人気ブログランキング |

by and by yumimi61.exblog.jp

カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

子供の日

e0126350_13104133.jpg


「子供の頃に自転車で転んで作った傷だよ」
あなたの膝にうっすらと白い跡

どんなことに夢中になって
何を追いかけて
誰が好きで
何に泣いたの

聞いたら聞いたで
そこに私がいないことが
ちょっぴり悔しくなってしまうんだけど

忘れ物みたいに残るその小さな傷が
幼き日のあなたを連れてきて
愛おしさにくるまれる






ランドセルが今のようにあんなカラフルになったのはいつ頃なんだろうかと調べてみたら2006年以降のことらしい。仕掛け人はイオンだとか。

2人の息子が小学生の時に使ったランドセルがまだ残っている。
2人も「コムサ・デ・モード/COMME ÇA DU MODE」(FIVE FOXes)のランドセルだった。
2つ違いなのでランドセルの形やデザインにほとんど変わりはないが、内側が長男の時は素材の黒のままで、次男の時はチェックの合成繊維になっている。コストダウンか?
e0126350_15572742.jpg


小学校に入学する時(公立)、ランドセルの色や形などの指定はもちろんのこと、ランドセルを購入してくださいという御知らせはなかった。
ランドセルを購入するということはたぶんもう暗黙の了解事項になっているのだろう。
特に指定がなさそうなので私は外国のリュック型の鞄も真剣に考えたほど。
指定がないのであれば同じ物を6年間使わなくてもいいんじゃないかと思ったのだ。
でもさすがにそれは出来なかった。

当時(2002年入学)お店に並べられていたランドセルには今ほど多く種類はなかった。
まだオンラインショップも一般的ではなかった。
息子達はランドセルにそれほど興味を示さなかったし、「これじゃなくちゃ嫌」という強い好みがあるわけでもなかった。
色は青や茶くらいはあったと思うけれど、「黒でいい~」とか言って売り場から消えてしまう感じだった。
私はツヤありタイプのがっちりした感じのランドセルが好みではなかった。(あなたが背負うんじゃないんですよ?)
それはたぶん私が子供時代にピカピカクラリーノに憧れた負い目なんだろうと思う。
でも私も色は赤黒でいいと思う。今はあまりに色が溢れていて若干引いてしまう。
6年間の成長を考えると結局何色でも同じじゃないかなぁと・・。

コムサ・デ・モードのランドセルは一目で気に入った。
今では然程珍しいタイプではないと思うが、当時は本当にこういうタイプのランドセルを見掛けなかった。
(コムサは、現在「フィットちゃん」や「天使のはね」といったランドセルの販売を展開している会社のランドセルを使っていたらしい)
このランドセルはどんなランドセルが登場してきても6年間変わらずにずっと好きだった。
6年間使ってその後数年経過しているが、今も型崩れしていないし、肩紐なども問題なさそう。傷はあるけれども。
肩紐と言えば、特に気に入っていたのは肩紐の淵の白いライン。これも当時はほとんど見掛けなかったもの。
服屋さんだから間違われないように「鞄」と書いてある(笑)。
e0126350_15575438.jpg

by yumimi61 | 2015-05-05 12:56