人気ブログランキング |

by and by yumimi61.exblog.jp

カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

そうそう

「24時間テレビ」は障害者の「感動ポルノ」 裏番組のNHK生「バリバラ」に大反響(J-CASTニュース 2016年8月28日 21時24分)
J-CASTの当該ページをリンクしたがブログがこれを反映しない。それならばアドレスをそのまま掲載しておこうと貼り付けたが、これも文字にならない。真っ白。
こんなことは初めての経験だが、いったい何が起こっているのでしょうか。

 「Eテレが本気出してる」「バリバラ攻めすぎでしょ」――視聴者からそんなツイートが相次いだのは、日本テレビの「24時間テレビ」の裏番組として、NHK Eテレが2016年8月28日に放送した「バリバラ」(19時00分~30分)だ。

24時間テレビをパロディー化して笑いのめしながら、障害者を「感動」の具とする「感動ポルノ」に、障害者自身も含む出演者たちが異を唱える。そんな野心的な内容は、ツイッターで番組名が「トレンド」に入るなど、大きな反響を呼んでいる。



『24時間テレビ』の裏で障害者番組『バリバラ』が“感動ポルノ”批判! でも溜飲を下げる前に考えるべきことが(LITERA本と雑誌の知を再発見 2016年8月29日)

放送直前にパーソナリティのひとりだった高畑裕太容疑者が逮捕され、注目を集めた『24時間テレビ 愛は地球を救う』(日本テレビ系)だが、今年も「サライ」の大合唱で無難に幕を閉じた。しかし、その一方でネット上では、ある裏番組の“ぶっこみ”に話題沸騰となった。

 その番組とは、テレビ業界で「もっともチャレンジングな番組」と評判の“日本初の障害者のためのバラエティ番組”である『バリバラ』(NHK Eテレ)。『バリバラ』はなんと、『24時間テレビ』が佳境に入りはじめた真裏の28日19時からの放送で「検証!〈障害者×感動〉の方程式」と銘打ち、真っ正面から「障害者に感動は必要なのか?」と疑問を投げかけたのだ。

 番組はまず、「24」という字がプリントされたボードがアップで写され、出演陣全員が「笑いは地球を救う」と書かれた黄色地Tシャツに身を包むという手の込みようでスタート。もうこの時点で“『バリバラ』の本気”を見た思いだが、番組は骨形成不全症を抱え2014年に亡くなったジャーナリスト・コメディアンのステラ・ヤング氏によるこんなスピーチを紹介したのだ。

「手がない女の子が口にペンをくわえて絵を描く姿、カーボンファイバーの義肢で走る子ども、こうした姿を見たとき、みなさんは『自分は人生は最悪だけど、下には下がいる。彼らよりはマシ』だと思うでしょう。私たちはこれを“感動ポルノ”と名付けました」



NHK『バリバラ』が『24時間テレビ』の裏で"障害者×感動"をテーマに大討論(@Niftyニュース 2016年11月26日21時25分)

記事まとめ
⇒NHK教育テレビジョン(Eテレ)の『バリバラ』で、障害者×感動をテーマに討論が行われた
⇒出演者のひとりは「普通に生きているだけなので感動の材料にされたくない」とコメント
⇒番組終了ではコメンテーターが「サライ」のメロディを口ずさみ去って行った

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております



「NHK Eテレ」はかつての「教育テレビ(3チャンネル)」です。
私も夏の終わりに、Yahooニュースだったか何かで、Eテレが障害者番組を感動ポルノだと批判をしたという記事の見出しを見た。
(パラリンピックを大々的に持ち上げているNHKがパラリンピック前によくそんなこと言えるなぁ、場所をEテレに移して暗にパラリンピック批判なんだろうか?)と思ったが、中の記事を読むことはなかった。
そんなわけでバリバラという番組も12月まで知らなかった。
私が知ったのは12月21日のこと、NHK総合テレビで夜に放送していた『ココがズレてる健常者』に遭遇したから。
見たの少しだけだったけれども、その時に「夏に見た記事の番組はこれだったのかぁ」と分かった次第です。
12月21日には番組中にサライが流れたらしいので、これはもう日本テレビ『24時間テレビ』狙いうち批判ということなんでしょうか?イメージ音楽?

完全なる余談ですが、高畑さんが事件を起こしたホテルはかつて私が実業団駅伝でいらしていたと思われる宗監督をお見かけしたまさにその場所にあります。
ちなみに私、高畑裕太さんという方を全然知らなくて、逮捕の一報を聞いたのが車のラジオのニュースだったのですが、俳優と言って報じてはいたもののあまり有名ではない俳優さんなのかとその時は勝手に思い込み通り過ぎました。
後でテレビなどで大々的に報じられているので驚いた次第です。

話はまた少し戻りますが、「感動ポルノ」と批判するような番組を放送しておいて、「ぐんまびと」で口で絵や詩を書く障害者を取り上げるなんて・・・まったく酷いですよね~!?






by yumimi61 | 2017-01-03 15:29