人気ブログランキング |

by and by yumimi61.exblog.jp

カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

条々(2)

群馬県防災ヘリ「はるな」墜落の犠牲者と墜落地点

犠牲者9人
 東邦航空の従業員2人
 県防災航空隊の職員2人
 吾妻消防隊員5人

e0126350_13261000.gif
地図はあえて古いものを使った。現在は6町村となっている。
2006年に「吾妻町」と「東村」が合併し、「東吾妻町」となった。
2010年に「中之条町」と「六合村」が合併し、「中之条町」となった。
六合村は「くにむら」と読む。

今回の事故で犠牲になった消防隊員5人が所属していた吾妻広域消防本部は赤丸の付近にある。旧吾妻町、現東吾妻町。
東吾妻町だが中之条町に近い場所。

墜落した場所は左上の×の付近。旧六合村、現中之条町。長野県との県境近くであるが、群馬県地図として見るとちょうどぽこっと出っ張っている位置。

左下の×は1985年に日本航空123便が墜落した場所である。長野県と山梨県の県境近く。埼玉との県境とも遠くはない。
異変を感じた海上からこんな内陸に大型旅客機は飛行してきたのだ。
途中には横田基地があり、そこに着陸を試みたふしもあった。

上の地図で青丸は榛名湖。
8月12日の私の投稿で一番上に載せた写真は榛名湖。
榛名湖も高崎市と東吾妻町と榛東村の境目近くにある。
この近辺も合併が進んでいて現在榛名湖は高崎市に属している。
榛名湖の右下あたりに榛東村という村があり、陸上自衛隊の相馬原駐屯地がある。
1月の噴火で亡くなった自衛隊員(49歳)はこの駐屯地の第12旅団第12ヘリコプター隊に所属していた。でも契約隊員(有期雇用)みたいな感じだったのだと思う。
青森県出身で陸自隊員だったが一度は辞めていた方。
青森で陸自と言えば、明治時代の八甲田雪中行軍遭難事件を思い出すが、その遭難と今年の噴火、どちらも1月23日の出来事だった。


稜線トレイルと飛行ルート

左上の県境に重ねた黒線は「ぐんま県境稜線トレイル」。
県境の登山道を1本の道として結びつけた稜線100km超のロングトレイル。こんなに長いのは国内唯一だそうだ。
これが墜落翌日の8月11日に全線開通予定だった。
防災ヘリはこのトレイルの視察にいったということだった。
しかし長いトレイルなので吾妻管轄だけでは収まらない。利根郡のみなかみ町も含んでいる。
視察に行った群馬県の防災ヘリは、みなかみ町に入らない飛行ルートを予定していた。
群馬県がメインならばトレイル全部を見ても良かったはずだが、そうしなかったということは、この飛行は吾妻メインだったということになる。

群馬県は飛行計画を国土交通省に予め提出していたが、その飛行ルートは上の地図にオレンジ色で入れたラインのような感じであった。
県境沿いを飛行するがみなかみ町に入らないルート。もっと言うと、長野県と新潟県境あたり迄ということになる。新潟県境に入らないルート。

西吾妻福祉病院を飛行ルートに入れなかった怪

ヘリコプターの出発地点は群馬ヘリポート。9時15分発。
このヘリポートは前橋市のはずれのほうにあり、高崎市や玉村町との境界近く。
国交省に提出した予定ではここで9人が搭乗することになっていたが、吾妻消防隊員5人はこの出発ヘリポートでヘリに乗らなかった。
確かに東吾妻町から前橋のはずれまで自動車で行くとなると、下道なら1時間半くらいで朝で渋滞していればもっとかかるかもしれないけれど、関越自動車道を使えば1時間かからずに行けるだろうと思う。
ただ結局視察場所が地元なので無駄足と言えば無駄足。
彼らがヘリに乗り込んだのは西吾妻福祉病院だった。
場所は上の地図の左上方にある紫丸の辺り。東吾妻町でも中之条町でもなく長野原町にある。草津町寄りに位置する。
ヘリポートを有している病院なのだ。
吾妻メインの視察で管轄内のヘリポートも有している病院を利用するのだから、別に隠すことはなく計画にそう書いて提出すれば良かったと思うが、何か不味い事情でもあったのか、単に面倒だったのか忘れたのか、途中で拾っていくことを常々重要視していなかったのか、何故か記載しなかった。
実は私、以前ドクターヘリについての記事でこの病院のことを書いている。

群馬県でドクターヘリの要請が多い地域は、前橋市と吾妻広域である。

前橋市は県中心部。但し市町村合併により赤城山(旧富士見村内)も前橋市となった。

一方、吾妻広域は県北西に位置する山間部である。
北側は新潟県、西側は長野県に接している。
中之条町・東吾妻町・長野原町・嬬恋村・草津町・高山村の6町村から構成され、市を有していない。
市がないので地域全体の人口も少なく、県内で一番少ない地域となっている。
中之条町は小渕元首相の出身地。
建設問題で揺れた八ッ場ダムは長野原町内に位置する。
人口は少ないが、草津温泉、万座温泉、北軽井沢などの観光地や別荘地を有しているために観光客で賑わう。
スキー場やゴルフ場も多数ある。

