人気ブログランキング |

by and by yumimi61.exblog.jp

カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

もんじゅ

地元区長「ふざけるな」=「遅過ぎた」歓迎も―「もんじゅ」立地の福井・敦賀

 高速増殖炉「もんじゅ」が立地する福井県敦賀市。

 「地元の中の地元」と言われ、もんじゅを受け入れてきた白木地区の坂本勉区長(61)は、「こんなことをやっていると国として成り立たなくなる。ふざけるんじゃない」と怒りをぶちまけた。

 白木地区には15世帯約60人が暮らす。坂本さんによると、昔は半農半漁で生計を立て、世帯数は明治の頃から常に15軒に保たれてきた。土地や資源が限られていたため、世帯数を増やさないしきたりがあったという。

 坂本さんは、もんじゅが地区に及ぼした効果を「交通の便が良くなり、就職の選択肢が増えたことが一番大きい」と話す。今は農業を営む住民はおらず、漁業に携わるのも4、5人だけ。代わりに地区から4、5人が原子力機構に勤め、関連会社で働く住民も7人ほどいる。「もんじゅがなかったら今の地区があるとも思えない。もんじゅがあって良かった」と語る。

 住民の間では「もんじゅがうまくいけば、こんな小さな所が外国で有名になる」との期待があった。その地区に説明もなく、政府は廃炉を決めた。坂本さんは「国家プロジェクトは地元の理解があって初めてできる。やめる時は『理解はいらない』と、そんな話はない」と批判。「こんなやり方をしていたら、原子力だけでなく、いろいろなことをどこも引き受けなくなる」と不信感をあらわにした。

 一方、もんじゅの設置許可取り消しなどを求め、東京地裁に訴訟を起こした原告の一人、今大地晴美敦賀市議(66)は「廃炉決定自体は待ち望んでいたこと」と歓迎。「遅過ぎた感はあるが、一つの時代の区切りを感じている」と語った。

 原告の松田正さん(67)=福井県坂井市=は「もんじゅを廃炉にしながら、新しい高速炉を計画するのはふに落ちない」と話した。 

最終更新:12/21(水) 17:16 時事通信社



Yahooニュースに取り上げられた上記記事寄せられたコメント。共感順(そう思う-そう思わない=共感)乗50位

・結局、立地してるところは交付金で経済や雇用が助かってたってことだよね。福島も同じだけど、犠牲になっただけじゃなく恩恵もあったってことだよね。

・結局、金目でしょ

・最初、作るってときには反対したんだろ?

・15世帯60人の地区を維持するために1兆円の税金使われるのは勘弁してほしいなぁ

・でも事故が起きたら被害者面するんでしょ?

・原発が無いと地元経済が成り立たないようにさせられてしまった、ということだね。
同情はするけど、何も成果を生まない施設にこれ以上金を掛けて居られないのも事実。受け入れるしかないよ。

・地元にとって重い決断だった事は分かるが、60人の為に稼働しない設備を維持するだけで兆というお金を払う事は出来ない。逆に60人だったら、雇用の世話は国がすべきだな。

・結局、推進派は自分とこに金が落ちるのとインフラが良くなったことしか行ってなく、どれだけ無駄遣いしたか、まるで他人事だな。もんじゅ失敗のツケを地元推進派にもあわせた方が良いな。

・まあ地元も結局騙されてる訳なのでこの怒りはわかるけど、世の中そんなにウマい話などないってことだけかと。

・結局札束に負けたんですよね。写真にあった大根食べて自立して下さい。

・結局はお金ってことだね。原発のある地区の本音が出てきたな。

・補助金でウマウマだったんだねw

・他に産業を育てなかったのが問題だろう。原発だけでは。

・廃炉に何十年も掛かるんでしょ? まだまだ仕事あるんじゃない?

・廃炉の作業に、何十年もかかるから あと二世代ぐらいは、なんとかなるんじゃない
その間に、じっくり考えてね

・残念ですが、「もんじゅ」はほとんど運転していません。
原因は、技術的とか、組織の問題とか、ありますが、こうなったら廃炉もやむなしでしょう。
廃炉は英断でした。

・いらない。これにつきる

・結局お金目的でしょってコメントがあるけど、そりゃそうでしょ。
渡してる側だってお金をあげるからお願いしますってことだし、それ以上でもそれ以下でもない。
今回はそれがたまたま60人の地区だったってだけで、原発があるところはどこでも同じような感じだよ。

・原発補助金依存症の、それぞれの禁断症状でした。

・国が諦めるくらい、ヤバいものなんでしょ?

・『収入源が絶たれると困る』って事ですよね?

