人気ブログランキング |

by and by yumimi61.exblog.jp

2019年 12月 01日 ( 1 )

師走始め


今日から12月ですね。
師走始め_e0126350_00565100.jpg
師走始め_e0126350_01053367.jpg10月にかぼちゃを収穫したことを書きましたが(過去記事『Harvest』 )、カボチャは収穫後にすぐに食べず、しばらく(2週間~1ヶ月くらい)置いておき、追熟させる必要があります
ということで、収穫後に初めて食べたのは11月下旬でした。

師走始め_e0126350_01323460.jpg
まずは定番中の定番「カボチャの煮物」で。
師走始め_e0126350_16540843.jpg
カボチャの煮物ってとっても素朴だけど、作ると意外に難しくありませんか?
特に自家栽培のカボチャの場合は。
何でかと言うと、水っぽいカボチャがあるから。
追熟不足でも水っぽくなるけれど、追熟させても水っぽいカボチャもあるのです。
そして甘いカボチャもあれば、あんまり甘くないカボチャもある。
だからレシピ通り、あるいは、いつも通りの調味料や水で煮ると、水っぽくなったり甘くなくなったり甘すぎたりということが起こってしまうのです。
だからと言って、生のカボチャを見ただけで、水分量や甘味は判断できないので、難しいなぁと。
今回の煮物も少し水を控えめにしたのですが、落し蓋も完璧で(?)、ほとんど水分が減らず、途中で水(煮汁)を捨てました。
だから水っぽくはないのだけれど、煮汁を捨てたので、やや薄味。


師走始め_e0126350_00420858.jpg カボチャ1個の半分を煮物にして、半分でカボチャプリンを作りました。
茶色のほうがカラメルをのせてあって、黄色のはまだのせていないもの。
師走始め_e0126350_17132093.jpg
アニマル柄の瀬戸物カップは、もともとはケーキ屋さんのケーキかプリンがこれに入って売られていたものです。
師走始め_e0126350_17235022.jpg
左側が作ってすぐに食べたもので、右側が翌日食べたもの。
カラメルが浸透しているらしくて、前日に比べると下の方まで茶色っぽくなっている。
今回のカラメルは「てんさい糖」で作りました。
カラメルはうっかりするとすぐに焦げちゃったり、最後に足す水を忘れて「私はべっこう飴を作ったのか…」という状況にも陥りやすいですよね!?
今回のカラメルは焦げるのと撥ねるのを敬遠して電子レンジで作りました。

師走始め_e0126350_00334189.jpg  今日は妹の誕生日だったので、ミルフィーユを食べた。




師走始め_e0126350_00281161.jpg妹とご飯に行ったら(食べたのはパスタのセットだけど)、パスタの量が多いと言う。確かに群馬県のお店はパスタの量が多い傾向があるらしいのです。
パスタは乾燥で1人前100gが標準だけど、それは健康な成人男性の量で、子供や女性や小食な人、他にも何か食べ合わせる時には若干多いようです。
100gは茹で上げると250gにもなります。
ご飯はお茶碗1杯でおよそ150g。ご飯250gは大盛り山盛り1杯です。(そう考えると何気に落ち込む)


師走始め_e0126350_01121900.jpg

    私のパスタメジャー↓
師走始め_e0126350_22172147.jpg
かなり前から持っているけれど、子供が食べ盛りの時は1回に500g1袋茹でたりするのが普通で、計ることは滅多になかった。
最近は一応計ってみるけれど、私はパスタ好きなので、今でもWOMANではなくてMANでいけます(笑)。


師走始め_e0126350_00252017.jpg温野菜サラダにパプリカがあって思い出したのだけれど、『パプリカ』という歌があるじゃないですか。

「パプリカ」(Paprika、p?pri?k?)は、米津玄師の作詞・作曲、プロデュースによる小中学生の音楽ユニット「Foorin」(フーリン)の楽曲。「〈NHK〉2020応援ソングプロジェクト」による応援ソングとして製作され、2018年8月15日にソニー・ミュージックレコーズからシングルリリースされた。東京2020公認プログラム。NHK『みんなのうた』2018年8月・9月の曲。

