人気ブログランキング |

by and by yumimi61.exblog.jp

カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

e0126350_23333570.jpg


過ちの数だけ 僕らが

悲しみの数だけ 僕らに  


e0126350_23325541.jpg




今日は、〇×クイズをしたいと思います。

先週1週間で、私は、コインランドリーに5万円使いました。
さて、〇でしょうか、×でしょうか。
(そんなことどっちでもいい?)
(5万円も使うわけない?)

正解は------------×でした。
(正解が〇だったら面白かったのに?)
だけど残念ながら、そもそもコインランドリーにも行ってません。

ちなみに、この〇×クイズ、ちょっと前(!)に私が実際に体験した〇×クイズを参考にしました。
その時の正解は、なんと、〇。 (びっくり。ほんと?)
私は×だったので、脱落してしまったのでした(涙)。 (←泣くほどのことではない?)
でも、そのおかげで豪華景品の内容は忘れても、よく覚えているのです。

この話を踏まえて、昨日のひな祭りの話の続きをちょっと。


昨日はひな祭りだったので、晩御飯はちらし寿司を作りました。
すると、長男が言いました。
「今日、学校でも、ちらし寿司だった」

「わぁ偶然!」←私
「当然?」←さらに私
「必然」←長男



多くの過ちを僕もしたように   (←これは、この歌をまたまた引用しました。)

私もしました    


e0126350_2346882.jpg

*傷*   2006年1月20日

傷つくことが怖かった、ずっと。

古いテーブルがまだ新しかった頃
私はいつもヒヤヒヤしていた。
幼かった息子達がおもちゃをガンガンと叩きつけることに。
まるでキャンバスか何かと勘違いして落書きを始めることに。
けれど、私の心配や怒りをよそに
無垢の柔らかな木はあっという間にキズだらけになっていった。


それを許せたのはいつだったのだろう。
許すというより諦めに近い感覚だったような気がする。

時は流れた。

彼らは少しだけ大きくなり、私も少しだけ大人になった。
いつしかちょっとだけそのキズを愛しく思えるようになった。

暮らすということは、キズもつくし、汚れもするということ。
それと同じように
生きるということは、傷つきもするし、後悔もする。
それを恐れることはない。

いつか傷を愛せる日がやってくる。
まっさらなテーブルよりキズだらけのテーブルに愛着を感じるように。
ピカピカのテーブルよりちょっとツヤを失ったテーブルのほうが味があるように。
そんな自分を、そんな誰かを、愛しいと思える日がきっと来る。

今日新しいテーブルにキズを見つけた。
結構しっかりとしたキズだ。
思わず写真を撮っていた。

傷つくことは怖くない。  


e0126350_23464984.jpg
傷つくことは怖くない。
これを〇×で考えると
これが、〇なら、傷つくことは怖くないのだろうし
これが、×なら、傷つくことは怖いということになるわけですが
私はこの頃よりまた少しだけ大人になりました。
そして、あなたもまた。






by yumimi61 | 2009-03-05 00:22 | photo