・結局自分たちの利益しか考えてないじゃん。

・存続すべきかどうかは、それだけのリターンがあるかどうか。
リターンが見込めないなら廃炉は当然。
「地区から4、5人が原子力機構に勤め、関連会社で働く住民も7人ほどいる」なんて地元の都合まで考えていたら、何も決まらない。
シンプルに考えること、これが大事です。

・地元にとっては金の成る木ですよね。
事故を起こして被害が地元だけに収まるのなら良いと思うのですが、そうではないので廃炉は有難いです。

・どの国もそうなんだけど、田舎の小役人って、金目的なんだよね。
自分達がよけりゃ、他がどうなろうが、知ったこっちゃないって感じ。

・よくも白々しく言えたもんだと・・・

・しきたりがどうこうって言ってるけど、結局お金目当てにしか見えない

・補助金に頼ってばかりでは駄目ですよ。

・今までが良かった…ってことだよね?公務員じゃないんだから身分の保証などあるわけない。

・地元でもんじゅの経緯を見ていれば廃炉は分かりきった事だったのでは

・敦賀にはよく行きますが、無駄に広い道路や閑散としたランドマークが原発マネーで作られたんだなとつくづく感じます。行政だけでなく、地域に住む人まで原発マネーにどっぷりつかっているので、一度リセットした方がいいと思います。

・原発交付金で潤っていた住民がふざけるな!って、なんか笑える…。

・まあ、気持ちは分からないでもないが、それにしても、あまりの依存ぶりにちょっとゾッとする。

・15世帯を増やさないようにしていたってところがこう…時代錯誤というか…

・金が欲しいだけとしか思えない。

・そんなに稼働させたいのなら自分たち地元の税金使って修理して運転させれば良いやん。
国の税金はもう費やさないでほしいですね。

・地元は、もんじゅを作る時は反対し、作ったあと廃炉にする時も反対している。
作る時も廃炉する時も、すべて「カネ次第」。

・ふざけてはいないと思いますけど ダメだこりゃ(ToT)

・廃炉になるとしても、すぐに雇用が失われるわけじゃない
そういう保証の話が欲しいんでしょ?

・結局、利権かな?。

・22年で実質稼働が44日、まぁ仕方ないでしょ

・会社で言うと倒産みたいなもん。怒ってる理由が分からない。

・福島も恩恵があった失ったものも大きいと思うが得ていたものも大きかっただろう。

・これだけの税金を注ぎ込んだ成果は何だったのか?

・廃炉ビジネスでもっと仕事は増えると思いますが。。。しかもその為の作業もほぼ半永久的に。

・でもほとんど稼働してないのに毎年すごい額の維持費とかがかかってて、それが国民の税金から出てるって聞いたことあります。そこで働いてる人とか地域の人達は確かに納得できないかもしれないけど、無駄なことにいつまでも税金かけていられないですから。

・原発が欲しいって、変わってんな…。

・原発って必要ですか?

・あれだけ問題があった もんじゅ・・・ほとんど稼働してない もんじゅ・・・仕方ないよ・・ね。当然 リスクがあって受け入れも大変だったろうけど ちゃんと恩恵はあった訳だから。

・住んでて不安は無かったのかな?自分だったら引っ越す。



結構辛辣なコメントが並ぶ。
福島原発事故ではなかなか表に出てこない感想なり意見だろうと思う。
表だって出てこないけれど、福島に対しても同じような感情が燻っているということはないのだろうか。
そうだとすれば福島の子を特別扱いすることは、腹を空かした獣に獲物を放り込むようなものである。

もんじゅと福島第一原発は何が違うのか?
もし福島が地震とは関係なく起こったただの原発事故だったらどうだったのだろう?
地震をきっかけにして事故が起こったとして、もしも津波であれほどの被害を出さなかったら福島はいまのような立ち位置にあっただろうか?
もしもんじゅでも同じような事故が起きて故郷を追われるようなことがあれば、こうした感想や意見は影を潜めるのだろうか。
それとも地震や津波がセットでなければ現状と同じだろうか。
もんじゅに対して現状一番の多数派は無関心だろうとは思うけれども。

コメントでは地元が非難されているが、最大の責任と問題は稼働できない施設を、税金を捨てるような施設を、それも放射性物質を扱う施設を、見切り発車させた国にあるはずだ。
簡単に地元の人が造れるものではない。税金を投入したのは、させたのは国である。
また多くの人が他人事観丸出しだが、もんじゅは地元の人の雇用を確保するために造られた施設ではなかろう。それは福島も同じ。
もんじゅを造ってしようとしていたことは何なのか。私達はそれでどんな恩恵を受けるのか、受けてきたのか。
喉元過ぎれば熱さ忘れる。どんな災害や事故ががあっても電気の無駄遣いをやめようとはしない。
みんな中毒になっていて止められないのだろう。
だから都合の悪いことは何もなかったことにしたい。
コメントに英断という言葉が使われていたが、戦争を開始し、戦争を煽りに煽り、負けが込んでも被害が拡大しても和平に動かず、最後の最後に敗戦したら「英断」になる、あの戦争と同じである。
地元非難は、戦争に行かせておいて後になって行ったやつが悪いと言うようなものだ。
非難の矛先が間違えている。
子供は大人を非難することなど出来ない。非難なんかしたら何倍にもなって返ってくるだろう。
だから身近なところに向かうしかないのだ。いじめにしても情けにしても失望にしても。








by yumimi61 | 2016-12-26 13:53