人気ブログランキング |

by and by yumimi61.exblog.jp

カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

昭和 伍拾伍

e0126350_11303197.jpg


当たり前でしょ?

この橋の下は水没していたかもしれない地・・






勝てない戦いに挑む理由

昨日書いた通り、日露戦争(1904-1905)にかかった費用は、(当時の金額で)約17億5000万円。
これに各省の関連臨時経費もプラスするとおよそ20億円ほどになる。

開戦直前に日本政府が見積もった戦費は4億5000万円。
当時の日本のGNPは約30億円。
一般会計予算が約3億円。
全国の銀行預金残高がおよそ7億5000万円。

日本とロシアが一騎打ちをするとすれば、ロシアは人口でも兵力でも軍事力でも経済規模でも勝っており、冷静に考えれば敵う相手ではなかった。
膨大な戦費が掛かる上に、負ければ莫大な賠償金が課せられる。
日本は清の陥落を身近で見ていたはずで、無鉄砲な戦争突入を踏み止まるべき理由は幾らでもあった。
それでも戦争に挑んだのは日英同盟を結んだイギリスの後押しがあったからだろう。(そのイギリスは戦争に加担しなかった)
実は日露戦争は、機関銃や塹壕戦が試された戦争であり、第一次世界大戦の前哨戦とも言える戦争なのだ。
各国から観戦武官や従軍記者が送られていた。
歴史上初めて機関銃が本格的に使用された近代戦は日露戦争だったのだ。
塹壕戦は第一次世界大戦の大きな特徴であるが、そのベースになったのは日露戦争の旅順要塞攻防戦である。
見積もった費用よりも多くなったのは戦争の形態が変わったことが大きい。


日本政府は日清戦争の経験から見積もった4億5000万円のうち1/3(約1億5000万円)が外国への支払い(武器などの輸入費用)になると予想した。
当時は「金本位制によるポンドの基軸通貨体制」であった。(1850年にイギリスが確立した)
貿易でモノを言うのは金属の金である。日本銀行券では通用しない。金に代わるとすればポンドである。
当時日本銀行が所有していた金銀貨は5000万円分ほどだったという。
金銀比率が分からないが、そうとなれば最低でも1億円くらいは金兌換の基軸通貨であるポンドを調達しなければならない。
つまり外国債券を発行する必要があった。

その使命を帯びたのは当時日本銀行副総裁だった高橋是清(1911-1913日銀総裁、大蔵大臣を経て、1921-1922総理大臣)。
===発行額1億円、期間10年据え置きで最長45年、金利5%以下、担保は関税収入===



おかしくない?

日露戦争は1904年2月8日に始まった。

先日、天皇皇后両陛下がパラオを訪問された際に海上保安庁の巡視船に宿泊したと報じられ、「へ~~」と話題になっていたが、当時の渡航は船によるもので1泊どころか1ヶ月も2か月も船旅をしなければならなかったのである。
こちらの「有限会社たかはし」さんの写真を使った記事の「鉄は熱いうちに打て!?」に、第一次世界大戦の講和会議に参加する日本代表団の船旅について記した。
代表者の決定遅れと船室の改装のため到着が会議開始に間に合わなかった話である。


高橋是清はまず最初にアメリカ・ニューヨークに向かったそうで、3月下旬に1週間ほど滞在した。
これは戦争が始まってから出発したということだろうか。
短期決戦となるかもしれないのに3月下旬にアメリカにいたなんて何とも呑気な話だと思いませんか?
しかも「なんでアメリカなのよ?」という感じですよね?
ポンドが必要なんだからまずイギリスに行くのが道筋でしょう。ねえ?なんともおかしな話。

アメリカでは外債に応じてもらえなかった。
そりゃあそうです。勝算の薄い国の債券など誰が買います?
戦争に負けるということは利息だけでなく元本すら回収できなくなる可能性が大いにある。
戦争に負けて日本という国が亡くなれば、日本が発行した外債など無効になってしまう可能性もある。
自分はお金に困っていないのに他人のために一文無しになるなんて、そんな馬鹿げた話はない。

じゃあなんで途上国に投資したり、よく知りもしない国の債券をホイホイ買ったりするのか?
そうです、いいところに気が付きましたね!
そこに投入されるのがハイリスクハイリターンというギャンブル要素です。
勝算の薄い日本がもしも勝ったら、すご~くお得!!!!! という状況を作り出すのです。
(でもこれだけははっきりと言っておきます。ギャンブルで勝ち続けることはありません。お金持ちの多くは堅実です)


しゃんどうする!?

