人気ブログランキング |

by and by yumimi61.exblog.jp

カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

日本国憲法の秘密-402-

日本は原爆を投下されたからポツダム宣言を受諾したのではない。
原爆が投下されるのを待っていたのだ。

1945年7月12日~8月2日、ポツダム会談。
1945年7月16日、世界初の核実験「トリニティ実験」が行われる。爆縮方式のプルトニウム原爆。
1945年7月21日、トルーマン大統領がトリニティ実験の成功の報告を受け取る。(成功?)
1945年7月24日、トルーマン大統領がソ連のスターリン書記長に原爆開発を明かす。
1945年7月26日、イギリスの選挙開票日。保守党の敗北を受けてチャーチル首相が帰国し退任。
           ポツダム宣言発表。(アメリカ・トルーマン大統領が一人で署名) ⇒ポツダム宣言は無効       
1945年7月28日、大山口列車空襲事件。
            鈴木貫太郎首相がポツダム宣言を黙殺すると言った言わない!?
              ⇒ノーコメントと言ったようだが、黙殺、拒否、全面的に無視と報じられる。
1945年8月6日、広島に原爆投下。
1945年8月9日、長崎に原爆投下。
            ソ連対日攻撃開始。



ポツダム宣言は無効である。他国の首脳の署名を勝手にアメリカ大統領がしたものなど有効であるはずがない。
そのうえでポツダム宣言の話をすれば、ポツダム宣言にはこんな記述がある。(訳は私)

5.Following are our terms. We will not deviate from them. There are no alternatives. We shall brook no delay.
(訳)以下は私達の条件である。私達がこれを譲歩することはない。代案もない。一刻の猶予も許さない。

ポツダム宣言は現代においては最後通告として受け止められているように思う。
現に遅延を許さない(We shall brook no delay)といった文言も含まれている。
これが最後通告ならば、遅延を許さないと言うならば、期限を切らなければならない。
ところがポツダム宣言では期限が切られていない。「いつまでに」ということが明記されていない。そうした情報も一切ない。
これでは最後通告として片・手落ちである。

片手落ちと書いたが、そもそも戦時中に最後通告というのがおかしい。完全なる手落ちである。
最後通告(最後通牒)とは国際交渉において最終的な要求を文書で提示すること。何か交渉をしている中でで交渉の終わりを示唆するもの。
これを受け入れなければ交渉を打ち切って自由に行動させてもらいます、という意思表示が最後通告である。
交渉決裂し、話し合いで折り合いがつかないとすれば、残るは国交断絶、封鎖、武力行使、戦争である。
期限を切った最後通告を出し、相手が受け入れなかったことによって宣戦布告し戦争に突入した例は幾つもある。
ところがポツダム宣言はもう戦争を行っている。
交渉決裂しても戦争が続くだけのことであって「戦争」という状態は何ら変わらない。
従って最後通告を無視した時にどんな自由行動に出るのかを知らせないと意味を持たなくなる。
「戦時中の非人道的行為は相手が最後通告を無視したからだ」という言い訳にするためにも、とるべき自由行動を明記する必要がある。そうではければ相手がそれに了承したという証拠が残らず、自由行動をとった側は非人道的行為として裁かれる恐れだってなきにしも非新型爆弾を投下が念頭にあるならば、「期限までに条件を受け入れなければ、私達は新型爆弾を投下する。一般市民が大量虐殺されることになるだろう」と通告する必要がある。
それではじめて新型爆弾の戦争続行抑止力が働くのだ。
本土決戦が念頭にあるならば、「期限までに条件を受け入れなければ、本土決戦に突入する」と通告する必要がある。(但し本土決戦は日本側も行う気があったので抑止力にはならない)
新しい秘密兵器は敵国は知らないはずですよね?それでどんな被害が出るかも分かっていないはずですよね?それでは最後通告の効果は弱くなって当然ですよね?
作戦を教えてどうするんだと思うかもしれないが、降伏する気があるならばもっと早くにしている状況だったわけで、そこでしていないということはこの先も降伏の見込みは薄い判断するのが真っ当である。
よって最後通告を意味あるものにするには手の内を明かさなければならない。

ある意味、だからこそ原爆投下後の受諾でなければならなかったのだ。

もう十分に負けが込んでいたのにここまで降伏してこない日本が、最後通告を無視したらどうなるか分からないままに、最後通告ひとつで態度を豹変するのもおかしい。
しかも最後通告は期限を設けていない。
この最後通告を活かすとしたら新型爆弾を投下するしかない状況になっている。
ソ連はそれをよんでいた。自由行動が「ソ連の対日参戦」ではないと悟っていた。
だからいつでも対日攻撃に出られるように準備していたはずだ。ソ連はアメリカに裏切られたのだから。


日本がポツダム宣言にアクションを起こしたのは長崎原爆投下日の翌日8月10日のことである。
「天皇の国法上の地位を変更しないこと」を条件にポツダム宣言を受諾するとの回答を発した。

8月12日、アメリカの国務長官バーンズより日本側が提示した条件に対しての回答があった。
宣言で譲歩することも代案もないと言っているのだから、日本側の条件を呑むわけにはいかないはずだ。


ポツダム宣言
6.There must be eliminated for all time the authority and influence of those who have deceived and misled the people of Japan into embarking on world conquest, for we insist that a new order of peace, security and justice will be impossible until irresponsible militarism is driven from the world.

6.平和と安全と正義の新しい秩序は無責任な軍国主義が世界から駆動されるまでは不可能であると私達は強く主張する。日本の人々を欺き誤らせ世界征服に着手させた権勢や権威権力は永久に排除されなければならない。

12.The occupying forces of the Allies shall be withdrawn from Japan as soon as these objectives have been accomplished and there has been established in accordance with the freely expressed will of the Japanese people a peacefully inclined and responsible government.

12.これらの目的が達成され、日本の人々の自由なる意思に従う平和的で責任ある政府が確立されれば、連合国の占領軍は直ちに日本から撤退する。


日本の人々を欺き誤らせ世界征服に着手させた権勢や権威権力は永久に排除されなければならない。
普通に考えれば絶対権力者であり統帥権も持っていた天皇(皇帝)が真っ先に挙がるだろう。
しかし天皇や皇帝といった明言を避けた。
「日本の人々を欺き誤らせ世界征服に着手させた権勢や権威権力」を憎んでいるわりには指名していない。
ファジーである。
「日本の人々を欺き誤らせ世界征服に着手させた権勢や権威権力」は決定する人によって誰にでもなり得るという状況を生む。
上手く出来ている。
そして軍隊だけが、一部の人間だけが悪者になって、永久に排除されたのだろう。
でもポツダム宣言は無効である。
こんな無効なものを盾に排除された人間は浮かばれない。

13.We call upon the government of Japan to proclaim now the unconditional surrender of all Japanese armed forces, and to provide proper and adequate assurances of their good faith in such action. The alternative for Japan is prompt and utter destruction.

13.私達は全ての日本軍の無条件降伏と、そうした行動をとれるように適切で十分な保証を与えることを日本政府に要請する。要請に従わないならば、即刻、徹底的に破壊する。


無条件降伏が要求され、それに応じさせられたのは軍隊であって、天皇と日本政府は「天皇制維持」という条件を出した。最初から織り込み済み。
君主(権威権力者)が一番怖いものは武力、軍隊である。敵であっても味方であっても。
よく「日本は無条件降伏した(させられた)」と言われるが、それは正確ではない。
「日本軍は無条件降伏した(させられた)」という言うべき。
by yumimi61 | 2016-11-06 14:38