人気ブログランキング |

by and by yumimi61.exblog.jp

カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

日本国憲法の秘密-228-

昨日、熊本県玉名郡南関町にある橋本製菓の「黒棒」を貰って食べた。
かりんとうみたいに硬いのかと思ったら柔らかくて美味しかった。

だからというわけではないが、昨日またまた突然思い出したことがある。
子供の頃、静岡への海水浴に誘われたことがある。
だけど私はその時、「東海大地震が来たらやだなぁ~」と思っていて、結局行かなかった。
子供が東海大地震を心配していたくらいなのだから、当時東海大地震が話題になっていたに違いない。

1969年に茂木清夫(当時:東京大学教授)が、遠州灘で大地震が発生する可能性を指摘したのが最初だが、安政東海地震の古文書では駿河湾の奥でも震度7の揺れがあったと推定されたことから、遠州灘だけが震源域だとすると矛盾があった。1976年には、羽島徳太郎(当時:東大地震研究所)が安政東海地震の津波の波源域が駿河湾内に及んでいたことを推定した。次いで石橋克彦(当時:東大地震研究所)は、東海地震説の決定打とでも言うべき「駿河湾地震説」を提唱した。安政東海地震では駿河湾西岸で地盤の隆起があったことを突き止め、これまでの震度や津波のデータを総合すると、駿河湾の奥まで震源域が達していて、1707年の宝永地震でも同様に駿河湾奥までが震源域だったとし、断層モデルも提唱した。再び東海地震が発生すれば、静岡県を中心とする地域が壊滅的な被害を受け、日本の大動脈である東海道新幹線や東名高速道路が寸断されるなど多大な影響が出るとして、即急な災害対策や地震予知体制の確立を訴えた。

地震が話題になって私が心配していた時期はこの頃だろうか。
1978年に「大規模地震対策特別措置法」を制定し、その中で静岡県下を中心とした「地震防災対策強化地域」を設定し、体積歪計やGPSなどの観測機器を集中して設置することで、世界でも例を見ない警戒宣言を軸とした「短期直前予知を前提とした地震対策」をとることになる。 

前述のように観測網の整備が進んでいる為、「事前の予知が可能なほぼ唯一の地震」とされていたが、ほかの地域でも観測網の整備が進んだことで、プレスリップをはじめさまざまな地震前駆現象を捉えることが可能となり、研究者の間では「東海地震だけが事前予知可能」という見方はほとんどされなくなった。


でもこれまでの地震はどれも「近いうちに地震が起きます」広報はなかった。

2011年3月に発生した、想定東海地震を上回る規模の東北地方太平洋沖地震(Mw9.0)でプレスリップが検出できなかったことについて、地震予知連絡会の島崎邦彦会長は「プレートの状況が異なり、今回の結果で東海地震の予知ができないということにはならない」としている。


他方、「事前の予知が可能」と言っても必ずしも事前に予知できるとは限らない。地震の基本的メカニズムが十分に解明されていない現状では、予知が可能なのはプレスリップが生じた場合に限られるというのが大多数の研究者の認める所である。プレスリップが生じない場合、またはそれが微弱で、検出できずに予知に失敗する可能性、現象の進展が余りに急激で警戒宣言が間に合わない可能性もある。

宇宙や惑星の謎が十分に解明されていない現状においては、生命の発生や生命体のメカニズムが完全に解明されていない現状においては、人間に出来ることは僅かであると言い換えることも出来るだろうか?

予知できることを前提にするのではなく、予知無しで地震が発生する事も想定して、対策を練るべきであるといった意見は、近年強まりつつある。特に政府や行政に対して、「地震予知に莫大な予算を使うよりも、耐震化などの防災分野に予算を使うべき」といった厳しい意見もある。
 
「想定外」や「史上初」という言葉や見解で「仕方ないこと」に出来るならば、常に記録更新が目指される。

また、東海地震にばかり世間の関心が集まったため、他地域で起こりうる大地震への関心が相対的に低くなり、防災予算が静岡県に集中的に配分されてきたことに対する批判もある。

今のところ、来る来ると言われている東海大地震や南海トラフ巨大地震、首都直下地震を避けるように大地震は起きている。


e0126350_1353445.jpg

【サミット候補地】
仙台市―宮城県 2011年3月11日 東日本大震災
新潟市-新潟県 2004年10月23日 新潟県中越地震
            2007年7月16日 新潟県中越沖地震
軽井沢町―長野県 2011年3月12日 長野県北部地震
             2014年11月22日 長野県神城断層地震
神戸市―兵庫県 1995年1月17日 阪神・淡路大震災
広島市―広島県 1945年8月6日 原爆投下
            2014年8月20日 豪雨による広島市の土砂災害(←この頃アイス・バケツ・チャレンジが大盛り上がりで、広島の土砂災害なんか何処吹く風だった)
浜松市―静岡県 東海大地震や南海トラフ巨大地震危険地域
◎志摩市―三重県   同上
名古屋市―愛知県   同上 

前回が北海道(洞爺湖)で前々回が沖縄なので、今回は九州あたりが妥当かと思ったが、幸いにというか何というか候補地にはなっていなかった。
サミットやオリンピック中には絶対にテロや自然災害は起こらないという見解でよいですか?



以前書いた年表に熊本洋学校と新島襄の創立した学校などを追加した。

1871年、明治新政府は、政府直属の軍隊である「御親兵」を創設。
      (薩長土の3藩から約1万人の献兵を受け、この軍事力を背景に廃藩置県を断行した。)
1871年 熊本洋学校設立(1874年に共学化)
1872年、西郷隆盛を中心とした「近衛兵」として改組。任務名目は「天皇および宮城(皇居)の守護」。
1875年 新島襄が京都に同志社英学校設立。
1876年 熊本洋学校閉鎖。(ジェーンズが学生の引き受けを同志社の新島襄に依頼)
1876年、新島襄がJ.D.デイヴィス邸に女子塾を開設。
 ※J.D.デイヴィスは同志社英学校の設立に参加した宣教師・教育者。
  当時デイヴィス邸があった場所(京都市上京区京都御苑内23)には現在京都迎賓館が建っている。
  1994年(平成6年)10月に国立京都迎賓館として建設が閣議決定され、2005年(平成17年)4月17日に開館した。

1876年、神風連の乱(熊本)・秋月の乱(福岡)・萩の乱(山口)が発生。翌年の西南戦争に繋がる。
1877年、西郷隆盛、明治政府との西南戦争(熊本・宮崎・大分・鹿児島)に敗れ自決。
1878年、大久保利通、暗殺される。
1881年、大隈重信、政界を追われる。
1885年、初内閣誕生。伊藤博文が初代首相に就任。

1886年、新島襄がJ.D.デイヴィス邸にて京都看病婦学校を創立し、
1887年、京都看病婦学校校舎と同志社病院を建設。病院開院。

1886年、日本政府がジュネーヴ条約に調印し、
1887年、日本赤十字社を結成。

1888年、大隈重信、伊藤博文の心変わりにより外務大臣として呼び戻される。(条約改正対応)
1889年、森有礼、暗殺される。
1889年、大隈重信、条約案反対派から爆弾による襲撃を受けて右足切断に至り、辞職する。
1890年、新島襄、死去。
1890年、大日本帝国憲法発布。
1891年、内村鑑三、教職を追われる。
1891年、近衛師団編成。

1894-1895、日清戦争。





by yumimi61 | 2016-04-21 13:07