人気ブログランキング |

by and by yumimi61.exblog.jp

カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

さかさま

君は胸いっぱいに息を吸い込んで

命を与えるみたいに思い切り

そして出来るだけ長く吐き出した

バチンと目の前で弾け

終わるのは一瞬だから

僕はそれが怖くて目を閉じ耳を塞いでいた


*゜*・。.。・*゜*・。.。・*゜*・。.。・*゜*・。. 


さかさまなまさかさ
e0126350_17545534.jpg



さかさまさかさ』という絵本があります。原題は”Topsys & Turvys"。

e0126350_18281981.jpg
今から120年前にアメリカの絵本作家・イラストレーターのピーター・ニューエルが描いた絵本です。
日本でも翻訳されて2015年に発売されています。
同じ作者の『穴の本』もなかなか奥深いです。hole、whole、zero。


「逆さバイバイ」と自閉症

「逆さバイバイ」という言葉がある。
バイバイと手を振る時には、一般的には手のひらを相手側に向ける。
「逆さバイバイ」は、手のひらを自分側にして手を振ることである。
自閉症の子は「逆さバイバイ」をすることが多い。
それは社会性の獲得が遅いことと関係している。

社会性とは、その社会の文化、価値や規範を身に付けることで、後天的に獲得される。
社会性の獲得には、模倣、同一視、観察学習、愛着などが関わっているとされる。
社会性獲得の最初の一歩は、自分ではない他人を認識することから始まる。
子供が認識する最初の他人は多くの場合、母親である。そして母親以外の家族、家族以外の人間(子供も大人も)と、他人の範囲を拡大してゆき、その人間関係の中から社会性を身に着けていく。

だけどこう書くと誤解を与えることにもなる。
「後天的なものを獲得させられないのだから私の育て方が悪いんだわ」と母親が自分自身を責めたり、「母親が悪い」と周囲や社会が決めつけたりという誤解。
あくまでも社会性の獲得が後天的なものであると述べているだけで、自閉症が後天的な原因で発症すると言っているわけではない。
自閉症の原因は今のところ不明である。多くの遺伝的な要因が複雑に絡んで起こる生まれつきの脳の機能障害が原因と考えられている。
要するに自閉症は先天的である可能性が極めて高い。決して育児が原因ではない。
但し、妊娠時の胎内環境や周産期のトラブルなどは発症に関係している可能性はあると言われている。
もちろん想定外のやむを得ないトラブルもある。どんなに気を付けても現代医学をもってしても避けられないトラブルもある。
しかし、低栄養(母親の痩せ)・飲酒・喫煙・薬・極度の冷え・母親の肥満、ウイルス感染(人ごみへの外出)など、妊婦や周囲が気を付ければ避けることのできる環境もあるので、それは最善を尽くしたほうが良いかもしれない。

自閉症の子供は、先天的要因で発症する自閉症を持っているので、後天的に獲得する社会性を獲得しにくい。
他人とか社会に対する興味や関心が全般的に薄く、他人の立場になって物事を見たり考えたりする想像力が欠如しやすい。
それは社会性の獲得に必要な、模倣、同一視、観察学習、愛着などにあまり反応を示さないということなので、感情表現が乏しく言語の獲得も遅れがちとなる。一言で言えば外界に興味がない状態である。


模倣とは何か

子供は多くの事を模倣から学ぶ。
バイバイもその1つであるが、バイバイは模倣とは何かということをちょっと考えさえられる一件なのだ。

誰かが子供に向かってバイバイをする。この時、子供に見えているのは相手の手のひらである。
もし子供が「手のひらが見えるのがバイバイ」だと認識すれば、自分でバイバイする時も逆さバイバイになる。
でも子供は不思議なもので誰に教えられずとも、見よう見まねで相手に手のひらを向けるバイバイをするようになる。一般的には1歳以下でもそれが出来ることが多い。

こんな経験はないだろうか。
対面して2人の人間がいる場合、その2人の人間の右と左は逆になる。
だから手遊びだとかダンスなどを教わる時、講師の先生が分かりやすいように、あえて反対側の人に合わせることがある。
つまり講師の先生は、「右手を上げて」と言いつつも、自分は左手を上げて見せている。
だけど、右左が反対になるはずと分かっている大人などは、その講師の右左と自分の右左が一致することに、余計に混乱するというようなことが起こる。
こんがらがっちゃうのですね。
右左反対や右左同じの混乱を防ぐには、講師が同じ向きで前に立つ前面背面式や鏡の前でのダンス練習などがよいわけですね。


社会性の混乱

要するに、普通にバイバイができる子供は、「手のひらが見えるのがバイバイ」という認識を持つのではなくて、「他人に手のひらを見せるのがバイバイ」だと認識していることになる。
つまりつまり、まず’自分’と’他人’(の違い)を認識しないと、「他人に手のひらを見せるのがバイバイ」という認識にも至らないし、普通のバイバイも出来ない。

自閉症の場合、自分と他人(の違い)の認識が弱いので、自分が何か欲しい物があったり、したいことがあったりする時に、近くにいる人間(例えば母親)の手をつかんで取らせたり行わせたりすることがある。
このようなことはクレーン現象という。
例えばお菓子がテーブルの上に置いてある。食べたければ自分で取って食べればよい状況にある。でも母親などにそれをやらせる。それも言葉で「取って」などと言うのではなく、誰かの手を掴んでその手をお菓子のところに持っていくなどしてやらせようとする。そこまでするなら、自分で取ったほうが早いと思うけれど、そうはしない。
自閉症の子が誰かが何かをしているのをかつて見たとする。それを模倣する時にはそのままの形でやろうとする。誰かがしていたことを、自分に置き換えるということが苦手なので、誰かがしていたことは同じように誰かがすべきだと思ってしまうのだろう。
自分と他人(の違い)の認識が弱いため、他人に気をつかうこともあまりない。

しかしながら社会性はどちらにしたって後天的に獲得していくものなので、学習すなわち教え込むということがある程度までは可能であると考えられる。
「バイバイはこうやってします」
「あそこにお母さんがいるから、今バイバイしましょう」
そんな感じで繰り返し教えれば出来るようになることもあると思う。
でもそれはバイバイの仕方を学んだということであって、自分と他人(の違い)を認識したというわけではないのかもしれない。
バイバイの仕方を学んで、逆さバイバイでも普通のバイバイでもどちらでもよいけれども出来るようになった。それもある意味においては1つの社会性を獲得したと言えるけれど、それは教え込んだ表層の社会性であって、自分と他人(の違い)を認識したことから始まる個の情緒からなる社会性とは少し違うような気もする。

自閉症の例をとったが、社会性は全ての人間に関係することであり、表層の社会性と個人の情緒からなる社会性との違いは、社会の混乱の元というか隠れた問題なのかもしれないなぁと思ったりする。




*゜*・。.。・*゜*・。.。・*゜*・。.。・*゜*・。. 


あなたからバイバイという言葉を聞くだけで

胸がドキドキする

明日の朝起きられるって信じて疑わないからこそ

眠れるっていうけど

こんな私にも眠れない日だってあるから

逆さバイバイこんにちは

逆さバイバイおはよう

もしも逆さバイバイが永遠を約束してくれるなら

あなたにそっと…逆さバイバイおやすみ







by yumimi61 | 2019-09-01 11:48