失意のまま次に向かった場所がイギリス・ロンドンであった。4月になっていた。
すでにあちこちから「ロンドンにおいても日本の公債募集は絶望的」という声が聞こえてきた。
しかし高橋には全く当てがないわけではなかった。ロンドンにそれなりの人脈があったのだ。

Alexander Allan Shand アレクサンダー・アラン・シャンド
幕末の1864年、チャータード・マーカンタイル銀行(Chartered Mercantile Bank of India, London, and China)が横浜に支店を開設した。
そのマネージャーとしてイギリスからやってきたのがシャンドである。弱冠20歳の支店長。
シャンドの父親は銀行マンではなく外科医であり、シャンドが9歳の時に亡くなっている。
1866年にシャンドがボーイに雇ったのが12歳の高橋是清だったのである。

是清は、1854年9月19日、幕府御用絵師・川村庄右衛門(47歳)ときん(16歳)の子として、江戸芝中門前町(現在の東京都港区芝大門)に生まれ、生後まもなく仙台藩の足軽・高橋覚治の養子になる。
少年となった是清は横浜のヘボン塾で学ぶ。
ヘボン塾は米国長老教会の宣教師とともに日本にやってきたアメリカ人医師ヘボンの妻が始めた塾。
長老教会の日本での教育事業の始まりであり、ミッションスクールとして有名な明治学院やフェリス女学院の源流となった。

大政奉還のあった1867年(慶応3年)に仙台藩からアメリカ留学を命じられて、勝海舟の息子・小鹿とともにアメリカに向かった。
横浜に滞在していたアメリカ人の貿易商、ユージン・ヴァン・リードによって学費や渡航費を着服され、シャンド邸でボーイとして働いていた際に飲酒を覚え、自分の旅費だけでなく同行した友人の旅費まで船中のウイスキーに化けてしまい、更にホームステイ先である彼の両親に騙され年季奉公の契約書にサインし、オークランドのブラウン家に売られ、奴隷同然の生活を強いられた。

1872年、日本政府は大蔵省紙幣頭附属書記官としてシャンドを採用。
銀行員や大蔵省官史に簿記をはじめとする事務的技術の指導を行ったり、三井小野組合銀行*の小野組倒産を受けて1874年に日本初の銀行監査を実施するなど日本の銀行業の確立に尽力した。
*三井小野組合銀行→第一国立銀行→第一銀行(朝鮮では中央銀行となる)→帝国銀行→①三井住友②第一勧業銀行を経てのみずほ銀行

シャンドは1877年にイギリスに帰国した。
日露戦争戦費調達のための日本の公債募集の主幹事となったのがパース銀行(Parr’s Bank)で、シャンドはロンドン支店長だった。
しかしそのシャンドも日本の公債募集には難色を示した。


そこまで強引ではない

シャンドは1874年に銀行監査を実施して、日本政府に中央銀行(日本銀行)の設立を勧告した。
しかし実際に日本銀行が創業したのは1882年10月10日だった。十十
1873年に国立銀行条例に基づく国立銀行が創業されたばかりだったので、その兼ね合いがあったのではないだろうか。

1853年ペリー率いる黒船が日本にやってきて開国要求した。
ここから1867年の大政奉還までを幕末と呼ぶことが多い。日本の暗黒時代の1つ(私見)。
江戸時代の終焉。(江戸時代は1603~1868年。本日リニア新幹線が記録した世界最高速度と同じ603スタートでした!)

黒船は何の予告も無しに突然やってきて強引に開国させたわけではない。
その前から何度か来航や通商打診があり、1853年の来航に関してはオランダから知らされていたともいう。
そして1853年の時も一旦はお引き取り願った。次に来たのは1年後のことだ。
幕府の主要関係者の多くは開国に反対だった。
開国とは要するに自由な貿易をさせてくれという話であり、TPPの交渉をするようなことである。
自由貿易は決して良いことばかりではないということを江戸幕府は知っていたのだ。
しかし結局、1854年に日本はアメリカと「日米和親条約」を締結し、1858年には「日米修好通商条約」を締結した。
和や親や好といった漢字が入っているが、当時列強国が行っていた不平等条約を結ばせるというものだったのである。
結局これが幕府の崩壊を招いた。

自由貿易を警戒していたにも関わらず、どうしてこういう結果になってしまったのだろう。


無料じゃないのよ、無料じゃ。(付け忘れ?)

