人気ブログランキング |

by and by yumimi61.exblog.jp

カレンダー

白樺

e0126350_13553850.jpg


雨が更新する

雨で更新する






今日はまた雨。
朝からあまりによく降っているので、私は冬眠。
(もう春です。訂正。)
朝からあまりによく降っているので、私は半ば夢心地で窓から白樺の花に落ちる雨を眺めている。
ちょっぴり薄暗い部屋の感じも、曇る窓も、決して嫌いじゃない。むしろ好きな部類。不思議と落ち着く。

e0126350_17125616.jpg


























   
【キッチンから見た白樺の窓】


昨日は、その前月曜・火曜と降った雨が上がって晴れ間が覗いた。
春の雨が降った後の庭は確実に違う。植物が雨で育ったのがはっきりとわかる。
庭でつやつやとした初々しい葉を堪能するのが雨の後の楽しみ。
萌芽や若葉には人を幸せにする力があると思う。
ところが、中には困ることもある。
お日様も雨も植物にランク付けなどしない。
つまりそう、雑草の成長も著しいということ。
もともとそこに生えていた場所に後から私が偉そうにやってきて、雑草呼ばわりして迷惑がるのもどこかおかしいが
ここが庭である以上やはりある程度は抜かないと収拾がつかなくなる。
ということで、昨日の夕方草むしりをした。
庭をぐるり半周。(ぐるりといったってそんなに広くありません。それでも出来たのは半周ぐらい。)


e0126350_14594844.jpg

    
【雨も滴る白樺。二階の窓より。写真で見るとそうでもないが結構大きい。】


その草むしりの最中に白樺にまつわるあることに気付いてしまった。
白樺は今が花盛り。(穂みたいに下がっているのが花です)
その花から花粉が飛ぶ。
その花粉がなんと裏のお宅の車の上に・・・・。
ひとり焦りまくって対処法を考えたが、急にどうにかなるものでもなかった。
冬の間に造園屋さんに頼んででも枝を落とせばよかったと思ったが後の祭り。
心の中で「ごめんなさい」をして諦めたのだった。(諦めているのはきっと裏のお宅の方です)
今日、雨で車の花粉が洗い流れ、少しほっとしている。


昔から白樺が好きだった。
だから庭に木を植えるときには真っ先に候補にして、庭師さんに相談した。
白樺は標高が高いところでないと育ちにくいので難しいかもしれないと言われた。
ところが思いのほかスクスクと白樺は育ってくれた。
(そのおかげで自分では枝下ろしが出来なくなってしまったのだけれど)
涼やかな白い幹も、光とともに生まれる若い葉も、揺れる花も、たっぷりと黄色く染まる紅葉も、
どれをとっても美しい。
まさに夢心地。
そういえば最近もうひとつ気付いたことがある。
母の実家、私がここここで書いた祖母の家(といってももう建物も世代も変わってしまったが)の苗字は「樺沢/kabasawa」という。
なんだかおもしろい。
そういうわけでもないだろうけど、やっぱり白樺が好きなのだ。


e0126350_159053.jpg


【山で撮った若い白樺。白樺は山が再生するときに真っ先に生えてくる木。】







by yumimi61 | 2008-04-10 15:29 | photo