人気ブログランキング |

by and by yumimi61.exblog.jp

カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

日本国憲法の秘密-45-



大阪中1遺棄:星野さん緊縛直後死亡か 手首に内出血なし  
毎日新聞2015年08月28日14時05分

 大阪府寝屋川市の中学1年、平田奈津美さん(13)と同級生の星野凌斗(りょうと)さん(12)の遺体が見つかった事件で、粘着テープが巻かれた星野さんの左手首に内出血の痕がなかったことが捜査関係者への取材で分かった。内出血は生存中に皮膚を強く圧迫され続けた場合などに起こるとされており、府警は星野さんが手首を縛られた後、短時間のうちに死亡した可能性もあるとみている。

 星野さんの遺体は大阪府柏原市の竹林で21日に発見された際、顔とともに左手首に粘着テープが巻かれていた。当初は両手首を縛られていたが、その後に外れたとみられる。司法解剖した際、左手首に内出血は確認できなかった。右手首は傷みが進み、判然としなかったという。

 一方で、粘着テープで後ろ手に縛られていた平田さんの遺体の両手首は内出血があった。全身には生前のものとみられる多数の切り傷が確認されたが、抵抗した形跡が見当たらなかった。府警は平田さんについては長時間縛られた末、殺害されたとみている。

 山田容疑者は13日深夜、大阪府高槻市の駐車場に平田さんの遺体を遺棄した疑いがある。約15分後には寝屋川市の自宅に1人で帰宅。星野さんの死亡推定も13日ごろとされ、こうした状況から、府警は星野さんの遺体が先に遺棄されたとみている。


血液の現象について

昨日私の膝に出来た痣のことを書いたけれど、痣は皮下出血(内出血の一種)である。
大坂の中学生の事件で手首の内出血に触れていた記事があった。
殺害された女子中学生の手首には内出血があったが、男子中学生の手首には内出血が認められなかったので、男子中学生は手首を縛られた後、短時間のうちに死亡した可能性もあるという内容である。
手首を縛っていたのは粘着テープと報じられている。

皮下出血は生きている人間にしか発生しない。
死んでしまうと血液の循環(血圧)が無くなるから、死んでから皮下出血が起こることはない。
このような生きている人間にしか起こらない現象(変化)を生活反応と言い、法医学上とても重要な因子となる。
皮下出血と似ているものに死斑(しはん)がある。
死斑は死んでから起こる変化である。
血液の循環が止まると、血液は重力に従って下側に沈下するのだが、その下に集まった血液の色が皮膚に現れる。
皮下出血(痣)と死斑は色合いなどが似ているが、生きている時にしか起こらないものと、死んでからしか起こらないものという、決定的な違いがある。
また皮下出血で現れる斑点、つまり一般には痣と呼ぶものを紫斑(しはん)と言うこともある。
紫斑病という病気があるが、私は幼い頃にこの病気に罹患した。
読み方は同じだが上記のように「死斑」と「紫斑」は全く違うものである。
(但し失血死など体外に多量に血が流れ出てしまった場合には死後も死斑が発生しないこともある。)
司法解剖では皮下組織内の凝血の有無で皮下出血を確認する。


一般的に皮下出血の原因としては打撲が多い。
上記記事にはこのように書いてある。
「内出血は生存中に皮膚を強く圧迫され続けた場合などに起こるとされており・・・・」
確かに圧迫でも内出血(皮下出血)が起こることがある。
手によって首を絞められて殺害された時などには指の位置などに皮下出血が起こる。
この場合のポイントは力(圧力)を加えたということである。
どれくらいの圧力が必要か。血圧計を思い出してほしい。
水銀血圧計を見掛けなくなった昨今だが、昔は血圧測定する場合、看護師らは自分で加圧していた。
被測定者の普段あるいは過去の最高血圧が分かれば、それに20,30mmHg足した圧まで加圧する。
分からなければ、年齢や既往や正常範囲などを参考に適当に加圧する。
最高血圧が140mmHg以上は高血圧とされているので、200mmHgくらいまで加圧すれば大抵は大丈夫。
自動式血圧計だと、140・170・200・240といった加圧レベルが選択できるものがあったり、85~300mmHgの範囲での自動可変タイプがあったり、固定型や任意選択型などいろいろ。
でも250mmHg以上加圧することは滅多にない。
任意式のものでは280mmHgや300mmHg以上加圧しないようにと注意書きがあるはず。
そのような圧を掛ければうっ血やしびれ、痛みなどを起こす。
つまり一般的には圧迫によって皮下出血が起こるには結構な圧力が必要なのだ。
血圧計の腕帯ならば250mmHg以上といった感じの圧力である。

