人気ブログランキング |

by and by yumimi61.exblog.jp

カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

深化

e0126350_23131040.jpg


コンセントの先がどこに繋がっているか一度でも考えたことがあるだろうか



(2007年8月撮影。未発表。)




子供の頃の一時期、私は、ダムに沈もうとしていた地域に住んでいたことがある。

こうしてる今日も発電所のすぐ近くで生活している人がいる。






『源』   撮影2006.5.5  発表2006.5

e0126350_19161778.jpg


母なる水 命の源


-----------------------------------------------------------------------------------------


『地球の色』    撮影2006.5.5  発表2006.5.7

e0126350_20152278.jpg


この水の色はきっと 地球の色と同じ色だ


この色を私たちが守らなくて


いったい誰が守ってくれるというのだろう



---------------------------------------------------------------------------------------

『ネックレス』   撮影2006.4.11  発表2006.4.12

e0126350_19481280.jpg
 

雨上がり


庭で見つけたネックレス


幸せの形って


ひとつじゃないんだね


----------------------------------------------------------------------------------------

『疾走』   撮影2006.3.22  発表2006.4.2

e0126350_2012283.jpg


何が正しいのかなんて

議論するにはまだ早いよ


とにかく走ろう

この風に乗って走ってみようよ


----------------------------------------------------------------------------------------

『僕ら』   撮影2006.3.27   発表2006.3.28

e0126350_2046588.jpg


----------------------------------------------------------------------------------------

『庭先の植木鉢』   撮影2006.3.16  発表2006.3.18

e0126350_2056307.jpg


よく通る道の家の庭先に並べられた植木鉢。
それは決しておしゃれなモノたちではないけれど
私はいつも興味深く並べられているモノたちを観察してしまう。

サボテンに花が咲いている時もあれば
支柱に絡まった赤いつるバラが咲いていることもある。
季節の花がいくつか置かれていて
母の日の後には必ずカーネションが2,3鉢並ぶ。

配置も台もいろいろで、石なんか添えられたりして、
その一角はいつもちゃんと誰かの手が加えられていることがわかる。
そこに生活している人がいるということを伝えている。

なんだか本当にささいなことだけれど
思わず頬がゆるんでしまう。

イングリッシュガーデンも日本庭園も素敵に違いないけれど
日常に頬擦りしているような
庭先の植木鉢の風景もなかなか悪くない。


---------------------------------------------------------------------------------------

『センの撰文(せんぶん)』   撮影2006.2.17  発表2006.2.20

e0126350_21482191.jpg


この長いみちのり (線)


一瞬でもいいから光ってみようよ (閃)


だれかを羨んでばかりじゃなく (羨)


自分を自分の色で染めてみようよ (染)


--------------------------------------------------------------------------------------
 
『白昼夢』   撮影2006.2.8  発表2006.2.13

e0126350_21583312.jpg


言わないの、絶対、誰にも。
言ったら笑われる、「非現実的だなぁ」って

日中の公園はひどく静かで
白い光りに包まれ
まるで別世界
白昼夢

私の小さくて大きい望みも白昼夢

白昼夢の世界で咲いてたツバキの花が
私に言った
「現実はここにある」

うん。

いつか、きっと。

いつか、かならず。


-------------------------------------------------------------------------------------

『なのに』   撮影2006.2.9  発表2006.2.9

e0126350_2242231.jpg


小さな国の片隅で見た夕焼けの空
それだってこんなにも綺麗なんだよ

世界には私の想像なんて及ばないぐらい
美しい場所が無数にあるんだと思う

なのに

なのに

なのに

それ以上に大切なものって なんなのかな
それを壊してまで欲しいものって なんなのかな


-------------------------------------------------------------------------------------

『雨のイルミネーション』   撮影2006.2.1  発表2006.2.1

e0126350_22141886.jpg


とってもキレイなの


神様が飾るイルミネーション


-------------------------------------------------------------------------------------

『余韻』   撮影2006.1.23  発表2006.1.24

e0126350_22181272.jpg


夜の手前のわずかな時間

空が青く透き通る


まるで余韻のように


あえて「さよなら」とは言わなかった

君の名残は

どこかこの空に似て


-------------------------------------------------------------------------------------

『息吹』  撮影2006.1.10  発表2006.1.24

e0126350_2230085.jpg


-------------------------------------------------------------------------------------

『未来』  撮影2006.1.5   発表2006.1.6

e0126350_22334734.jpg


風車のある風景と

空から差し込む無数の光


今はまだ冷たいもやに包まれていても

未来をあきらめちゃいけない


奇跡はすぐそこに転がっている


--------------------------------------------------------------------------------------

『いいところ』   撮影2005.12.10  発表2005.12.20

e0126350_22423028.jpg


凍て付く冬の朝

だけど

冬の朝日はどの季節より

優しくて温かな光だと思うな


--------------------------------------------------------------------------------------

『この道の向こうに』  撮影2005.11.28  発表2005.11.29

e0126350_22595172.jpg

何が待っているのだろう


失ったものもあるけれど

それでもまだ


その先を見てみたいんだ




by yumimi61 | 2007-12-30 23:34 | photo