(略)

吾妻地区でもう1つ注目すべき病院は「西吾妻福祉病院」である。
吾妻地区の西側の町村(草津町・長野原町・嬬恋村)が設立し、運営を「公益社団法人 地域医療振興協会」に委託している。
2002年に開院した比較的新しい病院。病床数111床。
敷地内にヘリポートを有しており、ドクターヘリを利用した高次医療機関への救急搬送に積極的である。
「地元住民における新規患者増加は見込まれない為、観光客や別荘族を増やすよう行政との連携(温泉療養相談ボランティアなど)を図る」といった策が病院運営プランに盛り込まれている。



重なるミス

9時15分 群馬ヘリポート出発 4人搭乗)
(西吾妻福祉病院を経由して5人を乗せる)
10時1分 この時間の確認を最後に消息を絶つ
11時15分 飛行計画の着陸予定時間
11時19分 ヘリコプターの着陸を国交省に報告※

※ヘリコプターは着陸のたびに国交省に報告することが義務付けられており、予定から30分経っても報告がない場合には捜索手続きが開始するという。

西吾妻福祉病院を経由して消防隊員を乗降させることを計画書に盛り込んでなかったばかりか、ヘリコプターが着陸もしていないのに着陸したと報告していたことについては驚きを隠せない。
捜索を遅らせるための仕業とすら思えてしまうミスの重なりである。

飛行計画の提出と着陸報告は、群馬県の職員が行ったのではなく、県から防災ヘリ業務を委託されていた東邦航空の従業員(県防災航空隊に派遣されていた)が行っていた。


見えない壁?

8月11日9時より「ぐんま県境稜線トレイル」のオープニングセレモニーが谷川岳天神平で開催される予定だったが、前日視察に出た防災ヘリの墜落を受けて中止となった。

谷川岳天神平は利根郡みなかみ町のほうに属する。
天神平スキー場はゴールデンウィークの頃までスキーが出来るスキー場であるが、ここは東武鉄道のグループ会社である谷川岳ロープウェー株式会社が運営している。
また谷川岳は遭難が非常に多い山として知られている。

谷川岳の頂部は二峰に分かれており、それぞれトマの耳(標高1,963m)、オキの耳(標高1,977m)と呼ばれる。

谷川岳は初級者から上級者向までの変化に富む登山コースを有し、年間4万人を越える登山者が訪れる。しかし危険個所の多さと急激な気候変化が影響し、遭難者の多い山としても知られる。

一ノ倉沢などの谷川岳の岩場は、その険しさから剱岳・穂高岳とともに日本三大岩場の一つに数えられ、ロッククライミングの聖地となっている。山麓はスキーの聖地でもあり、谷川岳天神平スキー場は関東でも有名なスキー場である。
また、谷川岳ロープウェイが東麓から山稜付近(天神尾根)までを繋いでおり、冬場はスキー客と登山客が同じゴンドラで天神平を目指すことも少なくない。山稜の天神平駅のそばにはレストハウスがあり、簡単な食事も提供されている。

谷川岳の標高は2,000mにも満たないが、急峻な岩壁と複雑な地形に加えて中央分水嶺のために天候の変化も激しく遭難者の数は群を抜いて多い。ただし遭難者の多くは一ノ倉沢などの岩壁からの登頂によるもので一般的なルート(天神尾根)は殆ど危険な箇所もなく遭難者も少ない。

1931年(昭和6年)から統計が開始された谷川岳遭難事故記録によると、2012年(平成24年)までに805名の死者が出ている。ちなみに8000メートル峰14座の死者を合計しても637名であり、この飛び抜けた数は日本のみならず世界の山のワースト記録としてギネス世界記録に記載されている。
こうしたところから、谷川岳は「魔の山」「人喰い山」「死の山」とも呼ばれる。遭難の防止のために群馬県谷川岳遭難防止条例が制定されている。


谷川岳での救助の中心となるのは県警の沼田署谷川岳警備隊。
航空機が必要となれば航空隊も出動する。地元山岳会なども協力したりする。
みなかみ町にもヘリポート(ノルン水上スキー場)があり、合同救助訓練などを行っている。
吾妻にも山があり観光地もあり冬は寒く降雪がある地域だが、谷川岳のような難しい救助活動に比べれば難易度は高くないと思うので(比べるものでもないと思うけれど)、そういう微妙な関係性もあったんだろうか。

ぐんま県境稜線トレイル 国内最長100キロ、山の日に開通 登山家・貫田さん、中之条で記念講演 /群馬
(会員限定有料記事 毎日新聞2018年6月29日 地方版 群馬県)

充足感得られる登山を

 群馬、長野、新潟県境の尾根筋を1本で結ぶ国内最長(約100キロ)の「ぐんま県境稜線トレイル」が、8月11日の「山の日」に全線開通する。これを記念し、日本テレビの人気バラエティー番組「世界の果てまでイッテQ!」の登山部顧問を務める「天国じじい」こと貫田宗男氏が27日、中之条町で講演した。【杉直樹】

 県などでつくる検討委が企画し、県内外から約190人が耳を傾けた。





by yumimi61 | 2018-08-21 14:13