?
同じことが言えそうなのが軍隊の兵隊である。

結局のところ物の良し悪しの基準は法律にあると言わざるを得ない。
法律に明言されていないとするならば、確固たる国家意思や巨大権力の後ろ盾のある慣習ともでも言えばよいだろうか。

人々は法律が好きだ。だから不倫なんか絶対に許さない。愛より何より法の遵守が大事。
しかし人々は法律が嫌いだ。だからみな交通規則を平気で破る。
「赤信号みんなで渡れば怖くない」というのは法律の形骸化を表した言葉であろう。
そしてある時には、人々は法を超越した人格者となる。
軍人などを「法では裁かれずとも人間として万死に値する」などと言う人もいるし、殺人犯を「良心が欠落している」と評したり、弁護士に対して「良心に背いても殺人犯を弁護するのか」などと言ったりする。
「そんな奴は死刑にしろ」と自らが裁き殺人を指図する。



by yumimi61 | 2014-11-05 15:37