ここでまたまた貴族に登場してもらおう。ベアリング家である。
1717年にドイツのブレーメンからイギリスに移り住んだ。
1763年にベアリングス商会(後のベアリングス銀行)を創業した。世界初のマーチャントバンクである。
マーチャントバンクとは貿易手形の引受業務と外国証券の発行業務、投資管理を中心とした金融機関。
大航海時代を経てのイギリスの植民地政策を支援しつつ、世界的な金融銀行システムが確立されるまでの貿易を支えた。
またナポレオン戦争(1799~1815)において多くの国々の資金調達を手助けし、莫大な利益と信頼を勝ち取った。
この時代に世界最大ロンドン金融センターに君臨していたのはベアリング家だったのだ。

1810年にベアリング家始祖でベアリングス銀行創業者のフランシス・ベアリングが亡くなり、代わってロンドン金融センターの支配者となったのがロスチャイルド家の三男(始祖の息子)ネイサンである。
イギリスロスチャイルド家はナポレオン戦争の戦費調達のために政府が発行した公債を仕手株にして大儲けしたそうだ。
しかしこれでベアリング家が没落したわけではない。
ロスチャイルド家とベアリング家は同士としてライバルとして共に拡大していった。

イギリスの繁栄には植民地インドの貢献も大きいわけだが、ベアリング家の始祖はイギリス東インド会社の社長を兼務していたこともある。
この東インド会社というのは自ら外国為替業務を行っていた。
外国為替とは異なる通貨の国において金銀貨を用いない決済方法であり、貿易などの支払の手段として用いられる。
イギリスは金本位制とポンド基軸通貨を確立させて金貨を集めるのと並行して、金銀貨を用いない決済を植民地銀行・自治領銀行・イギリス系海外銀行などを介して世界中に確立させていった。
東インド会社がインドで持っていた利権は植民地銀行誕生とともにロスチャイルドに移った。
世界の巨大な財閥は戦争と自由貿易とそれに伴う為替業務が誕生させたと言ってもいいだろう。

ベアリングス銀行は、早い段階でアメリカの将来性に目をつけてアメリカ進出を行った。建国されたばかりのアメリカ合衆国のロンドンにおける代理人となり、1803年にはアメリカがフランスからルイジアナを買収できるよう取り計らい、その代金であるアメリカ政府債の発行の引受を行っている。

ベアリングス銀行が1860年から1890年までにアメリカ・カナダに行った融資額は5億ドルに達した。19世紀中にはベアリングス銀行は英国マーチャントバンク界においてN・M・ロスチャイルド&サンズと双璧する存在となり、世紀の終わりには英国王室御用達となって「女王陛下の銀行」the "Queen's Bank" とまで称された。


先日もリンクしたこちら
1838年にロンドンで「ジョージ・ピーボティ&カンパニー」という会社が設立された。
これはアメリカのジョージ・ピーボディという人が「ブラウン・ブラザーズ」を通じて、ネイサン・ロスチャイルドの代理人となったといういうことなのだが、「ブラウン・ブラザーズ」のブラウン家はベアリング家の親戚で、ハリマン家とも事業を合併した。

つまり何が言いたいかといえば、黒船来航と開国要求はベアリング家やロスチャイルド家やハリマン家やブラウン家の意向だったのではないかということ。
ところで階級社会には財閥貴族のさらにその上があることをご存知でしょうか?ご存知ですね。
自由を謳って世を渡り成功しながら、有り余る財産を手にしながら、何故階級やファミリーなどという古臭く窮屈なものにいつまでも拘り続けるのか。
それはそう財産、要するにお金、お金の儚さや空しさを知っているからではないでしょうか。
お金では買えない価値がある。この階級、プライスレス。


開国によって解放された日本の港には外商が進出し、それを追うように1863年から外国銀行が進出した。
 ・ボンベイ(ムンバイ)に本店があったセントラル銀行(Central Bank of Western India)
 ・シャンド支店長のチャータード・マーカンタイル銀行(Chartered Mercantile Bank of India, London, and China)
 ・ボンベイ(ムンバイ)に本店があったインド商業銀行(Commercial Bank of India)
 ・オリエンタル銀行(Oriental Bank Corporation)
 ・ヒンドスタン銀行(Bank of Hindustan, Chinaand Japan, Limited)
 ・香港上海銀行
3年余りの間にこれだけの外国銀行が横浜に設立され、外国為替や貿易金融がほぼ独占的に取扱われていた。





by yumimi61 | 2015-04-21 12:29