NHKが「2020年とその先の未来に向かって頑張っている全ての人を応援するプロジェクト」として開始した「〈NHK〉2020応援ソングプロジェクト」による応援ソングとして、米津の作詞・作曲、プロデュースにより製作された。
東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会により「東京2020公認プログラム」として認証された。

オーディションにて選出された小中学生5人により結成された新ユニット「Foorin」が歌唱を担当し、2018年7月24日に放送されたNHKの特番『内村五輪宣言! ?TOKYO 2020開幕 2年前スペシャル?』において2020年東京オリンピック・東京パラリンピックの公式マスコットキャラクターであるミライトワとソメイティとともに本曲を初披露した。


どうして2020年とその先の未来やオリンピックがパプリカなんだろう?と思いませんか?
私が最初に感じたのはその違和感でした。

そもそもパプリカって日本ではそんなに馴染みのある野菜ではないですよね?
1年で1度も食べなかったという人だって結構いると思うのです。
しかもスーパーで売っているパプリカはほとんど輸入品です。韓国産かオランダ産かニュージーランド産。日本の輸入量ベースでは8割が韓国産。
国内産もごくたまには見かけますが、1個100円とお手軽価格で売っているパプリカは輸入品。

またパプリカは育てるのが難しい。私は育てたことがあるが、実がなって収穫できるまでに時間がかかり、キュウリやナスといった夏野菜のようにほいほいとは収穫できない。
実がなっても、売っているのほど大きく肉厚にはならない。
土壌や肥料の加減、乾燥や高温などを原因として、腐りが入ってしまうことが多い(尻腐れ病)。

パプリカの生態(?)を知っていると、なぜテーマ曲がパプリカなのかと不思議に思うことばかり。
パプリカの色は赤と黄色とオレンジ色だから暑さを表しているとか?

あとパプリカで思い出すと言えば、これかなぁ?
師走始め_e0126350_23091046.jpg

師走始め_e0126350_00244400.jpgFoorin(フーリン)という小学生ユニット名も「どういう意味?」と思いませんでしたか?
風鈴?(という時代でもないですよね?) 不倫? woo~ring?
日本人は大抵LとRの発音・聴き取りは得意ではありませんので、foolin(g)としても考えられますよね?。
foorという単語はないので、むしろfoolが思いついて不思議はありませんよね?
fool
【他動詞】
①ばかなまねをする; おどける,ふざける.
②《主に米国で用いられる》 冗談を言う.
③〔+副〕ぶらつく,ぶらぶらする 〈about,around〉.
④〔(+副)+with+(代)名詞〕《口語》〔…を〕もてあそぶ,いじくる 〈about,around〉.
【自動詞】
①〈人を〉ばかにする.
② a〈人を〉かつぐ,だます.
  b〔+目的語+前置詞+(代)名詞〕〈人を〉だまして〔ものを〕奪う 〔out of〕; 〈人を〉だまして〔…を〕させる 〔into〕.
③〔+目的語+away〕《口語》〈時間・金・健康などを〉ばかげたことに費やす,浪費する.


師走始め_e0126350_00390901.jpg

セットのパスタには10種類くらいパスタの種類があったのだけれど、私はペスカトーレが食べたかったのになかった。残念!
そこで今晩またパスタにした。
師走始め_e0126350_08543958.jpg
今回のサラダには肉は乗っていません。
師走始め_e0126350_08554629.jpg



... Ads by Excite .....
無料ブログのため広告が上部及び下部に強制表示されてしまいますが、内容など一切関知しておりません。個人の広告収入などもありません。(yumimi61)
by yumimi61 | 2019-12-01 17:03