粘着テープがどれほどきつく巻かれていたのかは知らないが、内出血(皮下出血)があったということはその部分の血管が破綻したということである。
血流が阻害される鬱血とは違う。
絆創膏や包帯を巻いた時を想像してみてほしい。
粘着テープが長時間巻かれていたとしても内出血(皮下出血)は起こらないこともある。
従って内出血がないからといって、手首を縛られた後、短時間で死亡したとは言えない。


congestion

「夕刻の賑わいの中に彼がいて私がいた。」
「夕刻の混雑の中、彼がいて私がいた。」
どちらにしようか少しだけ迷って、賑わいのほうを選んだ。
その時に思い出したのが、congestionという英単語だった。
この単語には鬱血(うっけつ)という意味がある。

1 密集、過剰、充満、混雑
2 【医学】うっ血、充血

頸部を絞められて殺害された場合は、顔面に鬱血や腫脹が認められ、毛細血管の破綻によって生じる溢血点(点状出血)が眼瞼や眼球の結膜や口腔などの粘膜に見られる。
これらは窒息死の特徴的な症状であるが、首つり自殺(縊死)では少ないそうだ。
首つり自殺も身体が完全に空中に浮いているタイプ(定型縊死)とドアノブに括るなど浮かないタイプ(非定型縊死)がある。
定型縊死の場合は頸部の動脈が完全に閉塞するため首から上に鬱血や溢血点がほとんど出現しない。
だからこれらが認められれば他殺の可能性が高い。
逆に定型縊死はかなり重さ(体重と重力)で下に引っ張られるため頸部に皮下出血が起こる。
首に巻いた縄などの痕(索溝)も見られるが、その痕そのものではなく、何重かに巻いた縄の隙間に発生する点状出血(索状間出血)や痕の部分に沿って発生する皮下出血である。
別の理由で死んでから吊るしたのではこれら皮下出血は起こらない。

殺害された中学生は絞殺ではない窒息死と報じられていたが、口や鼻を塞がれた窒息死の場合は、顔面の鬱血や腫脹、溢血点は通常発現しない。(僅かに溢血点が発現することがある)


マスキングテープ

中学生の自転車が駐輪場に置いてあったということで、その映像が流れていた時期があったが、男子中学生のものだという黄緑色の自転車の荷台にお母さんのメッセージが書かれた紙が貼りつけられていた。
その紙を貼っていたテープもまた黄緑色だった。
自転車の色と合わせてテープを選んだわけでもないのだろうけれど、強く印象に残った。
あのテープ色は養生用テープによく見られる。
養生は「養生してくださいね」と健康指導などで使われそうな言葉だったり、「芝生を養生する」という使われたりもするが、養生用テープの養生はマスキングという意味である。
masking、覆うという意味で、マスクのmaskである。
事件では粘着テープで顔も巻かれていたようだけれども、ある意味まさにマスキングテープである。

養生用テープは手で横にぴーっと切れる。
布粘着テープも手で横にぴーっと切れるが、養生用テープのほうが薄いし簡単に切れる。
その代わり粘着力はあまり強くない。マスキング用で後で剥す予定があるものだから。

マスキングテープは最近若い女性に人気がある。
といっても人気のあるマスキングテープは無骨な養生用テープではなくて、カラフルな絵柄付のマスキングテープ。
剥す予定で貼るのではなく何か(箱とか)を覆ったり、何かをデコレーションする用。
幅も細いのから太いのまでいろいろある。

それはさておき、あの緑色の養生用テープに心当たりがあるなぁと思っていたら思い出した。
春先4月頃、「猫を探しています!」という紙が屋外に貼ってあったのだけれど、それを貼っていたのが緑色の養生用テープのようだった。
しばらくしてその紙は剥されたがテープは綺麗には剥がれていないで跡が残っているので、もしかしたら養生用テープではないのかもしれない。

そのおうちの方が猫を探している時に私は庭にいて声を掛けられた。
家猫で外に出たことがないのに、出ていなくなってしまったと、とても心配されていた。
その後、チラシを作ったようで、写真付きの「探しています!」がポストに入っていた。
それから屋外にも貼ってあった。
私は猫を見かけることはなかった。
しばらくは貼ってあったけれど、ある時貼り紙が剥されていた。
見つかったどうかすごーく気になったのだけれど、わざわざ電話して聞くのも変だと思って諦めた。
でもポストに入っていたチラシはいつ猫を見掛けてもいいように玄関の下駄箱の上に今日までずっと置いておいたのだった。

e0126350_1242166.jpg




by yumimi61 | 2015-09-01 14:49