人気ブログランキング |

by and by yumimi61.exblog.jp

カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

2019年 05月 28日 ( 1 )

神代木

e0126350_15421603.jpg

e0126350_15425090.jpg

e0126350_15434057.jpg
650という数字が見えるので、1983年(昭和58年)に設置されたものだと思われる。
当時の内閣総理大臣である中曽根康弘の書による650年記念碑や永田医院寄贈による国旗掲揚台が建設された年と同じである。

e0126350_15431775.jpg
こちらは挙兵666年の年、つまり1999年に設置されたもの。
この時に覆屋も新築したと書いてある。
1999年というのは、前記事にも書いたように、「国旗及び国歌に関する法律」が公布・即日施行(1999年8月13日)された年である。
666という数字はキリスト教徒が恐れる数字。



生品神社、あるいは神社の「神代木」がどのような意味合いで使っている言葉かは定かではないが、一般的な「神代木(じんだいぼく)」は「埋もれ木」とも言う。

http://www.officett.com/yamabicraft/jindaiboku.html
地方によっては、「埋もれ木」「寝木」「古代木」と呼んでいます。
長年地中に埋もれていた木が、地面に出ると神代と名付けられ、けやきであれば、神代けやきと呼ばれます。
数千年も地中に埋もれているため、老化作用で変色して、黒神代木・緑神代木・茶神代木などがあり、それぞれの色合いを出しています。


「埋もれ木」大辞林 第三版の解説
① 長く水中や土中に埋もれた木が完全には炭化せず、まだ木質を残しているもの。黒褐色または緑褐色で木目が美しく堅いため細工物の材料とする。神代木。
② 世間から顧みられない不遇の身の上。

映画にも『埋もれ木』がある。
2005年に全国公開された日本映画。監督は小栗康平。第58回カンヌ国際映画祭で特別上映され、国内外で注目された。また、主演の女子高生三人(夏蓮、松川リン、榎木麻衣)を7000人の一般公募者の中から選出したことで話題になった。
山に近い小さな町。三人の女子高生が、短い物語を作り、それをリレーして遊ぶことを思いつく。次々と紡がれる物語は、未来へと向かう夢―。


小栗康平監督は群馬県の出身。
先日『泥の河』のことを書いたが、これも小栗康平監督によって映画化され、1981年に公開された。
群馬県が製作した映画『眠る男』の監督でもある。

『眠る男』は、1996年に公開された日本映画。群馬県が製作に関与しており、地方自治体初の映画製作であると話題になった。ロケは中之条町でおこなわれている






by yumimi61 | 2019-05-28 16:54