人気ブログランキング |

by and by yumimi61.exblog.jp

2014年 05月 10日 ( 1 )

甍(いらか)二十八

e0126350_1224471.jpg

鯉のぼりを本当に見かけなくなった。
私が今年生活圏で見かけた鯉のぼりは2つ。
1つは新興住宅地のベランダに結ばれていた小さな鯉のぼり。
もう1つはアパートのベランダに結ばれていた小さな鯉のぼり。
鯉のぼりを観光の目玉の一つにしているところでは何百匹という鯉のぼりを一所で泳がせているけれども、屋根より高い鯉のぼりを揚げている個人宅は本当に無くなってきている。
都会だけでなく地方においても同様である。地方の子供が減少していることも関係しているかもしれない。
茅葺屋根のようにいつか廃れる時がくるだろう。
「昔はお空に大きな鯉が泳いでいたのよ」と昔話になる日もそう遠くなさそうだ。
白川郷のように「鯉のぼりが泳ぐ集落」として売り出せばいいと思うけれど、風習を守るためには男児がいることが必要であり、且つ揚げる季節も限られるため難しいかもしれない。
風習が完全に廃れた時には、何千匹何万匹という鯉のぼりを1年中揚げておいて世界遺産でも狙えばいいか。(あらゆる気象に耐える生地の開発を急げ!)


それは比喩であって比喩でないのだけれど、やがてどちらも通じなくなる日を思い感傷的になったる。
by yumimi61 | 2014-05-10 11:12