人気ブログランキング |

by and by yumimi61.exblog.jp

カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

木苺

e0126350_23244799.jpg


あなた色の優しさで






ここにちょこっと書きましたが、6月はラズベリーの季節。
庭の一角にあるラズベリーを4,5日おきに収穫します。
ラズベリーはランナーという地下でぐんぐん伸びる根から自然と発芽するので
どんどん増やす(というか放っておいても増える)ことが出来ます。
うちはスペースがそれほどないので枝を整理して最小限にしてしまっているので
ジャムを作るほどは出来ないのですが生食で楽しむくらいは十分採れます。(冷凍保存も可能)

収穫時は雨の季節なのと、熟した実はとても柔らかいということもあって、おそらく出荷には向かないのでしょう。
ブルーベリーの生果はスーパーなどで見かけることはあっても、ラズベリーの生果は売っているのを見たことがないので育てがいありです。

e0126350_23285951.jpg

6/24撮影

                          

そういえば私、ちょうど今頃の季節の匂いのする子供時代の思い出があります。
小学校3年生の時に転校しているのですが、その3年生以降の小学校の時のこと。
Yくんという同級生の男の子がいました。
遅刻忘れ物の常習、身なりも綺麗とはいえず、勉強も運動もいまいち、、、
そんなこともあって女の子には嫌われ、元気な男の子達や先生からもからかわれたりしていました。
だけど木登りみたいなことは得意で、まるでサルみたいに難なく木に登ったりする子。
ガキ大将タイプでも、すごく大人しいというタイプでもなく、どこかひょうひょうとしていました。

ある日の学級会でのこと。
来月の学校目標かクラス目標の候補を出し合い決めるという会だったのですが、こんな時はあまり意見はでないもの。
そんな中、Yくんが手を挙げ、発表したのです。
「じゃがいもの芽は食べない!がいいと思います」と。(そうです、毒があるから危険だということを言っています)
目標としてあまりに突飛な意見に大爆笑を誘い、皆はうけ狙いだと思っていたようなのですが、
Yくんは結構本気で言っているように私には見えました。
もちろん私もその意見に驚いたことは驚いたのですが。

そんなYくんですが、実はちょっと紳士的なところもあって、私はいつも優しくしてもらっていました。
Yくんとは家が同じ方向で、こども会も同じ。
その頃の私はよく男の子とも一緒に帰ったり、遊んだりしていたので、Yくんともそんな機会があって
学校帰りの道沿いに生るドドメはYくんと随分と食べました。
手や服を汚して帰るので私は大抵親にばれました。
Yくんのお母さんは飲み屋さんかなんか夜のお仕事をしていて、豪快な感じの人でした。


e0126350_23254114.jpg

6/20撮影


あの頃は気づかなかったのですが、大人になって思うようになりました。
Yくんは、じゃがいもの芽を食べたことがあったんじゃないかって。
ドドメをとって食べたみたいに、もしかしたらじゃがいもも・・・。
じゃがいもの芽には毒があるというのは知っていても、それがどれほどのもので、どんな風になるのかは知らないけれど
Yくんはそれをちょっぴり経験してたんじゃないかって。
だから、普段はそんなに発言なんかしないYくんがあんな風に言ったんじゃないかって。
あれはYくんの優しさの一端だったのだと。
思えば思うほど私はその考えから逃れられずに、今ではすっかり私の中で確信になっています。
中学卒業以降は一度も会ったことがなく、もちろん真相のほどは分からないのですが
たぶん私はずっと忘れないでしょう。
「じゃがいもの芽を食べない」という目標を。

この話を昨日ちょうど、ラズベリーを食べながら子供にしたばかり。


e0126350_23271698.jpg

6/26撮影 昨日食べたラズベリー&バナナヨーグルトクリーム和え



                                    
by yumimi61 | 2008-06-27 23:58 | photo