人気ブログランキング |

by and by yumimi61.exblog.jp

カレンダー

空言

e0126350_21273155.jpg


大雨も、大雪も、ひょうも、嫌いじゃなかった






明け方、窓を叩く雨と風の音に目が覚めた。
(今日は歩いて登校できるのだろうか)そう思いながら、窓から外の様子を伺う。
風に煽られて不規則に揺れる木の枝をぼんやりと見ながら、思い出していた。


思い出していたのは、かつて私がHPに書いた「台風」という日記。(2005年7月26日 記)

---------------------------------------------------------------------------

明け方、窓を叩く雨と風の音に目が覚めた。
(今日のラジオ体操は中止だな)そう思いながら、天気予報にチャンネルを合わせる。
TVから流れる台風情報をぼんやりと聞きながら、思い出していた。

まだランドセルを背負う私がいる。
台風が来るからと早帰りになった家までの帰り道、温かく湿っぽい風が髪を揺らす。
真っ暗な雲に覆われた空を見上げ、ワクワクと高揚した。

それはやってきて、二階の窓越しに、揺れてしなる木を、飛ぶ雨を、眺めてた。
「わぁ、すごい」心はどこかで踊ってた。
台風は嫌いじゃなかった。
大雨も、大雪も、ひょうも、嫌いじゃなかった。

なんだかとっても不謹慎な気がして、そのことは誰にも言わなかったけれど。


上の息子がポツリと言った。
「なんかさぁ、台風が来る前とかってドキドキするんだよね」
あ~やっぱり。そうなんだ、きっと。子供の時ってみんなそうなんだ。
きゃあきゃあ言いながらも、お化け屋敷に入るように。
怖いくせにジェットコースターに乗るように。

それは誰かに守られていたからなんだろうか。
守られている安心感があったからなんだろうか。


オトナへの道を歩む途中‥
人を信じられなくなった時があった。窓を揺らす春風さえ怖くて仕方なかった。
魔物がドアを叩く音のように聞こえて。唸り声をあげて襲ってくるような気がして。


そして‥
今は守らなければいけないものがある。
だからもう、喜ぶことも怯えることもしない。


これから先二度と再び、あの高揚感を感じることも、口にすることもないだろう。
分別のあるオトナでなければならないのだ。
空言だって言える。
そうオトナになってしまったのだ。


でもね‥
台風の後に広がるどこまでも真っ青な空を
とっても素敵だと思えたのもオトナになってからなんだ。

嵐の後には必ず青空がやってくる。
ダイジョウブ。


--------------------------------------------------------------------------------------

e0126350_21583574.jpg


*上の写真二枚は今日のお昼頃に撮影*

でもね・・
この後また段々と雲が多くなってきたように
必ずなんてことないんだなぁと悟ったのも大人になってからなんだ。

嵐の後でさえ曇ることがある。
しょんぼり、ぼんぼり。(ぼんぼりは蛇足!?)
じゃあ、明日は蛇の話題で!?(ほんと?うそ?)


e0126350_22491419.jpg


*最後の写真は今日の夕方撮影*



by yumimi61 | 2008-05-20 23:28 | photo