人気ブログランキング |

by and by yumimi61.exblog.jp

2019年 09月 04日 ( 1 )

数字の当て方の間違い

前の記事の本文中の数字の当て方に一部誤りがありました。
ピラミッドを上から数えるか下から数えるかで数字が変わってしまうわけですが、それが一部逆になっていました。
大変失礼いたしました。
前記事はすでに訂正済みですが、こちらでも再度訂正しておきます。


前記事に載せた図と文
e0126350_15462474.jpg
①「自己実現の欲求」(自分の持つ能力や可能性を最大限発揮したいという欲求)

②「承認の欲求」(集団から価値ある存在と認められたいという欲求)

③「所属と愛の欲求」(自分が社会に必要とされていると感じたいという欲求)

④「安全の欲求」(安全・健康・暮らし・経済的安定の欲求)

⑤「生理的欲求」(食事・睡眠・排泄など生命を維持するための欲求)


上の図と文と数字を合わせたもの
e0126350_22303415.jpg



【前記事の本文の訂正箇所】

近年の社会的傾向として承認欲求が肥大化しているということが言われる。承認欲求は②(←④になっていました)の段階である。
では承認を強く求める人々は、③「所属と愛の欲求」を本当に満たしているのだろうかという疑問が生じる。
一生涯孤独で完全に引きこもっている状態を除けば、家庭、学校、会社、サークルなど誰にだって所属しうる場所はあるはずだ。独身だって親きょうだいがいたり恋人がいたりするだろう。
では③「所属と愛の欲求」(恋人や家族を持ちたい欲求)(自分が社会に必要にされていると感じたい欲求)とは何だろうか。
所属する場所があり、家族や恋人がいさえすれば、③「所属と愛の欲求」は満たされるものなんだろうか。

もっと言えば、④(←②になっていました)「安全の欲求」(安定した仕事に就きたい)(安全・健康・暮らし・経済的安定の欲求)だって十分に満たされている人がどれほどいるのかとも思う。
客観的な収入でも資産でもなく欲求だから、幾ら貰っても何を持っていても、何か心配がある以上、欲求が十分に満たされているとは言えないのではないだろうか。
昇給しない給与、非正規雇用の増加、物価や税金の上昇、年金の不安、老後の不安、異常気象や地震への不安、交通事故や巻き込まれへの不安、暴動や戦争への不安など挙げれば安全欲求への不満・不安だって限りなくありそうである。

結局のところ、進歩や発展や科学が寄与できたのは、⑤(←①になっていました)の生理的欲求に対してのみだけなのではないだろうか。
未だにそれさえも満たせない国があると盛んに喧伝されている状況だから、進歩や発展や科学は地球や人間という有機体にほとんど力が及ばないということになる。
それが現実なのだ。
人間が有機体に影響を与えるなんていうのは買いかぶりすぎで、人間が有機体に影響を与えるのではなく、人間は有機体に全くといって歯が立たないのではないか。
だからこそ人間は宗教というものを求めることになったのではないだろうか。
それとも⑤(←①になっていました)の欲求充足に寄与したことが有機体に悪影響を与えたと言わなければならないのだろうか。



言いたかったのは、進歩や発展や科学は、一番下位(⑤)の要求にしか寄与してこなかった、あるいは有機体にはほとんど無力なのではないかということでした。






by yumimi61 | 2019-09-04 22:52