人気ブログランキング |

by and by yumimi61.exblog.jp

カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ミカド

e0126350_15235994.jpg
クラブ「ミカド」赤坂 昭和42年ー好景気を背景に大規模クラブが各地にオープン。なかでもミカドは銀座のホステスやバーテンを引き抜き話題となった。オーナーの言葉によれば1000人のホステスがいたという。昭和48年のオイルショック以降、衰退に向かう。 田沼武能 



「ミカド」
かつて東京都港区赤坂に存在したレストランシアターで、後にキャバレーとなる。世界の社交場をキャッチフレーズとし、シンボルマークは菊の花。

名古屋でパチンコ店や観光バス事業(中部観光)などを経営していた山田泰吉が、来るべき1964年東京オリンピックでの外国人客を見込み、5年の歳月と当時の金額で15億円の巨費を投じ地上6階建て延床面積2千余坪を以って完成。国際社交場にふさわしい大噴水ショー、そしてレヴューなど世界の一流ショーを売り物とし、内外装、調度品ともに豪華さの粋を集めたレストランシアターとして1961年10月に東京・赤坂田町5丁目(現・赤坂2丁目)で開業。しかし欧米人客には 大好評を得るも、ホステスが存在しないことが仇となり日本人客には不評で1964年に閉館へと追い込まれる。

その後、ミカドの経営は神戸『新世界』・大阪『エムパイア』『クラウン』といった大型キャバレーの成功で名を馳せていた神戸出身の小浪義明(近畿観光)が買収する形で引き継ぎ、華美な面を省くなど大々的な改装が施され、ゴールデンタイム、サンデーサービスを設け、高級路線の大衆(グランド)キャバレーとして装いも新たに翌1965年11月に再オープンした。営業担当の畑本克己が銀座中のクラブやキャバレーよりホステス、マネージャー、バーテンダー、ボーイ(ウエイター)を引き抜いた事が業界で大問題となったが、最盛期には500名のホステスを抱え大成功を収める。



山田泰吉
 昭和20~40年代、広小路かいわいを覆っていたきらびやかなネオン街。
の中心にあったのは数々のキャバレーだった。
戦後の混乱が終わらぬころ、広小路の一角でいち早くキャバレーを始めたのが、「夜の帝王」ともいわれた山田泰吉だった。
その人生の絶頂と転落は、今なお語り継がれている。

 1901(明治34)年、岐阜の貧しい農家に生まれた。
柳ケ瀬で一旗揚げた後、保険会社の従業員などを経て商売の才覚を現した。
46(昭和21)年、広小路通に面した富国生命ビルの地下にキャバレー「赤玉」を開業する。
 事業は大当たり。娯楽を求めていた市民が殺到し、大繁盛した。
タンゴやジャズの軽快な音色に乗り、男女が体を近づけて踊りに興じた。
当時、赤玉で演奏していた元アコーディオニストの角谷精三さん(88)=千種区=は「淡谷のり子さんら一流の歌手が歌い、名古屋中の財界人が集まった」と振り返る。
 山田は「中部観光」を設立して複数のキャバレーやパチンコ、タクシー事業を次々と成功させ、当時の金額で数十億円の資産を築いた。
千種区に建てた豪邸は「東山御殿」と呼ばれた。
 角谷さんは当時、バンドの仕事を求めて都会に出て来たばかりの駆け出し。
山田はその若者を米フォード社製の車に乗せて社宅まで送ってくれたというから、豪勢な生活ぶりがうかがえる。
角谷さんにとって、山田は「人情味のある温厚な人物」だった。

 山田には野望があった。
それは東京に世界一のナイトクラブを持つこと。
東京五輪を間近に控えた61年、ついに赤坂にレストラン・シアター「ミカド」を開店させる。
 祖父の代から山田と親交のあった中区の老舗料亭「蔦茂(つたも)」の主人深田正雄さん(66)は、中学生のころ親に連れられてミカドを訪れた。
店の収容人員は1500人。
「ラスベガスみたいにきらびやかで圧倒された」という。

 ミカドは山田にとって、一世一代の賭けだった。
だが当て込んだほど客は入らず、12億円もの負債を出してわずか3年で経営破綻。
あおりで中部観光も行き詰まり、別の企業に買収された。

豪邸は人手に渡り、山田は表舞台から姿を消した。
 その後の山田を知る人は少ない。
深田さんは、家を継ぐため名古屋に戻ってきた84年ごろ、晩年の山田から「徳川の埋蔵金を掘り当てる」と冗談とも本気とも取れない話を聞いた。

 その夢もむなしく、昭和が終わるころ、関東の老人施設でひっそりと息を引き取ったといわれている。
広小路かいわいのキャバレーは、バブル期にはディスコに変わり、やがて姿を消した。
 中区の若宮八幡社に「中部観光株式会社赤玉会館」の石柱がある。
山田が寄進したことを示す柱だけが、往年の繁栄をしのばせる。
FineCity(ファインシティ)へようこそ 絶頂、東京そして転落 広小路通(4)より 上記の転載文は新聞記事とのこと

