人気ブログランキング |

by and by yumimi61.exblog.jp

カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

本性

朝日新聞とはなにものか

1907年(明治40年)に夏目漱石が入社した朝日新聞社はどのような社であったか。
現代では反日系や革新系、リベラル系として名高い朝日新聞だが、歴史的にみればこのレッテルはかなり微妙である。
朝日新聞は御用新聞となって成長し大きな会社になったのだし、戦争を支持していた時代も長い。

1879年、大阪にて創刊。
創刊期は、新聞小説と通俗記事が主体の大阪ローカルの小新聞だった。
また、参議の伊藤博文らが同じく参議の大隈重信を政府から追放した明治14年政変の翌年以降、政府と三井銀行から極秘裏に経営資金援助を受ける御用新聞として経営基盤を固めた
その間に東京の『めさまし新聞』を買収して『東京朝日新聞』を創刊し、東京に進出した。

戦後の一時期まで、朝日新聞は購読者層として政官財のトップエリートを含む社会の高学歴層に支持されてきた傾向があったとされる。しかし同時に、記者をはじめとする朝日新聞社員のエリート意識も極めて高く、同社員の外部に対応する態度は「Donaru(怒鳴る)」「Ibaru(威張る)」「Yobitukeru(呼びつける)」の「朝日のDIY」と言われ、そのことが珊瑚記事捏造事件の時のように、必要以上に相手の反感を買っているという指摘もなされている。



戦争賛美・戦争支持の顔を持つ朝日新聞

・日露戦争前には主戦論を展開し、日露講和にも反対した。

・満州事変以降は概して対外強硬論を取るようになり、軍部への迎合に転換し、第二次世界大戦終了までは戦争賛美の論調だった。

・大日本帝国陸軍が満州事変を起こし、満州国を建国した後、国際連盟に拒否されて脱退した際には「連盟よさらば」という歌を作成して代表の松岡洋右を賞賛している。

・1930年代後半からは首相・近衛文麿の戦時政府(近衛新体制運動)を積極的に支持した。

日中戦争(支那事変)・太平洋戦争(大東亜戦争)中は主戦論を主張する軍部の御用新聞として君臨し、毎日新聞や読売新聞といった他紙と同様の戦争翼賛報道を行い、大本営発表をそのまま記事にした

・日本の敗戦後は、社説「自らを罪するの弁」(1945年8月23日)、声明「国民と共に立たん(関西版では「―起たん」)」(1945年11月7日)を発表し、村山社主家の村山長挙社長以下幹部が辞任した。ただし、村山長挙・上野精一両社主は公職追放解除後に復帰した。

・戦前は朝鮮人による日本への密航や朝鮮人密航組織、さらに朝鮮人労働者が高収入を得ていたという報道を頻繁に行っていたが、1959年以降に北朝鮮への帰還事業が行われるようになると次第に左傾化し、在日朝鮮人は強制連行されたものであるという報道を行い始めた。



人畜無害

例えば、尊皇攘夷運動に身を投じたはずのものが、時代が変われば自分達で実権を握り、喜んで外遊し、外国製を取り入れる。(実は最初から外国から支援されていたのだけれども)
例えば、かつて戦争を賛美し支持していたものが、時代が変われば戦争反対に回る。
例えば、(旧)優生保護法という法律に基づいて行ったはずの手術が、時代が変われば悪行になる。

「政治」も「報道」も簡単に翻る。特に後世に生きる人間にはそれが見えやすい。
「政治」にも「報道」にも強い思想や信念がなく、別の何かで世の中は動いているということが分かる。そのことは人々の心に不安や不信を抱かせる。時代が進めば進むほど政治不信、メディア不信に陥るのは当たり前なことかもしれない。
そんな簡単に翻るものに信を置くことは難しい。
何年か何十年か後には、あの時の報道や政治は誤りでした、我々は罪を犯しましたと平気で言い出しかねないことを私達は知っているからである。

翻るということ、それは言い換えれば変化である。
変化の一側面は成長であり、進化や進歩でもある。
人間は子供から大人に成長する、それを悪いことだとは言えない。
それと同じで進化や進歩は前向きで良いことだと考えられているので、進化や進歩に対して異を唱えるのは大変勇気がいる。
変化(change!)はいつの時代も明るい未来を夢見させる。だから人々は変化への不安を押し隠す。
だけどほとんどの人間は、特に島国に暮らす日本人は大陸に暮らす人々よりも変化や変形が苦手なのだ。出来ることなら不安や不信とは無縁でいたいと思っている。

夏目漱石は小説『野分』の中野君の恋愛論の中で変形を語った。
恋の煩悶の炎火の中に入ると非常な変形を受けると。(同時にそれによって自分の存在が明瞭になるとも)
変形には2種類ある。未熟で柔らかいからこその変形と、非常に大きな熱量を受けての変形。
夏目漱石は恋愛による変形は後者であることを『野分』で示した。


「政治」や「報道」が翻るもので信用ならないものだとすれば、信じられるものはなにか。信を預けるものとして「思想」や「宗教」への道が開かれる。
しかしながら「思想」や「宗教」は無頼の徒に色塗られ、これまた信が絶たれることになり、「思想」や「宗教」や「政党」は危険なものとして映し出される。

簡単に翻ってしまう社会において、変化していく時代の中で、翻らないものや変わらないものは、数字を積み上げた無味乾燥な「天皇制」と、宗教色を払拭した「神社」といったところだろうか。
人々は変化しないことに安心し、熱狂とも言える信を寄せ、変わらないことに感謝すらする。


変わらない土台づくりと変化への布石

「明治天皇の誕生日が祝日になっていて(11月3日)、昭和天皇の誕生日が祝日になっているのに(4月29日)、大正天皇の誕生日(8月31日)は祝日になっていないんだよ、差別だよね~可哀想に」と私は妹に言ったことがあるが、今度は12月23日が祝日になって、2月23日が天皇誕生日として祝日になるのかしら?
明治天皇と昭和天皇では戦争の印象が強い。
今までの歴代天皇の誕生日が全部祝日で学校も仕事もお休みならいいのに~。

あと時代区分だけど、歴史で習ったなんとか時代というのは政治(為政者)の大きな変わり目であって天皇の変わり目ではない。
明治から急に天皇1時代になったみたいな感じに捉えられているけれど(もっとも大日本帝国憲法下では天皇が為政者だけれども)、これは暫定な時代区分であって、もう少し先の時代では別のまとまりになるんですよね?ならないの?

昭和天皇は20歳の時に病弱な大正天皇に代わって政務を摂ることになった。
でも自分は最高責任者の立場で行った戦争に負けても退位もしなければ摂政を取らせることもしなかった。
自らふっかけた戦争で多くの者と金の犠牲を出し負けて天皇制を廃止しないならば、少なくとも表の顔を取り換えるくらいのことはしてもよさそうである。
会社だって何だって何か大きな不祥事を起こせば辞任して交代するではないか。
だけど昭和天皇は象徴として何事もなかったかのように居座った。
今回だって高齢になってすることが出来ないというならば、摂政という方法もあったはずである。でもそうはしなかった。
これは摂政の政が政治を意識させるからなのかな?

人間は、ことに日本国民は変わらないものをこよなく愛す性質だから、変わらない天皇制を下支えにして、変化を前面に出したのが今回の天皇の交代劇。
戦争を永久に放棄する憲法も多くの人が愛しているわけだけれど、変わらない天皇制を下支えにして憲法を変えたいと思っているのが何があってもなかなか変わらない政権といったところか。





by yumimi61 | 2019-05-03 23:58