人気ブログランキング |

by and by yumimi61.exblog.jp

カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

コンスマ

聞き流し教材で英語が習得できるか?

「人種のるつぼ」と呼ばれる国に比べたら日本は単一民族であり、国民の間にそこまでの差がない。
しかしながら日本には数多の英語教材が存在する。
それだけ英語の習得が難しく、あの手この手が繰り出されているという証である。
また中学校・高校・(大学)、近年では小学校において、英語の授業を義務付けても、いつまで経っても英会話ができる民族にならないと、嘆いたり落胆したりしている。
でもそれは日本語の音域と生理学的な原因に由来していて仕方ない面が多い。

そんな中、近年では言語の周波数に注目した教材もだいぶ増えてきた。
先日私が写真を載せた英語の本も周波数のことが「英語は目と耳を使おう」というページにちょこっと書かれている。
CMで見かけることがあるスピードラーニングもやはり周波数に注目しているらしい。
聴き取れなかったり意味が分からないからといって、スピードを落としたり考え込む必要はない、とにかく大量の英語を聞き流すことを推奨している。

それが何に効果的かと言うと、日本語とはかなり違う高周波帯の言葉(音)を、脳に言語であることを認識させることに効果的なのだ。
たとえ高周波の音を聞くことが出来ても、脳がその音を言語と認識しない限り、言葉を理解して会話することは出来ない。
つまり「大量の英語を聞き流す」のは、高周波帯の会話に慣れるための基本のキ。

どこの国の赤ちゃんも言葉を話すことは出来ない。だけど言葉は教え込まなくても、一般的には日常生活に不自由ないくらいには自然に身に付くものである。
それは赤ちゃんや幼児が生活の中で大人の言動を繰り返し繰り返し見たり聞いたりしているからである。
つまり「英語は目と耳を使おう」「体で英語を覚えよう」というのは、’この音はただの騒音ではなく何か意味のある音なんですよ’、’今聞いているのは意味ある言葉なんですよ’、ということを脳に刷り込むのに効果的なのだ。

但し英語を習得したい大人が、赤ちゃんのように愛に包まれながら、刷り込みにたっぷりと時間を掛けられるかと言ったら、それはなかなか難しい。
子供であっても、赤ちゃんのような生活はとっくに卒業していて、やらなければいけないことは、あれやこれやあるわけだから、これもまたなかなかに難しい。
そして元々の言語(国語)が違っていて、すでに先にそれを獲得してしまっている場合、特に日本語のように違いが大きな言語の場合には、別途持っていない音(子音など)を新たに覚えて獲得する必要があるので、聞き流しだけで英語をマスターすることはやっぱり難しい。

眠りながら聞いても効果があるとする教材も、スピードラーニングも、周波数と刷り込みを重視したという点では同じであるが、効果は疑わしい。
動きながら話しているのを何度も何度も見たり、表情のある会話を何度も何度も見たりすることで、だんだんと音に意味づけがなされてゆき、言葉を獲得していくので(少し前に書いた条件反射に似ている)、動きを見ずに聞くだけでは、音楽をただぼーっと、あるいは寝ながら聞いているのと変わらない。
それでも繰り返し聞けば、その音に慣れて不快に感じることが減ったり、部分的に記憶できることもあるかもしれないが、それだけでは、言語を獲得して理解・生成するには程遠い。


騒音性難聴

加齢による聴力低下は避けられないものである。
補聴器も聴力を改善するものではなく、対症療法に過ぎない。
一度失われた聴力を元に戻すのはほとんどの場合困難である。
但し前回書いたように、加齢による聴力低下は語音弁別能の低下ももたらし、さらには言葉を理解する力まで失ってしまうので、その進行を防ぐために早期に補聴器を付けて脳を刺激し続けることが大事なわけである。

加齢性の難聴は「老人性難聴」と呼ばれ、感音性難聴に1種に該当するが、「騒音性難聴」も感音性難聴である。

騒音性難聴は、文字通り騒音の曝露によって難聴を来たすものである。
かつてはもっぱら労働現場で扱われた難聴であった。
労働現場における難聴には災害性難聴と騒音性難聴がある。
災害性難聴は爆発事故などが起こった時など、巨大な音によって聴力を損失するもの。
騒音性難聴は、慢性的な騒音暴露による聴力損失。