晩年に「徳川の埋蔵金を掘り当てる」と言っていたとあるが、徳川埋蔵金と言えば糸井重里さんですよね?
いつ頃のことだっけなぁと思って調べてみたら1990年代だった。そんな新しかったっけ?(十分古いですよ?)
ともかく山田泰吉さんの野望(夢)のほうが早かったというわけか。


小浪義明
1912年8月16日朝鮮生まれ。和歌山中〔大正13年〕卒。
13歳のときに来日しさまざまな職業を経て、昭和13年神戸市にキャバレー・新興会館を開店、戦時中は軍需工場も手がける。
戦後、神戸、大阪に次々にマンモスキャバレーを開店、“関西のキャバレー王”といわれた。
38年近畿観光社長に就任し、40年東京に進出。営業不振で倒産した赤坂のレストラン・シアター“ミカド”を引き取り、マンモスキャバレーとして再開させた。東京、札幌各ミカド社長。
1981年12月1日死去。69歳。



トップの写真、不思議なのはお客さんらしき姿が見えずに、ホステスやバーテンらしき人ばかり。(私が載せた写真では切れてしまっているが)後方に並んでいるのがバーテンやボーイらしき人で、他は坐っている人も立っている人もほぼ女性。
「お立ち台での立ち方」とかいう研修?
それとも従業員全員を集めての集合写真だろうか?
それにしても全員がお店に出たら、お客さんが座る席もないということですね。


帝(てい・みかど)
1.天界を統べる神。 三皇五帝
2.殷(商)以前に使われた君主の称号
3.前漢以後の帝号
4.天皇の別称(帝、みかど)


三皇五帝
古代中国の神話伝説時代の8人の帝王。
三皇と五帝に分かれ(誰が該当するかについては諸説ある)、三皇は神、五帝は聖人としての性格を持つとされ、理想の君主とされた。
伝説では、最初の世襲王朝・夏より以前の時代とされる。


神格をもつ「皇」と聖人である「帝」とは区別されていて、神格を持つ三皇はもともとは天地人三才(天・地・人の3つの働き)に由来する抽象的な存在であった。

殷(商)
紀元前17世紀頃 - 紀元前1046年
古代中国の王朝である。文献には天乙が夏を滅ぼして建立したとされ、考古学的に実在が確認されている中国最古の王朝である。


つまり中国では、考古学的に実在が確認されていない、いわゆる神話時代の君主の称号が「帝」であった。
殷(商)以後は普通に「王」が用いられていた。
それに変化を与えたのが始皇帝である。

(始皇帝は)紀元前221年に史上初の中国統一を成し遂げると最初の皇帝となり、紀元前210年に49歳で死去するまで君臨した。
それまで中国は戦国時代にあった。
始皇帝は中国戦国時代の秦王であった人物である。
中国統一を成し遂げた後に「始皇帝」と名乗り、中央集権国家を築いていった。

初めて強大なひとりの権力者の支配に浴した。
最初に秦王政は、重臣の王綰・馮劫・李斯らに称号を刷新する審議を命じた。それまで用いていた「王」は周の時代こそ天下にただ一人の称号だったが、春秋・戦国時代を通じ諸国が成立し、それぞれの諸侯が名乗っていた。
統一を成し遂げた後には「王」に代わる尊称が求められた。王綰らは、五帝さえ超越したとして三皇の最上位である「泰皇」の号を推挙し、併せて指示を「命」→「制」、布告を「令」→「詔」、自称を謙譲的な「寡人」→「朕」にすべしと答申した。秦王政は号のみ自ら変え、新たに「皇帝」の称号を使う決定を下した。


中央集権国家は民主主義国家に近いところにあるが、実は限られた権力者に強大な権力を集中させやすいのである。
日本は江戸時代はもちろんのこと、歴史上それとは逆の形態であることが多かった。
しかしながら権力者(中国ならば王)が沢山いる状態が不都合ということで統一を果たし権力を集中させる。
今までとは違う絶大な権力者であるということを誇示するために、君主の名称を変更した。


帝(みかど)は常用漢字ではない。
「みかど」の原義は「御門」である。
「御」が付いている。だから、誰か地位の高い人、一番ということになれば君主(天皇)の門ということになる。
この門は建築物の門ではなくて、一門という意味が強いのだと思う。唯一無二の家系(万世一系)を強調しているのだろう。

建築物の門は通常、敷地と外部を区切る塀や垣根に設けられる。
通行のために出入口となり、区切り(境界)を開くものである。
封鎖して遮るだけならば塀や垣根だけで十分であるのに、あえて門を設置する。出たり入ったりするために。
でも日本では天皇家がそれでは不味いみたいなので、御門の門は一門の門であると考えられる。




by yumimi61 | 2019-06-14 16:04