人気ブログランキング |

by and by yumimi61.exblog.jp

カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

日本国憲法の秘密-103-

BOYES

フランスのパリで、11月13日夜(日本時間14日早朝)に起きたテロ。
1113という数字の並びは東日本大震災の発生した日付の数字に似ていますね。
20151113 20110311
5と0が余ります☆

11月14日15日にはU2もパリ公演を行う予定だったが中止したとか。
実は私、前にU2のボノさんのことを書いたことがあるが、話の流れでフランスのシラク大統領のことも書いた。
2人を結びつけたのは、東京都の「海の森プロジェクト」であった。
とは言っても、もう数年前の話になる。
時が流れるのは早いものですね。しみじみ。

シラク大統領は20年近くもパリ市長を務めた後に大統領になり、12年も大統領だったとか。(仏司法当局、シラク前仏大統領の疑惑で諜報機関などを捜索 2008年06月07日 AFP)
フランスは気長なお国柄なんでしょうか。(今回は事前に発見できなかった割には犯人の特定だけは早かったですけれどもね)(やばいやばい、出せ出せ)
やはりフランス人はシツコイのだそうです。シラクを巡る「疑惑」

上記リンク記事に二階堂.comと書いてあるが、その二階堂ドットコムも昨年大きな転機があったご様子
アホらしくてやってられないとかなんとか。

それはさておき、シラク前大統領はアフリカ諸国からも闇資金を受け取っていた疑惑が持ち上がった。ふりかえればフランス 「シラクとド・ヴィルパンが受け取った、アフリカからの闇資金」疑惑。
アフリカを援助させることでアフリカに資金を集めプールし、それを関係各国の政治家や著名人に分配する。
だからアフリカはいついつまでも貧しい大陸でなければならない、そういうことでOKですか?
ボノさんは昔、国連や政治家や慈善活動家みたいな人達を批判していた人だったはずなんですよねぇ。

アフリカ諸国からの闇資金疑惑が出た頃、フランスメディアは一斉に「シラク大統領は認知症(アルツハイマー病)を患っている」と報じた。
もう疑惑追及は無理、認知症だから。そうですね?
また時を同じくしてアフリカ・ケニア出身の女性環境保護活動家で政治家でノーベル賞受賞者で東京都のプロジェクトを支援していたワンガリ・マータイもがんで亡くなったそうだ。
亡くなったら疑惑追及は無理ですね。

2004年12月10日、「持続可能な開発、民主主義と平和への貢献」により、環境分野の活動家およびアフリカ人女性として史上初のノーベル平和賞を受賞した。また、ナイロビ大学初の女性教授となった人物でもある。関西学院大学、早稲田大学、青山学院大学、お茶の水女子大学名誉博士。


どんなに毅然とした態度でテロを非難し「断固許さない!」とか言っても、あちこちの国が空爆しても、実行犯や首謀者を殺害しても、テロは一向に無くなりませんね。


ベルギーとベルリン

フランス・オランド大統領は今回のテロは「シリアで計画され、ベルギーで準備された」と述べた。
ベルギーか。
ベルギー王国はフランス並びにオランダとルクセンブルクとドイツに囲まれた国である。海の向こうはイギリス。
そのベルギーの国旗の配色はドイツと同じ。(左がドイツで右がベルギー)
e0126350_11221693.jpg


2020東京のオリンピックエンブレムがベルギーの劇場のロゴマークと酷似しており問題になったことは記憶に新しい。
その時に当初テレビでは「そもそもベルギーの劇場は大きいところなのか?」や「その劇場は有名なのか?」などと言ったベルギーの劇場ひいてはベルギー軽視発言が度々聞かれた。
「ベルギーってどこだよ」みたいな?
デザイナーの佐野氏もベルギーには行ったこともないし、劇場マークも見たことも無いと釈明した。
相手がベルギーではなくイギリスやフランスだったら発言も違ったのではないだろうか。

(ベルギーの)首都ブリュッセル(ブリュッセル首都圏地域)は欧州連合(EU)の主要機関の多くが置かれているため、"EUの首都"とも言われており、その通信・金融網はヨーロッパを越えて地球規模である。

ベルギー王家は、イギリス・フランス・ドイツと関係が深い。
またベルギー王国にはベルギー語という言語が無く、オランダ語とフランス語とドイツ語が公用語になっている(地域によって分かれている)。
そのため種々問題も起こる。
国の真ん中に言語境界線?ベルギーの言語事情がすごい(まとめ)


e0126350_12341529.jpg

ベルギーの言語共同体
左から「フラマン語(オランダ語)」「フランス語」「ドイツ語」公用語圏。
首都はフラマン語(オランダ語)とフランス語両方。


e0126350_1236317.jpg

ベルギーの地域
左から「フランデレン地域」「ワロン地域」「ブリュッセル首都圏地域」。
フランデレン地域はフラマン語(オランダ語)共同体とほぼ一致。
フランデレン地域とワロン地域にはそれぞれ5つずつ州が存在しており行政を司る。
ブリュッセル首都圏地域内には州に当たる組織は存在せず、19の基礎自治体なるものから成る。
(東京都の23区みたいな感じだろうか?)