災害性難聴と騒音性難聴は、騒音の大きさdB×時間に相関する。
災害性難聴のような急性難聴は100~120dBを超える大音量で短時間に起こる。
騒音性難聴のような慢性難聴は長期間(5~15年)騒音にさらされることによって起こり、徐々に進行するというよりは比較的に一気に悪化する。しかしその後の進行は緩やかになる。でも騒音環境を変えないと、他の周波数域にも広がり、老人性難聴のような状態になることもありうる。

職場では労働安全衛生法に基づいて、雇い入れ時健康診断と定期健康診断で選別聴力検査というものを実施している。
これはオージオメーターにより1000Hzと4000Hzについて一定の音が聴こえるかどうかの聴き取り検査である。
1000Hzが会話域、4000Hzが高音域という位置づけ。
以下の音の大きさで検査をしている。
  雇い入れ時 1000Hz-30dB  4000Hz-30dB
  定期健康診断 1000Hz-30dB  4000Hz-40dB
 (参考まで学童の健康診断 1000Hz-30dB  4000Hz-25dB)

また騒音が著しい職場では、定期健康診断とは別に騒音特殊健康診断が努力義務ながら課せられている。
これは等価騒音レベル(一定期間の平均的な騒音レベル)が85dB以上の職場で働く労働者が対象である。
(音の大きさの目安は昨日のグラフを参照。商店街などは90dB付近、太鼓の音は100dBになっていた)
こちらの検査は努力義務なので行っていない企業もあると思われるが、全国的な有所見率は15%強くらいな感じ。

騒音性難聴の特徴は、まず4000Hz付近の聴力が低下してくるということにある。
これは日本語の会話や楽器の周波数ではないため、騒音性難聴で聴力低下を来たしても、すぐには気が付かないことも少なくない。
よって検査で早期に見つける。
4000Hzは高音域になるが、人間の耳が本来聴き取りやすい音は2000~5000Hz付近である(このため初期の携帯電話のベル音はこの辺りの音が採用されたというのは昨日書いた)。
その感度の良いところの周波数の聴力が落ちるのだから、すぐには気が付かなくても何かしら生活上支障が出てくるはずである。


今どきの騒音性難聴

近年問題になっているのは、「ヘッドフォン(イヤフォン)難聴」や「娯楽性騒音難聴」である。
WHOは世界の若者の11億人が難聴リスクにあると警鐘を鳴らしている。
すぐすぐに騒音性難聴を発症しないにしても、加齢による難聴に加速度がつくのではないかと私は考えている。
 騒音の大きさdB×時間に相関する・・・
しかももはや今の若者だけに限らず、中年期に足を踏み入れて聴力が落ちかけているところでの曝露もリスクを増大させることは間違いないだろう。

「ヘッドフォン(イヤフォン)難聴」「娯楽性騒音難聴」「従来の騒音性難聴」「老人性難聴」、すべて感音性難聴である。
感音性難聴の原因は、内耳、蝸牛神経、脳にある。

【ヘッドフォン(イヤフォン)難聴】
スマートフォンや携帯型のパーソナル音楽プレーヤーが普及して、ヘッドフォンやイヤフォンで音楽を聴く人が増えた。
一昔前ならば音楽はラジカセやステレオといったもので聴くことが多かった。
大音量で聴くと、親とか近隣から苦情が来るので、そこまで大きな音は出せない。深夜に聴く時などはボリュームを絞らざるをえない。
イヤフォンもヘッドフォンも存在したが、性能が今ほどは良くなかったため、却って音が悪くなり、耳も痛くなるので、好んでは使わないという人が多かったと思う。

ヘッドフォンやイヤフォンでは、音源から鼓膜までの距離が近い。
奥に挿入するタイプのものだと、ほとんど間隔がないに等しい状態であり、通常よりも聴覚を損傷する危険性が高くなる。
しかもその状態で結構大音量で聴いていたりする。

