人気ブログランキング |

by and by yumimi61.exblog.jp

カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

日本国憲法の秘密-604- (加計学園問題について)

保育園問題に足を突っ込んだついでに、幼児教育無償化についても一言。

まず幼稚園と保育園の違い。
幼稚園の学校教育法に基づき、保育園(所)は児童福祉法に基づく。
根拠法令の違いが大きな相違点。学校教育法は文科省の管轄、児童福祉法は厚労省の管轄。担当省庁も違う。

幼稚園の目的は、幼児の心身の発達を助長し、義務教育の基礎を築くこと。
保育園の目的は、保護者からの依託を受けた上で、保育に欠けるその乳児や幼児を保育すること。
幼稚園は幼児を対象とする。小学校入学前の2年間(年中5歳児と年長6歳児)を対象とすることが多かったが、昨今は年少4歳児を預かる園も増えている。
4歳児は入園時点ではほとんどが3歳児。トイレや食事も覚束ないまま違う環境に放り込まれた子供達に集団で何かをさせたり教えたりということはなかなか大変である。
落ち着きがなかったり家の人に会いたくて教室や園から脱走する子供もいたりするので細心の注意が必要。
保育園は0歳児から受け入れているが、保育に欠けることが条件なので保育する者がいると見做されれば対象にならない。


うちの息子達は公立の幼稚園に通わせた。
その幼稚園はちょうど長男の学年から4歳児(実質3歳児)受け入れが始まり、息子は4月生まれでもあり年少4歳児から入園させたので3年間同じ幼稚園に通った。
園からの脱走経験はないが、私が幼稚園のPTA役員をしていて幼稚園に居た時に年少児の長男が玄関の鍵を開けて自転車に乗って自宅を脱走して園まで来たことがあり、先生をひどく驚かせた。(家に夫がいたがうっかり寝込んでしまったらしく、その隙をついて脱走してきた)

有名私立幼稚園のお受験とか、そういうのには縁のない地方であっても、我が子をどこの幼稚園に通わせるかということは結構保護者の頭を悩ませる問題である(らしい)。らしいと書いたのは私は全くそういうことに興味がなかったから。家から近い公立に通わせることに決めていて何の迷いもなかった(バスの送迎があって、給食ありで、月謝も安い、これ以上何の文句がありますか!?)。
でも実際どこに入れたらいいのかと悩むママも少なくないらしく、結構遠い幼稚園に通わせたりした人もいた。
どこに入れようとかの迷いは子供密度が高くなるほど大きくなると思う。
社宅とか新興住宅地とか。
子供密度が高く似通った点が多い家族層を抱える社宅は幼稚園選びも大変。
あれもこれもしてくれて園児服も賢そうな(?)ハイソな(?)幼稚園が流行ったりして。こういう幼稚園がまた狙ったように社宅近くにあったりして。
逆のパターンもあり、公立幼稚園がすぐ近くにあるのに、なんで遠くの私立幼稚園に行かせるの?的な雰囲気がある社宅があったりして。
新興住宅地などではいろいろな幼稚園に行っている子がいるので、近くに住んでいても遊び友達にはなれなかったりして。

幼稚園を選んでも小学校中学校と9年も近くの公立に行く羽目になるのだから(地方にはそれ以外の選択肢はとても少ない)同じじゃない?くらいに私も思っていた。(あなた、三つ子の魂という言葉をご存じなくて!?)(選択肢だって皆無ではないでしょ!?)
これが森友学園絡みで安倍首相夫人が言った「せっかくココで育った芯が他に行くとムダになる」に通じることなんでしょうか?


どうやら人々は幼稚園に求めているものがあるらしい。
一方の保育園は預かって保育してもらえれば御の字。
これがたぶん、教育と福祉の差なんだろうと思う。
私なんか半分自分の息抜き目的に幼稚園に通わせたようなものだけれど、幼稚園の最大の欠点(?)は帰りの時間が早いことで13時とか14時には帰ってくる。近年は希望すれば1時間2時間延長してくれる園もある。



さてさて問題の幼児教育無償化。
幼児教育というからには教育基本法(文科省管轄)に基づく幼稚園の話かと思ったら保育園も対象になるようだ。
今でも次のようなサービスがある。
(子が同時に園児だった場合)
 ・1人目は全額負担
 ・2人目は半額負担
 ・3人目以降は無償
自治体によって多少違うかもしれないが、保育園の場合は所得制限なしで、幼稚園の場合は所得制限がある。
その「差」をなくして、最終的に全てを無償化しようとしている。
でも私はこう思う。同じ無償ならば同じレベルの教育を受ける権利があるのではないかと。
幼児が受けるべき教育とは何か、国はその答えを持っているんだろうか。
そもそも保育園と幼稚園という種類の違うものを一緒に「幼児教育」と括っていいのだろうか?
高額な月謝を取る私立幼稚園と安い公立幼稚園を一律に無償化すれば、結果的に寄付される金額に差があるということになる。
これまでお金に余裕があって高い月謝の幼稚園に通わせることが出来た人達の分まで無償化する必要がどこにあるのだろうか?
それとも、これまで安い公立幼稚園にしか通わせることしか出来なかった層の子供達を高額月謝の私立幼稚園に取り込みたいということなんだろうか?
公立幼稚園なんかいらない、全部をハイソな高額月謝幼稚園にすればよいくらいの気持ちなんだろうか。
「せっかくここで育った芯が他(公立)に行くとダメになる」から小中学校も全部私立学校になったりして。









by yumimi61 | 2017-10-27 00:11