フランスの首相が胸にニワトリを付けているのをテレビで見かけたが、ニワトリはフランスのシンボルマーク。


サソリ

こちらはベルギー王国の国章。
e0126350_16414122.png


ちなみに前にも書いたが日本には正式な国章が無い。
日本では法令上明確な国章は定められていないが、伝統的に天皇が紋章として使用し、今日でも皇室が事実上の家紋として使用している十六八重表菊が、慣例的に国章に準じた扱いを受けている。
パスポートにある菊紋は皇室家紋の十六八重表菊をさらに一重にしたものである。
正式な国章が無い国は世界でも珍しく、トルコとナイジェリアと日本くらい。(トルコは月と星、ナイジェリアは大統領の紋を使っているらしい)
そしてフランスにも正式な国章が無い。

さてさてベルギーの国章の話に戻ろう。
上に並ぶ旗は州の旗。(現在は10州あるが上の図は9しかない)
しかし今日注目するのはそこではなく、ライオンの横に散らばる小さな模様である。
鳥のようにも見えなくもないが、あれはサソリだと思う。
e0126350_16494446.jpg

e0126350_16502636.jpg


つい最近サソリが出てきたことを覚えているだろうか?
こちらの記事の「百の卍説」に書いた。
万の旧字体は萬(よろず)であり、字源は卍(まんじ)である。サソリの象形だそうだ。
ベルギーの国章には卍卐が散らばっていることになる。


ロードス及びマルタにおけるエルサレムの聖ヨハネ病院独立騎士修道会(マルタ騎士団)という国家

e0126350_17403976.jpg

左側は「マルタ騎士団」の国旗。右側はドイツ前身・神聖ローマ帝国が13~14世紀中頃に使用していた国旗。

マルタ騎士団の正式名称は「ロードス及びマルタにおけるエルサレムの聖ヨハネ病院独立騎士修道会」。
イタリア語では"Sovrano Militare Ordine Ospedaliero di San Giovanni di Gerusalemme di Rhodi e di Malta"
キリスト教カトリックの騎士修道会である。現在は国家ではないが、かつて領土を有していた経緯から「主権実体」として承認している国々がある。
軍事組織としての意味合いは既に失われて久しいが、医療団体としての活動はあり、イタリア共和国軍の軍医部隊としても運用されている。


12世紀、十字軍時代のパレスチナに発祥した聖ヨハネ騎士団が現在まで存続したものであり、ロドス島(ロードス島)及びマルタ島における旧来の領土を喪失しているため国土を有さないが、主権実体(sovereign entity)として承認し外交関係を有する国が約94か国ある。国際連合にオブザーバーとしても参加している。団(修道会)事務局はイタリア・ローマ・コンドッティ通り68(マルタ宮殿)に置かれており、建物内はイタリア当局から治外法権が認められている。
医療などの慈善活動を行っており、独自のコインや切手を発行している。


e0126350_17473079.jpg

紋章と団章(十字の一種)


軍事組織(騎士)であった十字軍であるが、上記にあるようにそこには「病院」が根付いている。
そして驚くことに、十字軍の時代から数百年経て領土を失っても、今なお組織は健在で、「マルタ騎士団」「聖ヨハネ騎士団」「聖ヨハネ病院独立騎士修道会」でありながら国家でもあるのだ。
バチカン同様に国連のオブザーバーである。
騎士団の総長はローマ教皇から親任される。

1798年、ナポレオン・ボナパルトの侵攻によりマルタ島を奪われ、領土を失う。領土を失った後も伝統的に「主権を有している」とされるが、正確な性質は不明瞭である。

(にもかかわらず)
マルタ騎士団は世界の約104か国と外交関係を持ち、在外公館を設置している。いわゆるキリスト教文化圏の国々が多い。その中で主要国は英国、イタリア、ロシア、スペインがある。一方で、アメリカ合衆国・日本・オーストラリアなどは承認していない。また、国際連合では「オブザーバーとして参加するために招待を受ける実体(entity)あるいは国際組織」として扱っており、「加盟国」とも「非加盟国」とも異なる立場である。

IOC(国際オリンピック委員会)も2009年に国連のオブザーバーとなった。(こちらにも書きました
2009年は、環境とオリンピックがクロスした年だった。
その中心にいたのは日本とアメリカだった。


これはマルタ騎士団(聖ヨハネ騎士団)の国章。
十字の横に散らばる黒い小さな模様はベルギーの国章と同じもの。サソリ、延いては卍卐である。
e0126350_1817122.jpg




by yumimi61 | 2015-11-16 22:08