何かが音を出す場合には、必ず振動を伴う。
その振動が周りにある空気を押し出し、押し出された空気は圧縮されるため、空気の濃い部分が出来て隣の空気を押す。
このように振動(空気の圧縮)が波のように伝わっていく。
これが人間に届くと、鼓膜が音の振動をキャッチし、耳小骨が振動を増幅して、蝸牛の中のリンパ液を振動させ、リンパ液の振動により有毛細胞が刺激を受けて刺激を電気信号に変換し、その電気信号を蝸牛神経が脳に伝達する。
これが音を聴くということなのだ。

内耳の有毛細胞に生える「聴毛」が音の振動で揺れると電気信号が脳に伝わるが、この「聴毛」は非常に繊細なもので、大きな音(振動)に長時間晒されると、傷ついたり抜け落ちたりしてしまうらしい。
そうなると音の振動をキャッチできなくなり、結果音が聴こえないという状態になる。

ヘッドフォンやイヤフォンの最大出力音圧レベルは、100~120dBくらい。
ヘッドフォンやイヤフォンをしたままでも会話が聞き取れるくらいの音量なら65dBくらい。
電車内の騒音は70~95dBなので、電車内で聴く場合にはこれ以上の大きさにしてしまっている恐れがある。

騒音性難聴の原因になる音の大きさは85dB以上。
この大きさでいつも聴いていれば、音源が耳元で近い分だけ、労働現場などよりも騒音性難聴が起こるのは早い。
騒音性難聴は5~15年くらい晒されると起こると前述したが、ヘッドフォンやイヤフォンの場合、トータル8時間の曝露を超えれば起こってくるとされる。
100dBならば、たった15分で起こる。
これはもはや災害性難聴レベル(急性難聴)ということになる。


【娯楽性騒音難聴】
ライブハウス、クラブ、音楽イベント、スポーツ観戦などで大音量を聴くことによって起こってくる難聴。
こちらは、音の大きさがさらに大きい。

ライブ会場などでは140dBを超えるような大音量が出されていることがある。
特にスピーカー前などは危険である。
飛行場の滑走路のそばで120dB付近、サイレンで130dB付近、つまりそれを超えてくる音量を浴びることになる。
この音量だと、一瞬でも不可逆的な難聴を発症する恐れがある。
また先に述べたように100~120dBでも数分~数十分の間、その音量に晒されれば急性難聴となる。

加えて、耳の構造は複雑で機能も繊細であり、単に音の大きさだけでなく、寝不足や疲れ、ストレス、飲酒なども発症に関わるとされる。
これらは脳の自律神経に影響を与えるからである。
従って、難聴の他、耳鳴りやめまいなどの症状が出ることもある。
ライブイベントやスポーツ観戦する際には、体調を整えて、発症リスクを少しでも抑えることも大事である。


聴覚障害

私の母は難聴で身体障害者手帳の交付を受けている。
補聴器の購入に補助金が出るということで申請したらしい。
補聴器は一般的なものでも15~30万円くらいかかります。
e0126350_23580342.jpg
聴覚障害は、2級・3級・4級・6級があり、一番重度の両耳が全ろうで2級。
障害者手帳4級の場合、そして公共交通機関も利用しない、ディズニーランドにもUSJにも行かないような母には、補聴器補助金以外にはそれほどメリットはなかったのだけれど、NHKの受信料や携帯電話料金は割引や免除になります。

交付されたのは2012年だから7年前。
くも膜下出血になって手術をしたのは2008年12月のことなので、今年の12月で11年経つ。
聴こえにくくなったのはくも膜下出血の4年後くらいからということになるが、母は2年目くらいからひどいめまいと吐き気に襲われたことが度々あって、2回くらいは救急搬送されたこともあった。
原因は頭部ではなく(CT検査では取り立てての問題はなく)、よく分からなかった。めまいとか聴力とかは本当にデリケートで診断とか改善とかなかなかに難しいものがあると痛感した。
今はそういうめまいや嘔吐はなくなったようだ。
その代わりというか何というか、聴力は以前より落ちている。




... Ads by Excite .....
無料ブログのため広告が上部及び下部に強制表示されてしまいますが、内容など一切関知しておりません。個人の広告収入などもありません。(yumimi61)
by yumimi61 | 2019-08-09 16:02